2013/12/7

成立してしまった…  政治

先ほど、特定秘密保護法案が参院本会議で可決成立しました。
国民の抗議と不安の声を嘲笑うように採決を強行した自民党、公明党の暴挙を僕は一生忘れないでしょう。

しかし、これで民主主義が終わったなどと考えるのは間違いです。
いや、こんなことで民主主義を終わらせてはいけない。
戦いはこれからだと思います。

絶対この報いは次の総選挙で。
「どうせ、国民はそれまでに忘れる」と思っている与党議員に思い知らせてやりましょう!
国民は愚民ではないのだよ。(怒)
0

2013/12/6

特定秘密保護法案に反対します  政治

自民党の町村信孝氏は、「国民の自由や権利を守った結果国家が滅亡したというのでは本末転倒」と発言しました。確かに国の安全は重要です。しかし「国民の権利」と「国家の安全」の2つの事項は、どちらかを立たせるためにどちらかを潰すという類いのものではないはず。両者が両輪となって回ってこそ、民主主義社会はうまく行くのだと思います。

しかし、今の自民党は「国家の安全」ひいては「国家権力」のために「国民の権利」を犠牲にする思考に向かっているように思えてなりません。それは、彼らの改憲草案を見ても感じるところです。恐ろしいことです。考えすぎ?果たしてそうでしょうか?「まさか」「だいじょうぶだろ」、いやそんなことはないと思います。では、なぜ自民の改憲草案には、第21条(表現の自由など)のように基本的人権を制限する様な文言が加えられているのでしょうか。ここには、国民を統制する意向がはっきりと現れていると思います。

仮に、自民党に悪意がないと言う前提に立っても、制度に悪用できる穴が少しでも開いていれば、それを悪用する権力者がいずれ現れる、それは歴史が証明しています。

だからこそ、憲法改正のハードルは高いのです。

人々の知る権利、言論の自由は民主主義社会の根幹です。それを犯す事のないよう最大限配慮がされて然るべきなのに、この法案にはそのような配慮が感じられません。多くの人が指摘しているように、秘密の定義が恣意的に拡大解釈される危険をはらんでおり、非常に危険だと思います。

更に納得できないのは、法案審議に際する与党の対応です。問題点が各方面から指摘されても基本的に無視。小手先だけの修正で法案の成立をごり押ししようと突き進んでいます。

僕は、必ずしも秘密保護のための法律を作ることには反対ではありません。しかし、それを前提に考えても、今のこの法案は問題がありすぎです。秘密の範囲を拡大解釈できないように厳密に定めること、政府から完全に独立した第三者機関によるチェックを制度化すること、一定期間が経った情報については例外なく公開すること、最低でもこの3点は必須だと思います。しかし、与党はこれらには絶対手を触れたくないようです。なぜでしょう?やましい事がないのであれば、本当にいい法律を作りたいのであれば、積極的にやるはずでしょう。

「絶叫するようなデモは、本質的にテロと変わらない」と石破茂自民党幹事長は言いました。これも失言ではなく、「都合の悪い言論は潰したい」という本音と見れば、全てが腑に落ちます。デモと言論弾圧、どちらが民主主義からかけ離れているのか、それは言うまでもないでしょう。

既存の公務員法、自衛隊法などで定めた守秘義務ではなぜだめなのか。それに関しても議論が熟しているとも思えません。罰則が甘すぎるのが問題なのであれば、既存法の罰則を強化するのが筋ではないでしょうか?そうでなく、新たな法律を作るにはそれ以上の理由があるはず。しかし、政府から国民に納得の行く説明がされているとは思えません。

政府がこの法律が絶対必要だと言うのであれば、いったん今回の法案は廃案にし、指摘されている問題点に配慮したものにしてから出直すべきです。

今の政府の対応は、「衆参両院とも暫くは選挙がないから」と思い上がっているとしか思えません。もし、この法案が可決されてしまったら、絶対次回の選挙まで時間があろうとも、その事実をしっかりと覚えておきたいと思います。絶対にこのままでは済ませません!

日本のこの素晴らしい民主主義社会を安倍政権に奪われては困るのです。彼らが「日本を取り戻した」のであれば、僕らが次の選挙で絶対「彼らから日本を奪い返す」。僕は今そのように感じています。
0

2013/9/8

オリンピック反対は変わらないけど  政治

2020年、東京でのオリンピック開催が決定しました。

ここで不満を言っても決定は覆らないし、気持ちがいいものではないので、今は実りのある大会になってほしいと思うだけです。

招致に関わった人たち、それを支持した皆さん、おめでとうございます。

と言っても手放しで喜ぶことはあってはならないと思います。ロンドンオリンピックも、公式には経済効果はプラスだったとの発表がされていますが、実際にはオリンピックに関係の薄い投資も計算に入れて何とかプラスという結論にしたという側面があります。本当に日本経済にとってプラスになるのか、なったとして、その恩恵が一部に集中することにならないかしっかり見ていく必要があると思います。

福島の汚染水の問題も、安倍総理の説明には相当疑問が残りました。「汚染水の影響は、福島第一原発の港湾内の〇・三平方キロメートルの範囲内で完全にブロックされている」とはどういうことなのか?具体的な数値を示して説明したとは言いますが、数値が出れば安心というわけでは決してないと思います。今後の状況と政府の対策は目を離せません。

これらの問題が解決し、いい雰囲気で2020年を迎えられるますように。
0

2013/9/5

2020年オリンピック  政治

9月7日、いよいよ2020年オリンピック開催地が発表されます。

僕を知っている方ならばあえて言わなくてもわかっているとは思いますが、今一度、言いたい。

東京にオリンピックはいらない!!

他の2都市のどちらかに、決まることを心から希望します。東京では一度やっているし、経済の状況からしてもオリンピックなんかやっている場合じゃないだろう、他の都市でやっても、あれだけ、皆が騒ぎ立てるものを自分の住んでいる近所でやられたらたまったもんじゃない。

そんなことに血税を使わないでほしい。

もう5年前ですが、今見たら僕はこんなことを書いていました。北京オリンピックで騒がしくなっているのがよほど嫌だったんですねぇ。

◆オリンピックが大嫌い!
2008/8/25
http://black.ap.teacup.com/sumori/159.html


しかし、僕の気持ちは今も全く同じです。できればオリンピックなんていうものはやらないでほしい、そう思います。ナショナリズムのぶつかり合いの醜いことったらありゃしません。そんなことやっているくらいなら、みんなでいい音楽聴いて楽しく行こうよ。ねえ。
1

2012/7/30

橋下市長と文楽  政治

橋下大阪市長が文楽にもの申した件が物議を醸し出してますね。

補助金凍結をちらつかせながら改革を迫るやり方は、権力を持つ物としてやってはならない手法だとは思いますが、橋下大嫌いな僕も今回彼が言ってることは、共感出来る面もありました。彼は文楽を「守るべき古典芸能」であることに認識しつつも「時代に合わせた演出も必要」としています。

二回見たくらいで何が判る?は確かにそうでしょう。その道に身を置く者からすれば非常に面白くないだろうと思います。しかし、判らないならば黙っておけと、聖域化して手をつけないというのが最善の選択なのでしょうか?僕にはそうは思えません。伝統的な文化を守ることは必要だとしても、より多くの人が楽しみ、理解しやすくするような努力はあって然るべきと思います。あえて問題提起をしたことは評価できると思います。

僕は文楽に関しては全く判りませんが、クラシック音楽について、同様の思いを強く抱いていました。クラシック音楽は伝統を重んじるばかりに、演奏者もファンも妙に堅苦しい枠に留まっている感があります。その中にどっぷりな人は気づかないかもしれませんが、判らないならば判らなくていいよとでも言わんばかり。せっかくの文化遺産もこれじゃ、広がらず、宝の持ち腐れです。

文化は生きものです。その時代時代の人々の感性に合わせて変化して行かないと、どんな素晴らしいものでも、所詮過去の遺物になってしまうのではないでしょうか?歴史の1ページを忠実に保存する必要性は否定しませんが、それだけでは文化は死んでしまうと思います。

変に大衆に迎合する必要なありません。文化の本質を変えずにより柔軟な対応をすることは可能だと思うのです。

例えばクラシック音楽で言えば、演奏する側はオリジナルの楽譜に拘らず、もっとポピュラー音楽の要素を取り入れたり、即興演奏を入れたりするなど自由な演奏をしてもいいと思うし、コンサートももっとリラックスした環境で聴く機会を増やしてもいいと思うのです。咳払いしたくらいで、白い目で見られるような環境で本当に音楽が楽しめるとは思えません。

長い間守られて来た文化はしっかり守って貰いたいけど、どうやって守って行くのか、聖域化することなく幅広い議論が深まれば、結果オーライになるのではないでしょうか?
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ