2019/6/11

訃報: Dr. John 1941-2019  ニューオーリンズ

クリックすると元のサイズで表示します
Dr. John at New Orleans Jazz & Heritage Festival, 2006
Photo by Masahiro Sumori. All rights reserved.

ニューオーリンズ・ピアノの第一人者として半世紀以上にわたって活躍を続けたドクター・ジョン(本名:マルコム・レベナック)が6月6日早朝、亡くなったそうです。1941年11月20日生まれなので、77歳だったということになります。ここ1年半以上公の場に姿を現さず、ほぼ毎年参加していたニューオーリンズ・ジャズ&ヘリテッジ・フェスティバル(ジャズフェス)にも、去年と今年は出演していませんでした。来日も2013年を最後になかったので、心配しておりましたが、残念でなりません。

1972年のアルバム「Dr. John’s Gumbo」を聴いてニューオーリンズの音楽に興味を持ったという人が多いのではないかと思います。僕もそうでした。あの作品はプロフェッサー・ロングヘアやヒューイ・スミス、アール・キングなど、ニューオーリンズR&Bのおいしいところを紹介するバイブルのような作品としてファンに愛されています。その続編的な内容の「Goin’ Back To New Orleans」(1992年)では更にニューオーリンズ音楽を広く深く掘り、描きだしてくれました。

若い頃から麻薬に手を出していたこともあり、健康的なイメージはありませんでしたが、特に90年代以降は2年に一度くらいのペースで新譜も出し、来日も度々するなど精力的な活動を続けていました。近年のアルバムでもザ・ブラック・キーズのダン・オーバックをプロデューサーに迎え新たなサウンドを展開した「Locked Down」(2012年)、大胆な解釈でルイ・アームストロングの楽曲を演奏した「Ske-Dat-De-Dat: The Spirit of Satch」(2014年)など、創作意欲が衰えなかったのはすごいことだと思います。ライヴでも毎回セットリストを変えてくるなど、何が出てくるかわからないワクワク感がありました。毎回ベスト・ヒット的な同じ内容を繰り返した方が楽だっただろうと思いますが、そうはしない拘りを感じさせてくれました。

ドクター・ジョンは1950年代後半、まだ10代の頃からプロデューサー、セッション・ギタリストと働き始め、またマック・レベナック名義で自分のシングルもリリースするようになりました。しかし、1960年代に入ってから銃撃事故により左手薬指を負傷し、ピアノに転向したのでした。しかし、元々ギタリストだったこともあり、ライヴでは近年も時々味のあるギターも披露していました。プロフェッサー・ロングヘアのラスト作「Crawfish Fiesta」ではギタリストとして全面参加しています。

1968年、芸名Dr. Johnを名乗り、ヴードゥー教の色彩を押し出したアルバム「Gris-Gris」でアルバム・デビューを果たします。1972年には前述の「Dr. John’s Gumbo」をリリース、ついで「In the Right Place」(1973年)、「Desitively Bonnaroo」(1974年)と名作を相次いでリリースしました。

1984年には初来日。以後は数年に一度のペースで来日を重ねています。後年はビルボードライブでのクラブギグで2010年、2012年、2013年と続けて来日していましたが、2013年が最後となってしまいました。

アルバムも5年ほど出していなかったのですが、どうやら生前新作のレコーディングを進めていた様です。恐らく、近いうちにリリースとなるのでしょう。期待したいですね。

ドクター・ジョンが亡くなったというニュースは、すごくショッキングなことでした。ある程度想定できたことではありますが、彼の存在はあまりにも大きく、心にぽっかり穴があいてしまった様な喪失感を味わっています。そう感じているのは僕だけではないでしょう。

ニューオーリンズでは彼が亡くなった翌日に、セカンドライン・パレードが盛大に行われています。また、WWOZ-FMでは、ずっと彼の音源を流し続けました。



きっと、来年のジャズフェスはドクター・ジョン祭りになるのでしょうね。マック、素晴らしい音楽を本当にありがとう!安らかにお眠りください。

----

過去の来日レポート
【2012年来日時】
Dr. John @ Billboard Live東京セットリスト (2012/2/16)
http://black.ap.teacup.com/sumori/990.html

Dr.ジョン2012年来日公演セットリストまとめ (2012/2/17)
http://black.ap.teacup.com/sumori/993.html

【2010年来日時】
Dr. John@Billboard Live Tokyoライブ・レポート (2010/10/21)
http://black.ap.teacup.com/sumori/488.html

ドクター・ジョン来日公演セットリストまとめ (2010/10/25)
http://black.ap.teacup.com/sumori/494.html

【2005年来日時】
ドクタージョン@ブルーノート東京 (2005/9/17)
http://black.ap.teacup.com/sumori/10.html

ドクタージョンも出席したハリケーン・エイド・ジャパン記者会見の様子 (2005/9/21)
http://black.ap.teacup.com/sumori/13.html

その他ドクター・ジョンに関する書き込み
おさるのジョージ (2008/11/2)
https://black.ap.teacup.com/sumori/188.html

ドクター・ジョンはどうしているんでしょう? (2018/12/28)
https://black.ap.teacup.com/sumori/1815.html
4

2019/6/6

ジャズフェス50周年CDセット  ニューオーリンズ

クリックすると元のサイズで表示します

今年はニューオーリンズのジャズ&ヘリテッジ・フェスティバル(通称:ジャズフェス)が50周年を迎えました。ヘッドライナーとして満を持してブッキングしたローリングストーンズがドタキャンするという事件もありましたが、盛大に開催されたようです。

この50周年の記念すべき年に合わせて、すごいCDが出ました。5枚組の豪華セットその名も「Jazz Fest: The New Orleans Jazz & Heritage Festival」です。リリース元は数多くの歴史的音源を記録し、リリースし続けている名門スミソニアン・フォークウェイズ。音源はジャズフェス主催者の秘蔵音源を始め、地元ラジオ局WWOZが放送用に記録した音源、ジャズフェスにプロデューサーとして関わってきたマイケル・マーフィー氏のコレクションなどから選曲されています。

基本的にどれも正式にCDとしてリリースとなるのは初となる音源です。(Munckmix販売のCD-R、ダウンロード販売音源を除く。またディーコン・ジョンのトラックは彼のライヴ・アルバム「Live At The 1994 New Orleans Jazz Fest」の音源と同じものです。)

収録は53トラックで時間にして5時間以上というボリューム。まあ、毎年7〜8日間に渡り10以上のステージでライヴが同時進行するフェスですから、それでもほんの一部ではありますが、あのフェス会場の雰囲気がムンムン伝わってきます。古いものでは1974年から最近では2016年まで、その長い歴史を俯瞰する内容です。

「ジャズフェス」と言いながらもありとあるゆる音楽が繰り広げられるフェスですが、このCDの特色の一つは、まず収録されているのが原則的に地元ニューオーリンズ、ルイジアナのアーティストに限定されていること。毎年、世界的な大物がメインステージに登場しますが、そういう人たちは収録されていません。もともとルイジアナの文化のショーケース的なお祭りなので、それは自然なことだろうと思います。大物たちの多くは他でも聴く機会は多いですし。

例外として、アラン・トゥーサンとの共演が収録されているボニー・レイットと、テキサスのマーシャ・ボールが収録されてはいますが、どちらもジャズフェスではお馴染みの人たち。マーシャは毎年ジャズフェスに必ず出演している定番ですし、音楽的にもルイジアナの人と言っても全くおかしくはないので違和感はありません。

ルイジアナのアーティストに限定してもサウンドは様々なのですが、ディスク4にザディコ、ケイジャン系の人がまとめられているなど、ある程度ジャンル別に分けられた編集となっているので、散漫な感じはしません。

パッケージはLPサイズのハードカバー本のような体裁で、すごく豪華。大きさがわかりやすいように1976年のジャズフェスCDと並べて写真を撮ってみました。ブックレットが別になってはいないので、ページが重くてめくりにくいのが難ですが、写真も満載で見ごたえがありますよ。

それぞれのトラックが何年のフェスのレコーディングなのか、ブックレットには詳細な記載があるのですが、一覧にはなっておらずわかりにくいので、以下書き出してみました。更なら詳細はPDFも作りましたので、よかったらご活用くださいね。

個々のトラックについてはあれこれここで言い出したらきりがないですが、ワイルドマグノリアスの初期の音源やダニー・バーカーの晩年の音源など、聴きごたえのある貴重音源満載です。ひとつだけ残念なことがあると言えば、エディ・ボーが収録されていないことでしょうか。定番アーティストだけでも相当たくさんいるので全てを収録するのは無理なのはわかっていますが、それでもエディ・ボーはジャズフェスを彩ってきたキーとなる人なので、他を押しのけてでも入れるべきだったと思うのです。ネヴィル・ブラザーズやアラン・トゥーサンなどが複数収録されているのを見ると一層そう思います。音源は多々あるはず。

でも、このCDは十分入手する価値ありです。いやニューオーリンズ、ルイジアナ好きは入手しなければならないものだと思います。ぜひぜひぜひ!としつこいくらいプッシュしたいと思います。

かつてNHKのBSによるジャズフェスの放送を通じてフェスに興味を持つ人が多かったのと同様に、このCDを聴いてフェスやルイジアナの音楽に興味を持つ人が出てくれば嬉しいことです。また、既にフェスに行ったことがある人は、自分が見ていたライヴが収録されているか、チェックして楽しむもよしです。

---

JAZZ FEST: THE NEW ORLEANS JAZZ & HERITAGE FESTIVAL
(Smithonian Folkways SFW40250)
Release date: May 10, 2019
Track listing with recorded years

Disc 1 (length - 01:01:29)
1. The Golden Eagles - Indian Red (1994)
2. Larry McKinley - Welcome to the New Orleans Jazz and Heritage Festival
3. Trombone Shorty - One Night Only (The March) (2010)
4. Donald Harrison, Jr. - Free to Be (1999)
5. Danny Barker - Basin Street Blues (1992)
6. Terence Blanchard - A Streetcar Named Desire (2000)
7. Kermit Ruffins Big Band - Royal Garden Blues (1993)
8, Champion Jack Dupree featuring Allen Toussaint - Bring Me Flowers While I’m Living / Rub a Little Boogie (1990)
9 . George Wein and the Newport All-Stars - Back Home Again in Indiana (2003)
10. John Boutte - Louisiana 1927 (2006)

Disc 2 (length - 00:59:19)
1. Allen Toussaint - Yes We Can Can (2009)
2. Earl King - Trick Bag (1974)
3. Irma Thomas - Ruler of My Heart (1974)
4. Snooks Eaglin - Dizzy Miss Lizzy (1994)
5. Clarence "Frogman" Henry - Ain’t Got No Home (1998)
6. The White Eagles - Big Chief Got the Golden Crown (1988)
7. Professor Longhair - Big Chief (1974)
8. Dixie Cups - Iko Iko / Brother John / Saints Go Marching In (2010)
9. Marcia Ball - Red Beans (2007)
10. Dr. John - Litanie des Saints / Gris-Gris Gumbo Ya Ya / I Walk on Gilded Splinters (2001)

Disc 3 (length - 01:09:27)
1. Ray Hackett - How Ya Gonna Clap?
2. The Dirty Dozen Brass Band - Blackbird Special (2004)
3. Henry Butler Group - Hey Now Baby (1976)
4. Germaine Bazzle and Red Tyler Quintet - Secret Love (1993)
5. Al Belletto Big Band - Jazznocracy (2000)
6. Original Liberty Jazz Band featuring Dr. Michael White - Summertime (2002)
7. Preservation Hall Jazz Band - My Bucket’s Got a Hole in It (2015)
8. The Zion Harmonizers - I Want to Be at That Meeting / Golden Gate Gospel Train (1976)
9. Irma Thomas - Old Rugged Cross (2007)
10. Raymond Myles and The Gospel Soul Children - Can’t Nobody Do Me Like Jesus (1994)
11,. Johnson Extension - I Can Go to God in Prayers (2001)

Disc 4 (length - 01:08:27)
1. Buckwheat Zydeco - Hard to Stop (2003)
2. Boozoo Chavis - Paper in My Shoe (2000)
3. The Savoy Family Cajun Band - Midland Two-Step (2013)
4. Bruce Daigrepont - Disco et Fais Do-Do (2000)
5. Beausoleil - Recherche d’Acadie (1999)
6. The Neville Brothers - Yellow Moon (2001)
7. John Campbell - When the Levee Breaks (1993)
8. John Mooney - It Don’t Mean a Doggone Thing (1998)
9. Kenny Neal - Starlight Diamond / Jimmy Reed Medley: You Don’t Have to Go / Baby, What You Want Me to Do / Going to New York / Honest I Do (2013)
10. Allen Toussaint and Bonnie Raitt - What Is Success (2000)
11. Tommy Ridgley - Double-Eyed Whammy (1998)

Disc 5 (length - 01:00:46)
1. funky Meters - Fire on the Bayou (2010)
2. Clarence “Gatemouth” Brown - Take the "A" Train (2000)
3. Walter “Wolfman” Washington - Blue Moon Rising (1994)
4. Deacon John - Happy Home (1994)
5. Larry McKinley - Rain alert
6. Sonny Landreth - Blue Tarp Blues (2009)
7. Anders Osborne - Back on Dumaine (2007)
8. The Subdudes - Thorn in Her Side (2008)
9. Big Freedia - N.O. Bounce (2016)
10. Wild Magnolias - Smoke My Peace Pipe (1974)
11. The Neville Brothers - Amazing Grace / One Love (2001)

詳細なトラックリスティング (PDF)
2

2019/4/10

50周年のジャズフェス、ストーンズキャンセル後のゴタゴタ  ニューオーリンズ

3月30日にストーンズの出演キャンセルが発表され、4月5日は代役としてフリートウッド・マックが出演することが発表になりました。

がしかし!そのわずか4日後の4月9日、今度はフリートウッド・マックのキャンセルが発表される事態に。スティーヴィー・ニックスのインフルエンザが理由とのことです。まだ3週間もあるから体調回復期間を考えても充分行けると思うんですがね。

ほぼ同時に発表されたマックの代役はワイドスプレッド・パニック。過去に何度ものこフェスに出演しているバンドなので、常連で落ち着いたということでしょうか。今度こそ、これで最終でしょうかね。主催者も大変ですね。

ストーンズ仕切り直しと同時に、彼らが出演予定だった5月2日のスケジュールの大幅組み換えも行われました。彼らのライヴと他のステージのライヴが重ならないよう、他のステージは4時で終了することになっていましたが、それが通常通りの形式になり、地元アーティストを中心に下記11組が追加で出演することとなりました。

新たに追加された出演者
Zena Moses & Friends (Congo Square)
Andy J Forest & The Swampcrawlers (Blues Tent)
Johnny Sketch and The Dirty Notes (Gentilly Stage)
Kyle Roussel History & Future of New Orleans Piano (Jazz Tent)
Lena Prima (Economy Hall)
Sean Ardoin (Fais Do-Do)
Egg Yolk Jubilee (Lagniappe Stage)
Donald Lewis (Donald Lewis)
The New Voices of Light (Gospel Tent)
First Grace United Methodist Church Gospel Choir (Gospel Tent)
Buffalo Hunters & Cheyenne Mardi Gras Indians (Cultural Exchange Pavilion)

さらには他の日に出演予定だった以下の人たちも5月2日移動、あるいは追加出演が決まっています:
101 Runners (4/25から移動)
Javier Gutierrez & Vivaz! (4/26から移動)
Crocodile Gumboot Dancers of South Africa(5/3-5出演に加え5/2も追加)

紆余曲折ありありですが、無事当日を迎えることができますように!
1

2019/4/1

ニューオーリンズのジャズフェス50周年、しかし...  ニューオーリンズ

このウェブサイトでも度々現地レポートをして来たニューオーリンズのジャズフェス(New Orleans Jazz & Heritage Festival)が今年50周年を迎えます。世の中の音楽系イベントを見回しても、半世紀続いたものがどれだけあるでしょうか?そう考えると本当にすごいことだなぁと思います。2006年には、ハリケーン・カトリーナの被災で開催が危ぶまれたりしましたが、それも乗り越え、今日も健在です。

しかし、この50周年を記念して、ローリング・ストーンズが出演することになっていましたが、3月30日、突然キャンセルとなってしまいました。理由はミックの健康上の問題だそうです。ジャズフェス前後の北米ツアーが丸ごと延期になったという形です。ストーンズ側は、チケットはそのまま振替公演に使えるとしていますが、ジャズフェスはそういう訳にも行かないですよね。

ジャズフェス主催者は、ストーンズが出演予定だった5月2日のプログラムとチケットの払い戻しの詳細については、決まり次第発表するとしています。

ストーンズの日だけ入場料が2倍以上したり、WWOZのパス(Brass Pass)もその日だけは使えないというイレギュラーな対応に批判的な声も少なくなかったのですが、いざ券が発売になると、ジャズフェスとしては前代未聞の即日完売に。この日は、メインのアキュラ・ステージにストーンズが登場する前の4時までに他のステージは全て終了となるよう、ストーンズ中心のプログラムとなっていました。

それが、土壇場で中止ということで、さすがにジャズフェス主催者が気の毒です。今からストーンズ級の大物を連れてくることはほぼ不可能ですし、高値で売ってしまったチケットは他の日と同じ金額に戻すのか、4時以降の全ステージのプログラムはどうするのか、きっと今主催者はパニックでしょう。

一度は出演が決まり直後にキャンセルになったボブ・シーガーを呼び戻せという声もありましたが、さてどうなることやら。

思えば僕が行ったときのジャズフェスでも2006年のカトリーナ復興を謳った年はファッツ・ドミノの出演が目玉だったにも関わらず、当時になってからキャンセルになったり、2004年には公式ポスターになっていたハリー・コニックJr.の出演日が悪天候で丸ごと中止になったり、色々と大変なことはこれまでもありました。

アレサ・フランクリンが3度連続でドタキャンしたということもありました。(2009年、2010年、2018年)彼女は結局2018年に亡くなったので、「4度目の正直」は実現しませんでした。

こういうことを乗り切って来たフェスですから、主査者の人たちはハプニングへの対応は慣れっこかもしれません。しかし、それにしても今回は大変だろうと思います。

ジャズフェスはもう三週間あまりで初日を迎えます。きっとストーンズを見るために遠方から駆けつけようとしていた人も少なくないでしょう。さてどうなることやら。僕は行けませんが、成功裏に終わることを祈ります。

New Orleans Jazz & Heritage Festival公式サイト
http://nojazzfest.com

ブルース銀座過去のジャズフェスレポート
http://bluesginza.web.fc2.com/nojhf06/



[2019/4/5追記] ミック・ジャガーの健康状態として、心臓弁の置き換え手術を受ける予定とローリングストーン誌は4月1日に伝えています。また延期されたツアーは7月にスタートする見込みだそうです。2週間以内に新たな日程も発表するそうです。気が早いですね。
心臓の手術って大変なことだと思いますが、彼の全快を祈りたいと思います。

Mick Jagger: Heart Surgery Postponed Rolling Stones Tour
https://www.rollingstone.com/music/music-news/mick-jagger-heart-surgery-rolling-stones-tour-816214/

Rolling Stones Rescheduled Tour Will Start in July, New Dates to Be Announced 'In the Next Couple of Weeks'
https://www.billboard.com/articles/business/8505055/rolling-stones-rescheduled-tour-july-mick-jagger-health
1

2019/2/26

Happy birthday, Fats Domino!  ニューオーリンズ

今日2月26日はファッツ・ドミノのお誕生日です。彼は2017年に89歳で亡くなりましたが、ご存命ならば91歳ということなると思います。

彼の誕生日というと、ボビー・チャールズの”Happy Birthday Fats Domino”という曲を思い出します。シンプルな曲ですが、ニューオーリンズ色が滲みでていてほのぼの染みるのです。「これからも何度もお祝いできますように」と歌うボビー・チャールズの方がファッツより先に逝ってしまいました。

この曲を聴いてファッツの誕生日をお祝いしたいと思います。Happy birthday, Fats Domino!

----

HAPPY BIRTHDAY FATS DOMINO
Words and music by Bobby Charles
Music Patch, BMI


Happy birthday Fats Domino
You and your music touched my heart and soul
And that poor broken heart of mine, you keep right on a-rockin’
Today is your birthday, may you never be forgotten

Happy birthday Fats Domino
Happy birthday to you
Happy birthday may you have many more
And may all your sweetest dreams come true

----

誕生日おめでとう、ファッツ・ドミノ
あなたの音楽は僕の琴線に触れました
そして僕の傷ついた心を元気付けてくれます
今日はあなたの誕生日、いつまでもあなたが皆の記憶に残りますように

誕生日おめでとう、ファッツ・ドミノ
あなたの誕生日をお祝いします
誕生日おめでとう、これからも何度もお祝いできますように
そして、あなたの素敵な夢が全て叶いますように

----

0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ