2018/10/31

熊本Country Gold 30周年!  音楽全般

クリックすると元のサイズで表示します

10月21日は、熊本までカントリーミュージックの祭典「Country Gold」を見に行ってきました。2年前に初めて行って南阿蘇の山の中の環境と音楽の気持ちよさにすっかりはまり、また行ってみたいと思っておりました。

あまり一般的には知られていないフェスですが、実は始まったのは1989年。今年でなんと30周年を迎えます。主催者である日本のカントリーミュージックのゴッドファーザー、チャーリー永谷さんは今年83歳。ご高齢なので、この節目でフィナーレになるのでは?という声もありましたが、当日ステージに登場した彼は「自分の体力、気力が続く限りやる」と明言しました。でも、今年は前回よりもお疲れだったと見え、声が出ていませんでしたし、自分のバンドのセットでは他のメンバーにヴォーカルを譲り、自分はギターも弾かないで見ているという場面もあり、ちょっと心配になりました。チャーリーさん、いつまでもお元気で。

今回は、ブルーグラスのデイリー&ヴィンセント、サニー・スウィーニーがメインアクト。特にサニーは最高のステージを見せてくれました。天候にも恵まれ非常に気持ちのいい1日でした。

フェス前日、熊本市内のチャーリーさんのお店、グッド・タイム・チャーリーでは出演者の多くがジャムに参加したパーティーで盛り上がりました。

フェスの写真は以下のサイトを見てくださいね。

https://www.facebook.com/masahiro.sumori/media_set?set=a.2034310366612737

公式サイト
http://www.countrygold.net/
1

2018/10/8

LIVE MAGIC! 2018情報  音楽全般

今年で5回目を迎えるピーター・バラカンのLIVE MAGIC!。2014年の第1回以来のジョン・クリアリーをヘッドライナーに迎え、今月開催されます。
僕は残念ながら今回は参加できないのですが、情報を掲載しておきます。

Peter Barakan’s LIVE MAGIC! 2018
​恵比寿ガーデンプレイス ザ・ガーデンホール / ザ・ガーデンルーム
10月20日(土)開場 12:00 / 21:30 終演予定
10月21日(日)開場 12:00 / 20:00 終演予定
チケット:1日券 12,000円、2日通し券 21,000円(学割チケットあり)
https://www.livemagic.jp/


10月20日(土)
Jon Cleary Solo Piano
Flook
Zydefunk feat. Brandon "Taz" Niederauer
Garikayi Tirikoti
高田漣
The Ska Flames
民謡クルセイダーズ
中村まり
濱口祐自
K’n’K ( Katayama & Kadono )

10月21日(日)
Jon Cleary Trio with Nigel Hall
Noam Pikelny & Stuart Duncan
Zydefunk feat. Brandon "Taz" Niederauer
Dereb The Ambassador
Arto Lindsay Solo
勝井祐二 × U-zhaan
Ky (仲野麻紀,ヤン・ピタール)
濱口祐自
久保田リョウヘイ
0

2018/2/18

2017年の年間ベストアルバム  音楽全般

2017年もたくさんいい音楽に出逢いました。1年間に聴いた新譜の個人的なベストです。他にもいい作品はいろいろありましたが、特に印象に残ったものを10枚選びました。順不同です。

Elvin Bishop - Elvin Bishop's Big Fun Trio
クリックすると元のサイズで表示します
前作もよかったですが、今回の作品はシンプルなトリオ編成な分、逆にブルースのパワーががつんと伝わる快作でした。このアルバムを引っさげての来日公演も快調でしたし、70超えてますます勢い付いているのには嬉しくなります。日本盤のライナーを書きましたので、よかったら読んでくださいね。

Robert Cray & Hi Rhythm
クリックすると元のサイズで表示します
その名の通り、メンフィスのハイ・リズム・セクションとの共演作。クレイは、過去にもメンフィスホーンズとツアーに出ていたこともあったし、メンフィスソウルとの相性がいいんですよね。ということでこれもすごく自然体で、彼の魅力がにじみでたブルース&ソウルでした。

The Sherman Holmes Project - Richmond Sessions
クリックすると元のサイズで表示します
ホームズ・ブラザーズの2人が亡くなり、シャーマン一人残されたあと、78歳にして彼は初のソロとなる本作をリリースしました。これまでのホームズ・ブラザーズの幅広い音楽性を引き継ぎつつ、ベテランならではの奥の深いサウンドを聴かせます。
この作品については、当ブログにも取り上げたので、ご覧下さい。
http://black.ap.teacup.com/sumori/1759.html

Gregg Allman - Southern Blood
クリックすると元のサイズで表示します
グレッグ・オールマンが亡くなってからリリースとなった、遺作。恐らくこれを作っている頃、彼の体調は悪かったのではと思いますが、そんなことは感じさせません。オールマン・ブラザーズでも聞かせていたブルージーな歌声、聴けば聴くほどはまります。ラストを飾るジャクソン・ブラウンとの共演も最高です。

The Blind Boys of Alabama - Almost Home
クリックすると元のサイズで表示します
Amazonの配信のみという変則的な形の新譜ですが、ゲストを多く迎えた形が多かった近年の作品と異なり、シンプルでストレートな作品でした。オリジナル・メンバーの2人も80代後半となり、もう間もなく神の懐へ帰るよと言っていると思われるこのタイトル。でもサウンドは喜びに満ちていて悲壮感は全然ないのです。

Bloodest Saxophone feat. Big Jay McNeely - Blow Blow All Night Long
クリックすると元のサイズで表示します
歳を食っても驚異的な精神力でパワフルな演奏を聴かせるビッグ・ジェイ。Bloodest Saxophoneとの相性もバッチリです。2度の来日公演でのとエンターテイナーぶりにも度肝を抜かれましたが、まだまだやれるんでは思わせます。もう一度来日、あるかな?

Chas Justus & the Jury
クリックすると元のサイズで表示します
ルイジアナのケイジャン・スウィング・バンド、レヴェラーズ、レッド・スティック・ランブラーズのギタリスト、チャス・ジャスタスのリーダー作は、一層スウィング・ジャズ色が濃く出たご機嫌なサウンドです。フランス語で歌われる嘘は罪(It’s A Sin To Tell A Lie)はルイジアナらしいところです。

Lloyd Price - This Is Rock and Roll
クリックすると元のサイズで表示します
ファッツ・ドミノが遂に亡くなってしまい、もう50年代に活躍したロックンロール・スターは殆ど残っていないなと思っていたら、同じニューオーリンズのロイド・プライスが久々に新譜を出しました。御歳84歳。思いの外元気で嬉しくなりました。

Van Morrison - Roll With The Punches
クリックすると元のサイズで表示します
最近のヴァンの新譜リリースのペースはやたらと早いですね。2017年は2枚を出しましたが、このアルバムは近年の作品の中でもブルース/R&B色が強く、非常にはまりました。

Lost Bayou Ramblers - Kalenda
クリックすると元のサイズで表示します
祝グラミー賞受賞!彼らのように現在進行形のケイジャン・ミュージックを演奏するバンドが評価されるのは非常に嬉しいのです。

2017年ベスト・ライヴ
Spencer & Percy Wiggins (April 18, 2017, Billboard Live Tokyo)
2017年を通して一番のライヴといえば、やはりこれかなぁ。もうジーンときてしまいました。
http://black.ap.teacup.com/sumori/1734.html
5

2018/1/3

あけまして犬ジャケット(笑)  音楽全般

あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。

今年は戌年ですね。というわけで、犬のアルバム・ジャケットを選んでみました。

しかし、昨年の鶏と違い、意外とありそうであまりないんですよね。身近な動物なのに、身近すぎて題材になりにくいんでしょうか。ブルース系を中心にと思ったのですが、少ないので雑多なセレクションになりました。

クリックすると元のサイズで表示します
ERIC CLAPTON / There's One In Every Crowd (1975)

「犬ジャケ」で真っ先に思いついたのがこれでした。だらーんとした感じの犬も印象に残りますが、アルバムとしても僕はクラプトンのソロ作としては、一番好きな作品です。このレイドバックした感じがたまらないんです。



クリックすると元のサイズで表示します
JAMIE OLDAKER / Mad Dogs & Okies (2005)

クラプトンつながりです。かつてクラプトンのバンドにいたドラマーで、クラプトンを含むオールスター参加の作品です。70年代のクラプトンのサウンドを彷彿させる内容です。


クリックすると元のサイズで表示します
R.L. BURNSIDE / Too Bad Jim (1994)

ブルースでは「犬ジャケ」といって最初に思いついたのがR.L.のこれでした。日本盤(Pヴァイン)はジャケ違いでしたが、そちらにも犬は写っています。1990年代にジュニア・キンブローとともにファット・ポッサム・レーベルから登場して注目を浴びた彼。日本にも3回くらい来ましたね。



クリックすると元のサイズで表示します
MARCIA BALL / Let Me Play With Your Poodle (1997)

ニューオーリンズ・サウンド全開なマーシャの1997年作。タンパ・レッド作のタイトル曲にあわせて、プードルがジャケに登場します。



クリックすると元のサイズで表示します
HOWLIN' WOLF / Message To The Young (1971)

シカゴ・ブルースのレジェンド、ハウリン・ウルフの作品ですが、晩年のあまり知られていない1枚です。ジャケに写っているのは芸名が芸名だけに狼かもしれないですが、まあ勝手に犬と解釈しますw。ファンク・サウンドを取り入れたウルフとしては異色作です。「Moanin' In The Moonlight」という大名盤もありますが、こちらは明らかに月に向かって吠える狼のジャケなので、まだグレイなこちらを選びました。



クリックすると元のサイズで表示します
WASHBOARD CHAZ BLUES TRIO / Dog Days (2004)

ティンメン、パルメット・バグ・ストンパーズなどでも活躍するウォッシュボード・チャズのブルース・バンド2作目です。タイトルの「Dog Days」とは真夏の暑い日のことで犬とは関係ないはずですが、洒落のきいたジャケットですね。



クリックすると元のサイズで表示します
BOBBY CHARLES (1972)

ボビー・チャールズがウッドストックでザ・バンドのメンバーと出会いリリースしたファーストです。地味ではありますが、心の故郷に帰ってきたような作品です。



クリックすると元のサイズで表示します
AMOS GARRETT - Acoustic Album (2004)

ビクターの犬のように、エイモス・ギャレットの演奏に耳を傾けるわんちゃん。彼にはどんな音楽が聞こえたのでしょうか。



クリックすると元のサイズで表示します
JOHN HIATT - Walk On (1995)

門の前のジョン・ハイアットとともにうつる犬のシルエット。どんな犬でしょうか?



クリックすると元のサイズで表示します
DON NIX - I Don't Want No Trouble (2006)

スワンプ・ロックのドン・ニックス。ブルース・フィーリング溢れる作品です。なんてことはないダルメシアンのいる田舎の景色がいい味を出しています。

---

【2017年鶏ジャケット】
http://black.ap.teacup.com/sumori/1719.html
0

2017/12/31

2017年に見たライブ  音楽全般

2017年もあっという間に大晦日です。僕が1年間に見たライブです。2017年は計38本のライブを見ました。ニューオーリンズのフェスなどに出かけた2016年と違って、近場のみだったので、その分は小少なめです。

そんな中で一つだけ選べと言われれば、デビュー後50年以上経ってまさに奇跡の来日を果たしたスペンサー&パーシー・ウィギンズを選びます。特にスペンサーは、だいぶ老け込み明らかに全盛期を過ぎていましたが、歳月が経ったからこその深みに感動しました。あとは、渋谷センター街をパレードして楽しませてくれたトレメ・ブラスバンドも最高でした。2017年最後のライブはラテンソウルの大物ジョー・バターン。昨年LIVE MAGIC!でのステージがよかったので、かなり期待はしていたのですが、期待をはるかに上回る圧倒的なステージでした。あれで75歳ってすごいです。彼を支えた日本のバンドも完璧でした。

来年もいいライブにたくさん出会えますように。2017年も本ブログを見ていただいてありがとうございました。

sumoriが2017年に見たライブ
1月7日(土)19:00 スリム・ゲイラードさんまつり 新橋Aratetsu Underground
1月18日(水)20:00 Lee 中野Bright Brown
3月19日(日)10:00 西荻ラバーズフェス 杉並・桃井原っぱ公園
4月7日(金)19:30 TOKYO MEXICAN PARTY! 晴れたら空に豆まいて
4月8日(土)13:00 横浜ジャグバンドフェスティバル 横浜VIVRE、THUMBS UPなど
4月13日(木)19:30 Micke Bjorklof & Blue Strip Blue Mood
4月14日(金)19:30 Shime & Hiroshi 中野坂上LODI
4月18日(火)21:30 Spencer & Percy Wiggins ビルボードライブ東京
4月22日(土)19:00 The Gate Brothers 新橋Aratetsu Underground
4月23日(日)Earth Day Tokyo(渋さ知らズ) 代々木公園
5月13日(土)20:30 Zydeco Kicks 池袋FREE FLOW RANCH
5月18日(木)19:00 David Hidalgo & Marc Ribot 渋谷クラブクアトロ
5月19日(金)19:30 W.C.カラス& Chihana 中野坂上LODI
6月12日(月)19:30 ギター・パンダ 三鷹バイユーゲイト
7月17日(月)14:00 長崎村の海びらき 南長崎ターナーギャラリー
7月22日(土)Hee Haw Woo Boys 新橋Aratetsu Underground
7月24日(月)19:30 Nellie "Tiger" Travis & Mike Wheeler Motion Blue Yokohama
7月27日(木)21:00 Dirty Dozen Brass Band ブルーノート東京
7月31日(月)21:30 Elvin Bishop ビルボードライブ東京
7月30日(日)19:30 Danny Kortchmar & Friends ビルボードライブ東京
8月12日(土)19:30 Preservation Hall Jazz Band ビルボードライブ東京
8月13日(日)16:00 Big Western 上野不忍池水上音楽堂
8月19日(土)第8回 すみだストリートジャズフェスティバル 錦糸公園、他
9月2日(土)Treme Brass Band(パレード) 渋谷センター街
9月3日(日)16:20 Tokyo Jazz 渋谷けやき広場ステージ
9月30日(土)18:00 Gatemania 2017 元住吉Powers2
10月6日(金)19:00 Garland Jeffreys 新宿・ディスクユニオン(ロック館)
10月8日(日)13:00 小金井ジャズフェスティバル2017 JR武蔵小金井駅北口商店街
10月10日(火)19:30 Garland Jeffreys Motion Blue Yokohama
10月19日(木)19:00 Jackson Browne オーチャードホール
10月27日(金)19:30 Chime(Shime+Chihana) 中野坂上LODI
11月11日(土)19:00 Bluegrass Police 中野坂上LODI
11月12日(日)12:50 Festa In Vinyl 練馬大泉町・白石農園
11月18日(土)20:00 Neil Billington 中野Bright Brown
11月24日(金)19:30 倉井夏樹&斉藤渉 中野坂上LODI
11月25日(土)19:00 Neil Billington 中野Sweet Rain
12月9日(土)19:00 W.C.カラス 中野坂上LODI
12月23日(土)20:00 Joe Bataan 晴れたら空に豆まいて
3



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ