2020/9/17

海の上のピアニスト  音楽全般

クリックすると元のサイズで表示します

コロナの影響でまだまだ以前のようにはライヴに行けない今日この頃。

映画は見たいものに事欠きません。

最近見たもので、印象に残ったものの一つは「海の上のピアニスト(The Legend of 1900)」です。

音楽映画というわけではありませんが、ラグタイムなど昔のジャズのサウンドであふれているこの映画は音楽好きにはたまりません。

これは1998年のイタリアとアメリカの合作映画で新作ではないのですが、20年以上の歳月を経て今回4Kでデジタル修復をし、改めて公開となっています。

僕は初めて見る作品だったので、新鮮な気持ちで見ることできました。

舞台は20 世紀前半。豪華客船上で生まれ、生涯下船することがなかった天才ピアニストの 人生を描いたドラマで す 。 映画は彼の共演者で友人だったトランペッター、マックス・トゥーニーが思い出の詰まったトランペットを売るため、楽器屋に持ち込み、船上の日々をするところから始まります。

主人公のピアニストは船上で生み落とされましたが、産みの親は生まれたばかりの彼を置き去りにし、発見した船の作業員ダニーが彼を育てることとなりました。ダニーは彼が20世紀の最初の年に生まれたことから、彼を1900(ナインティーン・ハンドレッド)と名付けます。船上で出会う様々な人々に育まれながら育った1900は、大人になった頃には超絶テクニックを持った名ピアニストになっていたのでした。

ストーリーはフィクションですが、その華麗ながらも物悲しい人生の描かれ方が見事なことと、実在のピアニスト、ジェリー・ロール・モートンが登場することもあって、まるで実話のように引き込まれてしまいます。

天才的に腕を持ちながらも、1900にはレコーディングもなく、彼の存在を知るのはこの客船で彼の生演奏に触れたことのある人のみ。しかしその噂は広がり、ジェリー・ロール・モートンが勝負を挑むために船に乗り込んでくるという展開です。

レコード会社も彼をレコーディングしようと乗り込んでくるのですが、さてその結末はいかに?

この映画はもともとイタリアで公開されたものは160分あったのですが、米国公開版は120分に短縮され、当時日本ではこの米国版の方がが公開されました。

今回の劇場公開では、4Kデジタル修復が施された米国公開版(4K修復版)に加え、イタリア版も当初のものより長い170分という形(イタリア完全版)で日本で初めて公開になっています。僕はイタリア完全版の方を見ました。見応えはありましたが、長いとは思いませんんでした。

ジェリー・ロール・モートンとのバトルのシーンはなかなかの迫力ですよ。

おすすめです。現在公開中なので終わらないうちに是非!



----

「海の上のピアニスト(The Legend of 1900)」
監督:ジュゼッペ・トルナトーレ
脚本:ジュゼッペ・トルナトーレ
製作総指揮:ローラ・ファットーリ
原作:アレッサンドロ・バリッコ
出演:ティム・ロス、プルイット・テイラー・ヴィンス、メラニー・ティエリーほか
音楽:エンニオ・モリコーネ
撮影:ラホス・コルタイ
編集:マッシモ・クアリア
日本語字幕:柏野文映

配給:SYNCA(シンカ)

イタリア=アメリカ合作/1998 /4K修復版121分・イタリア完全版170分 /英語/カラー/5.1ch/

公式サイト
http://synca.jp/uminoue/
0

2020/3/23

ジャズフェスが延期になっちゃった  音楽全般

新型コロナウイルスの流行が止まりません。
特に欧米での展開が急すぎて唖然としてしまいます。

ニューオーリンズではマルディグラ(2月25日)の頃までは普通に盛り上がっていたのに、3月に入り事態は一変。3月11日、ルイジアナ州知事が非常事態宣言を行い、州全体でバーやライヴハウス、カジノなどは閉鎖。50人以上のイベントも禁止されました。全米でも、10人以上のイベントの中止要請が出る事態に。全米での感染者は米国疾病予防管理センター(CDC)によると、あっという間に15,000人を超えてしまいました。ジョン・ホプキンズ大学の情報サイトだと35,000人超となっています。(ともに3月23日アクセス)

このような事態を受け、それまで予定通り開催することを強調していたニューオーリンズのフレンチ・クオーターフェスティバル(4月16-19開催予定)が3月13日になって10月への延期を発表、ジャズ&ヘリテッジ・フェスティバル(通称ジャズフェス;4月23-26日、4月30日-5月3日開催予定)も3月17日、同じく10月への延期を発表するにいたりました。

近年ニューオーリンズでは最大の危機だったハリケーン・カトリーナ(2005年)の直後もこの2つのフェスはほぼ例年通りに開催してますので、これはそれを上回る前代未聞の事態です。

イベントの中止・延期の動きは各地に広がっています。3月開催予定だったオースティンのサウスバイサウスウェスト、カリフォルニアのコーチェラ・フェスティバルはともに全日程の中止を発表、イギリスのグラストンベリー・フェスティバル(6月予定)も50周年という節目の年だったにも関わらず、今年の開催は中止になってしまいました。6月のボナルー・ミュージック&アーツ・フェスティバル(米国テネシー州)も9月への延期が決まっています。

ミュージシャンのツアーも軒並み中止になっています。日本でもボブ・ディランを始め、3月以降、見たところ全ての来日公演が中止になっているようです。

こんなことがいつまで続くのかわかりませんが、早く正常の毎日が戻ってほしい、そう願うばかりです。

でも、こんな事態になっても、僕は過度に生活を委縮させる必要はないと考えます。日々気を付けながら最大限普通に過ごせばいい、そうではないですか?

もちろん、新型コロナウイルスなんて大したことないなどというつもりはありませんが、感染を防ぐという大義名分のもと、我々の生活が立ち行かなくなったり、心身を病むようなことがあっては元も子もないです。

イベント、ライヴなどに対する自粛圧力が広まっていますが、賛成できません。もちろん個々の関係者の中止・延期の判断は尊重されるべきですが、決行するのも同様に尊重すべきだと思います。

音楽なんてなくても死なないでしょ?そう思っている人は、それは違う!と声を大にして言いたい。人は生きるだけの機械ではないのです。エンターテインメントがなくなったら確実に死にます。みんな気分が塞ぎ込みがちなこんな状況だからこそ、エンターテインメントは必要だし、最大限の対策を取りながら可能ならばどんどんやるべきです。

ライブハウスやイベントを決行したイベンターやアーティストなどが叩かれる事態を看過できません。逆に彼らを今こそ応援したいと思います。
3

2020/1/8

2019年の年間ベスト・アルバム  音楽全般

2019年にリリースされた作品の中から、陶守が個人的に特によいと思ったものを10枚挙げました。そんなにたくさん聴いている訳ではないのですが、10枚に絞るのは結構難しい!特によく聴いたもの、印象に残ったものを中心に選んでみました。10枚は順不同です。どれがベストというのは特にありません。

----


クリックすると元のサイズで表示します
◆ The Who / WHO (Polydor UICP-1197)
前作「Endless Wire」から13年も経っていた事実に驚きでしたが、新譜が出るというだけで興奮もののザ・フーです。それが、聴いてみるとまあ、曲作りといい、アレンジといい、演奏といい、どこをどう切ってもザ・フーとしかいいようのない個性が詰まった作品で嬉しくなりました。若いころのような破壊的な勢いこそないものの、より円熟味を増して元気なのはさすがです。


クリックすると元のサイズで表示します
◆ Jimmy Johnson / Every Day Of Your Life (Delmark DE861)
いまやシカゴ・ブルース界の最長老ではないかと思います。ここ最近、元気に誕生日を迎えたなど健在ぶりがSNSで伝わって来ていましたが、このアルバムを聴いて納得。91歳になるのですが、若々しく瑞々しい音をしています。フェントン・ロビンソンの”Somebody Loan Me A Dime”はマイナー調にアレンジされていて、いかにもジミーらしいクールな雰囲気です。あのボズ・スキャッグスのバージョンも彷彿させます。


クリックすると元のサイズで表示します
◆ Junior Watson / Nothin' To It But To Do It (Little Village Foundation 814519025535)
スウィング感の気持ちよい作品で、職人的なワトソンのギター・プレイも冴えています。ヴォーカルは主にリサ・ルシュナー(ギタリストのキッド・アンダーセンの奥さん)とアラバマ・マイクが分け合っていてともに元気いっぱいです。インストにもいいものが多く、スカのリズムに料理されたスタンダード曲”Caravan”あたりもいい感じでした。


クリックすると元のサイズで表示します
◆ The Subdudes / Lickskillet (no label, no number)
自主製作で知らないうちに地味に新譜をリリースしていましたが、サウンドは変わらずの極上のルーツ・ロック。美しいコーラスワーク、豪快なスライド・ギター、シンプルなパーカッションなどなど、この人たちの個性は不変です。クラリネットを入れてニューオーリンズ・ジャズっぽいサウンドを展開する曲もあります。ニューオーリンズも新しい人がどんどん出て来ていますが、こういうヴェテランが元気なのは嬉しいですね。


クリックすると元のサイズで表示します
◆ Chip Wilson / Stories And Occasional Lies (ArtistShare AS0165)
ニューオーリンズを拠点とするギタリストで、アコースティック・サウンドを中心にゴスペル、ブルース、フォークなどのアメリカン・ルーツを展開します。取り立ててニューオーリンズっぽい感じではないのですが、” Quarter to Four”でチューバを加え、セカンドライン・パレードっぽい雰囲気を出しているところなどは心憎いです。


クリックすると元のサイズで表示します
◆ The Revelers / At The End Of The River (The Revelers, no number)
理屈抜きに楽しいダンス・ミュージックです。この人たちは、前進のレッド・スティック・ランブラーズの頃から大ファンです。基本にあるのはケイジャン・ミュージックですが、ソウル、ロックンロール、ブルースなど色々な要素が織り交ぜられています。


クリックすると元のサイズで表示します
◆ Jontavious Willis / Spectacular Class (Kind Of Blue Music, no number)
本作で初めてブルース部門のグラミー賞にノミネートされました。この作品のインパクトは相当強烈でした。23歳という若手でここまでブルースに真っ直ぐに取り組んでいる人がいること自体が驚きでした。エレキから弾き語りまでスタイルは多様ではありますが、基本的に戦前ブルースを思い起こすトラディショナルなスタイルで、古きはかえって新鮮でした。


クリックすると元のサイズで表示します
◆ 吾妻光良 & The Swinging Boppers / Scheduled By The Budget (Sony Music AICL-3699)
これはやられましたね。バッパーズ節炸裂、最高におもろいし、最高にご機嫌です。かっぱえびせんじゃあるまいですが、やめられない止まらないです。大人はワイン2本まで?それ以上飲むのは子供?何言っているのかまるっきりわかりません(笑)。吾妻さんのギャグセンスは何度きいてもクスッときます。


クリックすると元のサイズで表示します
◆ Los Lobos / Llegó Navidad (Rhino R2 604538)
ロスロボスは、Will The Wolf Survive?の頃からのファンです。作品によって随分路線を変えて来たりしますが、僕はどれも好きです。今回は彼らの原点とも言えるメキシカン・トラディショナル風でクリスマス・アルバムを作ってくれました。年末に結構聴きまくりました。とにかく楽しい。


クリックすると元のサイズで表示します
◆ Wild Chillun / Rock & Roll Fantasy (P-Vine PCD-27040)
W.C.カラスとChihanaが組んで結成したバンドのデビュー作。ブルースとは違いますが、奇をてらった事は一切なく、ストレートにガツンと来るロックンロールで爽快です。

----

これ以外で特筆すべきものとしては、久々の新譜だったジョン・ブッテ。過去の作品と比べると地味な印象でしたが、味わい深い作品でした。長年活動を共にしたギタリストで癌で亡くなったトッド・デュークが参加した最後の作品でもありました。

ジャズフェス50周年記念5枚組ライヴCDもなかなか凄いものがありましたが、これはひとつの作品という感じでもないので選外としました、

あとは、キケ・ゴメスとの共演盤、ライヴ盤と2枚のアルバムを立て続けにだしたロッキン・ジョニー、深みのある作品「We Get By」をリリースしたメイヴィス・ステイプルズ、日本からピアノでLeeさんも参加したキャッシュ・ボックス・キングス、キューバン・ミュージック色を押し出したプリザヴェーション・ジャズ・バンドなども印象に残りました。

----
【過去の年間ベスト・アルバム10選】

2017年
https://black.ap.teacup.com/sumori/1772.html

2016年
https://black.ap.teacup.com/sumori/1721.html

2013年
https://black.ap.teacup.com/sumori/1487.html

2010年
https://black.ap.teacup.com/sumori/615.html

2008年
https://black.ap.teacup.com/sumori/209.html

2006年
https://black.ap.teacup.com/sumori/61.html
0

2019/12/31

2019年に見たライヴ  音楽全般

2019年ももうそろそろ終わりです。今年僕が見たライヴのリストです。備忘録です。今年は、例年より若干多めな65本のライヴを見に行きました。

ザ・ウェイト・バンドは期待以上に素晴らしい内容でした。ポール・バレアがそのすぐ後に亡くなってしまったこともあり、忘れられない公演となりました。あとは、ニューオーリンズで見たWater Seedも2時間を超える熱いソウル・ショーで圧巻でした。とてもベストを1つや2つに絞ることはできないですが、今年も色々といいものを見ることができました。

今年も一年見ていただいてありがとうございました。2020年もよろしくお願いします。

陶守正寛


2019年にsumoriが見たライヴ

  • 1月7日(月) Bloodest Saxophone tribute to Big Jay McNeely 渋谷クラブクアトロ
  • 1月19日(土) SOUL大喜利 (Los Royal Flames, Golden Wax Orchestra, 東京さんた) 新橋Aratetsu Underground
  • 1月27日(日) Japan Brewers Cup (KOTEZ&江口弘史 w/桜井秀俊ほか) 横浜大さん橋ホール
  • 2月2日(土) Zydeco Kicks 江古田倶楽部
  • 2月7日(木) Funk on da Table 恵比寿LIQUID ROOM
  • 2月10日(日) Washboard Chaz & Steve Gardner 恵比寿What The Dickens!
  • 2月11日(月) Washboard Chaz & Steve Gardner 中野Bright Brown
  • 2月20日(水) Rie "Lee” Kanehira 中野Bright Brown
  • 2月22日(金) 吉村瞳 中野坂上LODI
  • 3月9日(土) Angel KON 中野坂上LODI
  • 4月5日(金) SHIME with 古橋一晃 中野坂上LODI
  • 4月13日(土) 横浜ジャグバンドフェスティバル 横浜Thumbs Upなど
  • 4月14日(日) 9mm Parabellum Bullet 日比谷野外音楽堂
  • 4月20日(土) キング・オリバーさん祭り(ISSEI & HIS DIXIE SYNCOPATORS) 新橋Aratetsu Underground
  • 4月21日(日) Earth Day Tokyo 2019 (頭脳警察、加藤登紀子、吉村瞳ほか) 代々木公園
  • 4月21日(日) Rockin' Johnny Burgin 中野Bright Brown
  • 4月26日(金) Chihana 中野坂上LODI
  • 5月1日(水) Teacher & The Soul Expresso、Zydeco Kicks 三鷹バイユーゲイト
  • 5月6日(月) 吉祥寺音楽祭 吉祥寺駅前
  • 5月8日(水) Rie "Lee” Kanehira 中野Bright Brown
  • 5月11日(土) Sugar Brown 中野Bright Brown
  • 5月12日(日) Angel KONN 荻窪ROOSTER本店
  • 5月16日(木) Danny Kortchmar & The Immediate Family ビルボードライブ東京
  • 5月17日(金) Wild Chillun 高円寺JIROKICHI
  • 5月19日(日) Sugar Brown 荻窪ROOSTER本店
  • 5月26日(水) 大野木一彦 中野Bright Brown
  • 6月2日(日) 吾妻光良& The Swingin’ Boppers 渋谷タワーレコード
  • 6月9日(日) Maria Muldaur ビルボードライブ東京
  • 6月14日(金) Kai Petite 中野坂上LODI
  • 6月16日(日) Tedeschi Trucks Band 東京ドームシティホール
  • 6月28日(金) Corey Henry & The Treme Funktet Blue Nile, New Orleans
  • 6月30日(日) Palmetto Bug Stompers d.b.a., New Orleans
  • 6月30日(日) Egg Yolk Jubilee d.b.a., New Orleans
  • 7月1日(月) Kermit Ruffins & The Barbecue Swingers with Irvin Mayfield Mother-In-Law Lounge, New Orleans
  • 7月1日(月) Sierra Green and the Soul Machine  Maison, New Orleans
  • 7月1日(月) Hot Club of New Orleans Spotted Cat, New Orleans
  • 7月1日(月) Les Getrez N Creole Cooking Bamboulas, New Orleans
  • 7月2日(火) Mem Shannon 30/90, New Orleans
  • 7月2日(火) Water Seed Blue Nile, New Orleans
  • 7月3日(水) Tin Men d.b.a., New Orleans
  • 7月3日(水) Kevin Morris & Uptown Production Tapps II, New Orleans
  • 7月15日(月) 長崎村の海びらき 南長崎ターナーギャラリー
  • 7月16日(火) チャラン・ポ・ランタン 新宿タワーレコード
  • 7月17日(水) Toronzo Cannon, Nora Jean Motion Blue横浜
  • 7月20日(土) ひょうろく玉 中野坂上LODI
  • 7月31日(水) Bloodest Saxophone with Crystal Thomas 渋谷クラブクアトロ
  • 8月3日(土)  Zydeco Kicks 東長崎納涼大会
  • 8月12日(月) Big Western 上野不忍池水上音楽堂
  • 8月27日(火) Delta Beat 新橋Aratetsu Underground
  • 9月1日(日)  The Weight Band w/Paul Barrer & Fred Tackett ビルボードライブ東京
  • 9月5日(木) 菊田俊介/Bandung Blues Project BLUE MOOD
  • 9月6日(金) 倉井夏樹 w/斎藤渉 中野坂上LODI
  • 9月16日(月) 敬老の日ブルース(スカンクちかの、武蔵野ミニー、菅原広巳) 新橋Aratetsu Underground
  • 9月21日(土) TRIO DA BLUES(山岸潤史、近藤房之介、永井ホトケ隆) 所沢MOJO
  • 9月23日(月) GATEMANIA 元住吉Powers2
  • 9月28日(土) Louisiana Saturday Night 笹塚ボウル
  • 10月4日(金) SHIME with 古橋一晃 中野坂上LODI
  • 10月19日(土) Country Gold前夜祭 熊本Good Time Charlie
  • 10月20日(日) Country Gold 南阿蘇ASPECTA
  • 10月22日(火) Neil Billington & ジョニー柳田 ほうぼう屋
  • 10月27日(日) Neil Billington 中野Bright Brown
  • 11月3日(日) 福生ブルースフェスティバル 東福生駅前マルフジ駐車場
  • 11月4日(月) Festa In Vinyl 練馬白石農園
  • 11月26日(火) Jimmy Herring & the 5 of 7 コットンクラブ
  • 12月10日(火) Paul Garner 荻窪ROOSTER本店
  • 12月28日(土) Zydeco Kicks 池袋FREE FLOW RANCH
    1

  • 2019/11/21

    ジャズ・トランペッター、チェット・ベイカーの映画公開  音楽全般


    クリックすると元のサイズで表示します

    ジャズ・トランぺッター/歌手のチェット・ベイカーを題材にした映画「マイ・フーリッシュ・ハート(原題:My Foolish Heart)」が11月8日より日本公開となっています。

    近年ミュージシャンの伝記映画は多いのですが、この作品はそういう中でもちょっと異色な部類に入るかも知れません。チェットのキャリアを追う内容とはなっていません。もちろん演奏シーンはありますが、特段音楽映画という感じでもないです。舞台は彼が後年を過ごしたアムステルダム。1988年に謎多き事故死を遂げるシーンから始まり、そこに至るまでの晩年の日々の彼の心理描写、彼周辺の人間模様が中心となっています。麻薬に溺れ、恋人と別れ、精神的に追い詰められていく様を描き出しています。

    ここまで切り込むと実際のところ、彼の考えていたこと、感じていたことはどうだったのか、それは本人しかわからないはずで、チェットを題材にした創作の人間ドラマと言った方がいいかも知れません。映画としては「実際の出来事から着想を得たフィクション」であるとのことです。でも、チェットは実名で出てきますし、史実的な部分はそのまま表現されています。

    正直言って非常に暗いですが、心の奥底をえぐり取られるような迫力を感じる作品です。チェット・ベイカーという天才の音楽について、今一度考えるいい機会となる映画だと思います。
    11月8日より東京で公開され、その後日本各地で上映される予定とのことです。

    監督のロルフ・ヴァン・アイクはオランダのテレビ映画などを中心に活躍している監督・脚本家で、長編劇場映画はこれがデビュー作となるそうです。またチェットを演じるのはアイルランドのロック・バンド、The Wallsのヴォーカルを務めるスティーヴ・ウォール。トランペットはこの映画の役が決まるまで吹いたことがなかったそうですが、見事に孤高の天才トランペッターの役になりきっています。

    ----

    映画予告編



    [ストーリー]
    1988年5月13日、金曜日の未明。ひとりの男がオランダ・アムステルダムのホテルの窓から転落した。いち早く現場に駆けつけた地元の刑事ルーカス(ハイス・ナバー)は、うつ伏せの状態で頭部から血を流している遺体を確認すると、その男が落ちた2階の窓辺に謎めいた人影を目撃する。しかし殺風景な部屋の内部には誰もおらず、机にはドラッグ用の注射器などが散乱し、床にはトランペットが転がっていた。
    一時帰宅したルーカスが目覚めると、ラジオが意外な人物の訃報を伝えていた。チェット・ベイカー、享年58歳。伝説的なトランペット奏者である彼が、なぜアムステルダムの場末のホテルで転落死したのか。投身自殺なのか、それとも何者かが関与した事件なのか。すぐさま捜査を開始したルーカスは、最初にチェットのマネージャー役を務めていたピーター(ティボー・ヴァンデンボーア)を訪ねる。ピーターの証言によれば、チェットは数日前のレコーディングの際に「アイ・キープ・ユー・クロース・トゥー・ミー」を心地よさそうに演奏し、最後のライブでは苦しげな様子で「マイ・フーリッシュ・ハート」を歌ったという。さらにピーターは「ここ数日、彼は魂を失っていた。巨大な暗い虚無感にむさぼり食われたかのように」と、ルーカスに言い伝えた。
    次にルーカスが訪ねたのは、フィールグッド医師(アルヤン・エーダーフィーン)だった。ごく最近、ひどい体調で転がり込んできたチェットを手当てしてやったと語るフィールグッドは、彼と親密な仲だったらしい。そしてルーカスは、チェットにはサラ(リンゼイ・ボーチャンプ)という最愛の女性が存在していた事実を聞き出すが・・・。

    監督/脚本:ロルフ・ヴァン・アイク
    出演:スティーヴ・ウォール、ハイス・ナバー、レイモンド・ティリー
    2018年/オランダ
    (c)2018 (Pupkin) - VPRO
    配給:ブロードメディア・スタジオ
    宣伝:ポイントセット
    11月8日(金)ヒューマントラストシネマ有楽町、新宿武蔵野館ほか全国順次公開
    公式サイト:http://my-foolish-heart.com/

    ※画像とストーリーのテキストは公式サイトより転載しました。
    0



    teacup.ブログ “AutoPage”
    AutoPage最新お知らせ