2019/10/12

TRIO DA BLUES(山岸/ホトケ/房之助)@所沢MOJO  ブルース

クリックすると元のサイズで表示します

日本のブルース・シーンの黎明期1970年代初頭から活躍するベテラン・ギタリスト3人が一同に会するライヴが所沢のMOJOで開催されました。説明不要かとは思いますが、山岸潤史と永井ホトケ隆の二人は今は亡き塩次伸二(gt.)らと1972年にウェスト・ロード・ブルース・バンドを結成し、主に関西で活動。一方、近藤房之助は、1976年にBREAK DOWNを結成、1990年代以降は主にソロ・アーティストとして活躍しています。

山岸さんは1995年にニューオーリンズに拠点を移しており、帰国ツアーの機会をとらえて今回の公演が実現したのでした。この組み合わせでのライヴはそう滅多にないこともあり、早々にソールドアウトが発表されていました。

バンドは付けず、3人のみで展開するこのライヴ。まずは、房之助さんがヴォーカルを取り、エルモア・ジェイムズの渋いスロー・ブルース”The Sky Is Crying”からスタート。山岸さんに事前に聞いたら「セットリストは用意していない」とのことでしたが、3人が昔から大好きだったブルースの名曲を繰り出す内容となりました。有名曲中心でしたが、2部に入ると房之助さんが自らのアイドルのオーティス・ラッシュの曲を歌ったり、山岸さんがニューオーリンズのスヌークス・イーグリンを取り上げたり、選曲にも微妙に個性を見せていました。

クリックすると元のサイズで表示します
永井ホトケ隆

この日観客として見に来ていたKotezも2部の最初から飛び入りし、そのまま最後まで共演。1曲でリード・ヴォーカルも取るという活躍を見せました。

ホトケさんは、曲の合間のトークで「年は俺が一番上なんだけど、なぜか2人ともタメ口なんだよね」と言って笑い、2人もそこに突っ込んで笑う、終始和やかな飲み会のような雰囲気でライヴは進行しました。ウェスト・ロード結成時のこと、B.B.キングの前座をやったときのこと、ロバート・ロックウッドJr.の初来日公演が素晴らしかったことなどなど、色々思い出話に話が咲きました。3人ともプレイし始めた頃からの旧知の仲だそうで、楽しそう。それが客席にも伝染するんですねぇ。会場のMOJOがこじんまりしたアットホームなお店というのもありますが、お客さんもリラックスした感じでしたね。

クリックすると元のサイズで表示します
山岸潤史

お酒も飲みながらのゆるーい雰囲気ではありましたが、さすがベテランだけに、演奏はばっちりしまっていました。1部でやったジミー・リード・メドレーで3人が揃って歌った”Baby What You Want Me To Do”なんて最高にカッコよかったし、ホトケさんが歌ったロバート・ロックウッドの十八番"Take A Little Walk With Me”などはいぶし銀の味わいを出していました。スローでの房之助、ホトケ両氏の歌いっぷりも迫力がありましたよ。

ラストはリトル・リチャード・バージョンの”Kansas City”で賑やかに締め、アンコールは房之助さんの持ち歌”Travelling”で終演を迎えました。ちなみにその後も3人の盛り上がりは続き、僕も混ぜてもらって一緒に飲みました。

MOJOのマスター、工藤さんが「PANTAさんはよく来られますよ」なんて話をしていたら、しばらくして本当にPANTAさん、飲みに現れました。しかも頭脳警察のTシャツと帽子を被って。(笑)

もうライヴは終わっているのになんだか更に盛り上がってきましたよ!

気が付いたら、終電逃していた。あ”ー!でも本当に見ごたえ聴きごたえのあるいいショーでした。

クリックすると元のサイズで表示します
近藤房之助

----

TRIO DA BLUES
(山岸潤史/近藤房之助/永井ホトケ隆)
Sat., Sept. 21, 2019
所沢音楽喫茶MOJO

1st set [19:10-20:08]
1. The Sky Is Crying [Elmore James] (Fusa-vo)
2. Rock Me Baby [B.B. King] (Fusa-vo)
3. Sweet Little Angel [B.B. King] (Fusa-vo)
4. Downhome Blues [Z.Z. Hill] (June-vocals)
〜Jimmy Reed medley: Baby What You Want Me To Do (all-vocals)
 〜You Don’t Have To Go (June-vo)
 〜Bright Lights, Big City (June-vo)
  〜Baby What You Want Me To Do (all-vo)
5. Take A Little Walk With Me [Robert Lockwood Jr.] (Hotoke-vo)
6. Beautician Blues [B.B. King] (Hotoke-vo)
7. First Time I Met the Blues [Buddy Guy] (Hotoke-vo)

2nd set [20:31-21:35 (encore 21:26- )]
8. Looking Back [Otis Rush] (Fusa-vo)
9. Stormy Monday (mid tempo shuffle) [T-Bone Walker] (Fusa-vo)
10. Can’t Hold Out Much Longer [Little Walter] (Kotez-vo)
11. Country Boy In New Orleans [Snooks Eaglin] (June-vo)
12. All Your Love [Magic Sam] (Hotoke-vo)
13. Ain’t Nobody’s Business [Jimmy Witherspoon] (Hotoke-vo)
14. Kansas City [Wilbert Harrison/Little Richard] (Hotoke-vo)
-encore-
15. Travelling [近藤房之助] (Fusa-vo)

山岸潤史 (June Yamagishi) - guitar, vocals
近藤房之助 (Fusanosuke Kondo) - guitar, vocals
永井ホトケ隆 (Takashi "Hotoke" Nagai) - guitar, vocals
Kotez - harmonica, vocals (2nd set only)
3

2019/10/9

インドネシアのミュージシャンを迎えてのブルース・セッション  ブルース

クリックすると元のサイズで表示します
Photo (c) Masayuki Suzuki

先月のことですが、ちょっと珍しいライヴを見に行きました。ブルース・ギタリストの菊田俊介が、東京都内でインドネシアのブルース・ミュージシャンたちとセッションを行うというものです。9月5日(木)、場所は汐留のBLUE MOOD。

菊田氏がINTERNATIONAL BLUES SUMMITと題して行っているプロジェクトの一つで、今回はそのVol. 2。前回は僕は見てないのですが、フランスのEL Jose (vo/gt)、台湾のDufu (ds.)を迎えて6月に行っています。

今回共演するのは、インドネシアのジャワ島西部の都市、バンドンからやって来たバンドン・ブルース・プロジェクト。最年長のハーピスト、ハリ・ポチャンは70歳と年季がはいっていますが、あとのメンツは若いです。ピアノのヴィコ・ウィボウォはなんとまだ17歳だそうです。バンドというよりは、セッションで集まった人たちのようで、リズム・セクションがいない反面、ヴァイオリンやスティール・ギターが入るという、ブルース・バンドとしては一風変わった編成です。菊田俊介ファンキー・トリオのメンバーがサポートする形で演奏は展開しました。

クリックすると元のサイズで表示します
Hari Pochang
Photo (c) Masayuki Suzuki

いずれもテクニックで聴かせるタイプではなく、欧米や日本のミュージシャンとも違う独特なゆるいノリがあって面白かったです。ハリと菊田のデュオで聴かせた枯れた味わいブルース、ヴィコがフロントに出てきてギターを弾いたスロー・ブルースなど、見せ場も随所に用意されていました。

クリックすると元のサイズで表示します
Shun Kikuta (gt.) and Hari Pochang (hp.)
Photo (c) Masahiro Sumori


クリックすると元のサイズで表示します
Sandhy Sondoro
Photo (c) Masayuki Suzuki

2部に入ると、スペシャル・ゲストとしてインドネシアで大人気だというシンガー、サンディ・ソンドロが中心となった展開に。彼はラトヴィアのコンテストでパーシ―・スレッジの"When A Man Loves A Woman"を歌って優勝した経歴を持っているそうで、現在はドイツ在住だそうです。ちょっとブルースからは外れましたが、オリジナルを中心に力強い歌声を披露しました。もちろんパーシー・スレッジの名曲も熱唱してくれました。

王道のブルース・ライヴもいいですが、こういう一風変わった試みも面白いですね。日本人の奏でるブルースも外国の人から見るとこんな感じに聞こえるのかな?なんて考えながら楽しみました。

この企画の今後はどんな展開を見せるのか。目が離せません。

----

菊田俊介/Bandung Blues Project
with Special Guest: Sandhy Sondoro
Thu., Sept. 5, 2019
汐留Blue Mood

[Setlist]

1st set (19:40-20:30)
=Shun Kikuta Funky Trio=
1. Crosscut Saw (Shun-vo)
2. Woman Across the River (Shun-vo)
3. Me And My Guitar (Shun-vo)

=Shun Kikuta & Hari Pochang=
4. I Just Want To Make Love To You (Shun-vo)

=Bandung Blues Project with Shun Kikuta=
5. Baby Come On (Vico-vo)
6. Route 66 (Hari-vo)

2nd set (21:00-20:50)
=Bandung Blues Project=
1. Blues Deluxe (Amrus-vo, Vico-guitar)

=Bandung Blues Project with Shun Kikuta=
2. Georgia on My Mind (Vico-vo)

=Sandhy Sondoro (vo., gt.) with Amrus Ramadan (steel gt.)=
3. Superstar

=Sandhy Sondoro (vo.) with Bandung Blues Project and Shun Kikuta=
4. When A Man Loves A Woman
5. Walking By Myself   
6. Come Together
7. In the Heat of the Bali Sun

-Encore-
=Sandhy Sondoro (vo.) with Bandung Blues Project and Shun Kikuta=
8. Sweet Home Chicago

[Personnel]
Shun Kikuta & Funky Trio
菊田俊介 - guitar, vocals
片野篤 - bass
関慶和 - drums

Bandung Blues Project (from Bandung, Indonesia)
Hari Pochang - harmonica, vocals
Etsu Hning - violin
Amrus Ramaghan - steel guitar, vocals
Vico Wibowo - piano, guitar, vocals

with Sandhy Sondoro - vocals, guitar (special guest)

クリックすると元のサイズで表示します
Photo (c) Masahiro Sumori
0

2019/9/29

オーティス・ラッシュが亡くなって一年  ブルース

早いものです。
オーティス・ラッシュが亡くなってから今日9月29日でちょうど一年です。

昨年、彼の訃報を聞いての書き込みです。

Otis Rushの訃報に接して (2018/10/4)
https://black.ap.teacup.com/sumori/1800.html

正直なんと言っていいのかわかりませんでした。

1年って早いですね。
これからも、折に触れて彼の音楽を聴き続けると思います。

0

2019/8/25

訃報:Larry Taylor 1942-2019  ブルース

クリックすると元のサイズで表示します
Larry Taylor (2005)
Photo by Masahiro Sumori. All rights reserved.

キャンド・ヒートの黄金期のベーシストとして知られるラリー・テイラーが8月19日、ロサンゼルスの自宅にて亡くなりました。77歳でした。12年もの長きに渡り、ガンで闘病中だったそうです。

彼の活動といえば、誰もがまずキャンド・ヒートを思い浮かべると思います。バンド自体が結成されたのは1965年で、ラリーが加入したのは1967年。しかし、デビュー・アルバムにはメンバーとして入っており、それ以前は固定メンバーとしてのベーシストはいなかったので、実質的にはオリジナル・メンバーと言って差し支えはないでしょう。

キャンド・ヒート以外では、僕はLAのブルース・シーンで活躍していた印象が強いのですが、ブルースの世界にとどまらず、非常に幅広く活躍した人でした。キャンド・ヒート加入以前にはモンキーズとも活動していましたし、トム・ウェイツとの活動も知られています。

その他、ジョン・メイオール、ロサンゼルスのブルース・ギタリスト、ハリウッド・ファッツのバンドのメンバーでもありました。

ハリウッド・ファッツは1986年に亡くなってしまいましたが、彼のバンドのオリジナル・メンバーが2000年代に再集結し、ギターにカーク・フレッチャーを入れた形でハリウッド・ブルー・フレームズとして活動を再開した際も、ラリーはメンバーとして名を連ねていました。

ブルースの世界では他にもジュニア・ワトソン、フィリップ・ウォーカー、キム・ウィルソン、ジョン・リー・フッカー、リンウッド・スリム、ラスティ・ジンなどなど、レコーディングやコンサートで様々な人と共演しています。

1997年、ヴェンチャーズのギタリスト、ジェリー・マギーが自身のブルース・バンドでジャパン・ブルース・カーニバルに出演した際にはバンド・メンバーとして同行しています。

一度脱退したキャンド・ヒートもその後何度か出入りし、亡くなる直前もキャンド・ヒートのメンバーとしてウッドストック50周年のフェスなどいくつかのライヴに出演予定となっていました。

エレキ・ベースだけでなく、アップライト・ベース、ギターも弾きこなす名手でした。
謹んでご冥福をお祈りします。

----
キャンド・ヒートといえばこの曲がまず浮かびますが、これは先月の最新映像、ラリーも普通に弾いていますね。



珍しく、ラリーがリード・ギターのみならず、ヴォーカルを取っている映像です。

0

2019/8/20

BLUES & SOUL RECORDS 149号発売  ブルース

クリックすると元のサイズで表示します

BLUES & SOUL RECORDS誌の最新号は、ニューオーリンズ大特集号となりました。ここまでニューオーリンズを前面に押し出したのは、2013年に「ニューオーリンズの今」という巻頭特集を組んだNo. 113以来ではないでしょうか。きっかけはドクター・ジョンが亡くなったことですが、彼を中心にプロフェッサー・ロングヘアはもちろんスマイリー・ルイス、ジェイムズ・ブッカーなどニューオーリンズR&Bの人たちを幅広くカバーした特集となっています。

この春にニューオーリンズのジャズフェスが50周年を迎えた年でもあり、50周年記念5枚組ライヴ盤についても特集していますよ。

僕は、今回ドクター・ジョン特集で彼とニューオーリンズのつながりというお題で書いたのを始め、ヒューイ・スミス、アート・ネヴィル(訃報)についても書きました。あと通常の海外ニュース欄も書いています。

その他、今回はクリスタル・トーマスやトロンゾ・キャノンの来日もあったので、そちらの来日インタヴューも掲載されています。

ぜひ、チェックしてみてください!

----

BLUES & SOUL RECORDS NO. 149
2019年08月25日発売
定価: ¥1,600+税
https://books.spaceshower.jp/magazine/m-bsr/bsr-149

ブルース&ソウル・レコーズ 第149号
表紙 ドクター・ジョン

特集 ドクター・ジョンとニューオーリンズ

 ニューオーリンズに生まれ、半世紀以上に渡る音楽活動を続けたドクター・ジョンことマック・レベナックが、2019年6月6日に77歳の生涯を閉じた。ギタリスト、ピアニスト、シンガー、ソングライター、プロデューサーと八面六臂の活躍でその名を歴史に残したドクター。ニューオーリンズR&B/ロックンロールを象徴する曲を取り上げた1972年のアルバム『ガンボ』は、同地の音楽とアーティストを世界に知らしめ、ニューオーリンズへの深い愛を示した名盤であった。本特集ではドクター・ジョンの歩みと、彼が愛したニューオーリンズR&Bの巨人たちを紹介する。


★ 追悼 ドクター・ジョン─彼の心にはいつもニューオーリンズがあった
★ ドクター・ジョン 厳選アルバム・ガイド─キャリア重要作を14タイトル紹介
★ 永遠の“『ガンボ』経験”
★ マックを育てたニューオーリンズ時代─“ドクター・ジョン”以前のスタジオ裏方仕事
★ ドクター・ジョンが愛したニューオーリンズの巨人たち プロフェッサー・ロングヘア/ジェイムズ・ブッカー/ヒューイ“ピアノ”スミス/デイヴ・バーソロミュー/スマイリー・ルイス/ファッツ・ドミノ/アール・キング/アラン・トゥーサン/ポール・ゲイトゥン 他
★ ニューオーリンズの影の立役者─ビッグ・ネームを支えたギターの名手たち
★ ドラム・キットに息づいた伝統─歴史を作ったニューオーリンズのドラマーたち

【付録CD】No City Like New Orleans
ドクター・ジョンとも関係の深いアール・キング、ギターの鬼才スヌークス・イーグリン、ニューオーリンズR&B初期から活躍する名シンガー、トミー・リッジリー、そしてプロフェッサー・ロングヘアに師事したピアニスト、ヘンリー・バトラー。ニューオーリンズの巨人4人による名演を収録。(ブラック・トップ原盤)

1. EARL KING: No City Like New Orleans
2. SNOOKS EAGLIN: I Went To The Mardi Gras
3. TOMMY RIDGLEY: Let's Try To Talk It Over
4. SNOOKS EAGLIN: Travelin' Mood
5. EARL KING & ROOMFUL OF BLUES: There's Been Some Lonely, Lonely Nights
6. HENRY BUTLER: Baby, Let Me Hold Your Hand
7. SNOOKS EAGLIN: Lipstick Traces
8. TOMMY RIDGLEY: About My Past
9. EARL KING: I'm Still Holding On
10. SNOOKS EAGLIN: That Certain Door
11. HENRY BUTLER: C.C. Rider
12. EARL KING: Make A Better World

【その他の主な記事】
●[インタヴュー]ブルース・ハーモニカの現役最高峰ビリー・ブランチ、リトル・ウォルター・トリビュート・アルバムをリリース
●[インタヴュー]新作を携え再来日を果たしたルイジアナのブルース・シンガー、クリスタル・トーマス「私はブルースを忘れない」
●[インタヴュー]現役真っ盛りのシカゴ・ブルースマン、トロンゾ・キャノン「私にとってのシカゴ・ウェイ」
● 深化したアフロ・ビートの精気─シェウン・クティ&エジプト80を観て
●[モータウン60周年記念企画 6号連続掲載/第4回]
 *時空を超えて浸透するモータウンNo.1ソング
 *本誌ライターが選ぶ! モータウン・プレイリストD [高橋 誠]
 *モータウン重要“裏”人物伝C ジョー・ハンター
●[追悼]アート・ネヴィル
● 注目作をじっくり鑑賞する「語りたい逸品」コーナー
 *CD『JAZZFEST: THE NEW ORLEANS JAZZ & HERITAGE FESTIVAL』
 *CD『NEW ORLEANS SOUL 1962-66』
●[新作アルバム・リヴュー]クリスタル・トーマス/オージェイズ/ビリー・ブランチ&ザ・サンズ・オブ・ブルース 他

【連載】
☆ 好評連載 トータス松本 1本のカセットから 第33回 特別対談 ゲスト ジョンB、サンコンJr.(ウルフルズ) [前編]
☆ なんてったってインディ・ソウル 蔦木浩一×齋藤雅彦
☆ 小出 斉の勝手にライナーノーツ「DAVE BARTHOLOMEW / New Orleans Jazz Band」
☆ リアル・ブルース方丈記/日暮泰文
☆ 鈴木啓志のなるほど! ザ・レーベル VOL.77 「Watch」
☆ ゴスペル・トレイン「J.C.バーネット師」/佐々木秀俊+高橋 誠
☆ BLUES IS MY BUSINESS no.225/吾妻光良
☆ いづみやの曲追い酩酊談/佐々木健一
☆ 原田和典の魂ブチ抜き音楽
☆ 文聞堂書房〜古書掘りコラム/出田 圭
☆ ICHIのチタリン・サーキット最前線
☆ International Music Stroll〜世界の音楽にぷらりと出会おう/ワダマコト
☆ ニッポンの。国内アーティスト新譜紹介/妹尾みえ
☆ ブルース&ソウルが流れる店/轟美津子/加藤千穂
☆ Ain’t That Good News 国内ライヴ/イヴェント情報ほか
1



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ