2021/9/7

追悼Carol Fran 1933-2021  ブルース

クリックすると元のサイズで表示します
Carol Fran at New Orleans Jazz & Heritage Festival
April 26, 2008
Photo by Masahiro Sumori. All rights reserved.


ルイジアナ州出身のブルース・シンガー/ピアニストのキャロル・フランが9月1日、ルイジアナ州ラファイエットのオクスナー・ラファイエット・ジェネラル・メディカル・センターにて亡くなりました。87歳でした。公式には死因は明らかになっていませんが、新型コロナに感染していたとの情報があり、一部メディアは回復後に合併症を起こして亡くなったとしています。

1950年頃から60年以上という長きに渡って活動した人ですが、1990年代に夫でギタリストのクラレンス・ハラマン(ホリモン)とのデュオとしてアルバムをリリースしてその名前は広く知られるようになりました。デュオ名義でライヴ盤も含め4枚のアルバムをリリース。1998年にはパークタワー・ブルース・フェスティバル出演のため来日もしました。

キャロル・フランは1933年10月23日、ルイジアナ州ラファイエット生まれ。ゆるりとした味わいを持ったルイジアナのスワンプ・ブルースの歌い手として知られますが、ザディコやケイジャン的な色合いの楽曲や、ジャズ、ソウルなどもこなす存在でした。

出生時の名前はキャロル・オーガスタス・アンソニーと言いましたが、1950年代にニューオーリンズで活動していた際に出会ったサクソフォン奏者、ボブ・フランソワと結婚し、その姓を縮めてフラン姓を名乗り始めました。当時は、リー・ドーシー、ジョー・テックス、レイ・チャールズといったスターたちとツアーに出るなどして活躍し、ニューオーリンズのシーンでその名を上げていきます。1957年にはエクセロ・レコードからシングル”Emmitt Lee”でレコード・デビュー。その後ギター・スリムとツアーに出るなど、活動を一層活発化させました。



エクセロからは計4枚のシングルをリリースしていますが、いずれもヒットとはなりませんでした。その後1960年代にかけてリリック、ポート、ルーレット、ジョーシーといったレーベルからシングルを出しますが、1970年代に入ると彼女は活動を湾岸地域のギグに限定するようになり、新しいレコーディングも途絶えてしまいました。

1980年代に入り、旧知のクラレンス・ハラマンと再会し、1983年に結婚。居をテキサスに移し、デュオとして活動するようになりました。1992年にブラックトップ・レコードからデュオ名義の「Soul Sensation!」をリリース。これはキャロルにとっては初のフル・アルバムとなりました。このリリースを機に2人の名前は広く知られるようになり、海外ツアーも多くこなすようになりました。その流れの中で来日も実現したというわけです。



僕もその来日公演は見ましたが、セッションで鍛え上げた職人的なハラマンのギター、そしてふくよかな味わいで聴かせるキャロルの歌とピアノ、本当に至福の演奏で、来日が実現して本当によかったと思いました。

2000年にハラマンが他界し、キャロルは故郷ラファイエットに戻ります。その後はソロ・シンガーとして活動を続け、2001年にはギターにセルウィン・クーパーを迎え、「Fran-tastic」をリリース。2005年にはハリケーン・カトリーナで被災したニューオーリンズを救済するためのチャリティーCD「Our New Orleans」にも参加しています。

2007年には脳卒中に見舞われピアノは弾けなくなってしまいましたが、その後も歌手として活動は続行。僕はニューオーリンズで2008年に彼女のソロ・ステージを見ましたが、しっかりと立ち元気な歌声を聴かせていたのを覚えています。

2013年には米国の国立芸術基金(NEA)から人間国宝に相当するナショナル・ヘリテッジ・フェローシップを授与されます。米国のアーティストとしては最高の栄誉と言える称号です。

2015年の映画「I AM THE BLUES(アイ・アム・ザ・ブルース)」にも出演。ボビー・ラッシュ、ヘンリー・グレイらと和やかなセッションを繰り広げています。

僕は未聴ですが、2020年にはアナログ限定で久々の新作アルバム「All Of My Life: The Saint Agnes Sessions」(Jazz Foundation of America)をリリースしました。同年彼女のドキュメンタリー映画「Every Day Is Not The Same」も制作されています。

2018年以降は養護施設に入居していたといいますが、今年10月に予定されていたニューオーリンズのジャズフェスにも出演が決まっていました。コロナの再拡大によりフェスが中止になった際にはインタビューで残念だと答えていたくらいなので、ごく最近まで元気だったのだろうと思います。

ご高齢であったとは言え、突然の訃報に寂しい気持ちでいっぱいです。RIP。

【過去のキャロル・フラン関連書き込み】
映画「I AM THE BLUES」日本で公開 (2018/4/28)
https://black.ap.teacup.com/sumori/1780.html
キャロル・フランが米国の人間国宝に (2013/6/5)
https://black.ap.teacup.com/sumori/1423.html
0

2021/9/1

BLUES & SOUL RECORDS 161号発売  ブルース

クリックすると元のサイズで表示します

1969年のニューヨーク・ハーレムで行われたフェスティバルの未公開映像が遂に映画「サマー・オブ・ソウル」として公開されました。もうご覧になりましたか?僕は取り急ぎ見ましたが、まずは見てください。こんな映像がなぜ今まで未公開だったのか、不思議になります。ピップスと登場するグラディス・ナイトも50年以上前で若く初々しいこと!冒頭からスティーヴィー・ワンダーでノックアウトされます。一番はアップで鮮明に映るマヘリア・ジャクソンでしょうか。メイヴィス・ステイプルズとの共演付き!とにかく見どころ満載です。凄いです。

今回のブルース&ソウル・レコーズ誌は、大々的にこの「サマー・オブ・ソウル(あるいは、革命がテレビ放映されなかった時)」を特集しています。映画のお供にどうぞ。別冊で、フェス出演アーティストのディスク・ガイド付きです。

僕は本号でもいつも通り海外ニュース欄を担当しております。

----

BLUES & SOUL RECORDS NO. 161
2021年8月25日発売
定価: 1,980円(1,800円+税)
https://bsrmag.com/magazine/bsr161/

表紙 Harlem Cultural Festival 1969

50年以上忘れられたままになっていた奇跡の音楽フェス映像がついに解禁! 1969年夏にニューヨークのハーレムで行われた《ハーレム・カルチュラル・フェスティヴァル》。スライ&ザ・ファミリー・ストーン、フィフス・ディメンション、スティーヴィ・ワンダー、ステイプル・シンガーズ、マヘリア・ジャクスン、B.B.キングら、当時最先端を行く新世代からキャリア充分のベテランまで、錚々たるR&Bアーティストに加え、モンゴ・サンタマリア、レイ・バレットらラテン系、マックス・ローチ、ヒュー・マセケラら、ジャズ、アフリカのミュージシャンが出演した一大イベントの記録映像を主とした映画『サマー・オブ・ソウル(あるいは、革命がテレビ放映されなかった時)』がついに日本上陸。この傑作ドキュメンタリーを堪能するための大特集です。
★ 『サマー・オブ・ソウル』を観る/クロス・リヴュー
【1】ここで初めて知る史実すべてに感動[高地 明]
【2】玉手箱から噴き出したブラック文化の粋[日暮泰文]
【3】音楽のすみずみに漲る60年代最後の輝き[中田 亮]
.★ 『サマー・オブ・ソウル』とあの時代
【1】新たなステージに向かうポジティヴな波動[出田 圭]
【2】1969年のR&Bシーンを斜め読み[濱田廣也]
【3】新と旧が交錯した1969年のモータウン[林 剛]
【4】新しい風が吹き始めた60年代終わりのゴスペル[濱田廣也]
【5】「ニグロ」から「ブラック」へ 人間性の回復への叫び[濱田廣也]
.★ 『サマー・オブ・ソウル』出演アーティスト紹介[小出 斉/高地 明/林 剛/原田和典/濱田廣也]
フィフス・ディメンション * チェンバーズ・ブラザーズ * スライ&ザ・ファミリー・ストーン * ニーナ・シモン * B.B.キング * スティーヴィ・ワンダー * デイヴィッド・ラフィン * グラディス・ナイト&ザ・ピップス * マヘリア・ジャクスン * ステイプル・シンガーズ * モンゴ・サンタマリア * レイ・バレット * カル・ジェイダー * ハービー・マン * ソニー・シャーロック * マックス・ローチ * アビー・リンカーン * ヒュー・マセケラ * オラトゥンジ
.★ 『サマー・オブ・ソウル』と一緒に楽しみたいソウル・コンサート映画4選[小出 斉]
『ソウル・トゥ・ソウル』『ワッツタックス』『セイヴ・ザ・チルドレン』『ソウル・パワー』
★ 最も有名な黒人の街、ハーレム[濱田廣也]
.
【別冊付録/映画『サマー・オブ・ソウル』を楽しむディスク・ガイド・ブック】
オールカラー64ページの別冊付録には、映画《ハーレム・カルチュラル・フェスティヴァル1969》出演アーティストのアルバム・ガイド40選、1969年のヒット&注目アルバム30選、1968/69年当時の時代の声を届けるメッセージ・ソング44選を掲載しています。
.
【その他の主な記事】
● 追悼 ボブ・ケスター 世界中の音楽に影響を与えたブルース&ジャズの伝道者[ジム・オニール/ブルース・イグロア]
● 注目作をじっくり鑑賞する「語りたい逸品」コーナー * シカゴ・ウェスト・サイド・ブルース、ヒップ・ランクシャン[秋元伸哉] * 歌う牧師ロバート・ボーリンジャー師[佐々木秀俊]
●[新作アルバム・リヴュー]ロバート・フィンリー/ボブ・コリトア&フレンズ/ニーナ・シモン 他
● 中河伸俊著『黒い蛇はどこへ 名曲の歌詞から入るブルースの世界』刊行
● コージー大内のドキュメンタリー映画が完成
.
【連載】
☆ 永井ホトケ隆 好評連載「Fool’s Paradise」第9回
☆ KEEP ON KEEPIN’ ON ソウル/ファンク名盤のメッセージを読む 第4回 スライ&ザ・ファミリー・ストーン『スタンド』/中田 亮
☆ SONS OF SOUL/林 剛
☆ ゴナ・ヒット・ザ・ハイウェイ〜西海岸と南部を結ぶ「I-10」沿道音楽巡り/日向一輝
☆ なんてったってインディ・ソウル 蔦木浩一×齋藤雅彦
☆ フード・フォー・リアル・ライフ 〜歌詞から見るブルース&ソウルの世界/中河伸俊
☆ 小出斉の勝手にライナーノーツ「GEORGE & ETHEL McCOY / Early In The Morning」
☆ リアル・ブルース方丈記/日暮泰文 ☆ 鈴木啓志のなるほど! ザ・レーベル VOL.90 「Gemini」
☆ ゴスペル・トレイン「エミリー・ブラム」/佐々木秀俊+高橋 誠 ☆ BLUES IS MY BUSINESS no.237/吾妻光良
☆ いづみやの曲追い酩酊談/佐々木健一
☆ 原田和典の魂ブチ抜き音楽 ☆ 文聞堂書房〜古書掘りコラム/出田 圭
☆ ICHIのチタリン・サーキット最前線 ☆ International Music Stroll〜世界の音楽にぷらりと出会おう/ワダマコト
☆ ニッポンの。国内アーティスト新譜紹介/妹尾みえ
☆ ブルース&ソウルが流れる店/轟美津子
☆ Ain’t That Good News 国内ライヴ/イヴェント情報ほか
1

2021/8/31

追悼Roy Gaines 1937-2021  ブルース

クリックすると元のサイズで表示します
Roy Gaines
Long Beach Blues Festival, September 1, 2002
(c)Photo by Masahiro Sumori. All rights reserved.

ブルース・ギタリスト/シンガーのロイ・ゲインズが8月11日に亡くなりました。83歳でした。彼の娘でブルース・シンガーのキャロリンがSNS上で明らかにしました。翌日8月12日は84歳の誕生日でした。死因など詳細は明らかになっていません。

ゲインズは、Tボーン・ウォーカー直系のスウィング・サウンドを得意とするギタリストとして知られていますが、1981年の作「Gainelining」ではクルセイダーズのメンバーと共演し、フュージョン色のサウンドも聴かせるなど、懐の深い深いプレイヤーでもありました。リトル・リチャードとの共演で知られるサックス奏者の兄グレイディは、今年1月に亡くなっています。

1937年にテキサス州ワスコムで生まれ、ヒューストンで幼少期を過ごしたロイは、10代の頃からTボーン・ウォーカーやジョニー・コープランドらと共演し頭角を現しました。1950年代にロサンゼルスに移住してからは、セッション・ギタリストとしてボビー・ブランド、ビッグ・ママ・ソーントン、ビリー・ホリディなどブルースやジャズの大物と数多く共演を重ねました。

主に脇役だった彼がソロ・アーティストとしてデビューしたのは前述のアルバム「Gainelining」。1985年には映画「カラー・パープル」のサウンドトラックにミュージシャンおよびソングライターとして関わっています。

1988年にはグレイディ・ゲインズのアルバム「Fulll Gain」にゲスト参加し、兄弟共演を果たしました。

1999年にはパークタワー・ブルース・フェスティバル出演のために初来日。最終公演の日の夜、吾妻光良氏ら日本のミュージシャンとスタジオ入りし、レコーディングを敢行。「Guitar Clashers From Gainesville, Tokyo」としてリリースをしました。

近年は新譜のリリースなど、活動の状況もあまり聞こえてこなかったのでどうしているのかなとは思っておりましたが、なんとも残念です。

クリックすると元のサイズで表示します
Roy Gaines & Mitsuyoshi Azuma
Guitar Clashers From Gainesville, Tokyo
(P-Vine Records, 2000)
1

2021/7/17

取り消されたノミネーション  ブルース

今年3月の話ですが、2021年の米ブルース・ミュージック・アワードのケニー・ウェイン・シェパードのノミネーションの取り消しが発表されました。これは、過去に彼が南軍旗をあしらった車やギターを使用していたことを問題視した措置でした。ご承知の通り、南軍は南北戦争で敗退するまで奴隷制を推し進めたことで知られています。

アワードを主宰するブルース・ファウンデーションの人種差別ステートメントでは「あらゆる形式の人種差別的表現を明確に非難する」としており、ケニー・ウェインはこれに反する行為を行ったというのがその理由です。ファウンデーションの毅然たる姿勢を称賛する声も上がりましたが、僕は釈然としないものが残りました。本当にそれでいいのか、と。

もちろん、人種差別は許してはならないことです。差別的行為には声を上げていくことは絶対に必要だと思います。

しかし!です。今回のファウンデーションの対応にはいくつかの点で問題があると考えています。

まず、ケニー・ウェインが人種差別的意図があったのかという問題です。問題の車とギターは、1980年代の人気アクション・コメディ番組「The Dukes of Hazzard(邦題:爆発!デューク)」に登場する車を模したものでした。本人によると彼は番組の大ファンだったと言いますが、南軍旗が問題があると気づいてからは使っていないとのことです。ギターに関しては、自動車メーカーのドッジから贈呈されたものであり、そもそも一度もステージでは使用したことないそうです。

近年BLM運動などにより、南軍関連のモニュメントや旗が相次いで撤去されてきているのは事実ですが、これは本当に最近の話です。昔から問題視する声はありましたが、「爆発!デューク」が全米で人気番組だったことからも判る通り、そういう認識が一般的だったとは言えません。

ケニー・ウェインが黒人の音楽文化に敬意を持っていたことはこれまでの活動を見れば十分わかります。彼自身も今回の取り消しに対し、人種差別には反対であることを表明し、意図せず傷つけてしまった人たち対し謝罪もしています。

どう考えても彼に人種差別的意図があったとは思えません。「爆発!デューク」の車の問題を語らずして、ケニー・ウェインに非を押し付けるのは矛先が違うように思います。

また、もう一つの問題は、今年のノミネーション取り消しの理由に、昔の話を持ち出していることです。過去1年の彼の行動を問題としているのならば取り消しも理解できなくもありません。しかし、そうではないということは筋が通りません。彼の今後の態度に関わらず、永久追放しようということでしょうか。彼はそこまでの措置を受ける悪事を働いたのでしょうか?

僕には彼がスケープゴートにされているようにしか見えません。

さらに言えば、彼は過去2008年と2011年にブルース・ミュージック・アワードを受賞しています。彼の車やギターが制作されたのは2004年のことだそうですから、いずれもその後です。それには触れず今回ノミネーションを取り消すのはおかしくないでしょうか?

今回、ケニー・ウェインのノミネーション取り消しと同時に、ファウンデーションは、組織の役員だった彼の父親ケンの辞任も求めたそうです。この対応も腑に落ちません。なぜ、父親であるというだけで辞任なのでしょうか?彼は2020年12月に新しく役員になったばかりだったそうです。実際に顔を合わせての役員会はまだ一度も出たことがなかったとのことです。彼は「なぜ自分を辞めさせるのか全くわからない」とコメントしています。

僕は人種差別に反対する運動は基本的に全面的に支持しますが、これはちょっと違うんでないの?そう思うんです。

ケニー・ウェインは非常に人気があるので、ノミネーションが取り消されてもさほど影響はないのかも知れません。しかし、このように歪んだ考え方でアーティストが非難されることを看過できません。ブルースの世界では権威のあるブルース・ミュージック・アワードだけに、いっそう強くそう思います。

参考までに、ケニー・ウェインはブルース・ロック・アーティスト部門にノミネートされていましたが、結局この部門の今年の勝者はマイク・ジトでした。彼にはもちろん罪はありません。おめでとうございます。
0

2021/7/13

マディ・ウォーターズ初期の未発表ライヴ音源リリース  ブルース

クリックすると元のサイズで表示します
Muddy Waters Live in Los Angeles 1954
(GNP Crescendo GNP9057)

凄いものが出てしまいました。マディ・ウォーターズの完全未発表のライヴ音源です。何が凄いかって、レコーディングされたのは1954年9月25日、これまでブルースのライヴ・アルバム先駆けと言われていたマディのニューポートでのライヴ盤(1960年)よりも6年も早いのです。時間は20分弱。短いですがフェスティバルでの演奏なので、恐らくこれで全部なのでしょう。

リリース元はGNPクレッシェンド。10インチのアナログ・レコードのみのリリースです。今のところ日本国内で売っているショップはなく、下記2つのサイトでのみ購入できます。
http://store.gnpcrescendo.com/new/product_info.php?cPath=36&products_id=273
https://bluebeatmusic.com/product_info.php?products_id=23928

1960年代以降はマディもロック・ミュージシャンにもカバーされ、ヨーロッパにしばしば出かけるなど活動の幅を広げましたが、そういう時代よりもだいぶ前です。まだ30代と若く、ギラギラしています。

【収録曲】
Baby Please Don’t Go (スタジオ録音日:1953年5月4日)
Hoochie Coochie Man (スタジオ録音日:1954年1月7日)
I Just Want To Make Love To You (スタジオ録音日:1954年4月13日)
I’m Ready (スタジオ録音日:1954年9月1日)
-Interview-
Oh Yeah (スタジオ録音日:1954年4月13日)

代表曲を中心に上記5曲をやっていますが、これらの5曲のうち4曲はこの1954年にレコーディングされています。残る1曲”Baby Please Don’t Go”も前年の1953年レコーディング。つまり、僕らがブルースの古典として知っているこれらの楽曲が出来立てほやほやの新曲として演奏されているんですよ。それだけでもわくわくしませんか?特に”I’m Ready”に至っては、このライヴの僅か24日前にレコーディングされています。

メンバーは、スタジオ・レコーディングの面々が中心となっていますが、異なるのは、ハーモニカ。レコードではいずれもリトル・ウォルターですが、ここではジョージ・スミス(リトル・ジョージ)がプレイしているのです。彼は何度かマディのバンドを出入りしていますが、これは恐らくマディのバンドに最初に入った直後だったのではと思います。彼が参加したマディ名義のスタジオ・レコーディングは残っておらず、その意味でも貴重な音源です。

【メンバー】
Muddy Waters – vocal, guitar
Jimmy Rogers – guitar
Little George – harmonica
Otis Spann – piano
Elgin Evans – drums

場所はロサンゼルスのシュライン・オーディトリアム。アカデミー賞の授賞式にも使われた今も現役の歴史ある大ホールです。GNPクレッシェンド・レーベルの創設者であり、DJ/コンサート・プロモーターとしても活躍したジーン・ノーマンが主宰したイベント「The World Series of The Blues」のヘッドライナーの一人として出演したのがマディだったのです。

ノーマンの息子ニールによると、彼は自ら主宰したコンサートをしばしばプロ機材を使ってレコーディングしていたそうで、この音源もその一つでした。その後リリースされることはなく、ノーマンの自宅ガレージに保存されているのを1990年代になってニールが発見したのだそうです。

時代が時代だけにライヴ会場でのレコーディングというのはそう簡単ではなかったはずです。マディのヴォーカルとオーティス・スパンのピアノが前面にはっきりと聞こえ、他の楽器と客席の音は奥まっている感じで、音のバランス的にはよいとは言えません。恐らく、そんなに何本もマイクは使わなかったのでしょう。

しかし、音質は非常にクリアです。マディの気迫のヴォーカル、そして前のめりにガンガン弾きまくるスパンのピアノに完全にノックアウトされてしまいました。まさに彼らの全盛期のサウンド、それがライヴの熱気の中で展開されているのです。

ベーシストはいません。スタジオ盤ではイントロのベースが印象的な”I Just Want To Make Love To You”はジミー・ロジャーズがギターでそのパートを弾いているようです。スタジオ盤ではリトル・ウォルターのプレイがまったりと響き、曲の主導権を握っている感がありますが、ここではオーティス・スパンが存在感を示しています。特に彼とジョージ・スミスが煽りあうように盛り上げるソロ部は必聴です。

マディはスライド・ソロは弾いていませんが、”Baby Please Don’t Go”でメロディ・ラインをなぞったリードを弾いているのがマディでしょうか。その後ろでガッカガッガとリズムギターが響いていますので、そちらがジミー・ロジャーズかな。全体的にロジャーズは、スタジオ盤に忠実にプレイしている印象です。

“Interview”とあるのは実際にはインタビューというほどのものではなく、メンバー紹介です。ジーン・ノーマンがマディを紹介し、マディが各メンバーを紹介しています。

短い音源ではありますが、短いゆえに聴きだしたら止まらず、僕はもう無限ループで聴いてはまっています。マディもバンドも脂が乗っています。これが今リリースされること自体奇跡と言えるでしょう。せっかくの音源なので、願わくばもっと聴きやすいCDやダウンロードでも出てほしいです。聴かないと損ですよ、これ。

尚、この晩のイベントには他にギター・スリム、ジョニー・ギター・ワトソンも自分のバンドで出ているようです。そっちはレコーディングしなかったのかなぁ?聴いてみたいんですけど。晩年はボロボロだったと言われるスリムですが、1954年と言えば最大のヒット曲”Things That I Used to Do”をリリースした年。悪いはずがありません。

などと妄想も膨らむ新リリースでした。

マディと言えば、彼が長年住んでいたシカゴの家を今年になってシカゴ市が歴史的建造物に指定する方向で動き出したというニュースも入ってきました。以前からこの家をミュージアムにする計画があり、一時は頓挫しかかっていましたが、これが追い風になるのかもしれませんね。シカゴの新たな観光名所になったら素晴らしいですね。
10



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ