2019/5/29

Sugar Brown荻窪ルースター公演レポート(2019.5.19)  ブルース

クリックすると元のサイズで表示します

ちょっと時間が空いてしまいましたが、シュガーブラウン(ケン・カワシマ)の来日公演は西日本を巡ったあと、東京に戻り5月19日(日)の荻窪ルースターでフィナーレとなりました。

クリックすると元のサイズで表示します
Kotez(左)とシュガーブラウン

ツアー初日のブライトブラウンとは、バンド編成が変わり、同じ曲をやってもこうも変わるのか!と唸らされました。

この日は新作収録のアップテンポのオリジナル"Hummingbird"から勢い良くスタートし、1時間超えのセットをたっぷり二つやりました。

ファーストセットは、シュガーブラウンは全曲ギターを弾き、ブライトブラウンではジミー・リードばりのナチュラル・トーンのハープを聴かせていた"Burn It Down"もここではギター。

やっぱりKotezが入ったので今日はハープは吹かないんだな、なんて思っていたのですが、セカンドでは冒頭で"My Babe"をKotezとのダブルハープで披露。また終盤になってブライトブラウンでもやっていたオリジナル"Not on the Telephone”をLeeちゃんとピアノに並んで連弾するという見せ場も作りました。しかもそれだけでなく、この曲の途中からシュガーブラウンは、ピアノに向かったままハープも吹くという…。ちょっと欲張りすぎじゃないですか(笑)。

クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します
Leeちゃんとのピアノ連弾


力強く躍動感あふれるサウンドを全編にわたり展開してくれて、満足でした。満席だったお客さんも大いに沸いていましたよ。根底にあるのはシカゴ・ブルースですが、彼の世界はR.L.バーンサイドのようなミシシッピのドロドロしたサウンドや戦前のシティ・ブルースまで、独自の視点で音の広がりを感じさせてくれました。

ブライトブラウンでは以前のレコーディングメンバーが久々に揃いましたが、このルースター公演では、25年前からの旧友Kotezとの再会に二人とも嬉しそうでした。

シュガーブラウンは来年も来日を考えているようで、ぜひそれも実現させて欲しいですね。今回シュガーブラウンにとって多くの旧友との再会と同時に新しいつながりも構築できたようです。次回のツアーが実現したら、それをいかした展開になるといいですね。

なお、僕は、ツアー開始前にシュガーブラウンにインタビューをさせてもらいました。6月25日発売のブルース&ソウル・レコーズ誌に掲載予定ですので、よかったら読んでくださいね。生まれ育った家庭環境のこと、シカゴでほんまもんのブルースに出会った際のこと、オリジナルブルースを歌うことへのこだわりなど、色々語ってくれて、彼のブルースに向き合う真剣な姿勢が伝わってきました。

以下ルースターのセットリストです。

Sugar Brown
Ogikubo Rooster
Sun., May 19, 2019

1st set (20:05-21:10)
1. Hummingbird
2. Howlin’ for My Baby (Howlin’ Wolf)
3. Tide Blues
4. Looking for 2 O’clock
5. Sad Day
6. Sure As the Stars
7. Hook-a-Boogie
8. Burn It Down

2nd set (21:30-22:35)
9. My Babe ※harp
10. Got to Move (Elmore James)
11. Wakin’ with Frankie (Frankie Lee Sims)
12. Meet Me in the Country
13. Maggie Campbell Blues (Tommy Johnson)
14. Get Behind the Mule
15. Blue And Lonesome ※harp & guitar
16. Not on the Telephone ※piano & harp
-encore-
17. Brothers

Sugar Brown (Ken Kawashima) - guitar, harp, piano, vocals
Kotez - harp
Rie “Lee” Kanehira - piano
加藤つよし - guitar
野間一郎 - bass
渡辺さとし - drums


----

Sugar Brown来日ツアー情報
https://black.ap.teacup.com/sumori/1826.html

Sugar Brownブライトブラウン公演(2019.5.11)レポート
https://black.ap.teacup.com/sumori/1838.html

----

クリックすると元のサイズで表示します
終演後にこの日のメンバー全員で記念写真を
1

2019/5/18

Sugar Brownブライトブラウン公演レポート(2019.5.11)  ブルース

クリックすると元のサイズで表示します

トロント在住のブルースマン、シュガーブラウンことケン・カワシマが9年ぶりの来日を果たしました。来日ツアーの初日に選んだのが、中野のブライトブラウン。ここの店主、Sueさんはケンが「今回Sueさんに会いに日本に来た」とまで言うほど慕う旧知の仲。このお店で2004年、Sueさんも参加して「Lowside Blues」というCDもレコーディングしています。

この日のライヴは、「Lowside Blues」参加のメンバーが久しぶりに揃う同窓会のような場となりました。Sueさんは体調の問題から、ここ最近はライヴで演奏することは殆どありませんでしたが、この特別なセットで久しぶりにお客さんの前でギターを弾きました。しかし、フルに参加するのは厳しいということで、「Lowside Blues」でエンジニアを担当したヤス飯村さんをメインのギタリストとし、数曲で参加する形となりました。

今回のツアーを取り仕切ったドラムスの渡辺さとしさんがメンバーを紹介し、ケンが愛してやまないリトル・ウォルターのインスト・ナンバー”Off the Wall”から演奏はスタートしました。軽快なハープを聴かせるケン。バンドもリラックスした雰囲気で気持ちのよいスウィング感を醸し出します。

次の曲からは、ケンは殆どの曲でハープではなくギターを弾き、新譜「It’s A Blues World (Calling All Blues​!​)」の曲などオリジナルのブルースを中心とした展開となりました。ファースト・セット中盤で早くもSueさんが呼ばれ、3曲ほど共演。観客をかき分けてステージまで行くのも時間がかかるSueさんでしたが、お客さんの声援の暖かいこと!皆んなSueさんのことがだいすきなんですよね。かつてのような勢いでプレイすることは難しいものの、味のあるプレイを披露してくれました。

クリックすると元のサイズで表示します
ケン本人も心待ちにしていたSueさん(左)との共演

ファースト終盤には、ケンはお店備え付けの古いアップライトピアノでスロー・ブルースを1曲披露。このピアノ自体の味のある音色もあり、戦前のブルースバーにでもいるようないいムードでした。

セカンド・セットもノリノリでした。ケンは気合いは入っていましたが、変に力んでいない。ほどよく肩の力が抜けていたのは、やはり旧知のミュージシャンたちとのセッションだからでしょうか。本当にみんな楽しそうでした。

アンコールでは、ケンが弾き語りで2曲披露。新譜収録のオリジナル”Brothers”は、戦前ブルースっぽい牧歌的な雰囲気がいい感じ。続いて演奏したのは、なんと日本語の”東京流れ者”。途中ハーモニカホルダーにつけたハーモニカでソロを取ろうとしたら、キーが違っているというハプニングで、かえって盛り上がるという意外な展開に(笑)。

最後にもう一度バンドのメンバーが戻り、Sueさんも再度入って、リトル・ウォルターの名曲”My Babe”で賑やかに幕を閉じました。ウォルターではじまり、ウォルターで終わったブライトブラウン公演。お客さんも満員で、盛り上がっていました。久しぶりに来日したケンですが、この日のバンド・メンバー同様、彼と旧知の人もかなり客席にもいたようで、みんな心待ちにしていたんでしょうね。

ケンは、この後渡辺氏と西日本にツアーに出かけ、5月19日の荻窪Rooster公演で来日フィナーレを迎えます。Roosterでは、ピアノにLee、ハープにKotezが入り、また違った一面を見せてくれことでしょう。

----

Sugar Brown来日ツアー情報
https://black.ap.teacup.com/sumori/1826.html

----

Sugar Brown
Bright Brown, Nakano
Saturday, May 11, 2019

1st set (20:00-21:00)
1. Off the Wall (Little Walter) *SB on harp
2. Howlin’ for My Baby *guitar (Howlin’ Wolf)
3. Sure As The Stars *guitar ※1
4. Sad Day *harp (with Sue) ※3
5. Burn It Down *harp (with Sue) ※2
6. Trouble No More *guitar (Muddy Waters) (with Sue)
7. Not on the Telephone *piano
8. Walkin’ with Frankie *guitar ※2

2nd set (21:15-22:20)
9. Looking for Two O’clock *guitar ※2 ※3
10. Stockyard Blues *guitar ※3
11. Hook-a-Boogie *guitar ※3
12. Tide Blues *guitar ※1
13. Poor Lazarus *guitar ※2
14. Meet Me in the Country *guitar ※2
15. Get Behind the Mule *guitar ※2
-encore 1-
16. Brothers *guitar ※1
17. Tokyo Nagaremono ※2 *guitar and harp
-encore 2-
18. My Babe (Little Walter) (with Sue) *harp

※1 from “It’s A Blues World (Calling All Blues​!​)”
※2 from “Poor Lazarus”
※3 from “Sugar Brown’s Sad Day”

Sugar Brown (Ken Kawashima) - guitar, harp, piano, vocals
ヤス飯村 - guitar
野間一郎 - bass
渡辺さとし - drums
Sue - guitar

クリックすると元のサイズで表示します
久しぶりに揃った「Lowside Blues」の面々
(左から)野間一郎、Sue、Sugar Brown、渡辺さとし、ヤス飯村


----

クリックすると元のサイズで表示します
KEN "Sugar Brown" KAWASHIMA
Lowside Blues (2004)

1. Lowside Blues
2. Bricks in My Pillow
3. Leaving Ohio
4. State of the Blues
5. Ooh-Wee (Don't Want To See the Break of Day)
6. I'm Just Another Man
7. Baby Please Don't Go
8. Got To Find My Baby
9. Boogie in D
10. Luedella
11. Bottoms up Boogie


クリックすると元のサイズで表示します
2004年当時のバンドの面々 (CDより)
1

2019/4/29

4月29日はOtis Rushのお誕生日です  ブルース

4月29日は、ブルース・ギタリスト、オーティス・ラッシュの誕生日です。彼は昨年9月29日に亡くなってしまいましたが、存命ならば84歳になる日でした。

彼については度々書いているので、新しいネタも特にないのですが、天に召されて最初のお誕生日、おめでとうございます!

彼については突出した才能に見合う成功を収めることはなかったということがよく言われます。せっかく作った作品をレコード会社にボツにされたり、ロイヤルティーの支払いがされなかったり、不運を多く経験しているのは事実です。しかし、オーティスに失礼であることを承知で言わせてもらえば、もっと評価されなかった、成功しなかったのは、周囲の責任ばかりではなく、本質的にはオーティス本人の生き方が不器用だったとも言えるのではないかと思うのです。

彼が例えばB.B.キングのような人だったら、不遇続きでもそれを跳ね返して、もっともっと成功しただろう、そう思うんですよね。でも、不器用さも含めオーティスの強烈な個性であり、魅力でもあるんです。彼がB.B.のような性格だったら、奏でる音楽は全く別のものになったでしょう。それはそれで素晴らしかったでしょうが、僕らが今聴いているオーティスの鬼気迫る迫力は味わえなかったかもしれません。それだけ彼のブルースはリアルだったと思うのです。

もう彼の演奏を生で聴くことはできませんが、彼が残してくれたレコードの数々をこれからも聴き続けたいと思います。

【過去の書き込み】
Otis Rushの訃報に接して (2018/10/4)
https://black.ap.teacup.com/sumori/1800.html

Happy 80th, Mr. Otis Rush! (2015/4/29)
https://black.ap.teacup.com/sumori/1618.html
0

2019/4/29

BLUES & SOUL RECORDS 147号発売  ブルース

クリックすると元のサイズで表示します

ブルース&ソウル・レコーズ誌の147号が4月25日、発売になりました。特集は、原点に帰ってミシシッピ・デルタ・ブルース。チャーリー・パットンやトミー・ジョンソンなど戦前(1920〜40年代)に絞った内容となっています。本誌創刊25周年の企画とのことです。ミシシッピにおけるブルースの歴史のストーリーから始まり、15人のブルースマンの列伝が展開されます。

インタヴュー記事は3本。新譜「Rock & Roll Fantasy」が今月リリースとなったWild ChillunのW.C.カラスとChihanaがバンド結成のきっかけから新譜の内容などについて語っています。僕も早速新譜を聴きましたが、爽快なロックンロール・アルバムです。今までのカラスのイメージを覆すようで、基本的には彼の持ち味は変わっていないかなと思いました。カラスのセルフカヴァー4曲がこのユニットでどのように変わっているかも聴きどころです。

他2本は来日アーティスト2組ダン・ペン&スプーナー・オールダム、ウォッシュボード・チャズです。チャズの方は僕がインタヴューしています。僕が彼を知ってからもう15年は経ちますが、インタヴューという形で話を聞くと初めて知ったことがいろいろとありました。インタヴューは90分にもなり、記事になったのはほんの一部ではありますが、彼の歩んできた人生の話は非常に面白いのでぜひ読んでみてください。

----

BLUES & SOUL RECORDS NO. 147
2019年4月25日発売
定価: 1,600円+税
https://books.spaceshower.jp/magazine/m-bsr/bsr-147

表紙 チャーリー・パットン

特集 ミシシッピ/デルタ・ブルース

 「ブルース誕生の地」とも言われる、アメリカ南部ミシシッピ。チャーリー・パットン、サン・ハウス、ロバート・ジョンスン、ミシシッピ・ジョン・ハート、マディ・ウォーターズら、1920年代から40年代にかけて同地に登場したシンガー/ミュージシャンなくして、ブルースは語れまい。

★ 破られた静寂─ブルースを育んだミシシッピ
★ ミシシッピ・ブルース・アンサンブル考
★ デルタ・ビートのその先に─
★ シティ化への道─変わりゆくミシシッピ・ブルース
★ ミシシッピ・ブルースマン列伝
チャーリー・パットン/サン・ハウス/ミシシッピ・シークス/ボー・カーター/トミー・ジョンスン/イシュマン・ブレイシー/スキップ・ジェイムズ/ミシシッピ・ジョン・ハート/ロバート・ジョンスン/ブッカ・ホワイト/ビッグ・ジョー・ウィリアムズ/トミー・マクレナン/ロバート・ペットウェイ/ジョニー・テンプル/マディ・ウォーターズ
★ ミシシッピ・ブルースCDガイド
★ ミシシッピ・ブルース・コンピLP傑作選

【付録CD】The Sound Of Mississippi
チャーリー・パットン、サン・ハウスに代表されるデルタ・ブルース、プリ・ブルース時代の楽曲やラグタイム・ブルース、スライド・ギターが響き渡るものから、マンドリンやフィドル(ヴァイオリン)が加わったストリングス・アンサンブルまで、1920〜40年代のミシシッピの多彩な楽曲を収録。

1. MISSISSIPPI MUD STEPPERS: Vicksburg Stomp
2. MISSISSIPPI BLACKSNAKES: It Still Ain't No Good (New It Ain't No Good)
3. CHATMAN BROTHERS: If You Don't Want Me Please Don't Dog Me 'Round
4. BO CARTER: Good Old Turnip Greens
5. MISSISSIPPI BLACKSNAKES: It's So Nice And Warm
6. JOE CALLICOTT: Fare Thee Well Blues
7. GARFIELD AKERS: Dough Roller Blues
8. CHARLEY PATTON: Screamin' And Hollerin' The Blues
9. SON HOUSE: The Jinx Blues Part 1
10. TOMMY JOHNSON: Maggie Campbell Blues
11. ISHMAN BRACEY: The Four Day Blues
12. RUBE LACY: Mississippi Jail House Groan
13. SKIP JAMES: Cypress Grove Blues
14. MISSISSIPPI BRACY: I'll Overcome Someday
15. BIG JOE WILLIAMS: 49 Highway Blues
16. CHARLIE McCOY & BO CARTER: Mississippi I'm Longing For You

【その他の主な記事】
●[インタヴュー]ダン・ペン&スプーナー・オールダム[前編]〜アメリカ南部の心を映す、名ソングライター・コンビ
●[インタヴュー]ウォッシュボード・チャズ〜ウォッシュボードひと筋約半世紀! その長く個性的な音楽の旅路
●[インタヴュー]WILD CHILLUN〜デビュー・アルバムを発表したW.C.カラス、Chihanaらによるロックンロール・バンド

●[モータウン60周年記念企画 6号連続掲載/第2回]
 *60周年記念盤『モータウン60』を語る
 *本誌ライターが選ぶ! モータウン・プレイリスト
 *モータウン重要“裏”人物伝[2]ジョニー・グリフィス
●マラコ・レコード復刻シリーズ〜ボビー・ブランド、Z.Z.ヒル、ドロシー・ムーア、ジェイムズ・ブラッドリー他
●[語りたい逸品]好評アトランティックR&B/ソウル・シングル復刻CDシリーズ『500 Atlantic R&B/Soul Singles Vol.5&6』
● 新作アルバム・リヴュー──メイヴィス・ステイプルズ/Funk On Da Table/ゲイリー・クラークJr.他

【連載】
☆ 好評連載 トータス松本 1本のカセットから 第31回 特別対談 ゲスト 青山春裕(The FAVE RAVES)[前編
☆ なんてったってインディ・ソウル 蔦木浩一×齋藤雅彦
☆ 小出 斉の勝手にライナーノーツ「SON HOUSE / The Real Delta Blues」
☆ リアル・ブルース方丈記/日暮泰文
☆ 鈴木啓志のなるほど! ザ・レーベル VOL.76 「4 Brothers / Bright Star」
☆ ゴスペル・トレイン「スワニー・クインテット」/佐々木秀俊+高橋 誠
☆ BLUES IS MY BUSINESS no.223/吾妻光良
☆ いづみやの曲追い酩酊談/佐々木健一
☆ 原田和典の魂ブチ抜き音楽
☆ 文聞堂書房〜古書掘りコラム/出田 圭
☆ ICHIのチタリン・サーキット最前線
☆ International Music Stroll〜世界の音楽にぷらりと出会おう/ワダマコト
☆ ニッポンの。国内アーティスト新譜紹介/妹尾みえ
☆ ブルース&ソウルが流れる店/轟美津子
☆ Ain’t That Good News 国内ライヴ/イヴェント情報ほか


WEB版「blues & soul records」
https://bsr.excite.co.jp/
0

2019/4/7

横浜ジャグバンドフェスティバルVol. 18は4/13(土)です。  ブルース

クリックすると元のサイズで表示します

春の横浜を賑やかに彩る恒例のおまつり、横浜ジャグバンドフェスティバルが今年も開催されます。2002年に第1回が開催され、今年でもう18回目となるそうです。凄いですね。当初から見ると会場が一部変更になるなどし、紆余曲折もあったようですが、今年も日本各地から50ものバンドが集結して賑やかに執り行われる予定です。

このフェスの主宰者、Mooneyさんは今も変わらず元気ですが、彼のバンドMad Wordsはウォッシュタブ・ベースとジャグ担当のYONOさんはここ数年フェスには出ていませんし、今年はギターの日倉士歳朗さんも、先日悪性腫瘍が見つかったとのことで今月から闘病のため演奏活動を休止しています。なので、今年のMad Wordsは残る3人(Mooney、石川二三夫、杉原徹)での演奏となるはずです。もちろん、例年通りお友だちミュージシャンたちが大勢ステージに上がる形にはなるでしょうが。

なにせ出演者が多いのですが、ざっと見たところ、昨年の出演者の大半は出ているのでは思います。ここ最近毎年出ていた大阪の激団モンゴイカ、The buta-meganeは今年は不在のようです。あと「ブラウニーシンジとサニーコテツ」って、ブラウニー・マギー&サニー・テリーのパロディだったんですね。気づかなかった…w。

毎年行かれている皆さん、今年も現地でお会いしましょう。行かれたことのない皆さん、めちゃくちゃ楽しくまた敷居の低いイベントなので、ぜひ一度体験してください。ジャグバンドって何?いや、そんなことは知らなくても全然問題ありません。実際参加しているバンドは雑多で、お堅いところは一切ないフェスです。

----

毎年恒例、平成最後のJUGFES!今年も全国から約50バンドが参加!
YOKOHAMA JUG BAND FESTIVAL Vol.18
https://jugbandfes.blogspot.com/


日程:2019年4月13日(土)
OPEN & START 13:00(各会場によってSTART時間が違います)
※終演時間は西口ターミナルは17:30頃まで、THUMBS UPはタイムテーブルでは22時からMAD WORDSが出演することになっていますが、だいたい押すので、23時過ぎまでは演奏は続くものと思います。

会場:
横浜駅西口ターミナル(高島屋正面-フリー)
Yokohama O-SITE(要チケット)
THUMBS UP(要チケット)
STOVES(フリー)
STOVES BACKYARD(フリー)
エルスエーニョ(フリー)

入場料:
ADV ¥2500 / DOOR ¥3000(THUMBS UP、O-SITE 共通) (先着順入場/一部スタンディング)

SPECIAL GUEST:
大久保ノブオ(ポカスカジャン)
ハッチ・ハッチェル
ブラウニーシンジとサニーコテツ+ガキデカジャグストンパーズ(三宅伸治、Kotez、飯山ガキデカJug Stompers)

MAD WORDS(関東)
春待ちファミリーバンド(神戸)
Little Fats & Swingin' Hot Shot Party(東京)
Kechon Kechon Jug Band(山形)
HOTCH-POTCH JUGBAND(仙台)
ジャグジャグうまっ仔(仙台)
Terrapin Jug Band(関東)
ラグパパスジャグバンド(神戸)
飯山ガキデカJug Stompers(飯山)
マギーズファーム(千葉)
かたるべバンジョークラブ(神奈川)
ゆかりスペシャル(松坂)
ジャムポット(豊橋)
The BIGOOD!(大阪)
Empty Jug Band(東京 横浜)
Joe-Go(東京)
ハニーバイキング(東京)
西洋洗濯団(大阪)
山風(横浜)
バロン(東京)
@CAMPERS(大阪)
モーレツアタック40’s(千葉)
キッチンシスターズ(神奈川)
ダニー坊や楽団(木更津)
ザ・ソラオショー(高崎)
ペコポンズ(千葉)
ウッドストックジャグバンド(荒川区)
Som Tam Times from テッチャイ (東京)
The Worthless(東京)
YUGLET WATERLOO JUG BAND(東京)
うさぎや(千葉支部)
お祭り急行(東京)
ひーず(鹿屋)
SABASAND(横浜)
ナギラアツシバンド(東京)
ホビロンズ(東京)
Muley(和歌山)
FRAMED BUT INFINITY(市原)
なんちゃってブルースバンド(神戸)
スパイシー☆コッコちゃん(群馬)
ココペリ亭ジャグバンド部(横浜)
ドンガバス(茨城)
ジョニーモイキー&モイキースウィング(東京・神奈川)
ラリーフラムソン+満井雄一(東京)
Old Groovy(札幌)
The Honolulu Stomp Jug & Swing Band(東京)
KILL KILL(横浜)
Paw Paw Jug Stompers(茨城)
NOG!!(大阪)
National Companys(大阪)
DJ SaToShi ・MAYURHYTHM ONE(東京)

注1)STOVESとエルスエーニョは入場料はかかりませんが、レストランなので、飲食のオーダーはした方がいいと思います。
注2)西口ターミナルは横浜駅前です。目に触れやすいのでロケーションとしては最高ですが、ちょっと狭いです。通行の妨害にならないように配慮する必要があります。ここが野外のステージになったのは昨年(2018)からで、それ以前はVIVRE前広場でした。あっちの方が広くてよかったのですが、使用許可が取れなくなってしまったようです。なので、VIVRE前ではもうやってません。


公式サイト(4/6にタイムテーブルが発表になっています。)
http://jugbandfes.blogspot.com/

クリックすると元のサイズで表示します
0



AutoPage最新お知らせ