2019/2/14

Washboard Chaz来日公演レポート  ブルース

クリックすると元のサイズで表示します

ニューオーリンズからウォッシュボード・チャズが来日し、東京で計4公演を行いました。彼の来日は、ティンメンが横浜ジャグバンドフェスに出演した2014年以来5年ぶり。チャズ単独での来日は、2008年以来です。

彼と共演したのは一緒にCDも作っている東京在住のブルースマン、スティーヴ・ガードナー (guitar, harmonica, vocals)と彼としばしば共演しているビル・ベンフィールド (guitar, mandolin)、ヒサ仲瀬 (bass)という面々。チャズの今回の来日の主目的はチャリティー・イベントへの出演ということで、プロモーターが入って告知を行っている状況ではなく、チャリティー以外の公演は正直集客がちょっと不安な状況。僕は主催者ではないのですが、少しでもお客さんに来てもらえるようにと、告知活動に微力ながら協力させてもらいました。

クリックすると元のサイズで表示します

しかし、蓋を開けてみたら、なんとまあ。最終日のブライトブラウンでの公演は、予約受付を打ち止めにするほどの大盛況ぶり。前日のWhat The Dickens公演も大勢の人が詰めかけました。これは想像もしていなかった誤算。

ブライトブラウンでは、休憩を挟んで2セット、たっぷり2時間以上やってくれました。スティーヴとチャズがヴォーカルを交代しながら展開するのは、ロバート・ジョンソンのようなゴリゴリな戦前のフォーク・ブルースからゆったりとスウィングする”Sweet Sue”、ノリノリに攻める”Shake Your Moneymaker”などなど、古きよきアメリカを感じさせるブルース&ジャズの世界。でもロバート・ジョンソンでも、ヘンリー・トーマスでも、底抜けに明るいスティーヴとチャズの手にかかれば、重苦しくはならず、笑みもこぼれるゆるーい感じに仕上がります。曲間には、2人は他愛もない冗談を言っては大笑い。彼らが誰よりも一番楽しそうでしたが、楽しさって伝染するんですね。気がつくと、お店中が笑いに溢れている状況に。

クリックすると元のサイズで表示します

リード・ヴォーカルはスティーヴがやや多めでしたが、力を込めて歌うスティーヴに対し、のほほんとした暖かみのある歌声を聴かせるチャズは好対照で、なかなかいいコンビです。”Sweet Sue”ではチャズがハミングでトロンボーンのモノマネをする芸も見せ、これもなんとも言えないほのぼのした雰囲気だったのでした。

“Drinking Wine Spo-dee-o-dee”では客席もみんなで”Wine!, Wine! Wine!”と大合唱。終盤ではお客さんもステージに上げ、チャズはウォッシュボードを鳴らしながらお客さんと一緒に客席を練り歩き、さらに盛り上がりました。

クリックすると元のサイズで表示します

こんな楽しいステージも、プレーヤー4人の確かな腕あってのもの。特にマンドリンとギターのビルはところどころで聴かせるソロが全体のサウンドをビシッと締めてくれました。チャズのウォッシュボードもドラムスとはまったく違うグルーヴを生み出し、このようなアコースティック・サウンドにはぴったりマッチしていました。

これだけお客さんが入ってくれるならば、またぜひ日本に来てもらいたいですね。チャズ本人はぜひまたティンメンでも来たいし、ジャグバンド・フェスにもまた出たいと意欲を見せていました。

なお、チャズが東京に滞在中、チャズにインタビューすることができました。コロラド時代の話から、今住んでいるニューオーリンズの話まで色々面白い話を聞くことができました。インタビュー記事は4月25日発売のブルース&ソウル・レコーズ147号に掲載される予定ですので、そちらもよろしくです。

----

Washboard Chaz with Ramblin’ Steve Gardner
Mon., February 11, 2019
Bright Brown - Tokyo, Japan

1st set [19:55-20:55]
1. Rollin’ And Tumblin’ (Steve-vocals)
2. Baby Scratch My Back (Steve-vocals)
3. Freight Train (Chaz-vocals)
4. Sitting on Top of the World (Chaz-vocals)
5. Nobody’s Business But Mine (Steve-vocals)
6. Drinking Wine Spo-dee-o-dee (Steve-vocals)
7. Trouble in Mind (Chaz-vocals)
8. Sweet Sue (Chaz-vocals)
9. Fishing Blues (Steve-vocals)
10. Take This Hammer (Steve-vocals)
11. Louis Collins (Chaz-vocals)
12. My Babe (Steve-vocals)

2nd set [20:25-21:48]
13. Midnight Special (Steve-vocals)
14. Digging My Potatoes (Chaz-vocals)
15. Hey Good Lookin’ (Steve-vocals)
16. Bottle Up And Go (Steve-vocals)
17. Sweet Home Tokyo (Chaz-vocals)
18. Stones In My Pathway (Steve-vocals)
19. Stealin’ (Chaz-vocals)
20. Salty Dog (Steve-vocals)
21. Key To the Highway (Chaz-vocals)
22. Shake It And Break It (Steve-vocals)
23. Kind Hearted Woman (Steve-vocals)
24. Shake Your Moneymaker (Chaz-vocals)
25. Walking the Dog (Steve-vocals)
-encore-
26. Jesus on the Mainline (Steve-vocals)

[Personnel]
Washboard Chaz - washboard, vocals
Ramblin’ Steve Gardner - guitar, harmonica, vocals
Bill Benfield - guitar, mandolin
Hisa Nakase - bass

【公演情報・ディスコグラフィーなど】
https://black.ap.teacup.com/sumori/1806.html

【過去の公演レポート】
2008年の来日公演
https://black.ap.teacup.com/sumori/99.html
2014年ティンメン来日公演
横浜 https://black.ap.teacup.com/sumori/1511.html
東京 https://black.ap.teacup.com/sumori/1514.html

クリックすると元のサイズで表示します
終演後笑顔でグループショット
1

2018/12/29

Rockin' Johnny来日ツアー決定 (2019年)  ブルース

クリックすると元のサイズで表示します
Rockin' Johnny

今春に続き、ブルース・ギタリストのロッキン・ジョニーが2019年春、来日します。前回同様関西中心の日程が組まれ、堺ブルースフェスティバルへの出演を始め、日本のミュージシャンとの新譜のレコーディングも予定されているとのこと。関東地方は4月21日(日)のブライトブラウンなど3公演が予定されています。各公演における共演者などの情報については、確定したら改めて掲載したいと思います。

Bluesman Comes To Town
Rockin’ Johnny Burgin Japan Tour 2019


4月11日(木) 大阪  Chicago Rock
4月12日(金) 福岡  B.B. Kenchan
4月13日(土) 北九州 Mr. Lefty’s
4月14日(日) 福山  Hideaway
4月16日(火) 大阪  Slices
4月17日(水) 和歌山 Hobo’s Bar
4月19日(金) 辻堂  Stage Coach
4月20日(土) 所沢  Mojo
4月21日(日) 東京  Bright Brown
4月24日(水) 大阪  Rain Coat
4月25日(木) 大阪  House of Jazz
4月26日(金) 大阪  Howlin’ Bar
4月27日(土) 神戸  James Blues Land
4月28日(日) 大阪  2019堺ブルースフェスティバル(堺市役所前)
4月30日(火) 京都  Modern Times
5月03日(金) 大阪  Red House
5月04日(土) 大阪  Red House

2018年の来日公演レポート
https://black.ap.teacup.com/sumori/1777.html
0

2018/12/25

BLUES & SOUL RECORDS 145号発売  ブルース

クリックすると元のサイズで表示します

12月25日発売のブルース&ソウル・レコーズ145号は、9月に亡くなったオーティス・ラッシュの追悼特集です。ディスク・ガイドから来日公演のフォト・ギャラリー(初来日からパークタワー、ブルース・カーニバルまで貴重な写真が満載です)、重要曲6曲の解説にいたるまで、大々的な特集となっています。彼の話題は度々この雑誌では登場してはいますが、このような巻頭特集は、39号(2002年)以来のはずです。付録CDは、ラッシュがレコード・デビューした当時(1950年代半ばから後半)のブルース・ギター名演をセレクトした内容です。

僕は、ラッシュのディスク・ガイドの執筆に参加しました。7枚の作品を紹介していますので、当サイトのディスク・ガイドと併せてご覧下さい。2004年に病に倒れてからというもの、あまり動向が伝わってこなかったラッシュですが、また彼の素晴らしさが再び評価されるようになれば嬉しいです。

他素晴らしかったウィリー・ハイタワーの初来日公演レポートをインタヴューつきで掲載。結成20周年を迎えてますます勢いを増すBloodest Saxophoneの甲田“ヤングコーン”伸太郎インタヴューも掲載しています。

-----

BLUES & SOUL RECORDS NO. 145
2018年12月25日発売
定価: ¥1,600+税
https://books.spaceshower.jp/magazine/m-bsr/bsr-145

ブルース&ソウル・レコーズ 第145号
表紙 オーティス・ラッシュ

特集 [追悼]オーティス・ラッシュ 孤高のザ・ラスト・モダン・ブルースマン

2018年9月29日にこの世を去ったオーティス・ラッシュ。1956年にコブラ・レコードからデビューしたラッシュは「シカゴ・ブルースの新世代」として登場し、そのブルースで多くの人の心をつかんだ。その中にはローリング・ストーンズのメンバーやエリック・クラプトンら英国ロックのスターたちもいた。この日本でもラッシュは最も愛されたブルースマンの一人だといえるだろう。1975年の初来日から、2004年までに計11度、来日公演を行ったことからも、その人気の高さがわかる。
素晴らしいブルースを届けてくれたオーティス・ラッシュへの感謝の気持ちを込めて、追悼特集をお送りします。

★ 近藤房之助が語る天才ブルースマンの姿「あなたは世界一のブルースマンです」といいたい
★ 追悼 俺たちは賭けた あのスリルと緊張感に
★ 来日公演フォトギャラリー
★ 理想のサウンドを求めて 立ち止まらなかった天才 オーティス・ラッシュの歩み
★ オーティス・ラッシュの重要曲6選解説
〈アイ・キャント・クィット・ユー・ベイビー〉
〈ダブル・トラブル〉
〈オール・ユア・ラヴ〉
〈ソー・メニー・ローズ、ソー・メニー・トレインズ〉
〈ギャンブラーズ・ブルース〉
〈ライト・プレイス、ロング・タイム〉
★ オーティス・ラッシュ アルバム・ガイド

【付録CD】Double Trouble - Chicago Blues 1956-1960
オーティス・ラッシュがレコード・デビューした1950年代後半から1960年にかけて録音されたシカゴ・ブルース・ギター名演集。ラッシュ、マジック・サム、バディ・ガイの若き姿や、アール・フッカー、ウェイン・ベネット、ジョディ・ウィリアムスらの職人的名演奏をお楽しみください。

1. LILLIAN OFFITT: Will My Man Be Home Tonight
2. MAGIC SAM: Everything Gonna Be Alright
3. BUDDY GUY: Try To Quit You Baby
4. J.T. BROWN: Lonely (As A Man Can Be)
5. ARBEE STIDHAM: Look Me Straight In The Eye
6. HAROLD BURRAGE: Satisfied
7. IKE TURNER'S KINGS OF RHYTHM: You've Got To Lose
8. MORRIS PEJOE: Screaming And Crying
9. G “DAVY” CROCKETT: Did You Ever Love Somebody (That Didn't Love You)
10. MELVIN SIMPSON: Try And Understand
11. JUNIOR WELLS: I Could Cry
12. OTIS RUSH: Double Trouble [alt. take]

【その他の主な記事】
●[インタヴュー&ライヴ・リポート]ウィリー・ハイタワー「いったん歌うのを止めて、また歌い始めた。いまはすべてが順調だ」
●[インタヴュー]甲田“ヤングコーン”伸太郎 ブラッデスト・サキソフォン結成20周年を語る
● ブラック&ブルー トゥルー・ブルース・マスターズ ブルースの“空白”を埋めた貴重な録音10タイトル・リリース
●[映画]“脇役”が主役─ドキュメンタリー『サイドマン: スターを輝かせた男たち』
●[映画]『ホイットニー〜オールウェイズ・ラヴ・ユー〜』『ノーザン・ソウル』
●[語りたい逸品]4CD SET 『DOWN HOME BLUES - NEW YORK』
●[語りたい逸品]5CD SET 『STAX ’68 - A MEMPHIS STORY』
● 新作アルバム・リヴュー──ブラッデスト・サキソフォン/マスル・ショールズ・トリビュート/ショーン・アルドワン/ステイプル・シンガーズ/フォー・トップス/エディ・ヒントン・ソングブック 他

【連載】
☆ 好評連載 トータス松本 1本のカセットから 第29回 特別対談 ゲスト 山口隆(サンボマスター)[前編]
☆ なんてったってインディ・ソウル 蔦木浩一×齋藤雅彦
☆ 小出 斉の勝手にライナーノーツ「V.A. / Look Out, Sam!」
☆ リアル・ブルース方丈記/日暮泰文
☆ 鈴木啓志のなるほど! ザ・レーベル VOL.74 「Palos」
☆ ゴスペル・トレイン「フィスク・ジュビリー・シンガーズ」/佐々木秀俊+高橋 誠
☆ BLUES IS MY BUSINESS no.221/吾妻光良
☆ いづみやの曲追い酩酊談/佐々木健一
☆ 原田和典の魂ブチ抜き音楽
☆ 文聞堂書房〜古書掘りコラム/出田 圭
☆ ICHIのチタリン・サーキット最前線
☆ International Music Stroll〜世界の音楽にぷらりと出会おう/ワダマコト
☆ ニッポンの。国内アーティスト新譜紹介/妹尾みえ
☆ ブルース&ソウルが流れる店/轟美津子
☆ Ain’t That Good News 国内ライヴ/イヴェント情報ほか
0

2018/12/15

訃報:Jody Williams 1935-2018  ブルース

1950年代のブルース・シーンで活躍したギタリスト、ジョディ・ウィリアムズが12月1日、ガンのためインディアナ州マンスターの養護施設、マンスター・メッド・インにて亡くなりました。83歳でした。主に裏方として活躍した職人的存在でしたが、その独創的なプレイは高い評価を受けています。ボ・ディドリーやハウリン・ウルフと活動をともにし、チェス・レーベルのスタジオ・ミュージシャンとしても多くのレコーディングにそのプレイを刻みました。

オーティス・ラッシュの”All Your Love”がジョディの”Lucky Lou”を下敷きにしているのは有名な話ですし、またミッキー&シルヴィアのヒット曲”Love Is Strange”はビリー・スチュワートの”Billy’s Blues”でジョディがプレイしたリフに歌詞を付けたものでした。ジョディの関わったこれらの曲に共通しているのは、ブルースの枠にとらわれない曲づくりとプレイでしょう。1950年代のレコーディングだと思って聴くと、斬新だなと思います。





ジョディは1960年代に一度引退しましたが、2000年にライター/プロデューサーのディック・シャーマンの勧めもあり、カムバックを果たします。2002年、シャーマンのプロデュースでエヴィデンス・レーベルから単独名義のアルバムとしては初となる「Return Of A Legend」をリリースしました。このアルバムはブルース・ファンの間でもおおむね好意的に受け入れられ、僕も当時Blues & Soul Records誌の座談会企画で、これはすごい!と彼のカムバックを絶賛したのを覚えています。(同誌No. 48「祝来日!幻のギタリスト ジョディ・ウィリアムスが来る!」)



アルバムのリリースを受け、全米各地のフェスティバルを始め、海外ツアーにも積極的に出るようになりました。2002年暮れには初来日も果たし、パークタワー・ブルース・フェスティバルでプレイしました。2004年には2枚目のアルバム「You Left Me In the Dark」をリリース。2013年には、ブルースの殿堂入りも果たしています。

近年は動向が伝わってきていなかったのですが、ガンで闘病中だったようです。

彼が亡くなった2ヶ月前には”All Your Love”のオーティス・ラッシュが亡くなり、また1ヒューバート・サムリンがフィーチャーされた映画「サイドメン」も公開になります。ヒューバートはジョディの後釜としてウルフのバンドに加入し、当初はジョディとダブルギターでプレイしていました。

そんな状況でジョディが亡くなったので、なんだか「俺のことも忘れないで!」とジョディが言っているのでは?そんなことも考えてしまいました。考えすぎかも知れませんが、今一度、ジョディの名演を聴き返すきっかけになればいいですね。
3

2018/12/15

映画サイドマン:3人のバイオ  ブルース

映画「サイドマン:スターを輝かせた男たち」でフィーチャーされた3人のブルースメン、彼らを簡単に紹介します。

クリックすると元のサイズで表示します
Hubert Sumlin ヒューバート・サムリン (guitar, vocals)
1931年ミシシッピ州グリーンウッドに生まれ、1950年代の半ばにハウリン・ウルフのギタリストとなったヒューバートは、ウルフが1976年に他界するまでの20年以上に渡り彼をサポートした。ヒューバートのプレイはしゃっくりのような独特なリズム感と節回しを持った個性的なもので、いわゆるヘタウマの部類に入るが、全盛期は勢いもすごく、ウルフのサウンドにはなくてはならない存在感を示した。ウルフ没後はソロに転じ、来日も2度している。米ローリングストーン誌は「歴史上最も偉大な100人のギタリスト」の43位に彼を選出した。2011年、80歳で他界。2014年の映画「約束の地、メンフィス 〜テイク・ミー・トゥー・ザ・リバー〜」には彼の晩年のセッションがとらえられている。

クリックすると元のサイズで表示します
Pinetop Perkins パイントップ・パーキンズ (piano, vocals)
1913年ミシシッピ州ベルゾニに生まれたパーキンズ。本名はジョセフ・ウィリー・パーキンズというが、パイントップ・スミスの”Pine Top’s Boogie Woogie”をレパートリーとしていたことから、”パイントップ”の愛称で親しまれるようになった。元々はギタリストだったが、手の負傷を機にピアノに転向した。アーカンソー州ヘレナでのロバート・ナイトホークとの活動を経て、1950年代後半にシカゴに移住。アール・フッカーとの活動を経験したのち、1969年にオーティス・スパンの後釜としてマディ・ウォーターズのバンドに迎え入れられた。1980年のマディの来日にも同行している。マディのバンドを抜けたあと、ウィリー”ビッグ・アイズ”スミスとともにレジェンダリー・ブルース・バンドを結成。その後、ソロに転じ1911年に97歳で亡くなるまで現役であり続けた。ソロとしては、1998年に来日。パークタワー・ブルース・フェスティバルに出演している。

クリックすると元のサイズで表示します
Willie “Big Eyes” Smith ウィリー“ビッグ・アイズ”スミス (drums, harmonica, vocals)
1936年アーカンソー州ヘレナ生まれ。キャリアはハーモニカ奏者としてスタートしているが、より需要があると見てドラマーに転向。1960年ごろからマディ・ウォーターズのバンドで活動するようになった。一度脱退したのち再度加入し、1980年までの長きに渡りバンドに在籍した。1980年のマディ来日にも同行している。"Big Eyes"というニックネームは、大きく目を開いてプレイしているのを見たマディが名付けたものだという。マディのバンドを脱退後、パイントップとレジェンダリー・ブルース・バンドを結成した。同バンドの作品の他、ソロ・アルバムも1990年代以降多数リリース。1998年には、モントルー・ジャズ・フェスティバル・イン・ジャパンにシカゴ・ブルース・オールスターズのメンバーとして出演している。2011年にシカゴで脳卒中のため他界。75歳だった。
2



AutoPage最新お知らせ