2019/1/30

映画「グリーンブック」  新譜情報

クリックすると元のサイズで表示します

映画「グリーンブック」(3/1[金]、TOHO CINEMAS日比谷他全国ロードショー)のオンライン試写会に当選したので、公開前に一足先に見ました。

ときは1962年、黒人ピアニストのドクター・ドン・シャーリー(役:マハーシャラ・アリ)がイタリア系の運転手、トニー・リップ(役:ヴィゴ・モーテンセン)とともに、8週間に渡る米南部へのコンサートツアーに出た際に起こった出来事を綴った映画です。

当時の米南部は、公民権運動の真っ只中。まだ、ホテルや公共施設でも白人と黒人が分けられていた時代です。ニューヨークに暮らし、ホワイトハウスでも演奏をするほど地位と名声を得ていたシャーリーは、あえて地元を飛び出し、そんな南部へのツアーを敢行しました。その際、名門クラブ、コパカバーナの用心棒として実績があったリップの評判を聞き、ツアーの運転手兼ボディーガードとして雇ったのでした。

「グリーンブック」とは、1964年まで米国で発行されていた、黒人が利用できる施設を記載したガイドブックのこと。彼らはこれを頼りに南部への旅に出たのです。

当初、自らも黒人に対し差別感情を持っていたリップでしたが、旅の先々で、シャーリーへの露骨な差別的扱いを目の当たりにし、意識が変わっていきます。

幼い頃から音楽の英才教育を受け、豪華な部屋で王様のような暮らしをしていたシャーリーと、ニューヨーク市ブロンクスの労働者階級出身のリップ。人種も置かれている境遇も全く違う2人が一緒に旅をし、ときにぶつかり合い、困惑しながらも次第に距離を縮めていく様が描かれています。

これは地位や立場を超えた友情の物語であり、多くの人が持ちがちな人種に対するステレオタイプ的な先入観を戒めるメッセージも込められています。

なお、この映画は冒頭に「Inspired by true story(実話に基づく)」とあります。描かれ方の正確さはともかく、制作者サイドによると映画の中で出てくる出来事は大方実際に起こったことだそうです。

しかし、留意すべきは、これはあくまでもトニー・リップ側の視点に立った「事実」である点です。当事者のリップ、シャーリーともに既に故人であり、本人たちはこの映画の制作には関わっていません。

脚本家の一人は、リップの息子、ニック・バレロンガであり、ストーリーは彼が生前の父親から聞いた話が元になっています。

この映画が米国で発表されて間もなく、ドン・シャーリーの弟モーリスを始め、シャーリー家からは、「白人視点の歪曲されたストーリー」と非難の声が上がりました。ここは、実在人物を題材とした映画の難しいところでしょう。この映画にはシャーリーの家族は加わっていないし、事前の相談も一切なかったそうです。

シャーリーの家族から具体的な指摘はあるものの、実際のところ、どの程度事実が歪められているか僕にはわかりません。しかし、純粋に映画として見れば、とても感動的でユーモアに溢れたいい話だし、よくできていると感じました。史実を正確に伝えるドキュメンタリーではなく、あくまでも実話を元に作られたストーリーと考えれば、この映画は見る価値は十分あります。

シャーリーがなぜあえて南部ツアーをする決断をしたかをシャーリーの共演者がリップに語るシーンは印象的でした。映画ではシャーリーが暴力には反対しつつも、人種差別に向き合っていこうとする姿勢が描かれています。

シャーリーの家族は、この映画をシャーリー本人や黒人社会に対する侮辱と捉えているようですが、僕はそのような印象は持ちませんでした。逆に、シャーリーという卓越したアーティストに今一度注目が集まるよいきっかけになるのではと感じました。

どのように感じるかは人それぞれなので、ぜひご自分で確認してみてください。

最後に映画に使われた音楽についてですが、これは期待したほど濃いものではなかったです。シャーリーのコンサートシーンは比較的さらっとしていましたし、BGMで流れる音楽についても、あくまでもBGMという感じです。

道中でラジオから流れるリトル・リチャードやアレサ・フランクリンなどのR&B、ロックンロールをシャーリーが知らなかったことをリップが「マジか?それでも黒人か?」と驚くシーンがあったり、バーミンガムのバーでシャーリーがR&Bバンドと即興で共演するシーンなどもあり、それは面白かったです。

またプロフェッサー・ロングヘアの”Go To Mardi Gras”がエンディングテーマとなっており、途中のシーンでも流れるのですが、これはどういう意味で選曲されたのか?ちょっと不思議に思いました。というのも、映画ではニューオーリンズは全く出てこないし(ルイジアナはバトンルージュのシーンが一瞬だけ)、マルディグラの季節でもないので、唐突な印象を受けました。単に雰囲気で、なのでしょうかね。※注)


【公式】『グリーンブック』3.1(金)公開/本予告(トレーラー動画)


【公式サイト】
https://gaga.ne.jp/greenbook/

監督:ピーター・ファレリー(『メリーに首ったけ』『愛しのローズマリー』)
出演:ヴィゴ・モーテンセン(『イースタン・プロミス』『はじまりへの旅』)/マハーシャラ・アリ(『ムーンライト』)/リンダ・カーデリーニ(『アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン』)ほか
制作年:2018年
製作国:アメリカ
時間:130分
日本配給:GAGA
日本公開:2019年3月1日(金)より、TOHO CINEMAS日比谷を始め全国の劇場で一斉公開。

※注)[2019/03/08追記] 「映画ではニューオーリンズは全く出てこない」と書きましたが、ロケの大半はニューオーリンズとその郊外(ハモンド、マンデヴィルなど)で行われたそうです。1960年代の古いシーンを撮影するのに最適との判断だったのでしょうね。
1

2012/5/21

5月20日 のつぶやき  新譜情報

bluesginza http://twitter.com/bluesginza
5月20日 つぶやきまとめ


17:23
レゲエもそうですが、ボサノバって、どんな曲でも、その色に染めやすいんでしょうね。“@brother_y: ボサノバのビートルズは持っているけど、クイーンがあったとは。RT 昨日図書館で見つけたボサノバのクイーンカバー集”
2012/05/20 Sun 17:23 From Twitter for iPhone brother_y宛

17:05
昨日図書館で見つけたボサノバのクイーンカバー集。暑苦しいはずのフレディの名曲も、何だかアンニュイな雰囲気。気怠さが増幅した日曜の昼下がりでした。「Bossa Queen」http://t.co/NoiyGmZI
2012/05/20 Sun 17:05 From Twitter for iPhone

15:13
皆アレサにお触りしたかったのか。あなどれないぞ、オランダ人!(爆)“@sunset_and_dawn: 「お触りは別料金となっております」というアナウンスに、客が一斉に反応したんでしょう(笑)RT 「危険ですから、おひねりは直接胸の谷間に!」とか?”
2012/05/20 Sun 15:13 From Twitter for iPhone sunset_and_dawn宛

01:46
お二人から同じ反応が(笑)。豆や餅だったら笑えますが。1曲終わったあとに司会者が客席になんか言ってるんですが、オランダ語判りません。「危険ですから、おひねりは直接胸の谷間に!」とか?RT @sunset_and_dawn @akkyacoburn おひねりですかね?
2012/05/20 Sun 01:46 From web sunset_and_dawn宛

01:43
うわ、PALは厳しいなあ。でも、もうみたからいいか(笑)。RT @leopardbox これ独アマゾンで売ってますね。PAL表記ですけど。昨年末ユニオンでも買えたみたいです。http://t.co/yPkR0KBP
2012/05/20 Sun 01:43 From web leopardbox宛

01:35
フェイスブック上場。世界で8人に1人が使っているとか。確かに凄い成長ぶりだけど、その中で熱烈な支持者ってどれくらいいるんだろう?多くの人はただ使っているだけで、好きって訳でもないような。例えばアップルみたいに熱烈なファンがもっと付かないと、驕れる平家も久しからずになりそう。
2012/05/20 Sun 01:35 From web

0

2009/11/4

Alec Ounsworth / Mo Beauty  新譜情報


Alec Ounsworth / Mo Beauty (Anti)
クラップ・ユア・ハンズ・セイ・ヤーというバンドは、聴いたことがないんですが、そのフロントマン、アレック・オンスワースの初ソロ作を聴いてみました。

オンスワースがティピティーナスに出演した際、ロスロボスのスティーブ・バーリンと意気投合。バーリンのプロデュースの下、ニューオーリンズのミュージシャンが集められ、市内のパイティ・ストリート・スタジオでレコーディングとなったというこの作品。ベースにジョージ・ポーターJr.、ドラムスがスタントン・ムーア、キーボードはロバート・ウォルター、ウォッシュボード・チャズなんかも入っていると聞けば、ニューオーリンズ・ファンなら興味が出てくるというもの。

全曲オンスワースのオリジナルで、ニューオーリンズっぽくもないんですが、オンスワースの甲高くちょっぴりエキセントリックな歌声を鉄壁のリズムセクションが固め、緊迫感のあるロックアルバムに仕上げています。ボーネラマのメンバーによるホーンが入ってくる曲あたりは、やはりどことなくニューオーリンズっぽい雰囲気も感じますね。面白いコラボレーションだと思います。


Los Lobos /Goes Disney (Walt Disney)
スティーブ・バーリンと言えば、ロスロボスも久々に新作を出しました。

なんと驚きの全曲ディズニー関連の企画ものです。何だかなぁと思いながらプレイヤーにセットしてみると、あらまこれまた摩訶不思議。誰でも知っている1曲目の"Heigh-Ho"(白雪姫の七人の小人が歌う「はいほーはいほー、仕事がすんだ」ってやつね)からして、もうロスロボス流ロックに生まれ変わっています。やられました。

僕自身20年以上彼らを聴き続けているからってこともあるでしょうが、有名なディズニーの曲ばかりなのに、どれをとってもロスロボスにしか聴こえないのが不思議。特に最後のメドレー"When You Wish Upon a Star/It's a Small World Pinocchio/"it's a small world""で"La Bamba"っぽいアレンジが混ざっていたり、メキシカンポルカっぽくなっていたりして、もうにやついてしまいました。やられた。あー、やっぱりロスロボスって最高です。
1
タグ: 新譜情報

2009/10/29

Maria Muldaur & Her Garden of Joy  新譜情報


Maria Muldaur & Her Garden of Joy
(Stony Plain)


マリア・マルダーの新作、「Maria Muldaur & Her Garden of Joy」がえらくごきげんな内容です。入手してから、聴くのを止められません。中毒症状に近い。

戦前のブルースをテーマにしているという点では、「Richland Woman Blues」などの延長線にある作品と言えますが、今回はジャグバンド。マリアのキャリアは1960年代にイーヴン・ダズン・ジャグバンドに参加したことから始まっているので、これは彼女にとって原点回帰の意義深い作品と言えるでしょう。しかも、バンドには、イーヴン・ダズンのバンドメートでもあったジョン・セバスチャン、デヴィッド・グリスマンもいます。他、タジ・マハールやフリッツ・リッチモンドもいますが、皆ゲストという肩の張った感じはありません。

ゲストと言えるのはダン・ヒックスくらいでしょうか?メドレーで演奏される"Life's Too Short / When Elephants Roost In Bamboo Trees"で、マリアとユーモア溢れるデュエットを披露し、また自らのレパートリーから2曲("The Diplomat"、"Let It Simmer")提供しています。彼の独特な飄々とした存在感、出てますねー。前日の来日公演での彼の姿を思い出しました。

ジャグバンドらしく、ラグスタイルにフィンガーピッキング・ギターで軽快に繰り出される曲が多くて楽しいことこの上ないです。ラストの"The Panic Is On"は1929年の大恐慌時に書かれた不況の歌ですが、リーマンショックに揺れる現代にも通ずるものがありますね。最後の一節がオバマ大統領へのエールに置き換わっているのがまた粋です。

マリアは現在、北米ツアー中のようですが、こんな設定での彼女見たいなぁ。来日希望です。

Maria Muldaur & Her Garden of Joy
(Stony Plain SPCD 1332)
Released: Sept. 29, 2009

1. The Diplomat (3:48)
2. Shake Hands And Tell Me Goodbye (3:04)
3. Shout You Cats (3:00)
4. The Ghost Of The St Louis Blues (3:44)
5. Let It Simmer (4:38)
6. Sweet Lovin' Ol' Soul (4:16)
7. Medley: Life's Too Short / When Elephants Roost In Bamboo Trees (5:10)
8. Garden Of Joy (2:23)
9. He Calls That Religion (4:03)
10. I Ain't Gonna Marry (2:53)
11. Bank Failure Blues (5:19)
12. The Panic Is On (4:02)
2

2009/10/9

Robert Cray / This Time  新譜情報


The Robert Cray Band / This Time (Vanguard)
2009年8月リリース。


ロバート・クレイの新譜。スタジオ作としては4年ぶり。

彼の新譜では久々に熱くなる内容でした。これまでの作品と比べても、まず音が生々しい。スタジオでライブのような音作りで、歌もギターもビンビン伝わってきます。これまでの作品には、耳触りのいいように丸くやすりをかけたようなところがありましたが、今回は粗削り、蔵出しそのまんまという感じです。"Love 2009"、"This Time"のようにクレイの得意なマイナー調のしっとりした曲も入っているけど、いずれもしっとりしすぎず、バンドの躍動感を維持し、これまで付きまとっていたマンネリ感を吹き飛ばしてくれます。

そうこのアルバム、バンドの躍動感がいいんですよ。特にシャッフル"That's What Keeps Me Rockin'"あたりののりの気持ちいいこと。バンドは今回、ドラムスとベースが入れ替わって心機一転をはかっていますが、ベースはリチャード・カズンズ。デビュー当時からクレイと活動していた人で、19年ぶりの復帰となります。彼の存在がまた、バンドのグルーヴにプラスの影響を与えているのかもしれませんね。

5月の来日公演のときと同じメンバーですから、あれを見た人ならば、バンドの雰囲気は判ってもらえるんじゃないかな。前作ではクレイ個人名義でしたが、今回は"THE ROBERT CRAY BAND"になっています。クレイもバンドを重視しているということではないでしょうか。

クレイは歌のうまさには定評がありますが、今回ギター・ソロにも印象的なプレイが多くあります。特にバラード"I Can't Fail"の入魂のソロ。泣けます。声以上に歌っています。素晴らしい。

クレイの作品に駄作はないけど、長らく傑作もなかったと思います。でも、間違いなくこれは傑作。彼のベストのひとつと僕は思います。
こんなに充実した内容なのに、日本盤、出ないのかなぁ。

収録曲
1. Chicken in the Kitchen
2. I Can't Fail
3. Love 2009
4. That's What Keeps Me Rockin'
5. This Time
6. To Be True
7. Forever Goodbye
8. Trouble & Pain
9. Truce

http://www.amazon.co.jp/This-Time-Robert-Cray-Band/dp/B002EIJ8IG/ref=sr_1_1?ie=UTF8&s=music&qid=1255061494&sr=8-1
0
タグ: ブルース 新譜



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ