2020/11/30

グラミー賞(第63回) ノミネーション発表  音楽全般

恒例のグラミー賞(第63回)の全83部門に渡るノミネーションが11月24日、発表されました。対象となるのは2019年9月1日から2020年8月31日までの期間のレコーディング、楽曲、アーティストです。

全リストは公式サイトの以下のページで見ることができます。
https://www.grammy.com/grammys/news/2021-grammys-complete-nominees-list

ブルース銀座として気になるのは、当然まずはブルースの2部門ですね。

49. Best Traditional Blues Album
・ALL MY DUES ARE PAID-Frank Bey
・YOU MAKE ME FEEL-Don Bryant
・THAT'S WHAT I HEARD-Robert Cray Band
・CYPRESS GROVE-Jimmy "Duck" Holmes
・RAWER THAN RAW-Bobby Rush

今年6月に74歳で他界したジョージア州出身のヴェテラン・シンガー、フランク・ベイは遺作がノミネートされました。ブルース・ミュージック・アワードには何度もノミネートされたことがある人ですが、グラミー賞のノミネートは初です。

ボビー・ラッシュは今春新型コロナ感染のニュースも飛び込んできましたが、変わらず元気なのは嬉しいですね。今回は弾き語りでじっくり聴かせるおもむきの作品ですが、今年87歳(自称ですが?)にもなるボビー。まだまだやる気が衰えることはないようです。2017年につぐ2度目の受賞成るか?

ドン・ブライアントはR&Bでなくブルース部門でのノミネートはちょっと意外ですが、彼も老いてますます盛んです。

50. Best Contemporary Blues Album
・HAVE YOU LOST YOUR MIND YET?-Fantastic Negrito
・LIVE AT THE PARAMOUNT-Ruthie Foster Big Band
・THE JUICE-G. Love
・BLACKBIRDS-Bettye LaVette
・UP AND ROLLING-North Mississippi Allstars

コンテンポラリー部門はより多彩な人たちが入っていますね。ファンタスティック・ネグリートって僕は今一つよくわからないんですが、これもブルース…なんでしょうかね。

ベティ・ラヴェット、ルーシー・フォスターは変わらず存在感を示しています。

あと特に気になるのは下記3部門でしょうか。Regional Roots Music Album部門はネイティブアメリカン、ハワイアン、ザディコ/ケイジャンの3つを合体させて生まれた部門だけあって、毎年ノミネーションもバランスが難しいように思います。今年はケイジャンが2つ挙がっていますが、ザディコはなし。ニューオーリンズ・スタイル・ブラスバンドのニューオーリンズ・ナイトクローラーズがノミネートされているのも注目したいところです。

45. Best American Roots Performance
・COLORS-Black Pumas
・DEEP IN LOVE-Bonny Light Horseman
・SHORT AND SWEET-Brittany Howard
・I'LL BE GONE-Norah Jones & Mavis Staples
・I REMEMBER EVERYTHING-John Prine

46. Best American Roots Song
・CABIN-Laura Rogers & Lydia Rogers, songwriters (The Secret Sisters)
・CEILING TO THE FLOOR-Sierra Hull & Kai Welch, songwriters (Sierra Hull)
・HOMETOWN-Sarah Jarosz, songwriter (Sarah Jarosz)
・I REMEMBER EVERYTHING-Pat McLaughlin & John Prine, songwriters (John Prine)
・MAN WITHOUT A SOUL-Tom Overby & Lucinda Williams, songwriters (Lucinda Williams)

47. Best Americana Album
・OLD FLOWERS-Courtney Marie Andrews
・TERMS OF SURRENDER-Hiss Golden Messenger
・WORLD ON THE GROUND-Sarah Jarosz
・EL DORADO-Marcus King
・GOOD SOULS BETTER ANGELS-Lucinda Williams

52. Best Regional Roots Music Album
・MY RELATIVES "NIKSO KOWAIKS"-Black Lodge Singers
・CAMERON DUPUY AND THE CAJUN TROUBADOURS-Cameron Dupuy And The Cajun Troubadours
・LOVELY SUNRISE-Nā Wai ʻEhā
・ATMOSPHERE- New Orleans Nightcrawlers
・A TRIBUTE TO AL BERARD-Sweet Cecilia

受賞者が発表される授賞式は2021年1月31日、ロサンゼルスのステープルズ・センターにて行われます。
1

2020/11/28

ザ・バンドの映画  ロック

クリックすると元のサイズで表示します

僕はザ・バンドが大好きです。

彼らに興味を持つきっかけとなったのは、多分1983年の初来日公演だったと思います。当時高校生だった僕は、まだ彼らのことをよく知りもしなかったのに、渋谷公会堂までライヴを見に行きました。

あのときのツアーはロビー・ロバートソン抜きの4人でした。なぜ中心人物たるロビーだけいないのか、当時の僕には不思議に思えてなりませんでした。彼と他のメンバー、特にリヴォン・ヘルムとの確執について知ったのは随分あとのことでした。

映画「ザ・バンド かつて僕らは兄弟だった(原題:Once Were Brothers: Robbie Robertson and the Band)」が劇場公開中です。これは原題からもわかる通り、100%ロビーの視点から見たザ・バンドの物語です。“Once Were Brothers”は2019年のロビーのアルバム「Sinematic」に収録された楽曲。かつて兄弟のように親密だったバンドメートと別れてしまった苦々しい思いを綴っており、映画の中でも流れます。

映像はラスト・ワルツやディランとのライヴ映像などそこそこ見ごたえはありますが珍しいものは殆どなく、映画はロビーと元妻ドミニックの証言が柱となっています。

ロビーは、一所懸命バンドを続けるための努力をしていたにも関わらず、他のメンバーは麻薬におぼれ、曲も書かなくなり、ロビーは全てを一人で抱えざるを得ない状況になっていったというのがロビーの主張です。

そして、バンド解散後に物事がうまくいかなくなったリヴォンは被害妄想に陥り、ロビーが悪者だと思いこむようになったというのです。

ロビーが嘘を付いているとは思いません。彼の言うことは彼の立場で言えば真実なのでしょう。僕はどちらかというと、ロビーよりはリヴォンに同情的でしたが、この映画を見ると、ロビーの言うこともそれなりに説得力があるように感じました。しかし、この映画はロビーの言い訳大会という面が強すぎるなと思わざるを得ません。

もうリヴォンはこの世にはいません。この映画を見たら、彼やリチャード・マニュエル、リック・ダンコは何と言うでしょうか。ちょっとずるいなと思ってしまったのは僕だけでしょうか。ロビーの言うことの方が正しいのであれば、なぜ残りのメンバーは誰もロビーの側に付かなかったのか、その点はあいまいなままです。

この映画には他にもエリック・クラプトンやロニー・ホーキンズらミュージシャンたちのコメントもたくさん出てきます。でも、彼らのコメントの使われ方が、ロビー側のストーリーを補足する形で使われているようで、その点も気になりました。

ザ・バンドが不幸にも分断され、和解することもないまま3人のメンバーが他界してしまったのは、誰の言葉を信じるかに関わらず事実です。そんな苦々しい歴史を生々しく綴ったこの映画。ファンならばとりあえずは見ておくべきだと思います。


----

2019年/カナダ・アメリカ/英語/カラー・モノクロ/アメリカンビスタ/5.1ch/101分
原題:Once Were Brothers: Robbie Robertson and the Band
配給:彩プロ
日本公開:2020年10月23日より
監督: ダニエル・ロアー
製作総指揮:マーティン・スコセッシ、ロン・ハワード
出演:ザ・バンド<ロビー・ロバートソン、リック・ダンコ、リヴォン・ヘルム、ガース・ハドソン、リチャード・マニュエル>
マーティン・スコセッシ
ボブ・ディラン
ブルース・スプリングスティーン
エリック・クラプトン
ロニー・ホーキンス
ヴァン・モリソン
ピーター・ガブリエル
タジ・マハール
ジョージ・ハリソン
オフィシャルサイト:https://theband.ayapro.ne.jp/

1

2020/11/2

追悼Rance Allen 1948-2020  R&B/ソウル

ゴスペル・シンガーのランス・アレンが10月31日、入院中のオハイオ州シルヴァニアの病院、ハードランド・アット・プロメディカにて亡くなったそうです。71歳。彼の妻エレンとマネージャーのトビー・ジャクソンが連名で明らかにしました。

死因は明らかにされていませんが、病気治療を受けて回復に向かう中でのできごとだったようです。

ランス・アレンは、1948年、ミシガン州モンローの生まれ。そのモンローで兄弟のトーマス、スティーヴ、エサウ(のちに脱退)とともに1970年代に結成したランス・アレン・グループを率いて活動したことで知られます。その後彼らは拠点をオハイオ州トレドに移し、1972年スタックス傘下のゴスペル・トゥルース・レーベルからアルバム「The Rance Allen Group」でレコード・デビュー。1980年代以降もティスコット・レーベルなどから作品をリリースし続けました。代表曲としては"Ain’t No Need of Crying” (1975年)、”Miracle Worker” (1991年)などがあります。


ランス・アレン・グループはランスのパワフルな歌声とソウルフルなサウンドで、ゴスペル界をリードするグループとなりました。ノリノリでファンキーなところは、ゴスペルという音楽の概念を塗り替えたのではないかと思います。

また、ランスはトレドの教会の牧師もつとめていました。2011年にはチャーチ・オブ・ゴッド・イン・クライスト(COGIC)の司教の座に就いています。

71歳とはまだ亡くなるには若すぎです。近年も作品をリリースし続けていただけに一層残念です。僕も本当に大好きなグループでした。一度生で見てみたかったです。

RIP。

0

2020/10/31

プロフェッサー・ロングヘア伝記映画、その後  ニューオーリンズ

クリックすると元のサイズで表示します

制作途中で中断し、そのままになっていたプロフェッサー・ロングヘアのドキュメンタリー映画がついに完成した模様です。

ジョッシュ・バグナル監督の下、「Making A Gumbo」という名前で制作が進行していたこの映画は2014年の時点で半ば完成しており、その時点でクラウドファンディングで17,614ドルという資金を集めていたにもかかわらずその後頓挫し、制作者サイドからは一切音沙汰がなくなっていました。

それが2020年11月開催のニューオーリンズ・フィルム・フェスティバルで名前を「Rugged and Funky」と改めた75分の映画としてお披露目されることになったようです。

どんな内容に仕上がっているのか、興味津々です。全米劇場公開は?日本での公開はあるのか?DVD化は?オンラインでもいいからみてみたいです。

僕もクラウドファンディングには出資したのですが、その後何にも進展がないことにやきもきしていたので、とりあえずは嬉しいです。

プロフェッサー・ロングヘアのドキュメンタリー制作中 (2014/12/9)
https://black.ap.teacup.com/sumori/1585.html

公式サイト
https://www.professorlonghairfilm.com/

New Orleans Film Festival
https://noff2020.eventive.org/films/5f627c511226b10045a28384
2

2020/10/23

BLUES & SOUL RECORDS 156号発売  ブルース

クリックすると元のサイズで表示します

ブルース&ソウル・レコーズの最新号が発売になります。前回は付録CDが付いていなかったのですが、今回は付いています。今後は以前のように毎回CDが付くとは限らないようですが、なくなるわけではないそうです。

本号はポール・オリヴァーの「Story of the Blues(邦題:ブルースの歴史)」が11月に土曜社から復刊されるのにあわせ、戦前ブルースを中心にブルースの歴史を振り返る特集号となっています。CDも戦前ブルースの王道的な選曲となっています。

今回は追悼記事が5つもあるのが目立っています。ちょっと淋しいですね。

僕は今回はいつもの通り海外ニュース記事書いています。

-----

BLUES & SOUL RECORDS NO. 156
2016年10月24日発売
定価: 1,800円+税
https://bsrmag.com/magazine/bsr156/

1969年刊行のポール・オリヴァー“The Story Of The Blues”は1978年に『ブルースの歴史』と題し翻訳出版され、ブルース・ファン必読の書として愛されてきた名著です。このたび1997年改訂版を元に、原書の大判サイズでの復刊が決まりました。ブルースと真剣に向き合うなら一度は通るべき一冊を楽しみ、堪能しましょう。
★ 『ブルースの歴史』を楽しむ(1)全てではない未完の「物語」 隙間が導くブルースとその先[みなべかん]
★ 『ブルースの歴史』を楽しむ(2)ブルースに半歩でも近づくために 幾度となく開く“バイブル”[妹尾みえ]
★ 『ブルースの歴史』を知る 著者の原体験も反映された 見て読むブルースの歴史[濱田廣也]
★ 『ブルースの歴史』を楽しむアルバム108枚[高地 明/妹尾みえ/濱田廣也]
8つのカテゴリー別に『ブルースの歴史』読者のための参考ディスクを紹介
[1] ブルースの背景としてのアフリカおよびアングロ・アメリカン音楽
[2] ブルースの構成要素となった労働歌と民間伝承歌
[3] ブルースの多様性を楽しむ多彩なスタイルを収めた編集盤
[4] ブルースを育んだ地域を探訪
[5] 都市を彩ったブルース
[6] 弦、水差し、洗濯板を用いた陽気で愉快な楽団たち
[7] ブギウギを生み、ブルースの発展に大きく貢献したピアニストたち
[8] ヴォードヴィルなどで活躍した女性シンガーを中心に
★ ブルース重要地マップ
★ 『ブルースの歴史』関連年表
【付録CD】ANOTHER STORY OF THE BLUES 1925-1938
ブルースに登場する地名をたどって1920〜30年代のアメリカを旅してみよう。ミシシッピ・デルタの伝説の地、タトワイラーから、メンフィス、セント・ルイス、シカゴへと北上し、ハイウェイ61でメキシコ湾まで南下。鉄道に乗ってシュリヴポートからダラス、そしてヒューストンへ。ジョージアのアトランタから、フロリダへも足を伸ばそう。
※音源が古いためノイズがあります。ご了承ください。
1. SAM COLLINS: Yellow Dog Blues
2. LILLIAN GLINN: Shreveport Blues
3. JOE PULLUM: McKinney Street Stomp
4. BESSIE TUCKER: Fort Worth And Denver Blues
5. SPECKLED RED: St. Louis Stomp
6. LEROY CARR: Naptown Blues
7. YANK RACHELL: Lake Michigan Blues
8. “MA” RAINEY: Bessemer Bound Blues
9. BARBECUE BOB: Atlanta Moan
10. MACON ED AND TAMPA JOE: Mean Florida Blues
11. MEMPHIS JUG BAND: Going Back To Memphis
12. CHARLIE PICKETT: Down The Highway
【その他の主な記事】
● 映画『ザ・バンド かつて僕らは兄弟だった』公開
● 追悼 ピーター・グリーン〜ブリティッシュ・ブルース/ロックの天才ギタリスト逝く[小出 斉]
● 追悼 ロッド・バーナード〜永遠の名曲を生んだスワンプ・ポップのパイオニア[はたのじろう]
● 追悼 エドナ・ライト〜ハニー・コーンで花開いたシンガー[鈴木啓志]
● 追悼 チャドウィック・ボウズマン〜英雄を演じた英雄[中田 亮]
● 追悼 写真家 打田浩一氏を悼む[濱田廣也]
● 注目作をじっくり鑑賞する─「語りたい逸品」コーナー
 *CD『ELVIN BISHOP & CHARLIE MUSSELWHITE: 100 Years Of Blues』[井村 猛]
 *CD アイク&ティナ・ターナー/アイク・ターナーズ・キングス・オブ・リズム〜ポンペイ期3作[濱田廣也]
●[新作アルバム・リヴュー]ボビー・ラッシュ/ベティ・ラヴェット/ファンタスティック・ネグリート/ダン・ペン 他
【連載】
☆ 永井ホトケ隆 好評連載「Fool’s Paradise」第4回
☆ [新連載]SONS OF SOUL/林 剛
☆ [新連載]ゴナ・ヒット・ザ・ハイウェイ〜西海岸と南部を結ぶ「I-10」沿道音楽巡り/日向一輝
☆ なんてったってインディ・ソウル 蔦木浩一×齋藤雅彦
☆ フード・フォー・リアル・ライフ 〜歌詞から見るブルース&ソウルの世界/中河伸俊
☆ 小出斉の勝手にライナーノーツ「V.A. / Recording The Blues」
☆ リアル・ブルース方丈記/日暮泰文
☆ 鈴木啓志のなるほど! ザ・レーベル VOL.85 「Seventy 7」
☆ ゴスペル・トレイン「ゴスペレアーズ」/佐々木秀俊+高橋 誠
☆ BLUES IS MY BUSINESS no.232/吾妻光良
☆ いづみやの曲追い酩酊談/佐々木健一
☆ 原田和典の魂ブチ抜き音楽
☆ 文聞堂書房〜古書掘りコラム/出田 圭
☆ ICHIのチタリン・サーキット最前線
☆ International Music Stroll〜世界の音楽にぷらりと出会おう/ワダマコト
☆ ニッポンの。国内アーティスト新譜紹介/妹尾みえ
☆ ブルース&ソウルが流れる店/轟美津子
☆ Ain’t That Good News 国内ライヴ/イヴェント情報ほか
ーーーーーー
『ブルースの歴史』
ポール・オリヴァー著/米口胡=増田悦佐訳
解説 日暮泰文/土曜社刊
A4変型判(297 × 215ミリ)上製、208頁
ISBN978-4-907511-62-3 C0073
[2020年11月下旬発売予定/初版1000部予定]
www.doyosha.com/
3



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ