2021/5/23

RIP Bob Koester 1932-2021  ブルース

シカゴのデルマーク・レコードの創設者、ボブ・ケスターが5月12日、亡くなったそうです。88歳でした。デルマークは1953年設立。60年以上の歴史があります。

彼はシカゴでジャズ・レコード・マートというレコード店も経営していましたが、そちらは2016年にレコード店の在庫を売却し閉店。デルマークについても2018年ジュリア・ミラーとエルビオ・バリラリに売却し、経営から退いていました。高齢になり、退く準備を少しずつ進めてきたということなのでしょう。

近年、ケスターは脳卒中に見舞われ、ホスピスケア下にあったそうです。

ジャズ・レコード・マートはもうありませんが、デルマークは、新経営陣の下で健在です。

1932年、カンサス州ウィチタに生まれたボブ・ケスターは、1953年、セントルイスでレコード・レーベルを設立。レーベルの事務所があった通りの名前を取ってデルマー・レコードと名付けました。当初はジャズのグループのレコーディングをしていましたが、ビッグ・ジョー・ウィリアムズらブルースも手がけるようになりました。

1958年にケスターはレーベルとともにシカゴに拠点を移します。この際にレーベル名を現在のデルマーク(Delmark)に変更。また、翌1959年にはセイモアズ・レコーズというレコード店を買収し、ジャズ・レコード・マートに店名を変更しました。

以後デルマークはスリーピー・ジョン・エスティス、ジュニア・ウェルズ、マジック・サム、ロバート・ロックウッド・ジュニアなどなど、ブルースの名盤を数多く世に送り出します。

アリゲーター・レコードの社長、ブルース・イグロアも1970年に同社を設立する前はデルマークで働いていました。彼がハウンド・ドッグ・テイラーを見出し、ケスターにデルマークからのリリースを打診して断られたことから、自分のレーベルを興すことになったのは有名な話です。テイラーはアリゲーターを成功に導く人気を博した訳ですから、結果としてケスターの判断は間違っていたとも言えるのでしょう。しかし、デルマークはその後もジミー・ジョンソン、デイヴ・スペクター、ルリー・ベルなど新しいアーティストの作品を送り出しながら、今日まで健在であり続けました。

デルマークは、現存するブルース系のインディ・レーベルとしては全米でも最も古いレーベルだろうと思います。チェスやスペシャルティなど、大手に買収されて、ブランドだけ残っているレーベルならばもっと古いものもありますが、一貫して独立的な立場で70年近くやってきたレーベルは他にないでしょう。デルマークについで長い歴史を誇るレーベルにアーフーリーがありますが、同社は1960年設立で、昨年60周年を迎えています。あちらは未だ創設者のクリス・ストラックウィッツが健在です。これもすごいことですね。

ボブ・ケスターさん、たくさんの名作をありがとうございました。デルマークが今後とも息長く続きますように。
3

2021/5/19

Aaron Nevilleツアー引退を表明  ニューオーリンズ

クリックすると元のサイズで表示します
Aaron Neville
New Orleans Jazz & Heritage Festival 2016
Sunday, May 1, 2016
(c)Photo by Masahiro Sumori.


アーロン・ネヴィルがツアーからの引退を宣言しました。

もう彼の歌声を生で聴くことができないのかと考えると非常に残念ではありますが、もう今年1月で80歳となり、彼はツアーに明け暮れる人生を続けることはできないと判断したようです。思えば、2012年にネヴィル・ブラザーズが活動停止をしたのもアーロンの脱退が理由でした。彼はその際、ネヴィル・ブラザーズのステージをこなすことの厳しさを口にし、無理のないペースでのソロ活動に移行したのでした。同年(2012年)、彼はソロとしては初めて来日公演を行っていますが、それが恐らく最後の来日になるのでしょう。

2005年にニューオーリンズをハリケーン・カトリーナが襲った際は彼も被災し、ナッシュヴィルへ避難。その後、浸水でカビが発生したニューオーリンズの空気の汚染が言われるようになりました。これを心配したアーロンは、ニューオーリンズへ戻ろうとせず、ネヴィル・ブラザーズは以後2年間、春のジャズフェスへ出演しませんでした。喘息持ちである彼は、人一倍体調には気を使っていたのだろうと思います。

彼の引退の発表は5月6日朝、Facebookに手紙を公開する形でした。突然の発表ではありましたが、これまでのこういった経緯もあるので、正直驚きはなかったです。ネヴィル・ブラザーズの4人のうち、2018年にはチャールズ、2019年にはアートと歳上の2人が相次いで亡くなり、存命なのはアーロンと末っ子のシリルのみとなりました。寄る年波には勝てない、それは仕方のないことだと思います。

僕が最後にアーロンのステージを見たのは2016年、ニューオーリンズのジャズフェスでのことでした。前年に亡くなったアラン・トゥーサン追悼のセットで、トゥーサンが彼のために書いた” Hercules”を歌いました。あの時点で75歳。歳の割には非常に元気に見えたのですが、体調については本人しかわからないことも多いでしょう。無理はしないでもらいたいです。これからも新作は作るとのことですので、そちらは期待したいですね。

以下、5月6日にアーロンが公開した手紙を和訳してみました:
オリジナルはここで見ることができます。
https://www.facebook.com/photo?fbid=309833530514337&set=a.220895236074834

----

親愛なる友人の皆様へ

私はミュージシャン、シンガー、そして一人の人間として素晴らしい、恵まれた道のりを歩んできました。私にとって、ツアーで飛び回る日々を終わらせるときが来ました。誰かが私をショーの会場から会場へと瞬間移動させる発明をしてくれる日を待ちわびていましたが、それは叶わないことでした。私は、人のために歌うことが大好きです。それは聴いてくれる人の得る喜びと同じく、もしくはそれ以上に、私に大きな喜びをもたらしてくれます。残念なことですが、旅することの厳しい現状と、ツアーを成り立たせるために必要なスケジュールは、私の望むものとは言えない状況となってしまいました。

現在の世界の情勢は、私に多くのことを気づかせてくれました。人生は短いので、私はこの地球上で自分に残された時間をこれまでのようには急き立てられずに過ごしたいと考えています。これを永遠のお別れとは考えないでください。神の恵みを受け、私はこれからも音楽を作り続けますし、将来的に特別なイベントやコンサートに出ることもあるかも知れません。

私のバンド、チームメンバー、マネージャー、そして共演してくれた才能豊かなアーティストたち、私の妻と家族に感謝しています。そして何よりもファンの皆さんにありがとうと言いたいです。あなたたちのサポートは計り知れないほど貴重であり、あなたたちとの思い出は数えきれず、大事に心に刻んでいます。

私がこれまでの歳月でレコーディングしてきた音楽がこれからも皆さんに楽しみを与え続けてくれることを祈っています。ビートが途切れることなく続いて行きますように…。

愛と深い感謝を込めて
アーロン


----

引退発表後にアーロンはニューオーリンズのタイムズ・ピカユーン紙のインタビューを受けています。そこで彼は「歌い続けたいが、ツアーはしたくない」と語っています。よほどツアーがきつかったんですね。今後ニューオーリンズをテーマにしたアルバムを作る可能性についても言及しています。「アートがファッツ・ドミノの大ファンだったし、僕もティーンエイジャーの頃彼の曲はどれも好きだった。彼へのトリビュートなんていいかもね。わからないけど」。そういう話が出ること自体わくわくしますね。

Exclusive: Aaron Neville on retirement: 'Those tours take a toll on your body and mind'
BY KEITH SPERA | Staff writer May 12, 2021 - 8:30 am
https://www.nola.com/entertainment_life/music/article_85be07da-b2b7-11eb-8ef0-13abc7f6df02.html
0

2021/5/10

RIP Lloyd Price 1933-2021  ニューオーリンズ

クリックすると元のサイズで表示します
Lloyd Price at New Orleans Jazz & Heritage Festival
Ray Ban Stage, Sat., May 4, 1996
Photo (c)Masahiro Sumori

ミスター・パーソナリティーの愛称でも知られるルイジアナ州出身のR&B/ロックンロール・シンガー、ロイド・プライスが5月3日、ニューヨーク州ニューロシェルのシェイファー長期療養センターで亡くなったそうです。死因は糖尿病の合併症とのことです。88歳でした。

1950年代から60年代にかけてスペシャルティ・レコードを始めABC-パラマウントなどからレコードをリリース。特にデビュー曲の”Lawdy Miss Clawdy”はエルヴィス・プレスリーやソロモン・バークなど数多くのアーティストにカバーされ、ロックンロールを代表する1曲として知られるようになりました。

1998年にはロックンロールの殿堂入りを果たしています。

一方、彼は複数のレコード・レーベル(ターンテーブル、KRC、ダブルL他)を立ち上げるなどビジネスマンとしての顔も持ち合わせており、レコード・レーベル以外にもナイトクラブや食品会社の経営にも携わっています。

プライスは1933年3月9日、ニューオーリンズ郊外のケナーで生まれました。ルイジアナへ行ったことのある人ならば、ケナーはニューオーリンズ国際空港がある街としてご存じかも知れません。ニューオーリンズからはメテリーを挟み、西に20キロほど行ったところにあります。

幼少期から学校でトランペットやピアノをプレイしたり、弟のレオとバンドを組むなどして音楽に慣れ親しんでいたロイドは19歳のとき、ファッツ・ドミノを見出したことでも知られるデイヴ・バーソロミューに見いだされました。彼がスペシャルティの社長アート・ループに紹介し、1952年4月、スペシャルティから”Lawady Miss Clawdy”でデビュー。バーソロミューのバンドとファッツ・ドミノが参加する形でレコーディングされたこの曲は、ビルボードR&Bチャートのトップを飾る大ヒットを記録しました。

Lawdy Miss Clawdy (1952)


1957年には自らのレーベルKRCからリリースした”Just Because”がABCレコードの目に留まり、以後ABC-パラマウントから”Stagger Lee”、そして愛称ともなった“Personality”などのヒットを生むこととなりました。

Personality (1959)


個人的にはモニュメント・レコードからリリースとなったジャズのスタンダード曲"If I Had My Life To Live Over”などいいなと思います。曲調もコーラスを入れたアレンジもスペシャルティ時代とは一線を画した雰囲気を感じますが、彼の歌声には、ゴスペル・フィーリングも感じさせます。

If I Had My Life To Live Over (1965)


1970年代以降は音楽活動はほぼ休止し、ナイジェリアに移住。1974年には、ボクシング・プロモーターのドン・キングらとザイール(現コンゴ民主共和国)でモハメッド・アリとジョージ・フォアマンの試合や、後に「ソウル・パワー」として映画化される音楽フェスティバルのプロモーションに関わっています。

1980年代に米国に戻ってきたものの、その後も長らく音楽活動から遠ざかっていたプライス。1993年にジェリー・リー・ルイス、リトル・リチャード、ゲイリー”U.S.”ボンズとヨーロッパ・ツアーを行ったのを皮切りに、ニューオーリンズのジャズ&ヘリテッジ・フェスティバルへの出演など、コンサート活動を行うようになりました。僕も1996年のジャズフェスで一度彼のステージを目撃しています。

前述のロックンロールの殿堂に加え、1994年にはリズムアンドブルース・ファウンデーションのロックンロール・パイオニア賞を受賞したのに加え、2010年にはルイジアナ州の音楽殿堂、2019年にはナショナル・リズムアンドブルース殿堂入りを果たしています。

2010年にはテレビ・ドラマの「トレメ」に出演、アラン・トゥーサンとの共演で"Stagger Lee"を披露。2015年には自叙伝「sumdumhonky」も出版しています。

新作は長らく出していなかったものの、2017年には84歳にして自身のレーベル、ダブルLから新作アルバム「This Is Rock And Roll」をリリース。曲によって妙にロック色が強かったり、やや違和感もある内容ではありましたが、ファッツ・ドミノをジャズ色でカバーするなど新鮮な面も見せ、健在ぶりを示しました。

Blueberry Hill (2017)


プライスの死去で、1950年代のニューオーリンズで活躍したR&Bのスターはいよいよ殆どいなくなってしまいました。あとはヒューイ・スミスくらいでしょうか。意外に知られていないのはスペシャルティ・レコードの元経営者、アート・ループが未だご存命(1917年生まれなので、今年誕生日を迎えれば104歳!)なことですが、今彼はどうしているのでしょうか。
0

2021/4/27

BLUES & SOUL RECORDS 159号発売  ブルース

クリックすると元のサイズで表示します

ブルース&ソウル・レコーズ誌の159号が4月24日に発売になりました。ここでも先に取り上げたアリサ・フランクリンの映画「アメイジング・グレイス」とアリサの大々的な特集号となっています。49年前の映像とは言え、幻となっていたこの映画が完全な形で公開される意義の大きさを考えれば当然の特集と言えるでしょう。いよいよ公開が来月に迫っています。この号では映画の内容の解説、リヴューはもちろん、作品を紹介する別冊付録も付いています。

5月22日(土)には、BSR誌主催でトークイベントも開催されるそうですよ。(『ブルース&ソウル・レコーズ』presents “TALK ABOUT アレサ・フランクリン”

僕は今回、ブルース&ソウル・シンガー、カーティス・サルゲイドのアリゲーターからの新譜をリヴューコーナーで紹介させてもらいました。これは、日本盤もリリースされた「ソウル・ショット」(2012年)など、彼の作品は近年も充実していますが、今回の作品は期待以上の力作でした。ぜひおすすめです。あとは、いつもの海外ニュースも書いております。どうぞよろしく!

----

BLUES & SOUL RECORDS NO. 159
2021年4月24日発売
定価: 1,800円+税(税込1,980円)
https://bsrmag.com/magazine/bsr159/

表紙 アリサ・フランクリン
ジャンルを超えた史上屈指のシンガー、アリサ・フランクリン。彼女の原点である教会でのゴスペル歌唱を捉えたドキュメンタリー映画が、撮影から約半世紀を経てこの5月に日本で劇場公開される。“最も売れたゴスペル・アルバム”とも言われる傑作『アメイジング・グレイス』収録の記録であり、アフリカン・アメリカンのコミュニティにおけるゴスペル=教会の存在を強烈に印象づける、音楽ファン必見の本作を見逃すことなかれ。
★ 『アメイジング・グレイス/アレサ・フランクリン』クロス・リヴュー
[1]十分すぎるほど奇跡 [出田 圭]
[2]美しく、力強く、気高いアリサ [原田和典]
[3]咲きこぼれる祈りの美 [菅波ひろみ]
[4]たしかにそこにあった [柴崎祐二]
★ 教会から離れなかったアリサ/2つのゴスペル・アルバム [高橋 誠]
★ 女王を支えたキングピンズ [高地 明]
★ 『アメイジング・グレイス』が導くアルバム30選 [林剛/小渕 晃/濱田廣也]
.
【別冊付録】アリサ・フランクリン/ザ・クイーン
“ソウルの女王”の名をほしいままにしたアリサ・フランクリン。その生涯の重要トピックを追い、オリジナル・アルバムや重要編集盤を完全ガイド。代表曲解説に関連人物紹介も掲載した全64ページの冊子です。[B6判]
.
【その他の主な記事】
● 復刻! キャンディド・ブルース名盤/オーティス・スパン、メンフィス・スリム、ライトニン・ホプキンス [今澤俊夫]
● 南部に根ざしたふたりのシンガー・ソングライター/サム・ディーズとジミー・ルイス [新井崇嗣]
● スピナーズでも活躍した名シンガー/ジョン・エドワーズ [森島繁美]
● 精霊を呼ぶ歌声/ロリータ・ハラウェイ(ロレッタ・ハロウェイ)[平野孝則]
● 最新ザディコ七つの快作 [はたのじろう]
● 注目作をじっくり鑑賞する─「語りたい逸品」コーナー
*CD『The Texas Blues Of Smokey Hogg』でたらめに魅惑的なブルースマン、スモーキー・ホグ [小出 斉] *CD『Bobby Parker: Soul Of The Blues』独特のブルース・ギター美学、ボビー・パーカーのアンソロジー[ワダマコト]
.
●[新作アルバム・リヴュー]デルヴォン・ラマー・オルガン・トリオ/ノラ・ジーン・ウォレス/ケリー・パタースン 他
.
【連載】
☆ 永井ホトケ隆 好評連載「Fool’s Paradise」第7回
☆ KEEP ON KEEPIN’ ON ソウル/ファンク名盤のメッセージを読む 第2回 カーティス・メイフィールド『カーティス』/中田 亮
☆ SONS OF SOUL/林 剛
☆ ゴナ・ヒット・ザ・ハイウェイ〜西海岸と南部を結ぶ「I-10」沿道音楽巡り/日向一輝
☆ なんてったってインディ・ソウル 蔦木浩一×齋藤雅彦
☆ フード・フォー・リアル・ライフ 〜歌詞から見るブルース&ソウルの世界/中河伸俊
☆ 小出斉の勝手にライナーノーツ「RAY CHARLES / Live In Japan」
☆ リアル・ブルース方丈記/日暮泰文
☆ 鈴木啓志のなるほど! ザ・レーベル VOL.88 「Simpson」
☆ ゴスペル・トレイン「ワイナンズ」/佐々木秀俊+高橋 誠
☆ BLUES IS MY BUSINESS no.235/吾妻光良
☆ いづみやの曲追い酩酊談/佐々木健一
☆ 原田和典の魂ブチ抜き音楽
☆ 文聞堂書房〜古書掘りコラム/出田 圭
☆ ICHIのチタリン・サーキット最前線
☆ International Music Stroll〜世界の音楽にぷらりと出会おう/ワダマコト
☆ ニッポンの。国内アーティスト新譜紹介/妹尾みえ
☆ ブルース&ソウルが流れる店/轟美津子/スカンクちかの
☆ Ain’t That Good News 国内ライヴ/イヴェント情報ほか
0

2021/4/9

四谷三丁目BLUE HEAT閉店  ブルース

クリックすると元のサイズで表示します

3月30日で、四谷三丁目のブルースバー、BLUE HEATが閉店しました。移転前の渋谷時代から数えると20年以上。ブルース系のお店としては老舗でした。マスターの兵頭さんは、もうサラリーマンならば定年の年齢を超えたので、閉店したあとにスケルトンに戻す元気があるうちに店を畳んでおこうとい考えていたそうです。

とは言え、このコロナ禍でどんよりした日々が続く中の閉店。非常に淋しいものがあります。昨年10月には渋谷のテラプレーンが閉店となりました。やはり同じくらい老舗のお店でした。荻窪のライヴハウス、ルースターも昨年9月、メインだった本店を閉め、ノースサイド店に統合しました。ブルース好きの憩いの場がどんどん失われていくのは残念でなりません。

BLUE HEATは1998年に渋谷の桜丘町に開店。渋谷駅の西口から徒歩で5分程度の雑居ビルの2階でした。比較的線路に近いところで、かつて芽瑠璃堂があった場所の裏あたりでした。急な階段を上がった2階。酔っぱらった後にその階段を降りるのが怖かったのを覚えています。

2010年、入居ビルの取り壊しが決まると、同じ渋谷の中で移転するものと思いきや、意外な四谷三丁目という新たな地に店舗を構えました。渋谷店よりも広く、ステージをゆったりと取った新店舗は渋谷時代よりもライヴを重視した営業となっていきました。

僕がBLUE HEATに初めて行ったのがいつだったのか、よく覚えていません。でも、1998年の開店後そう経っていなかったのではと思います。渋谷のQUATTROなどでライヴを見た後に寄るお店の筆頭がBLUE HEATかテラプレーンでした。一時期は、仙台の酒屋さん兼ライターの佐々木健一さんを迎えたレコード鑑賞会が定期的に開かれていて、僕もよく行っていました。佐々木さんとの縁で、BLUE HEATにはいつもメニューに宮城の地酒がありました。あまり東京では飲めない墨廼江や日高見、栗駒山などが頂けるところが貴重でした。

渋谷旧店舗の界隈は再開発ですっかり別物のようになり、今も大規模開発が続いていますね。

新店舗と旧店舗はちょうど同じくらい、ともに10年あまり続いたことになるようです。

そのBLUE HEATのマスター、兵頭さんはビックリするほど愛想のない人です。(笑)

僕が見納めと思って3月25日に来店したときも、表情を変えずボソッと「珍しい…」と一言。1月に伺った際に「もう1回は来ますよ」と伝えたんですが。(笑)

兵頭さんは結構神経質で、店内には昔から「ここに飲み物を置くな」とか「トイレのカギはちゃんと閉めろ」とか、様々な注意書きがあちこちにありました。注文の多い料理店ならぬ、注文の多いブルースバーと言ったところですかね。でも、取って食われたりはしませんでしたけど。

そんな兵頭さんですが、お店同様多くのお客さん、ミュージシャンの人たちに慕われていたので、今回の閉店を残念がる人は少なくなかったと思います。

今後兵頭さんは故郷の京都に戻られるそうです。その後、もし内装に手間を掛けなくていい物件が見つかれば新しくお店をやることも考えたいとのことです。

何はともあれ、約22年間お疲れ様でした!
4



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ