2010/11/27

Denise LaSalle、6年ぶりの来日公演レポート  R&B/ソウル

クリックすると元のサイズで表示します


デニス・ラサールの来日は、チョコレートクリームが招聘した2004年のツアー以来、6年ぶり通算3度目です。僕は前回見逃しているので、今回は行かねば!という思いで行ってまいりました。

六本木の洒落たクラブでの公演ながら、本人とバンドにはそういう雰囲気は殆どなし。デニスはあまり上品とは言えない、南部訛りの語り口でしゃべりすぎなくらいしゃべる。1曲歌うと履いていたパンプスを脱ぎ捨てる。これがいつもの自分らですと言わんばかりのマイペースなショーは、南部のチタリン・サーキットを日本に持ち込んだようないなたさがありました。

僕は、デニス・ラサールというとソウルというイメージですが、今回は殆どブルース。何でも、ココ・テイラーが亡くなったあと、ミシシッピのブルース・ソサエティが彼女にクイーン・オブ・ザ・ブルースを照合を与え、以後ブルースに拘っているんだとか。そう言えば、風貌もどことなくココっぽくなってきたような。

そんな訳でブルース・シンガー、デニス・ラサール、もちろんディスコ系のナンバーもなし。表現が適切か判らないですが、同じマラコということで、女性版のボビー・ブランドのような感じだったかなと。会場で会った人たちの中からは、もっとソウルを聴きたかったという声もあがっていました。

もう13年もデニスのコーラスを務めているというカレン・ウルフの歌でショーはスタート。ビルボードライブって1セットの時間が短めだから、前座をやっている場合ではないのになぁとやきもきしましたが、彼女とバンドは場を暖めるべく、全力投球。ドラマーが客席降りてきてテーブルを叩く、食器を叩く、ほっぺまで叩き、これには、何だかんだで盛り上がりました。

バンドの見せ場もあったので、カレンは2曲で30分弱。さぁ、いよいよデニスの登場です。1985年マラコ・レーベルからの「Love Talkin'」より"Give Me Yo' Most Strongest Whiskey"でスタート。久しぶりに見るデニスは、やっぱりもう71歳ということもあって、だいぶ老けこんだ印象。ステージへ向かう足取りも一歩一歩確かめながらと言った感じでしたし。

しかも、歌い出すとかなり声がガラガラ。これも歳のせいなのかと思ったら、本人いわく1晩で2つのショーをこなすのは厳しく、喉の調子が悪くなってしまったそう。もう、日本ツアーの最終セットでしたからね。
「皆、初日を聴けたらよかったのに。次回来る時は調子を戻して、クイーン本来の歌声を聴かせるわ。ガラガラで申し訳ないけど全力で頑張るから聴いて」と彼女はコメントし、ショーを続けました。

声は辛そうでしたが、そこはいくつものショーを重ねて来たベテランのこと。気合いで歌いこみ、徐々に調子を上げて行きました。後半は殆ど不調も気にならなかったです。これはさすがですね。

彼女は、客席がどの程度理解しているかもお構いなしによくしゃべります。日本の観客は、アメリカと比べれば言っていることが判っても反応は控え目だと思いますが、やっぱりデニスはついつい地元の客と同レベルの反応を期待してしまうのか、語りに対して反応が薄いとちょっと困惑した表情も見せていました。正直言ってどこでどう反応していいのか、僕も困る感じでもありました。まぁ、田舎のおばさんだし、これはしょうがないのかなぁ。それも味ってことで。

客席にコーラスを求めるときも、「今は女性だけ。それも美人オンリーよ。自分が美人じゃないと思ったら歌ったらダメ」とか複雑なことを要求するものだから、なかなか大合唱にならない(笑)。

とは言え、ラストの"Don't Mess With My Tu Tu"では、お客さんをステージに上げ、「一人残らず立って!」と要求して、会場はダンスフロアに。なかなか盛り上がりました。「今夜のお客さんに『彼女はあのヒット曲をやってくれなかったね』と思ってほしくないの」と言って歌った"Trapped By a Thing Called Love"も盛り上がりました。やはりこれは外せないですね。

デニスが登場してからの時間はアンコールなしの実質1時間弱。短かったけど、バンドもよかったし、それなりに楽しめました。これであと30分くらいやってくれたら文句ないんですがねぇ。

来日回数が少ない人ではありますが、「次回は...」というコメントもあったので、是非是非また日本の地を踏んでもらいたいですね。

Billboard Live Tokyo
Nov. 22, 2010, 21:30 - (2nd set)

[Personnel]
Denise LaSalle (vo.)
Karen Wolfe (vo.)
Chalmers Davis (key.)
Michael Toles (gt.)
Dexter Allen (b.)
Derrick Martin (ds.)

[Setlist]
Lady Marmalade (vo. - Karen Wolfe)
The Way (Jill Scott) (vo. - Karen Wolfe)
Give Me Yo' Most Strongest Whiskey
Don't Mess With My Man
Mississippi Woman
Blues Party Tonight
Trapped By a Thing Called Love
Juke Joint Woman
Your Husband Is Cheating on Us
Don't Mess with My Tu Tu

**Denise LaSalle Japan Tour 2010**
Fri. Nov. 19 Billboard Live Osaka
Sun. Nov. 21 Billboard Live Tokyo
Mon. Nov. 22 Billboard Live Tokyo
1



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ