2021/9/7

追悼Carol Fran 1933-2021  ブルース

クリックすると元のサイズで表示します
Carol Fran at New Orleans Jazz & Heritage Festival
April 26, 2008
Photo by Masahiro Sumori. All rights reserved.


ルイジアナ州出身のブルース・シンガー/ピアニストのキャロル・フランが9月1日、ルイジアナ州ラファイエットのオクスナー・ラファイエット・ジェネラル・メディカル・センターにて亡くなりました。87歳でした。公式には死因は明らかになっていませんが、新型コロナに感染していたとの情報があり、一部メディアは回復後に合併症を起こして亡くなったとしています。

1950年頃から60年以上という長きに渡って活動した人ですが、1990年代に夫でギタリストのクラレンス・ハラマン(ホリモン)とのデュオとしてアルバムをリリースしてその名前は広く知られるようになりました。デュオ名義でライヴ盤も含め4枚のアルバムをリリース。1998年にはパークタワー・ブルース・フェスティバル出演のため来日もしました。

キャロル・フランは1933年10月23日、ルイジアナ州ラファイエット生まれ。ゆるりとした味わいを持ったルイジアナのスワンプ・ブルースの歌い手として知られますが、ザディコやケイジャン的な色合いの楽曲や、ジャズ、ソウルなどもこなす存在でした。

出生時の名前はキャロル・アンソニーと言いましたが、1950年代にニューオーリンズで活動していた際に出会ったサクソフォン奏者、ボブ・フランソワと結婚し、その姓を縮めてフラン姓を名乗り始めました。当時は、リー・ドーシー、ジョー・テックス、レイ・チャールズといったスターたちとツアーに出るなどして活躍し、ニューオーリンズのシーンでその名を上げていきます。1957年にはエクセロ・レコードからシングル”Emmitt Lee”でレコード・デビュー。その後ギター・スリムとツアーに出るなど、活動を一層活発化させました。



エクセロからは計4枚のシングルをリリースしていますが、いずれもヒットとはなりませんでした。その後1960年代にかけてリリック、ボー・モンド、ポート、ルーレットといったレーベルからシングルを出しますが、1970年代に入ると彼女は演奏活動も限定的となり、新しいレコーディングも途絶えてしまいました。

1980年代に入り、旧知のクラレンス・ハラマンと再会し、1983年に結婚。居をテキサスに移し、デュオとして活動するようになりました。1992年にブラックトップ・レコードからデュオ名義の「Soul Sensation!」をリリース。これはキャロルにとっては初のフル・アルバムとなりました。このリリースを機に2人の名前は広く知られるようになり、海外ツアーも多くこなすようになりました。その流れの中で来日も実現したというわけです。



僕もその来日公演は見ましたが、セッションで鍛え上げた職人的なハラマンのギター、そしてふくよかな味わいで聴かせるキャロルの歌とピアノ、本当に至福の演奏で、来日が実現して本当によかったと思いました。

2000年にハラマンが他界し、キャロルは故郷ラファイエットに戻ります。その後はソロ・シンガーとして活動を続け、2001年にはギターにセルウィン・クーパーを迎え、「Fran-tastic」をリリース。2005年にはハリケーン・カトリーナで被災したニューオーリンズを救済するためのチャリティーCD「Our New Orleans」にも参加しています。

2007年には脳卒中に見舞われピアノは弾けなくなってしまいましたが、その後も歌手として活動は続行。僕はニューオーリンズで2008年に彼女のソロ・ステージを見ましたが、しっかりと立ち元気な歌声を聴かせていたのを覚えています。

2013年には米国の国立芸術基金(NEA)から人間国宝に相当するナショナル・ヘリテッジ・フェローシップを授与されます。米国のアーティストとしては最高の栄誉と言える称号です。

2015年の映画「I AM THE BLUES(アイ・アム・ザ・ブルース)」にも出演。ボビー・ラッシュ、ヘンリー・グレイらと和やかなセッションを繰り広げています。

僕は未聴ですが、2020年にはアナログ限定で久々の新作アルバム「All Of My Life: The Saint Agnes Sessions」(Jazz Foundation of America)をリリースしました。同年彼女のドキュメンタリー映画「Every Day Is Not The Same」も制作されています。

2018年以降は養護施設に入居していたといいますが、今年10月に予定されていたニューオーリンズのジャズフェスにも出演が決まっていました。コロナの再拡大によりフェスが中止になった際にはインタビューで残念だと答えていたくらいなので、ごく最近まで元気だったのだろうと思います。

ご高齢であったとは言え、突然の訃報に寂しい気持ちでいっぱいです。RIP。

【過去のキャロル・フラン関連書き込み】
映画「I AM THE BLUES」日本で公開 (2018/4/28)
https://black.ap.teacup.com/sumori/1780.html
キャロル・フランが米国の人間国宝に (2013/6/5)
https://black.ap.teacup.com/sumori/1423.html

2021/10/14追記:2020年リリース新録アナログ盤「All Of My Life: The Saint Agnes Sessions」はその後入手しました。既存のレパートリーのみで構成され、声はだいぶ老け込んだ印象もありますが、それがかえって彼女の年輪を感じさせる、深みのある作品です。現在のところ、リリース元のウェブサイトにも掲載されておらず、オンラインで購入できるのはLouisiana Music Factoryのみのようです。ドキュメンタリー映画「Every Day Is Not The Same」は40分あまりの短めなものですが、本人や周囲の人のインタビュー映像が多く登場し、興味深いエピソードを語っています。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ