2021/3/14

アリサ・フランクリンの幻の映画、遂に公開  R&B/ソウル

クリックすると元のサイズで表示します

アリサ・フランクリンが1972年、ロサンゼルスの教会で行ったゴスペル・コンサートを記録した映画「アメイジング・グレイス」が49年の歳月を経て、遂に日本で劇場で公開になります。

このコンサートは、当時2枚組のLPとしてアトランティック・レコードからリリースされ、ダブル・プラチナ・ディスクを獲得するヒットとなりました。このレコードはグラミー賞も受賞しており、いまだ最も売れたゴスペルのライヴ・アルバムと言われています。

当初は、映画も1972年に公開する予定で巨匠、シドニー・ポラックの監督の下で撮影が行われましたが、お蔵入りになってしまいました。というのも、ポラックは映像と音声の同期に必須なカチンコを使うのを忘れてしまい、技術的問題から映画が完成することはなかったのです。

その後2007年になり、元アトランティックのプロデューサー、アラン・エリオットがこのフィルムをワーナー・ブラザーズから買い取り、最新のデジタル技術を駆使した映画の完成に向けて動き出しました。

そして遂に同期に成功し、2011年に一度は公開に向けて動き出したものの、当初のお蔵入りの扱いに不満を抱いていたアリサ本人から差し止めの訴訟を起こされ、公開できない状況に。アリサは、出来上がった映画は見て出来上がりには満足していたものの、法的な問題が残っていると主張し、遂に生前、公開を承諾することはありませんでした。

そんな状況が変わったのは皮肉にも2018年、アリサが膵臓ガンのため他界したことがきっかけでした。アリサの遺族と映画会社の交渉がまとまり、同年11月、ニューヨーク・ドキュメンタリー映画祭などで限定的に初公開されました。そして翌年4月、欧米各地で公開となったのです。

通常のコンサートとは異なる、教会という独特な雰囲気の中でのコンサートは、1972年1月12日、13日の2日間に渡り行われました。場所は、ロサンゼルスのニュー・テンプル・ミッショナリー・バプティスト教会。あのゴスペル界を代表するシンガー、ジェイムズ・クリーヴランドの教会で、黒人層が多く住むサウスセントラル地区に位置しています。バンドにはバーナード・パーディ(ds.)、コーネル・デュプリー(gt.)、チャック・レイニー(b.)といった強力なメンツに加え、教会のクワイアーも参加し、信者を前にまさに圧巻というにふさわしいパフォーマンスをします。

アルバムで音に慣れ親しんでいた人も、映像で見る迫力に心を揺さぶられるはずです。

ジェイムズ・クリーヴランドとの共演、クララ・ウォードやアリサの父、C.L.フランクリンの登場など、見どころ満載の90分。コンサート2日目には観客の中にミック・ジャガーとチャーリー・ワッツの姿も。

僕は2019年に国際線の機内上映で初めて見る機会を得ました。その際、オンデマンドであることをいいことに、興奮して立て続けに繰り返し見てしまったのを覚えています。やっと、大きな画面でこの迫力を味わえるかと思うと今からワクワクします。

映画の中で、ジェイムズ・クリーヴランドは、このようなコンサートが実現したことを「夢が叶った」とコメントしています。日本の音楽ファンにとっては、大袈裟に言えば、この幻の映画が49年の歳月を経て劇場公開になることこそ、夢が叶ったといえるのではないでしょうか。

公開は、5月28日(金)から随時全国のシネマで。お見逃しなく!



----

映画『アメイジング・グレイス/アレサ・フランクリン』
撮影:シドニー・ポラック(『愛と哀しみの果て』)
映画化プロデューサー:アラン・エリオット
出演:アレサ・フランクリン
   ジェームズ・クリーブランド
   コーネル・デュプリー(ギター)
   チャック・レイニー(ベース)
   ケニー・ルーパー(オルガン)
   パンチョ・モラレス(パーカッション)
   バーナード・パーディー(ドラム)
   アレキサンダー・ハミルトン(聖歌隊指揮)、他
原題:Amazing Grace/2018/アメリカ/英語/カラー/90分/
字幕翻訳:風間綾平
2018©Amazing Grace Movie LLC
配給:ギャガ GAGA★ 
公式サイト:http://gaga.ne.jp/amazing-grace/
5月28日(金) Bunkamuraル・シネマ他全国公開

----

映画の公開に合わせて、「Amazing Grace」のアルバムもコンプリート・エディションという形で出し直されています。大幅に収録曲が増えています。日本盤の発売は5月12日予定です。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
0

2021/3/11

Do You Know What It Means To Miss New Orleans  ニューオーリンズ

ニューオーリンズのことを歌った歌はたくさんありますが、僕の好きな曲の一つに”Do You Know What It Means To Miss New Orleans”があります。

元々1947年の映画「New Orleans」のために書かれたジャズの曲でルイ・アームストロングとビリー・ホリデイがやっており、映画全体でもフィーチャーされています。

これはその映画からの映像です:


ニューオーリンズに恋焦がれる強い想いを込めた楽曲で、ニューオーリンズっ子にも愛されてきました。演歌で言えば、東北への想いを歌った千昌夫の「北国の春」みたいな感じでしょうか。2005年にハリケーン・カトリーナで多くの人が避難を余儀なくされた際に、彼らの気持ちを代弁する曲として再び注目を浴びました。

今まで、あまり細かいことは気にしたことがなかったのですが、歌詞に注目してみると色々と面白いこと、不思議なことに気づきました。

この曲を書いたのはエディ・デランジ(詞)とルイス・アルター(曲)という2人です。両者とも出身は東海岸で、ニューオーリンズには縁はなさそうです。職業ソングライターとして、映画の仕事の依頼を受けてこの曲を書いたということなのでしょう。

歌詞を読み解いてみると、ニューオーリンズへの想いを歌っているにも関わらず、作詞者のデランジはあまりこの街のことを知らなかったんではないかと思えてきました。

そう考えたのは以下の3つの理由からです:

1. 曲の題名
この曲の題名”Do You Know What It Means To Miss New Orleans”は、”means(ミーンズ)”と”New Orleans”が韻を踏む形になっています。確かに英語読みで“ニューオーリーンズ”(オーとリーにアクセント)と発音すれば韻を踏むのですが、地元でそう発音されるケースは稀です。ニューオーリンズでの一般的な発音は“ヌーオウランズ”(オウにアクセント)に近いです。これだと、”means”と韻を踏みません。その発音ではメロディにも乗らないため、ニューオーリンズの人たちもこの曲を歌うときは皆“ニューオーリーンズ”と発音しています。
蛇足ですが、プリザヴェーション・ホール・ジャズ・バンドのバージョンでは、サビの後の歌詞が
“Do you know what it means to miss those red beans
に代わっています。“means”と“beans”は完全に韻を踏む言葉です。レッド・ビーンズ(&ライス)は、ニューオーリンズで代表的な料理の一つですから、これはなるほどと思いました。

2. あまり具体的なローカルな名前が出て来ない
そんなにニューオーリンズが恋しいならば通りの名前だったり、料理の名前だったり、溢れるように出てきてもいいのですが、そういう意味では淡泊な歌詞です。ミシシッピ川とマルディグラは出てきますが、マルディグラの部分は後のカバー・バージョンで歌詞が書き換えられて落ちており、そっちの歌詞の方が一般的です。

3. Sugar Pines(サトウマツ)
“miss the moss-covered vines, the tall sugar pines”(あの苔に覆われたツタ、高く伸びたサトウマツの木々が恋しい)
というくだりがありますが、ここで思ったのは「ニューオーリンズに松の木なんてあっただろうか?」ということです。あるのかも知れませんが、街を彩る象徴的な樹木ではないはずです。ニューオーリンズの街路樹で特に印象に残るのは巨大な樫の木です。
その前の部分についても「ツタに苔なんて生えるのか?」という疑問は残りますが、これは恐らくスパニッシュモスのことだろうと思います。スパニッシュモスは南部でよく見られ、普通の苔とは違い、木からもやもやっとしたものがぶら下がっている感じです。それならばツタにからまっていても自然だろうと思います。
サトウマツの部分はなぜこの木を選んだのかは謎ですが、多分単純にvinesと韻を踏ませるためだったのではという気がしています。

以上です。

----

◆サビの部分の書き換え
ところで、先に触れた通り歌詞の一部(サビの部分)が後に書き換えられていて、そちらの方がよく歌われているという事実があります。2つを並べてみます:

[サビ1-オリジナル]
The Mardi Gras, the memories
Of Creole tunes that filled the air
I dream of oleanders in June
And soon I'm wishing that I was there
マルディグラの思い出
クレオールの調べが満ち溢れていた
キョウチクトウが咲き誇る6月を思い起こすと
もう、すぐにでも飛んでいきたい
----
[サビ2-改訂版]
The moonlight on the bayou
Creole tunes fill the air
I dream about magnolias in June
And soon I'm wishing that I was there
バイユーの夜空を彩る月明かり
満ち溢れるクレオールの調べ
マグノリアの花が咲き誇る6月を思い起こすと
もう、すぐにでも飛んでいきたい
※拙訳は陶守

オリジナルの方の歌詞を歌う人もいるにはいますが、ざっと確認した限りでは非常に少なく、殆どが「サビ2」(改訂版)のパターンで歌っています。そこで疑問として上がってくるのが、1)誰がこの改訂版歌詞を書いたのか、2)なぜ変えたのか、そして3)改訂版が人気を得たきっかけのバージョンがあるのか?ということです。
1)誰がこの改訂版歌詞を書いたのか
これは答えはわかりませんが、デランジは映画公開の2年後1949年に他界しており、彼が存命の頃に出た改訂版バージョンは確認できません。だから恐らく彼自身が書き換えた可能性は低いと思います。
一番早い時期の改訂版バージョンは1953年のフランキー・レーンのバージョンがありました。これは、当時ジョ・スタッフォードとのカップリングの10インチ・レコード「A Musical Portrait of New Orleans」(全8曲入り)の中に収録されたものですが、ニューオーリンズがテーマとなった曲が並ぶこのリリースのために書かれた歌詞なのかも知れません。

2)なぜ変えたのか
変更されたところは2つです。マルディグラの部分とキョウチクトウの部分です。
想像するしかありませんが、マルディグラはニューオーリンズ的なものではあるものの、パレードでバカ騒ぎするイメージと哀愁漂うこの曲のイメージが合わないとの判断だったのではという気がします。「バイユーと月の明かり」の方がムードがありますし、ルイジアナっぽさも感じますから。
キョウチクトウの部分は、きっとマグノリアの方が南部の景色を彩る花として知られているから変更したのではないでしょうか。どちらの花もニューオーリンズで見られる種ですが、花開く最盛期は6月よりは早いようです。
3)改訂版が人気を得たきっかけのバージョンがあるのか?
上記のフランキー・レーンは、歌手だけでなく俳優でも活躍した大物なので、彼のバージョンで定着した可能性もあるとは思いますが、あくまでもそうかも?というレベルです。曲自体はシングルにはなっていないですし、アルバムもチャート入りしていません。

ジャズの曲ですが、ジャズの世界から出て、有名どころではファッツ・ドミノ、リッキー・ネルソンもやっています。

しかし、どちらもチャート入りはしていないです。彼らがやっていることも特によく知られているとは言えないと思います。





----

まあ、謎なところはあれど、やはりいい曲ですよね。
ニューオーリンズの人たちにも愛されているのもうなずけます。
ニューオーリンズっ子でもないのに、帰りたくなっちゃうもんな。(笑)

◆歌詞と和訳
Do You Know What It Means To Miss New Orleans

Do you know what it means to miss New Orleans
And to miss it each night and day
I know I’m not wrong, the feeling’s getting stronger
The longer I stay away

Miss the moss-covered vines, the tall sugar pines
Where mockingbird used to sing
And I’d like to see the lazy Mississippi
A hurrying into spring

[Bridge A]
The Mardi Gras, the memories
Of Creole tunes that filled the air
I dream of oleanders in June
And soon I’m wishing that I was there

[Bridge B]
The moonlight on the bayou
Creole tunes fill the air
I dream of magnolias in June
And soon I’m wishing that I was there

Do you know what it means to miss New Orleans
When that’s where you left your heart
And there’s something more, I miss the one I care for
More than I miss New Orleans

“Do You Know What It Means To Miss New Orleans”
Written by Eddie De Lange and Louis Alter
/ 1946 (Renewed 1974, 2002) DE LANGE MUSIC CO. (ASCAP) Administered by BUG MUSIC and LOUIS ALTER MUSIC PUBLICATIONS, New York. All rights outside the United States controlled by EDWIN H. MORRIS & COMPANY, a division of MPL MUSIC PUBLISHING, INC.

----
ニューオーリンズが恋しい気持ちがわかる?
毎日毎晩、恋焦がれている
この気持ちに迷いはない、想いは強くなるばかり
離れていればいるほどに

苔に覆われたツタ、高く伸びたサトウマツの木々
そこにモッキンバードがさえずっていたっけ
ミシシッピ川のゆったりとした流れが
春を呼び込んでくれる

[サビA]
マルディグラの思い出
クレオールの調べが満ち溢れていた
キョウチクトウが咲き誇る6月を夢に見る
もう、すぐにでも飛んでいきたい

[サビB]
バイユーの夜空を彩る月明かり
満ち溢れるクレオールの調べ
マグノリアの花が咲き誇る6月を夢に見る
もう、すぐにでも飛んでいきたい

ニューオーリンズが恋しい気持ちがわかる?
私は心をそこに置いてきてしまった
もう一つ忘れてられないのは、愛する人のこと
ニューオーリンズよりも恋しい、その人

日本語訳:陶守正寛

----

◆レコーディングの一覧
https://secondhandsongs.com/performance/11648/versions
1



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ