2020/11/2

追悼Rance Allen 1948-2020  R&B/ソウル

ゴスペル・シンガーのランス・アレンが10月31日、入院中のオハイオ州シルヴァニアの病院、ハードランド・アット・プロメディカにて亡くなったそうです。71歳。彼の妻エレンとマネージャーのトビー・ジャクソンが連名で明らかにしました。

死因は明らかにされていませんが、病気治療を受けて回復に向かう中でのできごとだったようです。

ランス・アレンは、1948年、ミシガン州モンローの生まれ。そのモンローで兄弟のトーマス、スティーヴ、エサウ(のちに脱退)とともに1970年代に結成したランス・アレン・グループを率いて活動したことで知られます。その後彼らは拠点をオハイオ州トレドに移し、1972年スタックス傘下のゴスペル・トゥルース・レーベルからアルバム「The Rance Allen Group」でレコード・デビュー。1980年代以降もティスコット・レーベルなどから作品をリリースし続けました。代表曲としては"Ain’t No Need of Crying” (1975年)、”Miracle Worker” (1991年)などがあります。


ランス・アレン・グループはランスのパワフルな歌声とソウルフルなサウンドで、ゴスペル界をリードするグループとなりました。ノリノリでファンキーなところは、ゴスペルという音楽の概念を塗り替えたのではないかと思います。

また、ランスはトレドの教会の牧師もつとめていました。2011年にはチャーチ・オブ・ゴッド・イン・クライスト(COGIC)の司教の座に就いています。

71歳とはまだ亡くなるには若すぎです。近年も作品をリリースし続けていただけに一層残念です。僕も本当に大好きなグループでした。一度生で見てみたかったです。

RIP。

0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ