2020/2/14

Johnny Burgin日本ツアー(2020年)  ブルース

クリックすると元のサイズで表示します

ブルース・ギタリスト、ジョニー・バーギン(ロッキン・ジョニー)が今年も日本にやってきます。

今回のツアーは、新譜「No Border Blues」のリリースに合わせたもので、前回同様西日本中心の日程ですが、ジョニーにとって東京のホームとも言える中野ブライトブラウンでの公演も組まれています。

「No Border Blues」は昨年(2019年)来日中に大阪でレコーディングしたもので、日本のミュージシャンたちを主役に立てる形の内容となっているそうです。これがアメリカの老舗レーベル、デルマークから出るのですから前代未聞の快挙と言っていいのではないでしょうか。

今回のツアーではもちろんレコーディングに参加した面々との共演も多々ありそうです。
ツアーの日程は以下の通りです:

Johnny Burgin
「No Border Blues」リリースツアー 2020


5月14日(木) 大阪  Chicago Rock

5月16日(土) 京都  Modern Times

5月17日(日) 東京  Bright Brown
開場19:00 開演19:30
Johnny Burgin(vo,g), Tsuyoshi Kato(g), Yoshimi Hirata(b), Tadashi Kagami(dr)


5月19日(火) 福岡  B.B. Kenchan

5月20日(水) 北九州 Mr. Lefty's

5月22日(金) 大阪  Howlin' Bar

5月23日(土) 和歌山 Hobo’s Bar

5月24日(日) 大阪 Misono Universe


【Johnny Burgin関連記事】
2019年ツアー情報
https://black.ap.teacup.com/sumori/1816.html

2018年来日公演レポート
https://black.ap.teacup.com/sumori/1777.html

2014年ツアー情報
https://black.ap.teacup.com/sumori/1561.html

----

クリックすると元のサイズで表示します
「No Border Blues」
https://delmark.com/2020/02/no-border-blues-from-johnny-burgin-coming-spring-2020/
0

2020/2/12

「ストーンズ」呼称問題に思う  

先月CDデビューをしたジャニーズのアイドル・グループ、SixTONESについて、その読み方が「ストーンズ」であることから、ローリングストーンズ・ファンを中心に物議を醸しています。

まず、これまでネット上で見た範囲で、双方ファンの主張をざっくり整理するとこんな感じでしょうか?

----

ローリングストーンズ・ファンの主張
・「ストーンズ(Stones)」はローリングストーンズの略称、愛称として長年定着
・「SixTONES」は元々結成時は「シックストーンズ」だったのに変更した
・「SixTONES」と書いて「ストーンズ」と読むのは無理がある
・ジャニーズ事務所がわざわざぶつけた乱暴な商法ではないか?
・メディアでは既に「ストーンズ」の呼称でローリングストーンズとSixTONESが混在してしまっている
・紛らわしいからやめてほしい

----

SixTONESファンの主張
・SixTONESファンとローリングストーンズファンは全く別
・綴りも違う
・だから紛らわしくない
・ローリングストーンズの「ストーンズ」は略称に過ぎない
・ローリングストーンズが正式名称を使えば済む話ではないか
・名前が同じになったのは単なる偶然

----

僕はストーンズの大ファンというほどでもないですが、立場としてはストーンズ側です。

今回の件について僕が思うに、「ストーンズ」は例え正式名称ではないにせよ、ローリングストーンズの略称として広く定着しており、それをあえて新グループの名称にしたジャニーズ事務所は非常識としか言いようがないと思います。

ローリングストーンズ・ファンとしては、言ってみれば、長年住み慣れた家に突如土足で入り込まれたような気持ちになる出来事です。

一方、ローリングストーンズなんて知らない多くのSixTONESファンは、変なロック・ファンが騒いだ挙句、自分の好きなグループが攻撃され不快、そういうことでしょう。この不幸なボタンの掛け違いを引き起こしたのは他でもないジャニーズ事務所だと思います。

これに限らず、既に使用されているバンド名をあえて使う行為は、紛らわしいし、気持ちのいいものではないのでやめてほしいと僕は思います。

この問題が話題になって真っ先に思い浮かんだのが斉藤和義と中村達也のユニット「MANNISH BOYS」でした。彼らのデビューは2011年ですが、それを遡ること7年、2004年から西海岸で全く同じ名前のブルース・バンドが活動しています。しかし、日本のMANNISH BOYSがデビューして以来、ネット検索をするとそちらばかりヒットするようになったので、非常に面倒なのです。西海岸のバンドの方に注目してきた僕としては、解せないものがありました。

今回の件は、ローリングストーンズの世界的な知名度から考えれば「知らなかった」「単なる偶然」はあり得ません。「シックストーンズ」を「ストーンズ」に変えようと言い出したのは、メンバーのインタビューによると、故ジャニー喜多川氏だったそうです。彼の真意はいまやわかりませんが、ローリングストーンズの知名度に便乗してSixTONESを売り出そうと考えたのでしょうか。やり方がせこいなという印象です。当初通り「シックストーンズ」にしておけば、こんな騒ぎにはなっていないのに。

一方、「stones」は英語で「石」を意味する一般名詞であり、ローリングストーンズの呼称として商標登録されているわけでもありません。カタカナ表記の「ストーンズ」が両者一致してしまうという問題はあるにせよ、法的に問題があるわけはなく、「感心しない」という以上のことは言えないのではないでしょうか。

更に言えば、「ローリングストーンズ」という名前もマディ・ウォーターズの曲名から拝借したものであることは周知の事実です。SixTONESとジャニーズ事務所ばかり泥棒扱いするのも僕は公平とは思えません。

ローリングストーンズ・ファンにとっては気持ちよくない状況ですが、この一件によってローリングストーンズの功績が否定されるものでもないですし、この問題は、結局ジャニーズ事務所の良識に任せるしかないだろうと僕は思います。

本件についてジャニーズ事務所は知らんぷりな状況ですが、一度率直な見解を発表して、ローリングストーンズへの敬意を示したらすっきり収まると思うのですが、どうでしょうか。

少なくともローリングストーンズは、デビュー以来マディ・ウォーターズに対し敬意を表し続けて来ています。ジャニーズ事務所もそれくらいして当然だろうと思いますが、違いますか?それとも「知らなかった」とでも言うのでしょうか?

[2020/2/17追記]
若干の補足です。「『stones』はローリングストーンズの呼称として商標登録されていない」と書きましたが、「Rolling Stones」としてはオランダのMusidor B.V.によって国際的な商標登録が複数されており、そのうちの一つの中に「称呼」として「ストーンズ」と記載されています。
国際登録1478291
https://www.j-platpat.inpit.go.jp/c1800/TR/JP-1478291-20181130/76F2949E187CCC3B366C50317A9023C17B0DFB183883CA1488248E59809AA8E7/49/ja
ただ「stones」あるいは「ストーンズ」はあくまでも略称、愛称であって、この形ではバンド側から正式に商標登録されていないというのは事実のようです。
49

2020/2/5

Funk on da Table 2020年来日ツアー情報  ニューオーリンズ

クリックすると元のサイズで表示します

ニューオーリンズ在住のギタリスト、山岸潤史とRIZE、Dragon Ashなどで活躍し若い世代を中心に絶大な人気を誇るベーシスト、KenKenを引き合わせたプロジェクト、Funk on da Table。これまで2018年、2019年と来日公演を行い、熱いステージを展開して来ました。その間、2018年夏にはニューオーリンズのティピティーナスでの公演も敢行。昨年の来日公演にあわせてニューオーリンズ公演のライヴ・アルバムも発売しました。

彼らが紡ぎだすのは、ミーターズ、あるいはPファンクなどに強い影響を受けた重厚なファンク・サウンド。今回は、ドラムスのニッキ・グラスピに代わり、レイモンド・ウェバーが参加します。レイモンドは、アイヴァン・ネヴィルのダンプスタファンクで長年プレイしたことで知られ、同じくダンプスタファンクで活躍したニッキ加入前の前任ドラマーです。ニューオーリンズ出身の名手レイモンドの参加により、更にニューオーリンズ色を増してくることは必至でしょう。

ヴォーカルとキーボードは、これまでと同じくジョン“パパ”グロウ。山岸潤史が長年パパ・グロウズ・ファンクで活動を共にしたプレイヤーです。

今回は、これまで2回のツアーと異なり、小さ目なライヴ・ハウスで複数回行う形となります。彼らの熱い演奏を間近で体験するまたとない機会です。また、このライヴにより、昨年暫く活動休止していたKenKenは本格的に再始動します。こちらも楽しみ。

チケットは絶賛発売中です。

----

Funk on Da Table - Japan Tour 2020

2020年3月12日(木)、13日(金) 東京・下北沢GARDEN
開場18:00 / 開演19:00
前売:\6,900(二日間通し券:\13,000)(ドリンク代別)
ぴあ(173-263)、ローソン(75536)、イープラス、店頭

2020年3月14日(土) 名古屋・ReNY limited
開場17:30 / 開演18:30
前売:\6,900(ドリンク代別)
ぴあ(173-263)、ローソン(75536)

2020年3月16日(月)、17日(火)、18日(水) 京都・磔磔
開場18:00 / 開演19:00
前売:\6,900(三日間通し券:\19,000)(ドリンク代別)
ぴあ(173-263)、イープラス、店頭

企画制作:株式会社アップライト・プロダクション
バンド公式サイト
https://www.funkondatable.com/

----

【2020年Japan Tourメンバー】
山岸潤史 - guitar
John "Papa" Gros - keyboards, vocals
KenKen - bass
Raymond Weber - drums

----

【過去の関連記事】
2019年来日公演レポート
https://black.ap.teacup.com/sumori/1823.html

2019年来日公演日程
https://black.ap.teacup.com/sumori/1819.html

2018年来日公演日程
https://black.ap.teacup.com/sumori/1765.html
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ