2019/12/31

2019年に見たライヴ  音楽全般

2019年ももうそろそろ終わりです。今年僕が見たライヴのリストです。備忘録です。今年は、例年より若干多めな65本のライヴを見に行きました。

ザ・ウェイト・バンドは期待以上に素晴らしい内容でした。ポール・バレアがそのすぐ後に亡くなってしまったこともあり、忘れられない公演となりました。あとは、ニューオーリンズで見たWater Seedも2時間を超える熱いソウル・ショーで圧巻でした。とてもベストを1つや2つに絞ることはできないですが、今年も色々といいものを見ることができました。

今年も一年見ていただいてありがとうございました。2020年もよろしくお願いします。

陶守正寛


2019年にsumoriが見たライヴ

  • 1月7日(月) Bloodest Saxophone tribute to Big Jay McNeely 渋谷クラブクアトロ
  • 1月19日(土) SOUL大喜利 (Los Royal Flames, Golden Wax Orchestra, 東京さんた) 新橋Aratetsu Underground
  • 1月27日(日) Japan Brewers Cup (KOTEZ&江口弘史 w/桜井秀俊ほか) 横浜大さん橋ホール
  • 2月2日(土) Zydeco Kicks 江古田倶楽部
  • 2月7日(木) Funk on da Table 恵比寿LIQUID ROOM
  • 2月10日(日) Washboard Chaz & Steve Gardner 恵比寿What The Dickens!
  • 2月11日(月) Washboard Chaz & Steve Gardner 中野Bright Brown
  • 2月20日(水) Rie "Lee” Kanehira 中野Bright Brown
  • 2月22日(金) 吉村瞳 中野坂上LODI
  • 3月9日(土) Angel KON 中野坂上LODI
  • 4月5日(金) SHIME with 古橋一晃 中野坂上LODI
  • 4月13日(土) 横浜ジャグバンドフェスティバル 横浜Thumbs Upなど
  • 4月14日(日) 9mm Parabellum Bullet 日比谷野外音楽堂
  • 4月20日(土) キング・オリバーさん祭り(ISSEI & HIS DIXIE SYNCOPATORS) 新橋Aratetsu Underground
  • 4月21日(日) Earth Day Tokyo 2019 (頭脳警察、加藤登紀子、吉村瞳ほか) 代々木公園
  • 4月21日(日) Rockin' Johnny Burgin 中野Bright Brown
  • 4月26日(金) Chihana 中野坂上LODI
  • 5月1日(水) Teacher & The Soul Expresso、Zydeco Kicks 三鷹バイユーゲイト
  • 5月6日(月) 吉祥寺音楽祭 吉祥寺駅前
  • 5月8日(水) Rie "Lee” Kanehira 中野Bright Brown
  • 5月11日(土) Sugar Brown 中野Bright Brown
  • 5月12日(日) Angel KONN 荻窪ROOSTER本店
  • 5月16日(木) Danny Kortchmar & The Immediate Family ビルボードライブ東京
  • 5月17日(金) Wild Chillun 高円寺JIROKICHI
  • 5月19日(日) Sugar Brown 荻窪ROOSTER本店
  • 5月26日(水) 大野木一彦 中野Bright Brown
  • 6月2日(日) 吾妻光良& The Swingin’ Boppers 渋谷タワーレコード
  • 6月9日(日) Maria Muldaur ビルボードライブ東京
  • 6月14日(金) Kai Petite 中野坂上LODI
  • 6月16日(日) Tedeschi Trucks Band 東京ドームシティホール
  • 6月28日(金) Corey Henry & The Treme Funktet Blue Nile, New Orleans
  • 6月30日(日) Palmetto Bug Stompers d.b.a., New Orleans
  • 6月30日(日) Egg Yolk Jubilee d.b.a., New Orleans
  • 7月1日(月) Kermit Ruffins & The Barbecue Swingers with Irvin Mayfield Mother-In-Law Lounge, New Orleans
  • 7月1日(月) Sierra Green and the Soul Machine  Maison, New Orleans
  • 7月1日(月) Hot Club of New Orleans Spotted Cat, New Orleans
  • 7月1日(月) Les Getrez N Creole Cooking Bamboulas, New Orleans
  • 7月2日(火) Mem Shannon 30/90, New Orleans
  • 7月2日(火) Water Seed Blue Nile, New Orleans
  • 7月3日(水) Tin Men d.b.a., New Orleans
  • 7月3日(水) Kevin Morris & Uptown Production Tapps II, New Orleans
  • 7月15日(月) 長崎村の海びらき 南長崎ターナーギャラリー
  • 7月16日(火) チャラン・ポ・ランタン 新宿タワーレコード
  • 7月17日(水) Toronzo Cannon, Nora Jean Motion Blue横浜
  • 7月20日(土) ひょうろく玉 中野坂上LODI
  • 7月31日(水) Bloodest Saxophone with Crystal Thomas 渋谷クラブクアトロ
  • 8月3日(土)  Zydeco Kicks 東長崎納涼大会
  • 8月12日(月) Big Western 上野不忍池水上音楽堂
  • 8月27日(火) Delta Beat 新橋Aratetsu Underground
  • 9月1日(日)  The Weight Band w/Paul Barrer & Fred Tackett ビルボードライブ東京
  • 9月5日(木) 菊田俊介/Bandung Blues Project BLUE MOOD
  • 9月6日(金) 倉井夏樹 w/斎藤渉 中野坂上LODI
  • 9月16日(月) 敬老の日ブルース(スカンクちかの、武蔵野ミニー、菅原広巳) 新橋Aratetsu Underground
  • 9月21日(土) TRIO DA BLUES(山岸潤史、近藤房之介、永井ホトケ隆) 所沢MOJO
  • 9月23日(月) GATEMANIA 元住吉Powers2
  • 9月28日(土) Louisiana Saturday Night 笹塚ボウル
  • 10月4日(金) SHIME with 古橋一晃 中野坂上LODI
  • 10月19日(土) Country Gold前夜祭 熊本Good Time Charlie
  • 10月20日(日) Country Gold 南阿蘇ASPECTA
  • 10月22日(火) Neil Billington & ジョニー柳田 ほうぼう屋
  • 10月27日(日) Neil Billington 中野Bright Brown
  • 11月3日(日) 福生ブルースフェスティバル 東福生駅前マルフジ駐車場
  • 11月4日(月) Festa In Vinyl 練馬白石農園
  • 11月26日(火) Jimmy Herring & the 5 of 7 コットンクラブ
  • 12月10日(火) Paul Garner 荻窪ROOSTER本店
  • 12月28日(土) Zydeco Kicks 池袋FREE FLOW RANCH
    1

  • 2019/12/22

    BLUES & SOUL RECORDS 151号発売  ブルース

    クリックすると元のサイズで表示します

    Blues & Soul Recordsの151号が12月25日発売となります。今年はモータウン・レコードの創立50周年ということで今回の特集はモータウンです。なんだかんだで、モータウンの存在はあまりにも大きいので、多かれ少なかれソウル・ファンはもとよりロック・ファンもブルース・ファンもある程度は通る道ですよね。僕もシュプリームズ、マーヴィン・ゲイ、スモーキー・ロビンソンなどなど、色々お世話になりました。今一度、このレーベルの名作を振り返るいい機会かもしれないですね。

    その他、アリサ・フランクリンの1972年のLAの教会でのライヴを収録した映画「Amazing Grace」の記事も。これは僕も見ましたが、もう圧倒的な迫力でした。

    僕は今回「ブルース&ソウルが流れる店」コーナーで熊本のブルース&ソウル・バー、Yazooの紹介記事を書かせてもらいました。南阿蘇のフェス、カントリー・ゴールドを見に行った際に訪れたお店でその居心地のよさにすぐにファンになりました。

    あと、ロッキン・ジョニー・バーギンのライヴ・アルバムの紹介記事も書きました。これはチャーリー・マッスルホワイトもゲスト参加した充実作でした。

    -----

    BLUES & SOUL RECORDS NO. 151
    2019年12月25日発売
    定価: 1,600円+税
    https://bsr.excite.co.jp/magazine/bsr151/

    表紙 スプリームズ
    2019年に設立60周年を迎えたモータウン・レコード。6号連続でお届けする記念特集の最後は巻頭特集です。今も活動を続ける名門レーベルが一気に世界的レーベルへと駆け上がったのは、1959〜67年に焦点を当てた特集になります。若く魅力あるシンガー、優れたソングライター、実力者の揃ったミュージシャンたち、彼らが一体となって永遠に輝きを失わない「新しいポップス」を生み出したこの時期のモータウンに迫ります。

    ★ アルバムから見るモータウンの歩み 1961-67/重要アルバム69枚をガイド
    ★ ワークショップ・ジャズ/短命に終わったモータウンのジャズ・レーベル
    ★ モータウンは一日にしてならず/失敗を糧にするベリー・ゴーディJr.の選択
    ★ モータウンのマジカルなサウンド
    ★ モータウンにまぶしいほどの輝きをもたらしたソングライター・チーム、H-D-H
    ★ 連載「フード・フォー・リアル・ライフ 〜歌詞から見るブルース&ソウルの世界/中河伸俊」拡大版 “I Second That Emotion”
    ★ モータウン重要“裏”人物伝[6]アール・ヴァン・ダイク/モータウン・サウンドの統率人
    ★ 本誌ライターが選ぶ! モータウン・プレイリスト[7] セレクト/鈴木啓志

    【付録CD】Love Is Gonna Get You
    1960年代半ばに絶頂を迎えた「モータウン・サウンド」。それに追随するようにアメリカ各地で「モータウン様式」の曲が登場した。本CDにはアメリカ西海岸のレーベル、モダン/ケントに残された音源から、「モータウン・サウンド」を思わせる60年代ソウルの傑作を収録。モータウンとも関係深いソングライター、ウィリー・ハッチ、マーク・ゴードン、フランク・ウィルスンらの曲も収録。

    1. PEGGY WOODS: Love Is Gonna Get You
    2. JACKIE DAY: Before It’s Too Late
    3. THE IKETTES: I’m So Thankful
    4. WILLIE HUTCH: Your Love Has Made Me A Man
    5. THE SWEETHEARTS: This Couldn’t Be Me
    6. MARY LOVE: Let Me Know
    7. WILLIE HUTCH: I Can’t Get Enough
    8. THE IKETTES: Can’t Sit Down ‘Cos I Feel So Good
    9. MARY LOVE: I’m In Your Hands
    10. PEGGY WOODS: You Better Be Good
    11. THE SWEETHEARTS: No More Tears
    12. JACKIE DAY: Oh, What Heartaches

    【その他の主な記事】
    ●[インタヴュー]小池杏奈&優奈(WAY WAVE)「力を抜いて心地よいグルーヴを出したかったんだよね」
    ●[インタヴュー]八反田友則「“闇でもあり光でもある”、それが“ブルース”」
    ● スワンプ・ポップのゴッドファーザーは健在! ウォーレン・ストーム自伝&最新作
    ● 注目作をじっくり鑑賞する「語りたい逸品」コーナー
     *DVD『Amazing Grace / Aretha Franklin』
     *CD『James Brown / Live At Home With His Bad Self』
     *CD『It’s The Best Stuff Yet!』
    ●[新作アルバム・リヴュー]ラッキー・ピータースン/ブッカー・T・ジョーンズ/ビッグ・ジャック・レイノルズ 他

    【連載】
    ☆ なんてったってインディ・ソウル 蔦木浩一×齋藤雅彦
    ☆ 小出 斉の勝手にライナーノーツ「GEORGE “HARMONICA“ SMITH」
    ☆ リアル・ブルース方丈記/日暮泰文
    ☆ 鈴木啓志のなるほど! ザ・レーベル VOL.78 「V.I.P.」
    ☆ ゴスペル・トレイン「ユタ・スミス師」/佐々木秀俊+高橋 誠
    ☆ BLUES IS MY BUSINESS no.227/吾妻光良
    ☆ いづみやの曲追い酩酊談/佐々木健一
    ☆ 原田和典の魂ブチ抜き音楽
    ☆ 文聞堂書房〜古書掘りコラム/出田 圭
    ☆ ICHIのチタリン・サーキット最前線
    ☆ International Music Stroll〜世界の音楽にぷらりと出会おう/ワダマコト
    ☆ ニッポンの。国内アーティスト新譜紹介/妹尾みえ
    ☆ ブルース&ソウルが流れる店/轟美津子/加藤千穂/陶守正寛
    ☆ Ain’t That Good News 国内ライヴ/イヴェント情報ほか
    1

    2019/12/12

    初来日のブルース・ギタリスト、ポール・ガーナー:ライヴ・レポート  ブルース

    クリックすると元のサイズで表示します

    イギリス人のブルース・ギタリスト、ポール・ガーナ―が初来日しました。12月8日、着いたその日の夕方にInterFMのBarakan Beatに生出演。翌日から東京で3公演が行われています。僕は12月10日の荻窪ルースターの回を見に行きました。

    ポールは1977年生まれの42歳。父親はニュージーランドを拠点に活動するマイク・ガーナ―で、このブログでもその来日公演レポートを何度かしているので、ご覧になった方もいるでしょう。

    ポールも10代の多感な時期をニュージーランドで過ごしており、その頃父親とのデュオSteppin’ Outでアルバムも2枚出しています。その後20代になってからイギリスに戻り、以後ロンドンを拠点に活動しています。

    この日のバンド・メンバーはポールに加えて、オルガンに土田晴信、ドラムスにサム・ベネットというトリオ編成。この日3人は初対面だったようですが、僕がお店に着いた頃には、演奏の打ち合わせもたけなわで、ここはこうしよう、ああしようと話も弾んでいる様子。サムはアメリカ人ですし、土田さんも米国生活が長かったため、3人とも言葉の壁がないのもよかったのでしょう。

    クリックすると元のサイズで表示します

    事前の打ち合わせも功を奏したのか、初めてながら、息の合った演奏を聴かせてくれました。ポールの地元でのバンドもこれと同じトリオ編成だそうで、そういう意味でも彼にとっては居心地の良い設定だったのかもしれません。

    ライヴは、戦前ブルースの名手、ブラインド・ブレイクの"Police Dog Blues"からスタート。とは言っても、B.B.キングばりのアップテンポのモダン・ブルースにアレンジされています。

    続いて「B.B.キングのディスコ期の曲(笑)」と言ってプレイしたのは、"Never Make A Move Too Soon"。サムのリズムもぐっとファンキーに。そのまま、今度はスロー・ブルースに突入しましたが、歌い出したのはなんとボブ・ディランの"Lay Lady Lay"。この日のポールはロック色も薄く、思った以上にストレートなブルースで攻めている印象でしたが、その中にもこういうネタを仕込んでくるあたりは、面白いなと思いました。ケニー・バレルの有名なインスト"Chitlins Con Carne"という選曲も彼のサウンドに幅を持たせていました。

    ブルースのカバーが中心ではありますが、オリジナル曲も随所に挟んでいたのもよかったですね。そのうちのひとつ、"Another Day In New Orleans"では、サムがセカンドライン・ビートを基調としたリズムを刻み雰囲気を盛り上げていました。

    2部に入ると、前日のCatfish Tokyoで共演したハーモニカのT-Slimが飛び入り。店主の佐藤さんが急遽マイクをもう一つ持ち寄り、それを使って堂々たるプレイを聴かせてくれました。

    クリックすると元のサイズで表示します
    Paul Garner & T-Slim

    ポールが「ライ・クーダーの演奏で好きになった」と語ったジム・リーヴの"He'll Have To Go”はライ、ジムとも異なるバリバリのブルース・シャッフルで力強くプレイ。これも意表をつかれた感じです。そして、最後は定番中の定番”Mojo Workin’”で賑やかにしめました。盛り上がったところでアンコールに応え、もう一曲。ポールのオリジナル曲"Looking For Something”をプレイし切った頃には、セカンドだけで70分が過ぎていました。

    シカゴ系の曲も結構やりましたが、マディやウルフのような泥臭い感じではなく、洗練されたサウンドを展開したポール。でも、ブルース・フィーリングはぎっしり詰まったライヴでした。


    今回の来日の日程とバイオ
    https://black.ap.teacup.com/sumori/1870.html

    公式サイト
    http://paul-garner.com/

    [Personnel]
    Paul Garner - guitars, vocals
    土田晴信 - organ
    Samm Bennett - drums



    [Setlist]
    Paul Garner
    Tue., Dec. 10, 2019
    Ogikubo Rooster

    1st set (20:00-21:00)
    1. Police Dog Blues (Blind Blake)
    2. Never Make A Move Too Soon (B.B. King)
    3. Lay Lady Lay (Bob Dylan)
    4. Chitlins Con Carne (Kenny Burrell)
    5. Leaving Trunk (Sleepy John Estes)
    6. Another Day In New Orleans (original)
    7. See See Rider (Traditional)
    8. Diamonds At Your Feet (Muddy Waters)
    9. Should Have Thought Twice (original)

    2nd set (21:30-22:40)
    10. Shake For Me (Howlin' Wolf)
    11. Good & Greasy (original)
    12. That's Alll Right (Jimmy Rogers)
    13. Further On Up The Road (Bobby Bland)
    14. Chauffeur Blues (original)
    15. Reconsider Baby (Lowell Fulson)
    16. Louisiana Blues (original)
    17. He'll Have To Go (Jim Reeve)
    18. (I've Got My) Mojo Workin’ (Ann Cole)
    -encore-
    19. Looking For Something (original)
    1



    teacup.ブログ “AutoPage”
    AutoPage最新お知らせ