2019/11/25

追悼!Wee Willie Walker 1941-2019  R&B/ソウル

クリックすると元のサイズで表示します
Willie Walker (2008年来日時のショット)
(c)Photo by Masahiro Sumori.

ソウル・シンガーのウィー・ウィリー・ウォーカーが11月19日、ミネソタ州セントポールの自宅アパートで亡くなりました。77歳でした。死因は明らかになっていませんが、前日にオークランドでのレコーディング・セッションから帰宅し、就寝中に亡くなったとのことで、急なことだったことが窺えます。

11月23日にはチリのプエルトモント・インターナショナル・ジャズ・フェスティバルにその日のヘッドライナーとしての出演が決まっており、前々日の21日にはチリに向けて出発する予定となっていたそうです。まさにバリバリ活動している最中に急逝した形で、ビックリです。また来日してくれないかなと思っていたのですが、叶いませんでした。本当に残念です。

ウィリー・ウォーカーは1941年12月21日、ミシシッピ州ハーナンドで生まれ、メンフィスで育ちました。1959年にモティーフ・レーベルよりシングル" Little Girl Echo / Pen Pais"でレコード・デビュー。翌年にはミネソタに移住していますが、その後も頻繁にメンフィスに赴き、演奏活動をしていたようです。

1960年代にはメンフィス・ソウルの名門ゴールドワックスで9曲をレコーディング。ここで初めてウィー・ウィリー・ウォーカーという芸名が使われました。("Wee"は彼が小柄だったことに由来しています。)同レーベルからは1967年にシングル1枚(Ticket To Ride / There Goes My Used To Be)がリリースされただけでしたが、残りのうち4曲はチェッカーから2枚のシングルとしてリリースされ、もう2曲は2013年になってから英ケントのコンピレーションに収録されました。

1970年代までハイなどいくつかのレーベルでレコーディングをしていますが音楽で生計を立てられる状況ではなかったようで、その後一度引退し、家族を養うために機械技師、医療分野のスタッフとして働くようになりました。

そんな彼が再び音楽の世界に戻って来たのは2000年代に入ってからでした。2002年にアルバムとしては初となる「Willie Walker」をリリース。その後、地元ミネソタのブルース&ソウル・バンド、ビューテインズ(The Butanes)と組み3枚のアルバムをリリースしました。これらの作品は日本でもブルース&ソウル・レコーズが大々的に取り上げ、2008年にはビューテインズを従えた形での来日も実現しています。

近年はナイトキャッツのリーダー、リック・エストリンが彼を非常に気に入り、彼の支援を得てツアーやレコーディングを行うなど、より一層活動を加速させていました。

僕は来日公演の際一度見ただけですが、サム・クックを髣髴させるような本当にほれぼれするいい声をしたシンガーでした。若いころはゴスペル・グループでも歌っていたそうで、そういう背景が彼の歌声を育んだのでしょう。ソウル・シンガーとしては不思議なくらい控えめな人だったのも逆に印象に残っています。

心からご冥福をお祈りしたいと思います。RIP。
恐らく、直前に行っていたレコーディングは終了していると思われるので、そちらのリリースを待ちたいと思います。

2008年の来日公演レポート
https://black.ap.teacup.com/sumori/175.html

アルバム・ディスコグラフィー
2002年 Willie Walker (Haute 1108)
2004年 Right Where I Belong (One on One 761955) with the Butanes
2006年 Memphisapolis (Haute 1110) with the Butanes
2008年 Hoochin' With Larry (Semaj Music 199713)
2011年 Long Time Thing (Haute 1111) with the Butanes
2013年 Live on Highway 55 (Maximum Folk 1035) with Paul Metsa
2015年 If Nothing Ever Changes (Little Village Foundation 1004)
2016年 Live! Notodden Blues Festival (Little Village Foundation 1009)
2017年 After A While (Blue Dot BDR CD 109) with the Anthony Paule Soul Orchestra

編集盤
2010年 Steppin' Stone: The XL & Sounds Of Memphis Story Volume 3 (Kent Soul ‎– CDKEND 339)
※1970年代Sounds of Memphisレーベル未発表曲2曲収録。("If You Never See Me", "Run Around")
2013年 Goldwax Northern Soul
 ※Goldwax音源の未発表分2曲を収録("I Ain't Gonna Cheat On You No More", "I Don't Want To Take A Chance")

シングル・ディスコグラフィー
1959年 Little Girl Echo / Pen Pais (Motif 015)
1965年 Jerk It With Soul / Do The People (Taste 007)
1967年 Ticket To Ride / There Goes My Used To Be (Goldwax 329)
1968年 You Name It, I Have It / You're Running Too Fast (Checker 1198)
1968年 Lucky Loser / Warm To Cool To Cold – 1968 (Checker 1211)
1975年 I Love Her / Sweet Thing (Pawn 3809)
1978年 Love Makes The World Go Round / Reaching For The Real Thing (Hi 78513)

参考:http://www.soulfulkindamusic.net/wwwalker.htm
0

2019/11/21

ジャズ・トランペッター、チェット・ベイカーの映画公開  音楽全般


クリックすると元のサイズで表示します

ジャズ・トランぺッター/歌手のチェット・ベイカーを題材にした映画「マイ・フーリッシュ・ハート(原題:My Foolish Heart)」が11月8日より日本公開となっています。

近年ミュージシャンの伝記映画は多いのですが、この作品はそういう中でもちょっと異色な部類に入るかも知れません。チェットのキャリアを追う内容とはなっていません。もちろん演奏シーンはありますが、特段音楽映画という感じでもないです。舞台は彼が後年を過ごしたアムステルダム。1988年に謎多き事故死を遂げるシーンから始まり、そこに至るまでの晩年の日々の彼の心理描写、彼周辺の人間模様が中心となっています。麻薬に溺れ、恋人と別れ、精神的に追い詰められていく様を描き出しています。

ここまで切り込むと実際のところ、彼の考えていたこと、感じていたことはどうだったのか、それは本人しかわからないはずで、チェットを題材にした創作の人間ドラマと言った方がいいかも知れません。映画としては「実際の出来事から着想を得たフィクション」であるとのことです。でも、チェットは実名で出てきますし、史実的な部分はそのまま表現されています。

正直言って非常に暗いですが、心の奥底をえぐり取られるような迫力を感じる作品です。チェット・ベイカーという天才の音楽について、今一度考えるいい機会となる映画だと思います。
11月8日より東京で公開され、その後日本各地で上映される予定とのことです。

監督のロルフ・ヴァン・アイクはオランダのテレビ映画などを中心に活躍している監督・脚本家で、長編劇場映画はこれがデビュー作となるそうです。またチェットを演じるのはアイルランドのロック・バンド、The Wallsのヴォーカルを務めるスティーヴ・ウォール。トランペットはこの映画の役が決まるまで吹いたことがなかったそうですが、見事に孤高の天才トランペッターの役になりきっています。

----

映画予告編



[ストーリー]
1988年5月13日、金曜日の未明。ひとりの男がオランダ・アムステルダムのホテルの窓から転落した。いち早く現場に駆けつけた地元の刑事ルーカス(ハイス・ナバー)は、うつ伏せの状態で頭部から血を流している遺体を確認すると、その男が落ちた2階の窓辺に謎めいた人影を目撃する。しかし殺風景な部屋の内部には誰もおらず、机にはドラッグ用の注射器などが散乱し、床にはトランペットが転がっていた。
一時帰宅したルーカスが目覚めると、ラジオが意外な人物の訃報を伝えていた。チェット・ベイカー、享年58歳。伝説的なトランペット奏者である彼が、なぜアムステルダムの場末のホテルで転落死したのか。投身自殺なのか、それとも何者かが関与した事件なのか。すぐさま捜査を開始したルーカスは、最初にチェットのマネージャー役を務めていたピーター(ティボー・ヴァンデンボーア)を訪ねる。ピーターの証言によれば、チェットは数日前のレコーディングの際に「アイ・キープ・ユー・クロース・トゥー・ミー」を心地よさそうに演奏し、最後のライブでは苦しげな様子で「マイ・フーリッシュ・ハート」を歌ったという。さらにピーターは「ここ数日、彼は魂を失っていた。巨大な暗い虚無感にむさぼり食われたかのように」と、ルーカスに言い伝えた。
次にルーカスが訪ねたのは、フィールグッド医師(アルヤン・エーダーフィーン)だった。ごく最近、ひどい体調で転がり込んできたチェットを手当てしてやったと語るフィールグッドは、彼と親密な仲だったらしい。そしてルーカスは、チェットにはサラ(リンゼイ・ボーチャンプ)という最愛の女性が存在していた事実を聞き出すが・・・。

監督/脚本:ロルフ・ヴァン・アイク
出演:スティーヴ・ウォール、ハイス・ナバー、レイモンド・ティリー
2018年/オランダ
(c)2018 (Pupkin) - VPRO
配給:ブロードメディア・スタジオ
宣伝:ポイントセット
11月8日(金)ヒューマントラストシネマ有楽町、新宿武蔵野館ほか全国順次公開
公式サイト:http://my-foolish-heart.com/

※画像とストーリーのテキストは公式サイトより転載しました。
0

2019/11/19

英国発新進ブルース・ギタリスト、ポール・ガーナ―初来日  ブルース

クリックすると元のサイズで表示します

今英国を中心に欧州で注目を浴びるブルース・ギタリスト、ポール・ガーナ―が2019年12月に初来日し、東京で3公演を行います。ポールは、1977年イギリス生まれの42歳。父親は、ニール・ビリントンとのデュオで3回の来日をしているマイク・ガーナ―で、彼とのデュオSteppin' Out名義での作品も2枚リリースしています。本場アメリカのブルース・ミュージシャンたちをも唸らせるというご機嫌なプレイを日本で爆発させてもらいましょう!

[2019/11/28追記]
ポールは、来日公演に先立つ12月8日(日)、InterFMの番組Barakan Beatにゲスト出演することが決定したそうです。出演時間や生演奏はあるのかなど、詳細は未定です。

Barakan Beat
InterFM 89.7 (Radikoでも聴けます)
2019.12.8 18:00-20:00
DJ: Peter Barakan
https://www.interfm.co.jp/barakanbeat/

----

PAUL GARNER JAPAN TOUR 2019

12月9日(月) 蒲田Catfish Tokyo
「初来日記念Live&Session with theAstroBluenauts」
with T-Slim-vo., harp、"T-Bone" Takuma-b.、Tadashi Hirano-ds.、Masato-gt.
開場19:00 開演20:00
チャージ 2,000円
https://www.catfishtokyo.com/
Tel: 03-6424-7531

12月10日(火) 荻窪ルースター本店
「BLUES NIGHT from UK」
with 土田晴信-org.、Samm Bennett-ds.
開場19:00 開演20:00
チャージ 3,000円
http://www.ogikubo-rooster.com/
Tel: 03-5347-7369

12月11日(水) 中野Bright Brown 
with Hisa Nakase-bass、Goboh Suzuki-ds.
開場19:00 開演19:30
チャージ 3,000円
https://brightbrownnakano.wixsite.com/brightbrown
Tel: 080-3024-4685

----

PAUL GARNER - プロフィール
http://paul-garner.com/
ポール・ガーナー(Paul Garner)は1977年イギリス生まれの42歳。1987年に父親と共にニュージーランドに移住。2001年、24歳のときにニュージーランドを去り生まれ故郷イギリスに戻って音楽活動を始めた。

ポールの父親はかつてブルースマンとしてイギリス南部のブルース・サーキットで活躍し、その後ニュージーランドに移住し、現在ニュージーランドのブルース・シーンの重鎮であるマイク・ガーナー(2014年初来日、2016年にはLIVE MAGICフェスティバルに出演)。当然ながら、ポールは父の影響で幼い頃からブルースを聞いて育った。5歳くらいですでに段ボールで作ったギターを抱えて弾くまねをしていたので、両親は本物のギターを買い与えた。するとめきめきと頭角を現し、15歳の頃からプロのブルース・バンドで演奏するようになった。「物心ついた頃からずっとブルースが大好きだった。父がいつも家でブルースを聞いたり演奏したりしてたからね。生まれる前にもブルースを聞いてたかも」と彼は言う。

イギリス生まれでニュージーランド育ちのポールは、じっくりと腰を据えて自身の見事なギター・スキルを伸ばしていった。やがて世界中のミュージシャンや音楽評論家の目にとまるようになった。ポールのスタイルは、ヘビーで派手なものではなく、ソウルとフィーリングを全面に押し出したもので、決して本場アメリカのブルースマンに引けを取らない。

ロンドンに引っ越してから、オリジナル曲を作り演奏するようになり、自身のバンド、ポール・ガーナー・バンドを率いてイギリスのみならず欧州各地で演奏している。自身のバンドの他に、イギリスのワールド・クラス・ハーピストのスティーブ・ウェスト・ウェストンのバンド、ブルーソニックス(The Bluesonics)のギタリストでもあり、ロンドン有数のブルース・クラブ「Ain't Nothin' But」でハウス・バンドとして演奏している。 また、欧州各地のフェスティバルにも出演している。ジョン・メイオール、エリック・クラプトン、フリートウッドマックらの初期のレコードをプロデュースしたマイク・バーノンのプロデュースによるレイジー・レスターのレコーディングに参加したり、バーノンのヨーロッパ・ツアーのギタリストをも務めている。最近では、ポーランドのワルシャワ・ブルース・フェスティバルで、ビリー・ブランチ、ジェームス・ハーマン、ボブ・コリトアらアメリカのトップ・ブルース・ハーピストのサポート・ギタリストを務めた。今最も熱いブルース・ギタリストのひとりだ。■

----

日本のミュージシャンからの絶賛のコメントが!
「この方(ポール・ガーナー)は、シカゴ・スタイル、Tボーン・スタイル、ジャンプ・スタイル、スイング・スタイル全部出来るんです。多分コリンズ・スタイル、ジョニーギターワトソン・スタイルもやれますね。(ポールはイギリスのハーピスト、スティーブ・ウェスト・ウェストンのバンド、ブルーソニックスのギタリストですが) スティーブ・ウェスト・ウェストンさんはギタリストにうるさい人です。この人が抜擢するんやから、やっぱりこの人は凄いと思います。実際に聴いても、まあ〜上手いのなんの。ほんで、他の人より断然若いっす。器用さを褒め称えている訳じゃないんです。それぞれのスタイルでも、その一番美味しいところをちゃんと表現してくれます。所謂、わかってるなって思わせる技をやってくれます。」 -- 半田真大、ブルース・ギタリスト(ジョニー・ハンダース・ショー)
3

2019/11/8

福生で続くブルースフェス:レポート  ブルース

クリックすると元のサイズで表示します

11月3日の日曜日は、福生ブルースフェスティバルを見に行きました。このフェス、何年か前から気にはなっていたのですが、今年初めて行くことができました。実はもう今年で14回目を数えるそうです。規模は小さいながら、実に息の長いフェスなのです。

会場は東京郊外の福生市。JR八高線東福生駅前のスーパー、マルフジの駐車場です。周りは住宅地で、ところどころお店はあるものの商店街というほどのものもないのどかなところです。

クリックすると元のサイズで表示します
Nacomi

そんな会場に4トントラックのコンテナを使用したステージが設置され、5時間あまりに渡ってライヴ演奏が繰り広げられるのです。プロモーター企業が企画するようなコンサートとは異なり、手作り感満載の雰囲気。お客さんは100人程度でしょうか。

会場では地元石川酒造のビールと日本酒は販売されているものの食べものの販売はなく(以前はあったそうですが)、向かいのスーパーに行って買います。トイレもスーパーのものを使います。会場にはそれもないのです。

まあ、不便と言えば不便なのですが、こういうゆるさが逆に気持ちよかったですね。スーパー側でもフェスの客を見込んで、フェス客用のお惣菜コーナーを作っていて受け入れ態勢は整っていました。そんな状況なので、お酒も食べ物も持ち込みは自由。


ゆるい雰囲気とは言え、音楽は最高でしたよ。出ている人たちは多方面で活躍しているベテラン中心です。ハープのKotezのバンドはオールスター的なラインアップでめちゃファンキーでノリノリでしたし、関西から参戦のNacomi & The Blues Templeは最近注目を浴びているハーピスト、ナツコさんが入った特別バージョンでこれもまたまたご機嫌。

クリックすると元のサイズで表示します
加納秀人

伝説のバンド、外道のギタリスト、加納秀人はテンションの高いプレイで楽しませてくれましたし、終盤には出演者入れ替わりでジャム・セッションもあり、盛り上げてくれました。遊びに来ていたギタリストの高橋マコトさんもジャムに飛び入りしました。彼はこの日出演していたドラマーのマーティー・ブレイシーとともにもんた&ザ・ブラザーズで活躍したことでも知られていますし、Nacomiさんともデュオでライヴをやっていたこともありました。そんな縁で遊びに来たのでしょうかね。

クリックすると元のサイズで表示します
KOTEZ SPECIAL SESSION

サウンドの幅を広げてくれたのは、弾き語りでフォーキーな戦前ブルースを披露した菅原広巳。締めに演奏した”Cocaine Habit Blues”(メンフィス・ジャグ・バンド)はいい感じでしたが、終演後MCのマーティーに「こんなヤバイ曲やっちゃっていいの?」って突っ込まれて苦笑いされてました。(笑)

クリックすると元のサイズで表示します
菅原広巳

1日だけのイベントとは言え、出演者それぞれのスタイルがあり、多彩でした。この日何人かの人が”(Get Your Kicks On) Route 66”を歌いましたが、スウィングからファンキーなアレンジまで、同じ曲でもこうも違うかと思わせる個性の違いが聴けておもしろかったです。

出演者とお客さんの敷居が低く、演奏している人たちがお客さんと一緒に楽しんでいる感じのこのフェス。都心からだとちょっと行きにくいのですが、得難い魅力でした。

そしてこのフェスは「子供たちに車いすを買う」という目的を持ったチャリティーのフェスなのです。出演者もお金の為にやっているのではないのがまたいい雰囲気を作っているのでしょうね。会場には募金箱が設置され、逐次その箱を持ってスタッフの方々が回って来ました。Nacomiさんは、物販用に持って来たCDの売り上げを全額寄付すると言われていましたが、無事売れたのかな?

クリックすると元のサイズで表示します
Jam Session

【フェスティバル基本情報】
第14回 福生ブルースフェスティバル
日時:2019年11月3日(日)11:00〜16:00(開場10:30)
会場:東福生駅前マルフジ駐車場
前売券:3,000円(当日券:3,500円)
※高校生以下、70歳以上、障害者手帳所持者は入場無料
※雨天決行
公式サイト:http://fussa-bf.jugem.jp/
主催:福生ブルースフェスティバル実行委員会
協力:石川酒造株式会社、amos music、WE LOVE FUSSA
出演者:
◆ショットガン・ビリー & ザ・実行委員バンド
 ショットガン・ビリー(vo), 桜井 光(vo), 吉村樹里(vo), 後藤 輝夫(ts), 石川 太郎(hca), 林 左知恵(p, vo), 藤本 真也(b), チッコ ソウマ(ds), Winter Spencer(per)
◆菅原 広巳(vo, g)
◆Bull 松原 & Friends
 Bull 松原(vo), 後藤 輝夫(ts), チャビー(g)、 須川 光(p), 大西 真(b), Marty Bracey(ds)
◆Nacomi & The Blue Temple 』 From 大阪
 Nacomi(g, vo, hca), ピエール 落合(g), ミウラ ナツコ(hca) 、藤並 明徳(b), 前島 文子(ds)
◆ALRIGHT
 マリオ 中島(g, vo), 江口 弘史(b), チッコ ソウマ(ds), 林 左知恵(key) 、後藤 輝夫(ts), 表 雅之(as), Winter Spencer(per), オイ 皆川(vo)
◆こばや from 名古屋
 チャビー(vo, g), セイジ(vo, g), 慎之介(b), マイケル(ds)
◆加納 秀人 & THE SOUL
 加納 秀人 (g, vo), 大西 真(b), チッコ ソウマ(ds)
◆KOTEZ SPECIAL SESSION
 KOTEZ(vo, hca), 小安田 憲司(g), 江口 弘史(b), Marty Bracey(ds)
◆JAM SESSION
 (A)小安田 憲司(g, vo), チャビー(vo, g), Nacomi(g, vo, hca)、 須川 光(key), 江口 弘史(b), チッコ ソウマ(ds)
 (B)KOTEZ(vo, hca), Bull 松原(vo), 大西 真(b) 、マリオ 中島(g), ピエール 落合(g), Marty Bracey(ds)
3



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ