2019/10/14

都内ボウリング場がルイジアナに変わった夜  ニューオーリンズ

クリックすると元のサイズで表示します

ボウリング場をライヴハウスにしてしまおうという、なんとも突飛なことを思いついたのは、ジョン・ブランチャーという人でした。彼がニューオーリンズの古いボウリング場、Mid City Lanesを買い取り、Rock n’ Bowlというライヴハウスにしてしまったのが1989年のこと。夜な夜なルイジアナの音楽とボウリングが繰り広げられる世にも不思議なこのハコは、いまやルイジアナ南西部のラファイエットにも支店を作ってしまうほど繁盛し、すっかり定着しています。

クリックすると元のサイズで表示します
Madame Hiromi & Hee Haw Woo Boys

しかし、そんなのはルイジアナだけ?いやいやいや。これを日本でもやってしまおうと考える無謀な人がいました。新橋の地下室でマニアックなバーを経営するオヤジ、アラテツさんが一晩限りではありますが、それを本当に実現したのでした。9月28日(土)、会場は老舗のボウリング場、笹塚ボウルです。

クリックすると元のサイズで表示します
Los Royal Flames with Wada Mambo (gt.)

そこに、日本で唯一のザディコ・バンド、Zydeco Kicks、更にマニアックなスワンプポップ・デュオのLos Royal Flames(通称ロスロイ)、ケイジャン・ユニットのHee Haw Woo Boys、そしてご機嫌なR&B、ロックンロールをプレイするロッキン・エノッキー率いるRockin’ Baritonesというルイジアナっぽさ満載のラインアップを用意。ボウリング・レーンのど真ん中にステージをセットアップして、ライヴ鑑賞とボウリング両方ができる環境を整えました。

クリックすると元のサイズで表示します
Zydeco Kicks

笹塚ボウルはニューオーリンズのロックンボウルとは全然レイアウトも雰囲気も違うんですが、ここにルイジアナっぽいライヴ演奏が響き渡るとあーら不思議。なんと、なんと。結構本場のロックンボウルそのままな雰囲気が出来上がっていたのです。しかも、休憩時間には2人のDJが回すレコードがますます雰囲気を盛り上げてくれますし、Hello Old Timerさんのブースでガンボをいただくこともできるんです。もう完璧じゃないですか?

クリックすると元のサイズで表示します
Hello Old Timerのガンボで腹ごしらえ

曲の合間に響き渡るボウリングの「カコーン!」という音もまさにロックンボウル。いやぁ、やっちゃいましたね、アラテツさん。最高ですよ。

クリックすると元のサイズで表示します
Rockin' Baritones

「全然採算なんか取れるわけがない」と、はなから儲けようという姿勢が全くみられない主催のオヤジでしたが、なんと!来場者数は100人の大台を超えたそうです。最大400人くらいは入る会場だそうですが、結構賑わっていましたよ。というより、まあ僕も含めてですが、あそこにいる人、皆めちゃ盛り上がっていましたし、心底楽しんでしたと思います。規模は小さいかもしれないけど、快挙ですよ、これ。

まぁ、採算ベースに乗せるのは難しいかもしれないですが、これはまたやりたいですねー。なんだったらクラウド・ファンディングでもやっちゃいましょうか。

余談ですが、この日プレイしたZydeco Kicksのヨシタケ、ロスロイのCount D.、Hee HawのMadame Hiromiら主要メンバー(?)は、この後本場ラファイエットに乗り込み、ほんまもんのロックンボウルでこの続きをやりましたとさ。それもすごい!

Zydeco Kicksで盛り上がる!


【イベント詳細】
https://black.ap.teacup.com/sumori/1859.html

クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します
当日の進行表。実際この通りに進行したかは
確認していないです(笑)。
2

2019/10/12

TRIO DA BLUES(山岸/ホトケ/房之助)@所沢MOJO  ブルース

クリックすると元のサイズで表示します

日本のブルース・シーンの黎明期1970年代初頭から活躍するベテラン・ギタリスト3人が一同に会するライヴが所沢のMOJOで開催されました。説明不要かとは思いますが、山岸潤史と永井ホトケ隆の二人は今は亡き塩次伸二(gt.)らと1972年にウェスト・ロード・ブルース・バンドを結成し、主に関西で活動。一方、近藤房之助は、1976年にBREAK DOWNを結成、1990年代以降は主にソロ・アーティストとして活躍しています。

山岸さんは1995年にニューオーリンズに拠点を移しており、帰国ツアーの機会をとらえて今回の公演が実現したのでした。この組み合わせでのライヴはそう滅多にないこともあり、早々にソールドアウトが発表されていました。

バンドは付けず、3人のみで展開するこのライヴ。まずは、房之助さんがヴォーカルを取り、エルモア・ジェイムズの渋いスロー・ブルース”The Sky Is Crying”からスタート。山岸さんに事前に聞いたら「セットリストは用意していない」とのことでしたが、3人が昔から大好きだったブルースの名曲を繰り出す内容となりました。有名曲中心でしたが、2部に入ると房之助さんが自らのアイドルのオーティス・ラッシュの曲を歌ったり、山岸さんがニューオーリンズのスヌークス・イーグリンを取り上げたり、選曲にも微妙に個性を見せていました。

クリックすると元のサイズで表示します
永井ホトケ隆

この日観客として見に来ていたKotezも2部の最初から飛び入りし、そのまま最後まで共演。1曲でリード・ヴォーカルも取るという活躍を見せました。

ホトケさんは、曲の合間のトークで「年は俺が一番上なんだけど、なぜか2人ともタメ口なんだよね」と言って笑い、2人もそこに突っ込んで笑う、終始和やかな飲み会のような雰囲気でライヴは進行しました。ウェスト・ロード結成時のこと、B.B.キングの前座をやったときのこと、ロバート・ロックウッドJr.の初来日公演が素晴らしかったことなどなど、色々思い出話に話が咲きました。3人ともプレイし始めた頃からの旧知の仲だそうで、楽しそう。それが客席にも伝染するんですねぇ。会場のMOJOがこじんまりしたアットホームなお店というのもありますが、お客さんもリラックスした感じでしたね。

クリックすると元のサイズで表示します
山岸潤史

お酒も飲みながらのゆるーい雰囲気ではありましたが、さすがベテランだけに、演奏はばっちりしまっていました。1部でやったジミー・リード・メドレーで3人が揃って歌った”Baby What You Want Me To Do”なんて最高にカッコよかったし、ホトケさんが歌ったロバート・ロックウッドの十八番"Take A Little Walk With Me”などはいぶし銀の味わいを出していました。スローでの房之助、ホトケ両氏の歌いっぷりも迫力がありましたよ。

ラストはリトル・リチャード・バージョンの”Kansas City”で賑やかに締め、アンコールは房之助さんの持ち歌”Travelling”で終演を迎えました。ちなみにその後も3人の盛り上がりは続き、僕も混ぜてもらって一緒に飲みました。

MOJOのマスター、工藤さんが「PANTAさんはよく来られますよ」なんて話をしていたら、しばらくして本当にPANTAさん、飲みに現れました。しかも頭脳警察のTシャツと帽子を被って。(笑)

もうライヴは終わっているのになんだか更に盛り上がってきましたよ!

気が付いたら、終電逃していた。あ”ー!でも本当に見ごたえ聴きごたえのあるいいショーでした。

クリックすると元のサイズで表示します
近藤房之助

----

TRIO DA BLUES
(山岸潤史/近藤房之助/永井ホトケ隆)
Sat., Sept. 21, 2019
所沢音楽喫茶MOJO

1st set [19:10-20:08]
1. The Sky Is Crying [Elmore James] (Fusa-vo)
2. Rock Me Baby [B.B. King] (Fusa-vo)
3. Sweet Little Angel [B.B. King] (Fusa-vo)
4. Downhome Blues [Z.Z. Hill] (June-vocals)
〜Jimmy Reed medley: Baby What You Want Me To Do (all-vocals)
 〜You Don’t Have To Go (June-vo)
 〜Bright Lights, Big City (June-vo)
  〜Baby What You Want Me To Do (all-vo)
5. Take A Little Walk With Me [Robert Lockwood Jr.] (Hotoke-vo)
6. Beautician Blues [B.B. King] (Hotoke-vo)
7. First Time I Met the Blues [Buddy Guy] (Hotoke-vo)

2nd set [20:31-21:35 (encore 21:26- )]
8. Looking Back [Otis Rush] (Fusa-vo)
9. Stormy Monday (mid tempo shuffle) [T-Bone Walker] (Fusa-vo)
10. Can’t Hold Out Much Longer [Little Walter] (Kotez-vo)
11. Country Boy In New Orleans [Snooks Eaglin] (June-vo)
12. All Your Love [Magic Sam] (Hotoke-vo)
13. Ain’t Nobody’s Business [Jimmy Witherspoon] (Hotoke-vo)
14. Kansas City [Wilbert Harrison/Little Richard] (Hotoke-vo)
-encore-
15. Travelling [近藤房之助] (Fusa-vo)

山岸潤史 (June Yamagishi) - guitar, vocals
近藤房之助 (Fusanosuke Kondo) - guitar, vocals
永井ホトケ隆 (Takashi "Hotoke" Nagai) - guitar, vocals
Kotez - harmonica, vocals (2nd set only)
3

2019/10/9

インドネシアのミュージシャンを迎えてのブルース・セッション  ブルース

クリックすると元のサイズで表示します
Photo (c) Masayuki Suzuki

先月のことですが、ちょっと珍しいライヴを見に行きました。ブルース・ギタリストの菊田俊介が、東京都内でインドネシアのブルース・ミュージシャンたちとセッションを行うというものです。9月5日(木)、場所は汐留のBLUE MOOD。

菊田氏がINTERNATIONAL BLUES SUMMITと題して行っているプロジェクトの一つで、今回はそのVol. 2。前回は僕は見てないのですが、フランスのEL Jose (vo/gt)、台湾のDufu (ds.)を迎えて6月に行っています。

今回共演するのは、インドネシアのジャワ島西部の都市、バンドンからやって来たバンドン・ブルース・プロジェクト。最年長のハーピスト、ハリ・ポチャンは70歳と年季がはいっていますが、あとのメンツは若いです。ピアノのヴィコ・ウィボウォはなんとまだ17歳だそうです。バンドというよりは、セッションで集まった人たちのようで、リズム・セクションがいない反面、ヴァイオリンやスティール・ギターが入るという、ブルース・バンドとしては一風変わった編成です。菊田俊介ファンキー・トリオのメンバーがサポートする形で演奏は展開しました。

クリックすると元のサイズで表示します
Hari Pochang
Photo (c) Masayuki Suzuki

いずれもテクニックで聴かせるタイプではなく、欧米や日本のミュージシャンとも違う独特なゆるいノリがあって面白かったです。ハリと菊田のデュオで聴かせた枯れた味わいブルース、ヴィコがフロントに出てきてギターを弾いたスロー・ブルースなど、見せ場も随所に用意されていました。

クリックすると元のサイズで表示します
Shun Kikuta (gt.) and Hari Pochang (hp.)
Photo (c) Masahiro Sumori


クリックすると元のサイズで表示します
Sandhy Sondoro
Photo (c) Masayuki Suzuki

2部に入ると、スペシャル・ゲストとしてインドネシアで大人気だというシンガー、サンディ・ソンドロが中心となった展開に。彼はラトヴィアのコンテストでパーシ―・スレッジの"When A Man Loves A Woman"を歌って優勝した経歴を持っているそうで、現在はドイツ在住だそうです。ちょっとブルースからは外れましたが、オリジナルを中心に力強い歌声を披露しました。もちろんパーシー・スレッジの名曲も熱唱してくれました。

王道のブルース・ライヴもいいですが、こういう一風変わった試みも面白いですね。日本人の奏でるブルースも外国の人から見るとこんな感じに聞こえるのかな?なんて考えながら楽しみました。

この企画の今後はどんな展開を見せるのか。目が離せません。

----

菊田俊介/Bandung Blues Project
with Special Guest: Sandhy Sondoro
Thu., Sept. 5, 2019
汐留Blue Mood

[Setlist]

1st set (19:40-20:30)
=Shun Kikuta Funky Trio=
1. Crosscut Saw (Shun-vo)
2. Woman Across the River (Shun-vo)
3. Me And My Guitar (Shun-vo)

=Shun Kikuta & Hari Pochang=
4. I Just Want To Make Love To You (Shun-vo)

=Bandung Blues Project with Shun Kikuta=
5. Baby Come On (Vico-vo)
6. Route 66 (Hari-vo)

2nd set (21:00-20:50)
=Bandung Blues Project=
1. Blues Deluxe (Amrus-vo, Vico-guitar)

=Bandung Blues Project with Shun Kikuta=
2. Georgia on My Mind (Vico-vo)

=Sandhy Sondoro (vo., gt.) with Amrus Ramadan (steel gt.)=
3. Superstar

=Sandhy Sondoro (vo.) with Bandung Blues Project and Shun Kikuta=
4. When A Man Loves A Woman
5. Walking By Myself   
6. Come Together
7. In the Heat of the Bali Sun

-Encore-
=Sandhy Sondoro (vo.) with Bandung Blues Project and Shun Kikuta=
8. Sweet Home Chicago

[Personnel]
Shun Kikuta & Funky Trio
菊田俊介 - guitar, vocals
片野篤 - bass
関慶和 - drums

Bandung Blues Project (from Bandung, Indonesia)
Hari Pochang - harmonica, vocals
Etsu Hning - violin
Amrus Ramaghan - steel guitar, vocals
Vico Wibowo - piano, guitar, vocals

with Sandhy Sondoro - vocals, guitar (special guest)

クリックすると元のサイズで表示します
Photo (c) Masahiro Sumori
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ