2019/4/10

50周年のジャズフェス、ストーンズキャンセル後のゴタゴタ  ニューオーリンズ

3月30日にストーンズの出演キャンセルが発表され、4月5日は代役としてフリートウッド・マックが出演することが発表になりました。

がしかし!そのわずか4日後の4月9日、今度はフリートウッド・マックのキャンセルが発表される事態に。スティーヴィー・ニックスのインフルエンザが理由とのことです。まだ3週間もあるから体調回復期間を考えても充分行けると思うんですがね。

ほぼ同時に発表されたマックの代役はワイドスプレッド・パニック。過去に何度ものこフェスに出演しているバンドなので、常連で落ち着いたということでしょうか。今度こそ、これで最終でしょうかね。主催者も大変ですね。

ストーンズ仕切り直しと同時に、彼らが出演予定だった5月2日のスケジュールの大幅組み換えも行われました。彼らのライヴと他のステージのライヴが重ならないよう、他のステージは4時で終了することになっていましたが、それが通常通りの形式になり、地元アーティストを中心に下記11組が追加で出演することとなりました。

新たに追加された出演者
Zena Moses & Friends (Congo Square)
Andy J Forest & The Swampcrawlers (Blues Tent)
Johnny Sketch and The Dirty Notes (Gentilly Stage)
Kyle Roussel History & Future of New Orleans Piano (Jazz Tent)
Lena Prima (Economy Hall)
Sean Ardoin (Fais Do-Do)
Egg Yolk Jubilee (Lagniappe Stage)
Donald Lewis (Donald Lewis)
The New Voices of Light (Gospel Tent)
First Grace United Methodist Church Gospel Choir (Gospel Tent)
Buffalo Hunters & Cheyenne Mardi Gras Indians (Cultural Exchange Pavilion)

さらには他の日に出演予定だった以下の人たちも5月2日移動、あるいは追加出演が決まっています:
101 Runners (4/25から移動)
Javier Gutierrez & Vivaz! (4/26から移動)
Crocodile Gumboot Dancers of South Africa(5/3-5出演に加え5/2も追加)

紆余曲折ありありですが、無事当日を迎えることができますように!
1



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ