2017/8/26

BLUES & SOUL RECORDS 137号発売  ブルース

クリックすると元のサイズで表示します

ブルース&ソウル・レコーズ誌の137号が発売になりました。先日のブログでも触れましたが、今年の8月22日はジョン・リー・フッカー生誕100年ということで、bsr誌も大々的にジョン・リーを取り上げています。多分、同誌でジョン・リーが表紙を飾るのは4回目。ジョン・リーの巻頭特集は2001年の追悼特集以来16年ぶりだと思います。

追悼特集では主要アルバムガイドということで63枚を取り上げていますが、今回は、ジャケ写があるものだけで80枚以上、それに加え、ライター諸氏の思い出の一枚というコーナーで更に作品を挙げています。(もちろん、ディスクガイドとのダブりはあります。)

僕はディスクガイドで後期の作品を担当しました。あと、「Jealous」という80年代のちょっと珍しい作品を挙げたのですが、今澤俊夫さんがまさかの同じ作品を挙げていました(笑)。

あとはエルヴィン・ビショップ、ブー・ミッチェルのインタビューもありますよ。



-----

BLUES & SOUL RECORDS NO. 137
2017年8月25日発売
定価: ¥1,600+税
http://books.spaceshower.net/magazine/m-bsr/bsr-137

表紙 ジョン・リー・フッカー

特集 生誕100年記念 ジョン・リー・フッカー
唯一無二のスタイルを持ったギター・ブギとディープ・ブルースで、ヒップにブルースを生き抜いたジョン・リー・フッカー。生誕100年を迎えた今年、その足跡をあらためて追う。

★歴史を作ったザ・ブギ・マン〜ジョン・リー・フッカーの生涯
★ブギから見える原始と未来〜ジョン・リーのギター・ブギを考える
★謎を呼ぶ名盤? “727"を聴く〜LPと再発盤を聴き比べてみたら─
★ミュージシャン、ライター、ショップ店員ら23人が選ぶ「私の思い出の一枚」
秋元伸哉(disk union)/吾妻光良/出田 圭/今澤俊夫/小出 斉/高地 明/佐々木健一/鈴木啓志/陶守正寛/妹尾みえ/W.C.カラス/永井ホトケ隆/中河伸俊/原田和典/ピーター・バラカン/日暮泰文/日向一輝/平野孝則/文屋 章/みなべかん/やすだあきよし/山田哲也(WALTER'S JUKE)/ワダマコト
★主要アルバム・ガイド〜オリジナル・アルバム、重要編集盤で知るジョン・リーのレコーディング・キャリア

【付録CD】WHEN THE BOOGIE WAS ON
ジョン・リー・フッカーの大ヒット曲〈ブギ・チレン〉を筆頭に、同曲が録音された1948年暮れから、チャートを駆け上がった1949年にかけてのブルース/リズム&ブルースのシングル曲を収録。〈ブギ・チレン〉がヒットした時代のリズム&ブルース・シーンを垣間見れる独自編集コンピレーションです。

1. JOHN LEE HOOKER: Boogie Chillen
2. HOOTIE McSHANN AND ORCHESTRA: Same Old Blues [vocal by JIMMY WITHERSPOON]
3. HADDA BROOKS: Sailboat In The Moonlight
4. "CAKE" WICHARD [feat. PEE WEE CRAYTON]: Boogie Woogie Basement
5. JOE LUTCHER AND HIS BAND: Pasadena Rhumboogie
6. TINE WEBB AND HIS GUITAR: Tiny's Down Home
7. SMOKEY HOGG: Who's Heah
8. DUKE BAYOU & HIS MYSTIC SIX: Rub A Little Boogie
9. TEDDY BRANNON AND HIS ORCHESTRA: Everybody Get Together
10. CHUBBY “HIP SHAKIN'" NEWSOME: (You Better) Find A Job
11. SUNNYLAND SLIM: I'm Just A Lonesome Man
12. SNOOKY PRYOR: Boogie


【その他の主な記事】
●[インタヴュー]エルヴィン・ビショップ「私は好きなことをやるだけ。それは曲げたくない」
●[インタヴュー]ローレンス“ブー"ミッチェル/映画『約束の地、メンフィス』に込めた思い
●[インタヴュー]佐々木亮介 (a flood of circle)/名門ロイヤル・スタジオで創り上げたミニ・アルバム『LEO』
●[追悼] ロニー・ブルックス/ガンボミックスなロッキン・シカゴ・ブルースマン
●[語りたい逸品]CD『500アトランティックR&B/ソウル・シングルズVol.1&2』/アトランティック70周年記念 日本独自企画シリーズ
● 捨て曲なしのブルース・コンピ『Do The Blues 45s!』発売
● 新作アルバム・リヴュー──サニー・ランドレス/シャーマン・ホームズ・プロジェクト/メイヴィス・ステイプルズ 他

【連載】
☆ 好評連載 トータス松本 1本のカセットから 第21回 気持ち良く体が揺れる─ジョン・リー・フッカー
☆ なんてったってインディ・ソウル 蔦木浩一×齋藤雅彦
☆ 小出 斉の勝手にライナーノーツ「MAXWELL STREET JIMMY DAVIS」
☆ リアル・ブルース方丈記/日暮泰文
☆ 鈴木啓志のなるほど! ザ・レーベル VOL.66 「NOLA」
☆ ゴスペル・トレイン「シャーリー・シーザー」/佐々木秀俊+高橋 誠
☆ BLUES IS MY BUSINESS no.213/吾妻光良
☆ いづみやの曲追い酩酊談/佐々木健一
☆ 原田和典の魂ブチ抜き音楽
☆ 文聞堂書房〜古書掘りコラム/出田 圭
☆ ICHIのチタリン・サーキット最前線
☆ International Music Stroll〜世界の音楽にぷらりと出会おう/ワダマコト
☆ モアリズム ナカムラの20××年ブルースの旅 第18回「モノクロームな太陽! サカモトトシユキ」
☆ ニッポンの。国内アーティスト新譜紹介/妹尾みえ
☆ ブルース&ソウルが流れる店/轟美津子/加藤千穂
☆ Ain't That Good News 国内ライヴ/イヴェント情報ほか

クリックすると元のサイズで表示します
表紙を飾ったジョン・リーたち
(左より)No. 3(1994年3月)
No. 41(2001年10月)
No. 99(2011年6月)
No. 137(2017年10月)
No. 99だけはジョン・リー特集というわけではなく、ジョン・リーも含めたギター・ブギに焦点を当てた内容です。
1



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ