2016/10/25

BLUES & SOUL RECORDS 132号発売  ブルース

クリックすると元のサイズで表示します

今日10/25はブルース&ソウル・レコーズ誌の発売日です。表紙がビートルズというのは、この雑誌からすればメジャー昇格感が半端ないですが(笑)、「ブルース&ソウルのアーティスト達が取り上げたビートルズ」という、本誌らしい切り口の巻頭特集です。英エイス・レコードが、「Black America Sings」シリーズのビートルズカバー集第2弾「Let It Be - Black America Sings Lennon, McCartney & Harrison」を発売したのを受けての特集。このCDを作ったトニー・ラウンスへのインタビューを始め、bsr 誌おすすめビートルズ・カバー特集をCD付きで展開します。僕も何曲かカバー挙げているので是非見て下さい。

表紙にビートルズと一緒に写っているのは、モータウンのシンガーだったメアリー・ウェルズ。ビートルズのメンバーのお気に入りのシンガーで彼らのツアーの前座も務めたメアリーとのショットを持ってくるとはなかなかいい感じです。

あと、「ブルース&ソウルが流れる店」のコーナーでは、最近僕がよくお邪魔している中野坂上のバー、LODI(ローダイ)を紹介させてもらいました。ルーツロック系の選曲が中心なのでブルース&ソウルのお店というわけではないのですが、マスターはそういう音楽もお好きで、わりかしよくかかります。地ビールがとてもうまいのでおすすめですよ。

さて、先週末はピーター・バラカン氏のライブマジックでサニー・ランドレス他濃い音楽を堪能し、その前の週は今年で28回目を迎えるカントリーゴールドフェスを熊本で見てきました。それは改めて報告させてもらいますね。

-----

ブルース&ソウル・レコーズ 132号
2016年10月25日発売
¥1,600+税
http://books.spaceshower.net/magazine/m-bsr/bsr-132

表紙 ビートルズとメアリー・ウェルズ

特集 ビートルズとブラック・ミュージック
来日公演から50年、映画『ザ・ビートルズ〜EIGHT DAYS A WEEK』の公開、公式ライヴ盤のリマスター再発、そして英エイス・レコードからは黒人シンガーたちによるビートルズ・ソング・カヴァー集第2弾が登場と、今年も話題が相次ぐビートルズ。本誌ならではの切り口で、ビートルズの音楽を見つめてみます。

★ピーター・バラカンが語るビートルズとブラック・ミュージック
★ビートルズ・カヴァー・コンピCD制作者、トニー・ラウンス(英エイス・レコード)インタヴュー
★乗り込んだのはロックン・ロール発射台─ビートルズに影響を与えたアーティストたち
★時代を築き上げた創造のキャッチボール─モータウン・レコードとビートルズ
★注視するほど見えてくるソウルズヴィルの影─スタックス・レコードとビートルズ
★天真爛漫にファンキー 五人目のビートルズ─ビリー・プレストン
★ビートルズ・カヴァー50選─本誌ライター10人が推薦する黒人シンガー/ミュージシャンによる独創的なカヴァー

【付録CD】AND WE LOVE THEM - COVERS OF THE BEATLES SONGS
ブラック・ミュージックのアーティストたちによるビートルズ・カヴァーを収録。〈イエスタデイ〉〈イエロー・サブマリン〉〈ヘイ・ジュード〉〈サムシング〉〈ロング・アンド・ワインディング・ロード〉など、あの名曲がソウルフルに、ファンキーに生まれ変わっています。
(音源提供:ワーナーミュージック・ジャパン)

1. ESTHER PHILLIPS: And I Love Him
2. LINDA JONES: Yesterday
3. BLACK HEAT: Drive My Car
4. THE WATTS 103rd ST. RHYTHM BAND / Yellow Submarine
5. FATS DOMINO / Lady Madonna
6. WILSON PICKETT / Hey Jude
7. ARTHUR CONLEY / Ob-La-Di, Ob-La-Da
8. CLARENCE REID / Get Back
9. KING CURTIS / Something
10. ARETHA FRANKLIN / The Long And Winding Road

【その他の主な記事】
●[インタヴュー]ファンタスティック・ネグリート「黒人ルーツ音楽はポップ・カルチャーのDNAだ」
●[インタヴュー]エディ・スタウト〜イーストサイド・キングス「見過ごされてきた素晴らしいアーティストにチャンスを与える」
●[語りたい逸品]アーロン・ネヴィル『Apache』
●[語りたい逸品]4枚組コンピレーション『Mississippi Juke Joint Blues』
● サザン・ソウル・ディープ・コレクション〜ナッシュヴィルのレーベル、SSSインターナショナルに残されたサザン・ソウル傑作がCD再発
● 新作アルバム・リヴュー──ファンタスティック・ネグリート/イーストサイド・キングス/ボビー・ラッシュ/ケニー・ニール/リル・エド&ブルース・インペリアルズ/キャンディ・ステイトン 他
● 子供たちにブルースを! BLUES CAMP REPORT

【連載】
☆ 好評連載 トータス松本 1本のカセットから 第16回 特別対談企画 ゲスト 鈴木啓志
☆ なんてったってインディ・ソウル 蔦木浩一×齋藤雅彦
☆ フード・フォー・リアル・ライフ〜歌詞から見るブルース&ソウルの世界/中河伸俊
☆ 小出 斉の勝手にライナーノーツ「PHILLIP WALKER & LONESOME SUNDOWN」
☆ リアル・ブルース方丈記/日暮泰文
☆ 鈴木啓志のなるほど! ザ・レーベル VOL.61 「V-Tone」
☆ ゴスペル・トレイン「マリオン・ウィリアムズ」/佐々木秀俊+高橋 誠
☆ BLUES IS MY BUSINESS no.208/吾妻光良
☆ いづみやの曲追い酩酊談/佐々木健一
☆ 原田和典の魂ブチ抜き音楽
☆ 文聞堂書房〜古書掘りコラム/出田 圭
☆ ICHIのチタリン・サーキット最前線
☆ International Music Stroll〜世界の音楽にぷらりと出会おう/ワダマコト
☆ モアリズム ナカムラの20××年ブルースの旅 第13回「中田健」
☆ ニッポンの。国内アーティスト新譜紹介/妹尾みえ
☆ ブルース&ソウルが流れる店
☆ Ain’t That Good News 国内ライヴ/イヴェント情報ほか
1

2016/10/13

リー・フィールズ初来日  R&B/ソウル

ビルボードライブに久しぶりのソウル系の来日公演が決まりました。リー・フィールズです。

1951年、ノースキャロライナ州出身。1969年にはレコードをリリースしているベテランながら、恐らく日本のソウル・ミュージック・ファンにその名が知られるようになったのは、1990年代になってからのことではないでしょうか?1994年発行の「U.S. Black Disk Guide」(ブルース・インターアクションズ刊)の中で鈴木啓志さんは、英エイスから再発となった彼のアルバム「Enough Is Enough」を取り上げ、「79年にニュー・ジャージー州プレインフィールドの超マイナーから出されたものだが、93年になったこうして広く聞かれるべくアルバムが出されるとは思わなかった。」とコメントしています。ビルボードライブもなかなか渋いところをついてくるものです。レコード・デビューから50年近く経っての初来日となります。

その声質とファンキーなサウンドからリトル・ジェイムズ・ブラウンとの愛称でも知られ、ブラウンの伝記映画『ジェームス・ブラウン 最高の魂を持つ男』(原題:Get On Up; 2014年)でも、音楽でクレジットされています。

2000年。シャロン・ジョーンズ&ザ・ダップキングスで知られるダップトーン・レコードから数枚のシングルをリリースし、更に注目を集めるようになりました。現時点での最新アルバムはトルース&ソウル・レコーズからの「Emma Jean」(2014年)。11月には、それに続く新譜も出る予定で、そこに収録予定の楽曲”Special Night”が先行でSound Cloudに公開されています。なかなか力の入ったソウルなので、ぜひ聴いてみてください。

BIG CROWN RECORDS
Lee Fields & The Expressions - Special Night
https://soundcloud.com/bigcrownrecords/01-special-night-digital-master

ビルボードライブ東京での公演。ビルボードライブ大阪は予定が入っていないようですので、日本での公演は1夜限りなのでしょうか?公式サイトには、10/12現在、まだ来日公演情報は一切上がっていません。

【公演詳細】
リー・フィールズ
Lee Fields
会場:ビルボードライブ東京
日時:2016年11月22日(火)
1stステージ開場17:30 開演19:00
2ndステージ開場20:45 開演21:30

チケット
サービスエリア 8,900円
カジュアルエリア 7,400円
10/20 11時一般予約開始
10/13 11時Club BBL 先行予約開始

【ビルボードライブ・ウェブサイト】
http://www.billboard-live.com/pg/shop/show/index.php?mode=detail1&event=10256&shop=1
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ