2016/8/21

洪水被害に遭ったヘンリー・グレイに支援を!  ブルース

クリックすると元のサイズで表示します
Henry Gray at Ponderosa Stomp, April, 2004
(c) Photo by Masahiro Sumori.

ルイジアナ州南部で大洪水が起こり、被害が出ています。これは、1,000年分の量にも匹敵する雨がたった2日間で降ったことによるそうで、米国地質調査所の6箇所の計測地点で洪水水量の記録が更新される事態となっているとのこと。

州都バトンルージュ周辺の被害が特に甚大だそうで、この地域に住むミュージシャンにも被害が及んでいます。ラリー・ガーナーやニール一家にも浸水の被害が出ているそうですが、一番酷い被害に遭ったと思われるのはブルース・ピアニストのヘンリー・グレイです。昨年久々の来日もした彼は現在91歳。彼の自宅は1.5mの高さまで浸水してしまいました。幸い彼はボートで救出され、ひ孫の家に避難して無事ですが、所有物が全てダメになってしまったそうです。

1998年のアルバム「A Tribute to Howlin’ Wolf」がグラミー賞にノミネートされた際に授与されたメダリオンまでもが、略奪者に金庫ごと持ち去られてしまったとのこと。悲しすぎます。

長年バトンルージュのブルース・シーンで存在感を示してきた彼ですが、1940年代から60年代にかけてシカゴを拠点とし、シカゴ・ブルースの黎明期から全盛期にかけてハウリン・ウルフやマディ・ウォーターズのバンドなどで活躍しました。今となっては、その時代を知る数少ない生き証人です。

ヘンリーを支援するため、ブルース・ハーピスト、プロデューサーとして著名なボブ・コリトーが支援サイトを立ち上げました。今回の洪水は、91歳のご高齢のヘンリーにはあまりにも過酷な経験だと思いますが、ファンの皆さん、支援しませんか?よろしくお願いします!

【ヘンリー・グレイ支援サイト(Help Blues Legend Henry Gray)】
https://www.gofundme.com/2k3359w

----

【参考情報源】
ヘンリー・グレイ(Henry Gray)について
http://black.ap.teacup.com/sumori/1637.html
http://black.ap.teacup.com/sumori/1603.html

ヘンリー・グレイ&エディー・ショウ来日公演レポート
http://black.ap.teacup.com/sumori/1641.html

Baton Rouge musicians Henry Gray, Larry Garner, and the Neal family affected by flooding
The Advocate
http://www.theadvocate.com/baton_rouge/entertainment_life/music/article_35dbf09a-64c6-11e6-b1a6-571e126c4504.html
1



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ