2016/3/7

今年のJapan Blues Festival  ブルース

いまや、来日ブルースマンを出演させるブルース・フェスティバルとしては唯一となってしまった青森のJapan Blues Festival。今年の開催が発表されました。今回は早かったですね。

Japan Blues Festival 2016
日程:2016年7月22日(金)、23日(土)
青森市 青い海公園特設会場(JR青森駅から徒歩5分)
出演:Charlie Love(チャーリー・ラヴ)、Crystol Robin(クリストル・ロビン)
   他

今年で、このフェスは14回目を迎えます。青森駅から程近い海沿いの公園で「青森安潟みなとまつり」の一部として開催されるこのフェス。僕は3回行きましたが、非常にいい雰囲気でいい音楽が楽しめるのですが、入場は無料(今年の詳細はまだわかりませんが)。それで14年も続いているのは、すごいことですよね。

出演者については、恐らくこれから追加で発表になっていくと思いますが、現在発表されているチャーリー・ラヴは、1956年シカゴ生まれの60歳。シルキー・スムース・バンドを率いてキングストンマインズなどシカゴのクラブ・サーキットで活躍するシンガー/ギタリストです。シカゴ・ブルースのコアなファンの間では人気も上々です。作品にはリーダー作として「So Happy I Could Cry」(1988年)があります。

クリストル・ロビンについては情報がないのですが、チャーリー・ラヴのバンドのキーボーディストのようです。単独での出演なのか、チャーリー・ラヴと一緒に出演するのかはわかりませんが、情報を待ちたいと思います。

チャーリー・ラヴ公式サイト
http://www.charlieloveblues.com/

フェス公式サイト(3月7日現在、まだ今年の情報は掲載されていません。)
http://aomori-jbf.com/

----

【関連記事】
Japan Blues Festival 2015レポート(2015/8/8)
http://black.ap.teacup.com/sumori/1640.html

Japan Blues Festival 2015開催概要 (2015/6/4)
http://black.ap.teacup.com/sumori/1626.html

今年もJapan Blues Festival、開催されるそうです。(2015/3/27)
http://black.ap.teacup.com/sumori/1609.html

Japan Blues Festival 2014開催(2014/4/9)
http://black.ap.teacup.com/sumori/1512.html

Japan Blues Festival 2013レポート (2013/8/15)
http://black.ap.teacup.com/sumori/1434.html

Japan Blues Festival 2013(青森)終了しました。 (2013/7/23)
http://black.ap.teacup.com/sumori/1432.html

[2016/06/19追記]
チャーリー・ラヴについて「過去に来日したこともある」と記載しておりましたが、今回が初来日であるとのことです。その記述は削除しました。失礼しました。
0

2016/3/3

ブルース銀座のお引越し  ブルース

先日の書き込みでも触れましたが、ブルース銀座が移転しました。

新URL http://bluesginza.web.fc2.com/

移転は、これまで利用してきたJCOMがウェブスペース提供のサービスを終了することに伴うものです。JCOMは2017年1月31日をもってウェブスペース提供を終了するとしています。

JCOM「BLOGari、WebSpaceサービス終了のお知らせ」
http://notices.jcom.co.jp/notice/10073.html


これまで積み上げてきたコンテンツをそっくり移すことができる無料のサーバを検討した結果、FC2を使用することとしました。これまでJCOMに置いてきたHTMLページをそっくりFC2に移動しました。移動しただけで、基本的デザインも内容もそのまんまです。

ただ、URL以外の変更点としては、以下があります:

----
[新サーバ移行における変更点]

1)トップページのカウンターがない
一応これまではアクセス数のカウンターがついていましたが、殆ど意味がなかったので、FC2で引き続き使えるカウンターがあるかは検討しませんでした。もちろん閲覧する人には何の影響もないです。

2)「FC2ホームページ」と「広告」の表示
全てのページのフッター下に「Powered by FC2ホームページ」と小さく記載されています。見る人にとって邪魔にならないレベルですので、影響はないと思っています。
その他、スマートフォンで見た場合のみ、広告が表示されます。これは正直言って鬱陶しいですが、そもそもぶる銀はレスポンシブ・デザインに対応もしておらず、パソコン画面で見ることを前提に作ったウェブページです。スマホで広告が邪魔だなと思ったら、パソコンかタブレットでお願いします。そちらの方が画面の大きさ的にも見やすいはずです。
月々300円ほど支払えば広告を消すこともできるんですが、そこまでのもんではないだろうと判断しました。すみません。

3)コンテンツアカウントの統合
JCOMサーバでは、原則的に1アカウント10MBまでという容量制限があり(小さいねぇ〜)、可能な限り設定変更で拡張していたものの、それでも制限を超えてしまったので、アカウントを2つに分けていました。そのためゲイトマウス・ブラウン、フェントン・ロビンソンのディスク・ガイドなど一部コンテンツが本アカウント(bluesy)とは異なる分室的なアカウント(bluesy2)に分散していました。
FC2では、容量は1GBまでOKなため、分散したものをひとつのアカウント下に統合しました。URLとしては判りやすくなりましたし、僕も管理がしやすくなりました。もちろん、内容は変わっておりません。

----

[移転後の対応]
とりあえず、新URLへのリダイレクトページを用意しました。但し、これは.htaccessのようにサイト丸ごとリダイレクトできるものではないので、トップページ(日本語と英語)と主要なコンテンツ(4つのディスク・ガイド、およびニューオーリンズ・ジャズフェス・レポート)のトップページのみ個々にページを用意することで対応しています。これらのページの旧URLにアクセスすると、移転した旨を記載したページが表示され、10秒後に自動的に新しいページにリフレッシュされるようになっています。
これらのリダイレクトページは2017年1月31日で消えてしまいますので、リンクやブックマークの更新はお早めにお願いします。

[今後の更新]
これまで通り、日々のニュース的なものは主にこのブログで更新していきます。ディスク・ガイドはFC2サイトで更新を続けます。l今後FC2に新たな特集コンテンツを上げる可能性もあります。
このブログ、並びにBBS(ともにteacup)、その他一部写真コンテンツを上げているFlickrのURLは現時点では変更はありません。
移転に伴う微修正により必要なリンクの更新はわかる限りやりましたが、なにぶん手作業ですので抜けがあるかもしれません。デッドリンクに気がつかれたらご一報いただけると嬉しいです。

では、今後とも宜しくお願いします。
Blues Ginza 陶守正寛
1

2016/3/1

ブルース銀座は20周年を迎えました  ブルース

今月はブルース銀座にとって特別な月です。立ち上げてから20周年を迎えるのです。近年、更新情報はこのブログ中心の展開ではありますが、よく長いこと続いたなあと我ながら感心します。いつも見てくれてありがとうございます。そのブログも今年で開始11年目です。

1996年3月、友人が立ち上げたインターネット関連会社のサーバーを間借りする形で、ブルース銀座は産声をあげました。当時はWindows95リリース直後のWWW(Worldwide Web)元年。ウェブはまだ日本の世間一般に浸透しておらず、音楽業界でも大手のレコード会社も含め、独自のウェブサイトを持つのは珍しい時代でした。僕は、コンピュータ系の会社に勤めていましたが、それでもウェブを見ることができるパソコンは社内にも少なく、わざわざ他の部署まで行って見せてもらっていたように記憶しています。

そんな状況でしたから、ブルースを取り上げたウェブサイトなど国内にはほぼ皆無。ブルース専門ウェブマガジンという触れ込みでブルース銀座を立ち上げると結構珍しがられ、雑誌に取り上げてもらったりもしました。え?それだけで?今では考えられないですよね。ブルース銀座の原点は、一ファンの視点から草の根的にブルースの良さを紹介していきたい、その思いに尽きます。それは20年経った今も変わっていません。

ウェブページ作成に関し何の知識もなかった僕は、友人に教えてもらいながら入門書とにらめっこしhtmlコードをシコシコ書き、ページを更新していました。あの当時はホームページ作成ツールやテンプレートも大したものはなかったのです。もちろんまだブログというものもありませんでした。GoogleもYouTubeもFacebookもまだありません。インターネットへのアクセスは、電話回線を使って行っていた時代です。深夜のテレホーダイ、覚えていますか?

ブルース銀座を通じて、大好きなブルースのアーティスト、レコード、コンサート、ライブハウスなどなど微力ながら紹介してきました。今は亡きパークタワー・ブルース・フェスティバルの公式サイトもこのブルース銀座に作らせてもらいました。

そういう活動を通じて、音楽ファンの人たち、アーティストたちとも交流が生まれました。それは僕の貴重な財産だと思っています。インターネットの黎明期はプライバシーの敷居も低かったので、突然コネも何もないミュージシャン本人からポロっとメールをもらったりすることもあったのです。海外の無名アーティストから「日本ツアーをしてみたいんだけどプロモーターを紹介してくれないか?」などとメールをもらうこともありました。いきなりそんなこと言われてもなぁなんて思ったりもしましたが(笑)。

最近は、個人がウェブページを作るということ自体が流行らないのでしょうか。過去10年以上に渡ってブルース銀座を置いてきたJCOMが来年早々にウェブスペースの提供を停止するそうです。そのため、20周年を機に新しいサイトに引っ越しました。サーバは変わっても、今後も続けます。

ブルース銀座 新URL http://bluesginza.web.fc2.com/

まあ、それほど更新はしないかもしれないですが、これまでのアーカイブも財産ですので。最近でもゲイトマウス・ブラウンなど、ディスク・ガイドはまだ更新していますし。

尚、このブログはURLの変更はありません。

20年経って、インターネットを取り巻く状況も、ブルースのシーンも大きく変貌しました。残念ながら、ブルース全盛期を支えた大物たちが次々とこの世を去り、以前に比べてブルースのシーンはだいぶ寂しくなってしまいました。でも、そういう状況だからこそ、伝えるべきものは伝えないと、盛り上げていかないと、そう感じています。まだまだ、あまり知られていないいい音はたくさんあります。そういう音を少しでも多くの人たちに紹介できれば本望です。

今後も状況は変わっていくでしょうが、可能な限り今後もブルース銀座は続けていきたいと思いますので、宜しくお願いします。ご意見などありましたら、お気軽にお寄せくださいね。
6



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ