2015/5/26

Rest in Peace, Mr. Randy Chortkoff  ブルース

クリックすると元のサイズで表示します
Randy Chortkoff
at Pasadena Blues Fest., Jul. 23, 2006
(c)Photo by Masahiro Sumori

ちょっと日が経ってしまいましたが、これは個人的には触れなければならない大きなニュースです。

カリフォルニアのブルース・レーベル、デルタ・グルーヴ・プロダクションズの社長であり、ハーモニカ奏者のランディ・チョートコフが2015年5月5日、ロサンゼルスで亡くなりました。65歳でした。

ブルースのシーンが全般的に勢いを失う中、デルタ・グルーヴは、10年以上の長きに渡り、LAのブルース・シーンの生きのいいサウンドを紹介し続けてくれました。レーベルの運営は彼一人でやっていた訳ではありませんが、彼の思いとプロデューサーとしての実力が原動力となっていたのは間違いなく、今後どうなってしまうのか、心配です。

チョートコフがデルタ・グルーヴを興したのは約15年ほど前。それ以前は主にプロデューサーとして、アーティストの作品の制作に関わっていました。自主制作で作った作品を既存のレーベルに売り込むスタイルで作品をリリースしました。

彼がデルタ・グルーヴ以前に手がけたアーティストには、ビリー・ボーイ・アーノルド(アリゲーターからリリース)、ファイニス・タスビー(エヴィデンス・ミュージックよりリリース)、キング・アーネスト(同じくエヴィデンス・ミュージックよりリリース)、フランク・ゴールドワッサー(独クロスカットよりリリース)などがあります。

自身もハーモニカ奏者でありながら、デルタ・グルーヴ設立後もリーダー作を作ることはなく、他のアーティストを支える縁の下の力持ち的な役回り。しかし、レーベルでリリースされた作品にはしばしばサポート・ミュージシャンとして参加して来ました。デルタ・グルーヴではマニッシュ・ボーイズを皮切りに、ハリウッド・ブルー・フレイムズ、ロッド・ピアッツァ、エルヴィン・ビショップなどなど数多くの素晴らしい作品を発表してきました。またロック寄りの別レーベル、エクレクト・グルーヴを立ち上げ、アナ・ポポヴィッチなどを手がけています。

昨年末の12月14日に、デルタ・グルーヴから「Seasons Greetings from Delta and Eclecto Groove Music」と書かれたメルマガが届きました。社交辞令的なクリスマスメッセージかとスルーしそうになりましたが、読んでみてビックリ。チョートコフ本人より肝臓がんで闘病中であることを告白する内容でした。そこには完治する見込みであることが記されていたのですが、こんなにも早くお別れが来るとはショックでした。

表舞台に好んで出てくる人ではなかったため、これを読んだ方の中には「それ、誰?」と首をかしげている人もいることでしょう。LAのブルース・シーンにおいても、プレイヤーとしてバリバリ活躍していたという感じではなく、僕もデルタ・グルーヴが2004年に作品をリリースし出だすまで、彼のことは知りませんでした。

2006年にパサデナでマニッシュ・ボーイズのライヴを見た際、彼がハーモニカ・プレイヤーの一人として登場しました。僕が彼を生で見たのはそのとき一度きりでした。

しかし彼のブルース・シーンに残した足跡は、非常に大きいと思います。彼の功績に感謝と敬意を表して、追悼文を書きました。安らかにおやすみ下さい。
1



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ