2015/3/31

ブラサキ3@中野ブライトブラウン  ブルース

クリックすると元のサイズで表示します

3月も今日で終わりです。このひと月、僕も見られていないものも色々ありますが、いいライヴがとても多かったですね。

素晴らしかったウィリアム・ベルの初来日は別途レポートしますが、3月24日には、中野ブライトブラウンへブラサキ3のライヴを聴きに行きました。

2012年にビッグ・ジェイ・マクニーリーの来日公演をサポートをし、2014年にはジュエル・ブラウンをフィーチャーした新譜が好評を得た、日本のジャンプ&スウィング・バンド、BLOODEST SAXOPHONE(ブラサキ)。普段はレギュラー・メンバー6人に加え、ピアノに伊藤ミキオを加えた7名編成で活動することもあるものの、より身軽にギグを行っていくためのライト・バージョンのユニットとして、甲田“YOUNG CORN”伸太郎(ts)、Shuji(gt.)、THE TAKEO(upright bass)の3人という小編成で最近やりだしたのだそう。

ストレートで泥臭いシカゴ系ブルースが中心のブライトブラウンが、この日ばかりはスウィング感溢れるちょっとおしゃれな雰囲気に変わりました。

"Stardust"で色っぽくしっとりとスタートしスタンダード中心の選曲。Shujiのオリジナル"SNK Shuffle"は、サックスとギターのユニゾンが決まり、気持ちよくスウィングしました。"Flying Home"は小編成でも賑々しくやってくれました。

サンタナの哀愁のヨーロッパという変化球もあったりして、楽しいライヴでした。アンコール前ラストの"Tequila"では甲田氏の求めに応じて客席も皆で「テキーラ!」

アンコールは、大スタンダードながらこれまでなぜかブラサキでもやったことがなかったという"On A Sunny Side of the Street"で締めました。時間は1セットのみ70分程度と短めでしたが、チャージは500円というお値打ち価格。Shujiさんによると「お試し価格」なのだそうです。

彼らのライヴは、4月18日、再度ブライトブラウンであります。ご機嫌ですので、ご都合の付く方はぜひぜひ足をお運び下さい。

また、ここで知ったのですが、ブラサキとジュウェル・ブラウンの共演盤「Roller Coaster Boogie」がめでたく、欧米でも発売になりました。日本ではBLOODEST SAXOPHONE feat. Jewel Brownとなっていますが、米国盤を見たら、逆にJEWEL BROWN feat. Bloodest Saxophoneとなっており、ジュウェルが主役扱いです。そのため、インストのFlying Homeがカットされているなど、若干曲目が違うようです。


クリックすると元のサイズで表示します
日本盤ジャケ
クリックすると元のサイズで表示します
米国盤ジャケ

もうひとつ、ブラサキはジュウェル・ブラウンと一緒に今年7月のフジロック・フェスティバル(苗場)への出演も決定しました。それ以外のジュウェルとの日程は発表されていませんが、是非やってほしいですね。

----

中野ブライトブラウン
http://www011.upp.so-net.ne.jp/nakano-BB/


----

ブラサキ3
Tue., March 24, 2015

Stardust
Night Train
Cocktails for Two
Europa (Santana)
Blue Moon
SNK Shuffle
Trav'lin' Light
Swing to Bop
Flying Home
Only You (The Platters)
Tequila
-encore-
On the Sunny Side of the Street

----

クリックすると元のサイズで表示します
甲田“YOUNG CORN”伸太郎

クリックすると元のサイズで表示します
Shuji

クリックすると元のサイズで表示します
THE TAKEO


----

[Personnel]
甲田“YOUNG CORN”伸太郎(ts)
Shuji(gt.)
THE TAKEO(upright bass)
1

2015/3/27

今年もJapan Blues Festival、開催されるそうです。  ブルース

青森市のJapan Blues Festival、今年もやるそうです。今年で13回目を迎える青森商工会議所青年部の方々が企画するこのフェス、日程は7月24日(金)、25日(土)の2日間とのこと。まだ詳細は明らかになっていませんが、ヘッドライナーにシカゴのギタリスト、ジミー・バーンズが決定したそうです。ソウル・フレーバーも効いた逸材です。

彼は、虎ノ門あったKIKI’S PUBの今は亡きオーナー、エディー・ストーファー氏が2000年に2度招聘したことがありましたが(最初のときは兄のエディ・バーンズも一緒に来ました)、来日すればそれ以来15年ぶりとなるはず。2008年にJapan Blues Festivalに出演が決まったものの、奥様の病気でキャンセルになっています。

同じ週末に苗場ではハウリン・ウルフ・トリビュートがあるし、7月末はブルース・ファンには目が離せない時期になるようです。
東京公演もやってほしいなぁ。

Jimmy Burns with the Dave Herrero Trio Live in Turkey, performing "No Consideration"
https://www.youtube.com/watch?v=dU6NN_3Y66A

Jimmy Burns - Stop the Train
https://www.youtube.com/watch?v=DEoTz784pMk

Jimmy Burns - Shake for Me
https://www.youtube.com/watch?v=YcJWmJXYyWg

クリックすると元のサイズで表示します
初来日時のJimmy Burns
(2000.2.6, 渋谷ON AIR EAST)
key.はNat Dove
(c)Photo by Masahiro Sumori.
2

2015/3/25

Mike Garner & Neil Billington2度目の来日決定  ブルース

クリックすると元のサイズで表示します

昨年5月に初来日し、懐深いサウンドで盛り上げてくれたニュージーランドのブルース・デュオ、マイク・ガーナー(gt., vo.)&ニール・ビリントン(harp, vo.)。今年も来日することが決定しました。前回は東京のみでしたが、今回は関西、名古屋にも行く予定です。

今回もアコースティックのカントリー・ブルースっぽいスタイルから、エレキのバンドまで多彩な内容で今回も楽しませてくれるでしょう。詳細は未定な部分もありますが、現在決まっているスケジュールは下記の通りです:

---
Mike Garner & Neil Billington
Japan Tour 2015


6月4日(木)横浜 Sourire(スリール)
https://www.facebook.com/pages/Sourire/799425130152303
Tel. 045-315-6788
バンド:ZZ'Z(GOBOH 鈴木-ds.、庄司厚人-gt.、新井武士-b.)
前売り3,000円 一般3,500円

6月5日(金)東京 Crawfish バンド:ZZ'Z
http://crawfish.jp/
Tel. 03-3584-2496
バンド:GOBOH 鈴木-ds.、庄司厚人-gt.、藤沢健一-b.
チャージ:3,000円

6月6日(土)東京 Crawfish 
Master's Choiceイベント出演
*Special Guests* Mike Garner & Neil Billington with the Crawfish All-Star Band
http://crawfish.jp/
Tel. 03-3584-2496
開演:17:00
チャージ:1,500円

6月10日(水)神戸 James Blues Land
http://jamesbluesland.jp/
Tel. 078-371-2720
チャージ:3,000円(前売/当日共)

6月11日(木)京都 Stardust Club
http://stardustclub.jimdo.com/
Tel. 075-221-2505
対バン:APE & CLOWN
 (羽田ネコハチ純-vo., hp., 反町信之助-gt.,vo.)
開演:20:30
チャージ:2,000円

6月12日(金)大阪 Howlin’ Bar
http://www.howlinbar.com/
Tel. 06-4808-2212
バンド:落合康夫、松田ゑびす、大森英二
チャージ:3,000円(前売/当日共)

6月13日(土)名古屋 Slow Blues
http://www.slowblues.com/
Tel. 052-704-5815
バンド:チャビィ小林-gt.、 松井-b.、マイケル下山-ds.
チャージ:3,000円

※開演時間は記載のないものは全て20:00より

---

【初来日公演ライブレポート】
2014/5/26
Mike Garner & Neil Billington at Foxhole 
http://black.ap.teacup.com/sumori/1532.html

---

【プロフィール】
マイク・ガーナー(Mike Garner)は、イギリス出身でニュージーランド在住のプロ・ブルース・シンガー/ソングライター/ギタリストで、ブルースマンとして40年近い経験を持つベテラン。オーストラリアやニュージーランドのブルース・フェスティバルやイギリスその他の欧州諸国やアジア等幅広く演奏活動を行っている。今回は初来日となる。マイクは、アコースティック・ギター、エレクトリック・ギター、リゾネーター・ギター、ハーモニカの他にマンドリンやその他の弦楽器を演奏。米国の有名なアコースティック・ブルースの巨匠ダグ・マクラウドは、「ニュージーランドに行く楽しみの一つは、マイク・ガーナーの演奏を見れること、マイクはいいね」と賞賛している。
ウェブサイト: http://www.mikegarner.co.nz/

ニール・ビリントン(Neil Billington)は、ニュージーランドが生んだ有数のハーピストであることは彼の経歴からお分かりだろう。ニールは、伝統的なブルースとクロマチック・ハープの両方を得意とし、リトル・ウォルター風シカゴ・ブルースからベルギーのジャズ・ハーモニカの巨匠トゥーツ・シールマンスのような繊細なジャズまでこなす。ニュージーランドのジャズ・マエストロであるロジャー・フォックスのビッグ・バンドから、ジャズ・コンボ、エレクトリック・ブルースのバンド、フォークやルーツのバンドまで実に様々なミュージシャンと共演している。自身のバンド「ザ・ニール・ビリントン・バンド」は首都ウェリントンでは有名だ。古い戦前ブルース、シカゴ・ブルースのハーピストの曲、アメリカのバラード名曲、チャーリー・パーカーやマイルス・デイビス等のジャズのスタンダード曲までと多くをカバーしている。ハーモニカという面白い楽器に自らの愛する音楽を演奏することでディープなソウルを吹き込む名人技は素晴らしい。彼の演奏を聴いた多くの観客は「ハーモニカがあんな音とは知らなかった!」と口にする。

---
6/4/2015追記
各公演の開演時間、チャージ、バンドなどの情報を追加、更新しました。
0

2015/3/23

オーティスを追悼したウィリアム・ベル  R&B/ソウル

いよいよ、今週末3月28、29日とウィリアム・ベルの初来日公演が行われます。彼の代表曲といえば"You Don't Miss Your Water"、あるいは最大のヒット曲"Tryin' To Love Two"ということになりますが、僕には彼がオーティス・レディングに捧げた"A Tribute To A King"が特に印象に残ります。

オーティス・レディングは1967年12月10日、飛行機事故によりキャリアの絶頂期に26歳の若さで他界しました。彼がその3日前にレコーディングした"(Sittin' on) The Dock of the Bay"は1968年1月8日にリリースとなり、同年3月16日に彼にとっては初となるビルボード・チャートのトップの座を獲得。

その快挙とほぼ同時期、ウィリアム・ベルの"A Tribute To A King"はリリースされました。こちらは86位とさほど大きなヒットとはなりませんでしたが、事故死から僅か3ヶ月でのリリース。オーティスへのベルの思いが溢れ出る名曲となっています。

ベルは2つ年下のオーティスをキングと称して功績を称え、その死を悼んだのです。2人は同じスタックス所属のレーベルメイトであり、"You Don't Miss Your Water"をオーティスがカヴァーするなど、結びつきが深かったのでした。

拙訳ですが、歌詞を日本語で書き出してみました。来日公演でこの曲をやってくれるかは判りませんが、やったら泣けちゃうなぁ、きっと。

---

William Bell
A Tribute To A King
Words & music by Booker T. Jones & William Bell
Stax 248
Released March 12, 1968

皆、聴いてくれ
とある男のうたを歌うから
彼はいい人生を送ったが
それは長くは続かなかった

彼はジョージア州メイコンに生まれ
無一文の貧しい子どもだった
彼はメンフィスにたどり着き
"These Arms Of Mine"を歌った

彼の名前はオーティス、オーティス・レディングだ
彼のソウルフルな歌声がなければ
この世界は違って見えたに違いない

彼はサンフランシスコからニューヨーク
海外へと飛び回り
どこへ行っても人々は
彼に歓声を贈った

ある日彼はジョージアを旅立ち
ウィスコンシンへ向かった
しかしその晩彼が歌うことはなかった
彼を乗せた飛行機が墜ちてしまったから

彼はソウルミュージックの歌手
メンフィス・サウンドのキングだった
とても悲しい気持ちになるよ
もう彼はいないのだから

彼はギターを手元に携えて
息を引き取った
しかし、彼の魂は
今日も無数のファンの心に生き続けている

彼の名前はオーティス、オーティス・レディングだ
彼の肖像は
音楽の殿堂に飾られるべきだろう

オーティス、彼はビッグOの愛称で親しまれた
オーティス、君を失って寂しいよ
ああ、オーティス
君を失って寂しいんだ


Irving Music, BMI Administered outside the US by Warner Tamerlane Publishing Corp.
Japanese translation by Masahiro Sumori.

YouTube-A Tribute To A King - William Bell
https://www.youtube.com/watch?v=G4nUzXWqw9c
1

2015/3/20

訃報: Samuel Charters, 1929-2015  ブルース

音楽研究家のサミュエル・チャーターズ(サム・チャーターズ)が3月18日、スウェーデン・オールスタの自宅で亡くなりました。85歳でした。死因は不応性貧血(あるいは骨髄異形成症候群; myelodysplastic syndrome)という聞きなれない病名ですが、骨髄で作られる血球の異常という難病だそうです。

1950年代以降のブルースの歴史における彼の功績は大きく、ブルース・ファンならば少なからずともその恩恵を受けていると言えるのではないでしょうか。

1929年8月1日、ピッツバーグ生まれのアメリカ人ですが、1960年代後半にベトナム戦争に嫌気が差したことを機にスウェーデンに移住。以後、スウェーデンを拠点として活動を行っていました。

1950年代に出版した、「The Country Blues」が注目を浴び、1960年代のフォーク・ブルース・ブームの火付け役になったといわれています。また、1958年にはバハマに渡り、ジョセフ・スペンスを初めて録音、世界に紹介しました。同時期にライトニン・ホプキンズを再発見したことでも知られています。

1960年代半ばには、生々しい現在進行形のブルースを捉えた3部作「Chicago/The Blues/Today!」をプロデュース。ジェイムズ・コットン、オーティス・ラッシュ、オーティス・スパン、ジョニー・ヤングなどの演奏を捉えたこの作品は、ブルース・ファンのバイブル的な存在として、広く親しまれています。

また、スウェーデン移住後は、スウェーデンのソネット・レーベルで、「Legacy of the Blues」シリーズをプロデュース。スヌークス・イーグリン、アール・キング、ライトニン・ホプキンズなどのレコーディングをリリースしました。その他、ソネットではオーティス・ラッシュの「Troubles, Troubles」という現地録音のアルバムもプロデュースしています。

近年は以前のように話題にのぼることも少なかったですが、亡くなったと聞きさびしい思いがします。

ご冥福をお祈りします。
0
タグ: Obituary blues



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ