2013/10/30

アトランティック・ソウルがぎっしり「Soul Deep」  R&B/ソウル

クリックすると元のサイズで表示します

コアなソウルがぎっしり詰まった2枚組CD「Soul Deep Deluxe Edition」が9月25日、発売となりました。ワーナーのオンライン・ショップ、ワーナー・ダイレクト限定という形でのリリースです。

「ソウル・ディープ」とは、もともと1970年代に桜井ユタカ氏の選曲・監修のもとリリースされたディープ・ソウルのLP。アトランティック音源を中心とした構成で、1972年にVol. 1が出て、1977年のVol. 3まで出ています。僕はその当時を知りませんが、ソウル・ファンの間ではソウル・ミュージックの決定版的なLPとして重宝されたそうです。

それから30年以上の歳月を経て登場したこのCD。とは言え、これはストレートなCD化とは全く違います。オリジナルLPリリース当時、アトランティック傘下だったレーベルの中には、その後アトランティックを離れたものもあり、権利関係上、そのまま収録できないトラックもあったようです。

それならばということで、選曲は一からやり直されています。結果、曲目は大幅に入れ替わり、殆どアトランティックに絞られた内容になっていますが、その多くはこれまでシングル盤でしか聴けなかったトラック。ベスト盤的なコンピレーションとは次元が違うのです。1966年から1973年までの楽曲で構成されています。

今回、選曲を行ったのは鈴木啓志氏。桜井氏をよく知る鈴木さんは、桜井氏の精神を引き継ぐ形でこのプロジェクトに臨んだのでしょう。残念なことに、このCDがリリースとなる寸前に桜井氏は他界されました。

レアものとは言っても、鈴木さん渾身の選曲だけあって、どのトラックもキラキラ輝いています。駄曲などありません。ディスク1は、マッスルショールズ録音集。ある意味、先日発売された鈴木さんの著書「ゴースト・ミュージシャン」のサウンドトラックのようでもあります。鈴木さんは、やはりアトランティックはマッスルショールズで成功したレーベルだからこそ、まず冒頭でたっぷり紹介したいとの思いが強かったようです。対するディスク2はニューヨーク、デトロイトなどへ広げた内容となっています。

鈴木さんによる11ページに渡るライナーノーツも読み応えがあり、その文章量はライナーのレベルを超えてあたかも「ゴースト・ミュージシャン」の続きを読んでいるかのようです。

あと、音とは関係がないのですが、このCDはパッケージにも惹かれますね。通常のCDサイズでもなく、LPサイズでもない、なんと7インチシングルサイズの紙ジャケ見開きなのです。もちろんライナーノーツのブックレットもシングル盤サイズです。

では、そのサイズのパッケージにCDがどうやって入っているかと言うと、こうなのです。
クリックすると元のサイズで表示します

シングル盤ベースで選曲されたCDだけに憎い演出ですね。

惜しむらくは、ブックレット記載の楽曲のデータが判りにくいこと。ミュージシャン・クレジットやシングル盤の番号はきちんと書かれていますが、オリジナルのシングル盤以外にLPやCDに収録されたことがある曲なのか、一見して判りません。ライナーノーツも楽曲毎の解説はあるにはあるのですが、文章量が多い上に文中で曲名が箇条書きになっていないので、個々の曲の説明がどこにあるのか、探すのが結構大変。

例えばクラレンス・カーターの"The Road Of Love"は、アルバム「The Dynamic Clarence Carter」収録の同曲とは全く別バージョンであり、初CD化なのですが、ぱっと見でそれが判りません。確かにライナーの中にはそのことが書かれてはいるのですが。初CD化は売りになるのですから、外から見ても一目瞭然にしてほしかった。

もうちょっと、メリハリの利いたブックレット構成だとよかったですね。欲を言えばですが。

CDは下記のウェブページから購入出来ます。お店では売っていないので、お間違いないよう。

ワーナー・ミュージック・ダイレクト本店
http://shop.wmg.jp/items/WQCD-40

ソウル・ディープ〜デラックス・エディション
SOUL DEEP: DELUXE EDITION
価格: 4,200 円 (税込;送料込)
監修・解説:鈴木啓志/2013年デジタル・リマスタリング

[DISC 1]
1. Don Covay & The Goodtimers - I Stole Some Love
2. Otis Clay - Do Right Woman, Do Wright Man
3. Otis Clay - You Don't Miss Your Water
4. Clarence Carter - I'm The One
5. Clarence Carter & Candi Staton - If You Can't Beat 'Em
6. Margie Alexander - Can I Be Your Main Thing
7. Margie Alexander - It Can't Last Forever
8. Ted Taylor - Baby Come Back To Me
9. Ted Taylor - Feed The Flame
10. Z.Z. Hill - (Home Just Ain't Home At) Suppertime
11. Aretha Franklin - My Song
12. Ben & Spence - Get It Over
13. Mighty Sam - I've Got Enough Heartaches
14. J. P. Robinson - Don't Take My Sunshine
15. Clarence Carter - The Road Of Love
16. Clarence Carter - The Few Troubles I've Had
17. Rudy Mockabee - Cheer Up (Daddy's Coming Home)
18. The Lovelles - Pretending Dear
19. Percy Sledge - They Don't Know
20. Gloria Walker & The Chevelles - Please Don't Deserve Me Baby
21. Nancy Butts - Please Please Tell Me Baby
22. Lorraine Johnson - If You Want Me To Be More Of A Woman, You've Got To Be More Of A Man
23. Peggy Scott - One Night Is All I Need
24. Peggy Scott & Jo Jo Benson - I Can't Say No To You

[DISC 2]
1. Ben E. King - I Swear By Stars Above
2. Ben E. King & Dee Dee Sharpe - We Got A Thing Going On
3. Dee Dee Sharpe - A Woman Will Do Wrong
4. Soul Brothers Six - What Can You Do When You Ain't Get Nobody
5. Eddie Floyd - Drive On
6. Hoagy Lands - Baby Come On Home
7. Les Cooper & Soul Rockers featuring Guy Turner - Thank God For You
8. Johnny Newbag - The Poorer The Man(The Richer His Love)
9. Mike Williams - Love Have Mercy
10. Leon Haywood - You Know What
11. Leon Haywood - Clean Up Your Own Backyard
12. Darrell Banks - I Wanna Go Home
13. Ed Robinson - Temptation's 'Bout To Get Me
14. Earl Paradise - You're All I Need
15. Otis Clay - Pouring Water On A Drowning Man
16. Winfield Parker - What Do You Say?
17. Herman Hitson - You Are Too Much For The Human Heart
18. Don Hollinger - Until I Find You
19. James Carr - I'll Put It On You
20. James Carr - Hold On
21. Na Allen - Thanks For Nothing
22. Otis Clay - Is It Over
23. The Soul Clan - Soul Meeting

クリックすると元のサイズで表示します
4



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ