2013/4/13

The Jim Kweskin Jug Band 50周年記念ツアー  ブルース

昨晩は、ジム・クウェスキン・ジャグバンドを見に行って来ました。楽しかった。50周年ということはバンド・メンバーはもう70歳前後。なのに、皆元気でいきいきしていました。何より、本人達が楽しそう。適度に肩の力は抜けた感じがよかったです。

クリックすると元のサイズで表示します
The Jim Kweskin Jug Band at Thumbs Up
Yokohama Jug Band Fest., Apr. 13, 2013
(c)Masahiro Sumori


マリアとジェフが一緒に歌うのが見られたのも、嬉しかった。別々には何度も来ているけど、一緒に来日するのは久々。もうないと思っていただけに、感激。なんだか、うるうるしてきました。二人はジムを挟んで微妙な距離感があったのですが、Sweet Sueではマリアがジェフのとなりまで回って来て、ジェフの声を高くするためのヘリウムガス缶をを吸わせて一緒に歌うという見せ場もありました。

最後は、Stealin' Stealin'を。客席も大合唱で一体感を感じる中、終演となりました。

彼らの熱烈なファンがいかにたくさんいるか、実感したライブでもありました。会場は思ったより広かったのですが、知り合いもミュージシャンの人もたくさんの人が来てました。終演後のサイン会も盛況。僕ももらいましたが、たくさんのサインをしているにも関わらず、みんな1つ1つ丁寧にサインしているんですよね。

クリックすると元のサイズで表示します


取り急ぎ、昨日やった曲です:

The Jim Kweskin Jug Band
50th Anniversary Reunion Tour

Nihombashi Mitsui Hall
Tokyo, Japan
Date: April 12, 2013

[1st set - 19:15 - 20:00]
1. Boodle Am Shake (vocal-Jim)
2. I Ain't Gonna Marry (vocal-Maria)
3. Jug Band Music (vocal-Geoff, Maria)
4. Papa's on a House Top (vocal-Jim)
5. Morning Blues (vocal-Jim)
6. Wild About My Lovin' (vocal-Geoff)
7. Garden of Joy (vocal-Maria)
8. Caravan (featuring Bill Keith)
9. Blues in the Bottle (vocal-Jim)
10. Minglewood (vocal-Geoff)

[2nd set - 20:20 - 21:20]
11. Rag Mama Rag (vocal-Jim)
12. Richland Woman Blues (vocal-Maria)
13. Fishing Blues (vocal-Geoff)
14. The Sheik of Araby (vocal - Jim, Maria)
15. Guabi Guabi (Jim & Geoff)
16. Amazing Graces (Richard)
17. Boll Weevil (vocal-Geoff)
18. I'm A Woman (vocal-Maria)
19. Sweet Sue (vocal-Geoff, Maria)
20. Blues My Naughty Sweetie Gives To Me (vocal-Jim)
-encore-
21. Eight Miles to Louisville (vocal-Jim)
22. Stealin' Stealin' (vocal-Geoff)

[Personel]
Jim Kweskin - guitar, vocals
Geoff Muldaur - guitar, mandolin, vocals, kalimba, kazoo, washboard, etc.
Maria Muldaur - vocals, kazoo, tambourine
Bill Keith - banjo
Richard Greene - fiddle
Taro Inoue - mandolin
Yoshihiro Arita - banjo, guitar
Brent Nussey - double bass

【2013.4.16 追記】
翌日4月13日(土)、彼らは横浜ジャグバンドフェスにも登場しました。フェスティバルなので、やる時間も短めかめかと思いきや、東京公演と同じ曲目をフルでやりました。東京公演の1部と同じ内容をサムズアップで、2部は同じ階にある本多劇場に場所を移して行われました。

どちらも日本橋三井ホールと比べれば非常に小さい会場。出入り自由なので、まぁすごいすし詰め状態でしたね。でも、幸運にもどちらもいい位置で見ることができました。

曲目は同じでも、フェスティバルはホールの落ち着いた感じとは全く異なり、非常にいい雰囲気でした。客席の熱気はムンムン、カジュアルな設定はジャグバンドとしては、よかったと思います。サムズアップでは、モニターの音量調節がうまく行かず、演奏が中断したりもしてましたが、まぁそれもああいう場では付きものでしょう。

ジムは、他のメンバーより、かなり早めに会場に到着したようで、サムズアップ前で気軽に写真撮影に応じたり、ビブレ前でライブを見たりしてました。はしゃいだりする感じではないですが、嬉しそうでしたね。

横浜公演の写真はここに載せました:
http://www.flickr.com/photos/sumori/sets/72157633235617151/
3



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ