2013/4/13

The Jim Kweskin Jug Band 50周年記念ツアー  ブルース

昨晩は、ジム・クウェスキン・ジャグバンドを見に行って来ました。楽しかった。50周年ということはバンド・メンバーはもう70歳前後。なのに、皆元気でいきいきしていました。何より、本人達が楽しそう。適度に肩の力は抜けた感じがよかったです。

クリックすると元のサイズで表示します
The Jim Kweskin Jug Band at Thumbs Up
Yokohama Jug Band Fest., Apr. 13, 2013
(c)Masahiro Sumori


マリアとジェフが一緒に歌うのが見られたのも、嬉しかった。別々には何度も来ているけど、一緒に来日するのは久々。もうないと思っていただけに、感激。なんだか、うるうるしてきました。二人はジムを挟んで微妙な距離感があったのですが、Sweet Sueではマリアがジェフのとなりまで回って来て、ジェフの声を高くするためのヘリウムガス缶をを吸わせて一緒に歌うという見せ場もありました。

最後は、Stealin' Stealin'を。客席も大合唱で一体感を感じる中、終演となりました。

彼らの熱烈なファンがいかにたくさんいるか、実感したライブでもありました。会場は思ったより広かったのですが、知り合いもミュージシャンの人もたくさんの人が来てました。終演後のサイン会も盛況。僕ももらいましたが、たくさんのサインをしているにも関わらず、みんな1つ1つ丁寧にサインしているんですよね。

クリックすると元のサイズで表示します


取り急ぎ、昨日やった曲です:

The Jim Kweskin Jug Band
50th Anniversary Reunion Tour

Nihombashi Mitsui Hall
Tokyo, Japan
Date: April 12, 2013

[1st set - 19:15 - 20:00]
1. Boodle Am Shake (vocal-Jim)
2. I Ain't Gonna Marry (vocal-Maria)
3. Jug Band Music (vocal-Geoff, Maria)
4. Papa's on a House Top (vocal-Jim)
5. Morning Blues (vocal-Jim)
6. Wild About My Lovin' (vocal-Geoff)
7. Garden of Joy (vocal-Maria)
8. Caravan (featuring Bill Keith)
9. Blues in the Bottle (vocal-Jim)
10. Minglewood (vocal-Geoff)

[2nd set - 20:20 - 21:20]
11. Rag Mama Rag (vocal-Jim)
12. Richland Woman Blues (vocal-Maria)
13. Fishing Blues (vocal-Geoff)
14. The Sheik of Araby (vocal - Jim, Maria)
15. Guabi Guabi (Jim & Geoff)
16. Amazing Graces (Richard)
17. Boll Weevil (vocal-Geoff)
18. I'm A Woman (vocal-Maria)
19. Sweet Sue (vocal-Geoff, Maria)
20. Blues My Naughty Sweetie Gives To Me (vocal-Jim)
-encore-
21. Eight Miles to Louisville (vocal-Jim)
22. Stealin' Stealin' (vocal-Geoff)

[Personel]
Jim Kweskin - guitar, vocals
Geoff Muldaur - guitar, mandolin, vocals, kalimba, kazoo, washboard, etc.
Maria Muldaur - vocals, kazoo, tambourine
Bill Keith - banjo
Richard Greene - fiddle
Taro Inoue - mandolin
Yoshihiro Arita - banjo, guitar
Brent Nussey - double bass

【2013.4.16 追記】
翌日4月13日(土)、彼らは横浜ジャグバンドフェスにも登場しました。フェスティバルなので、やる時間も短めかめかと思いきや、東京公演と同じ曲目をフルでやりました。東京公演の1部と同じ内容をサムズアップで、2部は同じ階にある本多劇場に場所を移して行われました。

どちらも日本橋三井ホールと比べれば非常に小さい会場。出入り自由なので、まぁすごいすし詰め状態でしたね。でも、幸運にもどちらもいい位置で見ることができました。

曲目は同じでも、フェスティバルはホールの落ち着いた感じとは全く異なり、非常にいい雰囲気でした。客席の熱気はムンムン、カジュアルな設定はジャグバンドとしては、よかったと思います。サムズアップでは、モニターの音量調節がうまく行かず、演奏が中断したりもしてましたが、まぁそれもああいう場では付きものでしょう。

ジムは、他のメンバーより、かなり早めに会場に到着したようで、サムズアップ前で気軽に写真撮影に応じたり、ビブレ前でライブを見たりしてました。はしゃいだりする感じではないですが、嬉しそうでしたね。

横浜公演の写真はここに載せました:
http://www.flickr.com/photos/sumori/sets/72157633235617151/
3

2013/4/12

4月になって…  音楽全般

teacupが3月いっぱいでツイッター連携サービスを止めてしまったそうで。途端、このブログも妙に淋しくなってしまいました。これからは、ツイッターで呟いたことも、こっちでも書けということだな。

4月10日、シカゴ・ブルースのギタリスト/シンガー、ジミー・ドーキンズが亡くなったそう。76歳でした。詳細が判ったら改めて書き込みます。日本には1975年のブルースフェスと2000年のチャリティ・ライヴ、レインボウ・チルドレン・ブルース・ガラ出演のために来日しています。そのときの写真がこれ。最後に出演者が皆出て来てジャムったときのもので、ドーキンズさんは、もうギターを置いてますが、その横でハーモニカを吹いているのは、千賀太郎くんです。もう13年も前なんですねぇ。ハイタイド・ハリスもいます。最近、彼はどうしているんでしょうね。

クリックすると元のサイズで表示します
RAINBOW CHILDREN'S 1st Annual BLUES GALA
At On Air East, Shibuya, Tokyo, Feb. 6, 2000


さて明日は(というかもう今日!)、日本橋三井ホールまでジム・クウェスキン・ジャグ・バンドを見て来ます。郵送されて来たチケットに同封されていた公演のチラシ、折り畳んであるのを開いてみたら、これポスターになってたんですね。全く気づいてなかった。これはかっこいいわ。

クリックすると元のサイズで表示します


しかし、結成50周年を経て、存命のメンバーが揃って来日って、本当すごいわ。やるメンバーもすごいけど、招聘したトムズ・キャビン、えらい。フリッツ・リッチモンドもきっと天から見つめているでしょう。

特にジェフ&マリア・マルダーを一緒に見る日が来るとは夢にも思わなかったです。4月10日にあった大阪公演も盛り上がったみたいだし、超楽しみです。

会場の座席数は678席ですが、前売り券は完売。若干の立ち見当日券が模様。
1

2013/4/2

シュギー・オーティス、59歳にして復活。来日公演レポート  ブルース

期待3割、不安7割くらい?いや2割、8割くらいだったかも。シュギー・オーティスの来日公演。70年代のソロ作以降、殆ど目立った動向が伝わって来なかった人ですから、同じ様な心境で会場に向かった人が多かったのではないでしょうか?

1971年に父親ジョニー・オーティスのバンドの一員として初来日。1989年7月には、山岸潤史、ボビー・マクルーアらとのセッションで来日しており、今回はそのとき以来、約24年ぶりの来日となります。ソロ・アーティストとしては初です。

定刻通りにステージに現れたバンドの面々。勿体ぶることもなく、シュギーも一緒に出てきました。黒い服に黒のレザーブーツ。近影よりも短めな髪をオールバックにし、ビシッと決めている。おお!思ったより元気そうです。

ドウモアリガト!と開口一番日本語であいさつしたシュギーは、"Inspiration Information"からライヴをスタート。ホーンセクション3人付きの7人編成のバンドで、音の層は厚い。なかなかいい感じです。メンバーには弟のニック・オーティス(ds.)、息子のエリック・オーティス(gt.)もいます。シュギーはなかなかの熱唱ぶり。もちろんアルバムでも歌っているけど、あまり「歌手」というイメージではなかったので、新鮮でした。

しかし、ギター・ソロになると、いきなりミスタッチがあったり、音がきちんと出ていなかったり、ちょっと「およよよ?」と思ってしまう状況。あー、やっぱりブランクがありすぎたのか?幸いプレイも次第に切れが出てきて、速弾きフレーズも気が付けば、さらさらとプレイしていました。安定感という点では、不安は残るものの、ギターの腕前は落ちていないようです。

ギターはテレキャスター系のナチュラル色のソリッドギター。上の方から眺めていたら、彼の前にはワウと思われるペダル2つを含む9つのエフェクターが床に直置きでずらずらと並んでました。

3枚のソロ作に加え、今度リリースとなる未発表曲集「Wings of Love」の曲目も含め、ライヴは進行します。6曲目で、ギターをセミアコ(恐らくエピフォン)に持ち替え、ブルースをやりだすとプレイの切れ味は格段にアップしました。ソウル、ファンクなどいろいろやる人だけど、やはり基本はブルースなんですね。B.B.キングばりのソロが冴えわたっていました。

アンコールはやはり"Strawberry Letter 23"。しかし、この曲は彼の一番有名な曲とは言え、締めにはちょっとなぁと思っていたら、最後は"Ice Cold Daydream"でファンキーにド派手に締めてくれました。ジミヘンばりにグイングイン弾きまくり、しまいには床に寝そべってプレイする白熱ぶり。まだバックの演奏が続く中、いきなりギターをステージ上に置いて去って行ってしまうというやや唐突な幕切れではありましたが(ここら辺はエキセントリックな性格なのかな?と思わせました)、充分存在感を示してくれたと思います。

新しい作品を作ってまた来てほしいと思いました。祝復活、祝来日!

Shuggie Otis
Billboard Live Tokyo
March 31, 2013
2nd set

[Setlist]
( )内は収録アルバム
1. Inspiration Information (Inspiration Information)
2. Tryin' To Get Close To You (Wings Of Love)
3. Sparkle City (Inspiration Information)
4. 〜Miss Pretty (Inspiration Information, *bonus track)
5. Aht Uh Mi Hed (Inspiration Information)
6. Sweetest Thang (Freedom Flight)
7. Me & My Woman (Freedom Flight)
8. Picture of Love
9. Wings of Love (Wings Of Love)
10. Doin' What's Right (Wings Of Love)
-encore-
11. Strawberry Letter 23 (Freedom Flight)
12. Ice Cold Daydream (Freedom Flight)

19:30 - 20:50 showtime (20:40 - 20:50 encore)

[Personnel]
THE SHUGGIE OTIS RITE
Shuggie Otis - guitar, vocals
James Manning - bass
Russell Stewart - keyboards
Eric Otis - guitar
Albert Quon Wing - tenor sax
Michael James Turre - baritone sax, flute
Larry Douglas - trumpet
Nick Otis - drums

【来日公演情報】
http://billboard-live.com/pg/shop/show/index.php?mode=detail1&event=8389&shop=1
2013年3月31日(日)、4月1日(月) ビルボードライブ東京 (各2回ステージ)

【その他のレポート】
シュギー・オーティス@ビルボードライブ東京 2013.3.31 (sun)
A Challenge To Fate
http://blog.goo.ne.jp/googoogoo2005_01/e/f63f05b40248c48cc4bb446530010fae

Shuggie Otis @ビルボード東京 2013.4.1 2nd Stage
Takashi Ikegamiさん
http://aaranbee.blog29.fc2.com/blog-date-20130402.html

オーディエンスも放心、シュギー・オーティスの火を噴くような轟音
BARKS(写真付き)
http://www.barks.jp/news/?id=1000088929


【公式サイト】
http://shuggieotisofficial.net/

※セットリストはソニーミュージックよりご提供いただきました。ありがとうございます。第1部も曲目は全く同じだったとのことですが、アンコールはなく、"Strawberry Letter 23"と"Ice Cold Daydream"は通常の曲目として演奏されたそうです。
1

2013/4/1

3月31日 のつぶやき  Twitter

bluesginza http://twitter.com/bluesginza
3月31日 つぶやきまとめ


22:40
ま、所詮インストアなので、かぶり付きと後ろの差は僅か数メートルだからな。拘りはないっす。“@Yukoorg: むう…。嘘臭いな〜。気が付いたらとか言う辺りがww”
2013/03/31 Sun 22:40 From Twitter for iPhone Yukoorg宛

22:34
いや全然狙ってないです。期せずして早めに着いてしまい、気がついたら一番前にいた。図体がでかいのが視界を遮ってしまって後ろの人に申し訳なかったわ。“@Yukoorg: 何が結果的にはって!始めから狙ってたくせにwww”
2013/03/31 Sun 22:34 From Twitter for iPhone Yukoorg宛

22:25
まあ、結果的には…w。“@Yukoorg: やっぱりかぶりつき?w”
2013/03/31 Sun 22:25 From Twitter for iPhone Yukoorg宛

22:24
満席とは行かないまでも、そこそこ埋まってたように思います。8割くらいの入りでしょうか。結構盛り上がってたし、雰囲気はよかったです。“@masato_swing: レポありがとうございます!人の入りはどうだったのでしょうか?味を占めて次回は関西も来てくれることを期待”
2013/03/31 Sun 22:24 From Twitter for iPhone masato_swing宛

22:11
シュギー、Inspiration/Informationから始まった立ち上がり、ちょっとあれれ?と思うところもあったけど、セミアコのギターに持ち替えてブルースをやったあたりから、俄然調子が上がってきた。いろんなことやるけど、やっぱり基本はブルース・ギタリストなんだな、と思った。
2013/03/31 Sun 22:11 From Twitter for iPhone

21:43
シュギー・オーティス、あまり期待していなかったのもあるけど、かなりよかったです。ミスタッチや機材のトラブルはありましたが、ギターの腕は全く衰えてないとみました。歌もこんなに歌えたんだっけ?と思った。場数踏めば、今後の活動にも期待できそうです。3管で音の層の厚いバンドもよかった。
2013/03/31 Sun 21:43 From Twitter for iPhone

19:06
スティーブ・フォーバート、渋谷タワレコのインストアは短い時間ではあったけど、思ってた以上に力強いパフォーマンスでした。明日のクラブクアトロ公演も期待できそう。Romeo's Tuneはそのときまでおあずけ、かな? http://t.co/VImOmVvFIR
2013/03/31 Sun 19:06 From Twitter for iPhone

16:26
ngngngng www“@killin_jive: @Yukoorg よし、頑張って撮るw。NGなのはHDにしまったままに...。”
2013/03/31 Sun 16:26 From Twitter for iPhone killin_jive宛

15:59
そうですか。それを聞いて安心しました!“@fiftybells: ご無沙汰しています。シュギ―、リハーサルを観る限りでは、期待していただいて大丈夫だと思います。後ほど。”
2013/03/31 Sun 15:59 From Twitter for iPhone fiftybells宛

14:27
ウサ爺かw。“@moraculous: @bigchief_tetsuo www テヴィンさん、前歯が大きいので、年取ったウサギみたいでしたw”
2013/03/31 Sun 14:27 From Twitter for iPhone moraculous宛

14:22
希望します!AC/DCの悪魔角でもいいす。“@Yukoorg: ご、ご希望とあらば…(;^_^A”
2013/03/31 Sun 14:22 From Twitter for iPhone Yukoorg宛

14:21
僕は二部に行きます。すれ違いですね。その前にスティーブ・フォーバートを見て来ます。“@akkyacoburn: シュギー・オーティス、私は1stセットですf^_^;) RT 今日はシュギー・オーティス@ビルボードライブ。”
2013/03/31 Sun 14:21 From Twitter for iPhone akkyacoburn宛

14:10
一枚もので売ってるインパクトに負けて買ってみたけど、味はふつーの歌舞伎揚げだった。(と思う…) http://t.co/2NdvsmXj1T
2013/03/31 Sun 14:10 From Photos on iOS

14:08
昨日スキー行く途中で見つけたんだけど。横断歩道渡るときの音楽? http://t.co/gzlaZYfxB9
2013/03/31 Sun 14:08 From Photos on iOS

14:04
ウサちゃんの耳付き?“@Yukoorg: みんなー!私が東京でライブ演るアカツキにゃあ絶対観に来てくれよ!!(遠い目で…w”
2013/03/31 Sun 14:04 From Twitter for iPhone Yukoorg宛

14:02
サリーちゃんの三つ子ですよ。(ゴメン、チャヴィンさん!)“@bigchief_tetsuo: @moraculous テヴィンさん、今頃『てびん・ちゃびん・はげちゃびん』の意味を調べてますよ〜(笑)”
2013/03/31 Sun 14:02 From Twitter for iPhone bigchief_tetsuo宛

12:25
@moraculous @Tevin_Campbell てびん・ちゃびん・はげちゃびんwww。
2013/03/31 Sun 12:25 From web moraculous宛

12:22
くわばらくわばら…(爆) RT @Yukoorg @Hiroshi1957 ちょっとー!人を化け物みたいに(((^^;)
2013/03/31 Sun 12:22 From web Yukoorg宛

11:14
今日はシュギー・オーティス@ビルボードライブ。その前に3時からタワー渋谷でスティーブ・フォーバートのインストア・ライブも。 http://t.co/drpqPBwciP
2013/03/31 Sun 11:14 From web

10:51
あわわわわ…wwww“@Yukoorg: @Hiroshi1957 うわ!って何(((^^;)可愛いでしょ☆”
2013/03/31 Sun 10:51 From Twitter for iPhone Yukoorg宛

02:10
確かに駐車場っぽいですね。RT @tennend 駐車場として使っていると聞いたことがありますが、本当かどうかはわかりません。
2013/03/31 Sun 02:10 From web tennend宛

02:07
Wow, such a great loss! RT @AmeriBluesScene Legendary producer Phil Ramone passes away at 72 http://t.co/OARm7coHsy
2013/03/31 Sun 02:07 From web AmeriBluesScene宛

01:57
へえ、アスファルト舗装だけされた何もない空間なんですね。フジロック以外のときは何かやってるんですかねぇ。BBQとか? RT @tamatsu http://t.co/jnuvjg1U5m マーキーこんな感じみたいですね。雪のときはどうなんだろう。グリーンも設営してますよ。
2013/03/31 Sun 01:57 From web tamatsu宛

01:44
え?そうなんですか?結構しっかりとした建物ですよね?フロアもコンクリだったような?グリーンステージの前の方もそうですが。あれも毎回作ってるんですかねぇ?スキー場の一部はキャンプサイトだなと思いましたが。RT @tamatsu マーキーは毎年設営してるはずなので冬場は何もないはず。
2013/03/31 Sun 01:44 From web tamatsu宛

01:19
僕はびゅんびゅんとは行かず、斜面を移動する置物の様でしたwww。RT @anomee おお… わたしも以前はびゅんびゅんスキーやりました。懐かしいですー。いい景色。ありがとうー。
2013/03/31 Sun 01:19 From web anomee宛

01:17
苗場スキー場行ってみて判ったんだけど、フジロックのライヴをやっている場所とスキー場は全然違うところなんだね。じゃ、フジロックをやっているところって冬場はどうなってんのかな?レッドマーキーとか本来は何の施設なの?
2013/03/31 Sun 01:17 From web

00:50
僕もそう思います(笑)。RT @akkyacoburn すもりんとスキー、似合わん?? RT フジロック以外で苗場に来るとは思わなかった。春スキー中。 http://t.co/thN4PuOMi0
2013/03/31 Sun 00:50 From web akkyacoburn宛

0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ