2012/10/16

Allen Toussaint @ Billboard Live Tokyo (2nd day), 2012  ニューオーリンズ

ネタバレ注意です。(東京は今夜で終わりですが、明後日に大阪公演があります。)

昨日、ハプニングによりやらなかったセルフカバーのステージ。2日目で実現しました。
やった曲は下記の通りです。セルフカバー曲は()にオリジナル・アーティスト名を入れました。

Allen Toussaint Setlist
First set, October 16, 2012

All of It
 〜There's A Party Going On
Here Comes the Girls (Ernie K-Doe)
Sneaking Sally Through the Alley (Lee Dorsey)
Who's Gonna Help Brother Get Further?
Holy Cow (Lee Dorsey)
Get Out My Life Woman (Lee Dorsey)
Pretty Pretty (Dedicated to Mika Nakashima)
Medley: Certain Girl (Ernie K-Doe)〜Mother in Law (Ernie K-Doe)〜Fortune Teller (Benny Spellman)〜Working in A Coal Mine (Lee Dorsey) 〜Certain Girl (Ernie K-Doe)
Bright Mississippi
St. James Infirmary
Just A Closer Walk With Thee [featuring Gary Brown]
Soul Sister
Long, Long Journey
Southern Nights [up-tempo]
-encore-
Mr. Mardi Gras

Showtime: 19:05 - 20:26

触れ込みは「過去に他のアーティストに提供した楽曲の数々のセルフカバー」ということでしたが、要は「いつものライヴ」でした。もちろんセルフカバーの曲もありましたが、それ以外も多々です。最新アルバムの「The Bright Mississippi」からの曲が4曲と多めでしたね。タイトル曲"Bright Mississippi"では、ギターのルナード・ポッシェがトロンボーンを吹き、ソロまで取るという見せ場も。昨日は歌付きでやった中島美嘉へのトリビュート・ソングは今日はインストで。ここではルナードはリコーダーとフルートを吹きました。この人結構器用ですよね。

今回の初来日のゲイリー・ブラウンは、"Just A Closer Walk With Thee"でトゥーサンと2人だけで演奏する形で、フィーチャーされました。本当にしみ入る深みのある音色に感服です。冒頭の"There's A Party Going On"は、恐らくハリケーン・カトリーナのあと頃からよくやるようになった曲ですが、未だに録音されていません(多分)。それの替え歌的な"Mr. Mardi Gras"でこのセットは締めました。ここではマルディグラに因んで、トゥーサンがマスクを客席に投げ込んでプレゼントするパフォーマンスも。これも本来は昨日もやるつもりだったんでしょうか?

いつものライヴだけに、安定感も抜群。個人的には"Holy Cow"は嬉しかったな。ほろっと来ます。

[Personnel]
Allen Toussaint - vocals, piano
Renard Poche - guitar, trombone, flute, recorders, vocals
Herman LeBeaux - drums, vocals
Roland Guerin - bass, vocals
Gary Brown - tenor and alto saxophones, vocals
1

2012/10/16

10月15日 のつぶやき  Twitter

bluesginza http://twitter.com/bluesginza
10月15日 つぶやきまとめ


00:35
Googleのトップがまたまた凝ってる。リトル ニモか。http://t.co/aTot7j7G
2012/10/15 Mon 00:35 From web

0

2012/10/16

ビルボードライブ東京DJセットリスト  ニューオーリンズ

アラン・トゥーサンの来日公演@ビルボードライブ東京、初日の10月15日 セカンドセット前の休憩時間にDJをやらせてもらいました。多分かけた曲はだいたいこんな感じです。曲順は違うかもしれませんが、メモっていなかったので失礼。

『陶守正寛のDJセットリスト』Oct. 15, 2012
Earl King - Lets Make A Better World (3:07) 1977
Eddie Bo - A Shoot From The Root (6:24) 1996
Rebirth Brass Band - Let's Go Get 'Em (4:39) 2011
Tin Men - Lulu's Back In Town (2:16) 2003
Egg Yolk Jubilee - Lazy River (5:30) 2008
Marcia Ball - Party Town (4:16) 2008
Dr. John - My Indian Red (4:48) 1992
New Orleans Rhythm Conspiracy - Just Like That (3:48) 2007
Lee Dorsey - I'm Gonna Sit Right Down And Write Myself A Letter (2:30) 1968
Snooks Eaglin - Lipstick Traces (3:18) 1989
Tommy Ridgley - I've Heard That Story Before (3:55) 1995
John Boutté - Foot Of Canal Street (3:39) 2008
Earl King - Street Parade (3:14) 1972 (released in 1987)
¡Cubanismo! - Mardi Gras Mambo (4:12) 2000
Professor Longhair - Mardi Gras In New Orleans (2:57) 1972
Creole String Beans - You Never Can Tell (2:28) 2009

予定では持ち時間は45分だったので、10曲もかけられないと思っていたのですが、バンドの登場が予定より遅れたので、随分沢山かけられちゃいました。なるべくニューオーリンズっぽいものを選んだつもりですが、楽しんで頂けたかな?

ご清聴ありがとうございました!
アラン・トゥーサンは本来ファースト・セットでは他者に提供した曲のセルフカバーをやる予定だったのですが、セカンドでやるはずのサザンナイツをやってしまうというハプニングがありました。でも演奏は相変わらずよかったです。特にサックスのゲイリー・ブラウンが非常にいい音していました。(ライブ終了後、本人に聞いたら日本に来るのは今回が初めてだそうです)

セカンドでは、サザンナイツのアルバムが終わったあと、リー・ドーシーやプロフェッサー・ロングヘアの曲など盛り沢山でやってくれて大変盛り上がりをみせました。明日ご覧になる人、楽しみにしてて下さい!
4



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ