2011/5/31

5月30日 のつぶやき  

bluesginza http://twitter.com/bluesginza
5月30日 つぶやきまとめ


19:36
ファイナルカット制作時点でロジャーとデイヴの関係は恐らくかなり悪化していたはず。いやいや付き合った作品をよく言う人はいませんわなぁ。僕はそんなに悪い作品だとは思いませんが。RT @telecas52 デヴィッド・ギルモアも駄作と言っている
2011/05/30 Mon 19:36 From web

19:26
ロジャーの独裁化ということでは、ファイナルカットは遥かに進行していますね。ウォールはソロっぽいけど、ファイナルは完全にソロ。RT @telecas52 曲の雰囲気が非常に近いと思います。「ザ・ウォール」に収録出来なかった曲を繕った感じ。デヴィッド・ギルモアも駄作と言っている。
2011/05/30 Mon 19:26 From web

19:24
なるほど。でもそれを言っちゃうとロジャーの作品は皆一緒、という結論になってしまう気がw。テーマは全く違うし、僕には同じ作品ぽくは感じません。RT @telecas52 まず曲自体が陰鬱なメロディーと暗いヴォーカル、そしてまるでロジャー・ウォーターズのソロアルバムのようである。
2011/05/30 Mon 19:24 From web

19:12
それはなぜですか?興味あります。RT @telecas52 PINK FLOYD の「ファイナル・カット」は、2枚組アルバム「ザ・ウォール」の3枚目だと思う。
2011/05/30 Mon 19:12 From web

0

2011/5/28

5月27日 のつぶやき  

bluesginza http://twitter.com/bluesginza
5月27日 つぶやきまとめ


12:55
サム・ムーアまた来るのかぁ。がんばるねぇ。一度くらい観に行こうかな。http://bit.ly/aYPcmq
2011/05/27 Fri 12:55 From web

2011
7.26tue. コットンクラブ
Open 6:00pm / Start 7:30pm
¥9,500〜

7.27wed. ブルーノート東京
[1st]Open5:30p.m. Start7:00p.m.
[2nd]Open8:45p.m. Start9:30p.m.
¥8,400(税込)

[Personnel]
Sam Moore(vo)
Callaway(vo)
Naomi Margolin(vo)
Tabitha Fair(vo)
Larry Etkin(tp)
William Harris(sax)
Kiyoshi Ohno(sax)
Taisei Aoki(tb)
James Dower(key)
Mark Newman(g,vo)
Ivan Bodley(b)
Omar Martinez(ds,per,vo)

http://www.bluenote.co.jp/jp/artist/sam-moore/
http://www.cottonclubjapan.co.jp/jp/sp/110726sam/
0

2011/5/27

5月26日 のつぶやき  

bluesginza http://twitter.com/bluesginza
5月26日 つぶやきまとめ


20:50
3分の曲も、17分の曲も99セントですからね。その大雑把さがニューオーリンズらしいと思いますがw http://t.co/mpQfRKk RT @gojoh 0.99が激安すぎて間違いじゃないかとw
2011/05/26 Thu 20:50 From Twitter for iPhone

20:34
僕はオリジナルミックスに慣れすぎて、20周年リマスターを聴いて、何じゃこりゃ?と思った記憶が。きっと新しいリマスターはずっとマシなのでしょうね。“@bigchief_tetsuo: レイラの2010年リマスターVer.を聴きながら帰宅中”
2011/05/26 Thu 20:34 From Twitter for iPhone

12:57
節電節電っていうけど、要は他のエネルギーも含めて、日本人の爆食消費を改めろってことですよね。根本の生活を変えないと、ちょっとやそっと電気を消して回ったりしてもあまり意味がない気がします。だらだらとPCに向かってつぶやいている場合じゃないか...
2011/05/26 Thu 12:57 From web

12:54
アルバムまとめてダウンロード購入すると$14.99、曲をバラバラに全曲買うと$6.93。まとめ買いでお得って言うのはよくあるけど、その逆は初めて見た(笑)。http://bit.ly/iHN0pL
2011/05/26 Thu 12:54 From web

01:59
おお、いいですねぇ。是非作ったら公開して下さい!ちなみにうちには過去のニールのライブで買ったTシャツが2種類。どちらも結構気に入ってます。RT @Neil_Gang ナイスなニール・ヤングTシャツってあんまりないから自分で作ってみたい。
2011/05/26 Thu 01:59 From web

0

2011/5/26

5月25日 のつぶやき  

bluesginza http://twitter.com/bluesginza
5月25日 つぶやきまとめ


20:30
am/pmはファミマと合併して消えゆく運命ですから。“@Kaz_2ndSt: あれ?千代田のampm店閉めたの?”
2011/05/25 Wed 20:30 From Twitter for iPhone

13:29
まだちょっとしか見てないけど、こんな映像が残っているだけですごいよね。“@bayougate: い、いや11曲!!これは、資料映像???http://t.co/RxoD85kここからスタート。”
2011/05/25 Wed 13:29 From Twitter for iPhone

12:58
昨日のWWOZで中継されたアーマ・トーマスのライブを聴きました。さすがに以前ほどには声の張りがない気もしたけど、元気ですね。アレサのChain of Foolsとか意外な選曲も混じる。At Lastをやっていたのはビヨンセの影響?また見たいな。
2011/05/25 Wed 12:58 From web

12:55
これから先週末にかけて雨ばっかじゃん。週末には学校の運動会があって、予定ギチギチなのに!こういう時に限って天気予報がピタリ当たったりするんだよね。勘弁して!
2011/05/25 Wed 12:55 From web

08:44
おお!RT @barakanmorning #nowplaying ARETHA FRANKLIN "YOU’RE ALL I NEED TO GET BY" 71年Fillmore Westでの伝説的なライブ映像を無料ストリーミング http://ow.ly/52eqa
2011/05/25 Wed 08:44 From web

00:52
僕は公式サイトより直接発注しました。そっちの方が送料を考えれば安いです。RT @gojoh LMFにオーダーかけねば! @bluesginza ジョニー・サンソンの新譜
2011/05/25 Wed 00:52 From web

0

2011/5/26

ジョニー・サンソンの新譜  ブルース


ジョニー・サンソンの新譜。軽く驚かされました。

彼のアルバムは一通り聴いているけど、かつてなくゴツゴツ、ハードに決めています。前作「Poor Man's Paradise」(2007)は、彼の自宅でレコーディングされた文字通り「アットホーム」なセッションだったのですが、それと対照的な音。

ジョニーはハープとヴォーカル、ドラムスはギャラクティックのスタントン・ムーア、ギターはアンダース・オズボーンで、一部で女性のコーラスが入る以外は基本的にこの3人です。アンダースはピアノやパーカッションでもクレジットされ、プロデュースもやっています。サウンドはハードとは言っても奇をてらったところはなく、シンプルなブルース基調。ニューオーリンズ色は全くありません。シンプルだけど奥行きの深さを感じさせる音。タイトル曲はサン・ハウスあたりを彷彿させるスピリチュアル的なナンバー。コーラスにも力がこもっています。

最後の1曲だけは、南部ののんびりした雰囲気を感じさせるインストで、張りつめていた空気がここでほろっと緩みます。ぶっとく歪んだ音が中心だったサンソンのハープもここでは力の抜けたナチュラルトーン。こんな終わり方も新鮮かも。

Johnny Sansone / the lord is waiting and the devil is too
(Shortstack 1009, 2011 release)

1. Sinking Ship 4:04
2. Corn Whiskey 3:23
3. Down 4:17
4. Invisible 4:22
5. Johnny and Janie 4:07
6. You Know Who 4:50
7. Where's Your Heart 2:23
8. The Lord Is Waiting And The Devil Is Too 4:55
9. Without Love 3:59
10. Leavin' 4:17

All songs by Johnny Sansone

Johnny Sansone - vocals, diatonic & chromatic harmonica
Stanton Moore - drums
Anders Osborne - guitar, background vocals, piano, tambourine, cowbell, maracas & sound effects
Elaine Foster - backup vocals
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ