2009/8/14

訃報: Willy DeVille, 1950-2009  ニューオーリンズ


1970年代から80年代にかけてミンクデヴィルを率いて活動したウィリー・デヴィルが膵臓がんで8月6日、亡くなったそうです。58歳。先日亡くなった清志郎と同じ歳です。何とも早すぎる死だと思います。

僕は正直ミンクデヴィルは当時全く興味がなかったのですが、バンドを解散し、彼がニューオーリンズ移住したあとに興味を持つようになりました。

1990年に「Victory Mixture」というアルバムを発表していますが、これがニューオーリンズR&Bの全開の作品で、名作なのです。バックをつとめるのはAllen Toussaint、Dr. John、Eddie Bo、George Porter, Jr.などなどそうそうたるメンバーで、サウンドが悪いはずがありません。

久々にこのアルバムを聴きながら日記を書いています。改めて、ニューオーリンズへの愛溢れる作品だと思います。

謹んでご冥福をお祈りします。

CBGBを支えたMINK DEVILLEのフロントマン、WILLY DEVILLEが死去
(bounce.com)
http://www.bounce.com/news/daily.php/20417

US singer-songwriter Willy DeVille dies aged 55
(AFP)
http://www.google.com/hostednews/afp/article/ALeqM5hB3g0eExz3q2GeyRk3kYVn3g8jmw

Willy DeVille: death of an icon
(Telegraph.co.uk)
http://blogs.telegraph.co.uk/culture/neilmccormick/100002298/willy-deville-death-of-an-icon/
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ