2008/7/12

James Cotton観てきましたよ  ブルース

ジェイムズ・コットン、初日の一部を観てきました。(@六本木Billboard)
よく考えてみたら、2年前にコットンクラブに来たときとバックのメンバーは全部入れ替わっています。前回マック兄弟が務めたリズム・セクションに今回はケニー・ニールの息子と弟(兄?)のニール家の2人が入ってました。

ダミ声で歌いまくって、ステージを右往左往していた昔とは別人のようになってしまったけど、70を超えてもコットンは相変わらず元気です。表情豊かに「顔で吹く」ハープは健在。顔面に張り手するようなビブラートのアクションは多少地味になっていますが、音は生き生きしています。

歌は全部ギターのスリム・アレンが歌っていました。彼のギターがまたいいんですよ。バンドとしてもまとまっていました。欲を言えば、ベースのノエル・ニールの音がちょっと堅いかなという気もしますが。

曲はかつての定番曲があまりなく(Rocket 88やHow Long Can A Fool Go Wrongあたりは入っていてもいいのになと思いましたが)、ブルースの有名曲で固められた感じですね。4月にニューオーリンズでみたときも同じ感じだったかな。こんな感じ:
Instrumental (shuffle)
After Hours
Blow Wind Blow
Strange Things Happening
Take You Downtown
That's All Right
Got My Mojo Workin'
Sweet Home Chicago
Instrumental
-
Don't Start Me To Talkin'

Mojo Workingは始まった瞬間大きな歓声が上がって盛り上がりましたね。客とのコール&レスポンスもばっちりで、コットンもしてやったりとにやにやしてましたよ。

ベテラン・ブルースマンがこうやって元気な姿を見せてくれると嬉しくなっちゃいますね。
声は出なくなっちゃったけど、スラム・アレンがソロを弾いているとき、声にならないささやくような声で"Take your time!"と煽るコットンもなかなか、貫録を感じました。

東京は明日もう一晩、その後14日(月)は大阪でやるようです。

そう言えば、会場に張り出されていましたが、9月21日、Billboardにオーティス・クレイの出演が決まったそうです。Billboard 3ヶ所ツアーするために来日するんだそうです。へー、いくらになるんだろうって思っちゃいました。

クリックすると元のサイズで表示します
James Cotton@New Orleans Jazz Fest
Apr. 26, 2008
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ