2008/7/3

死に神?それがどうした。  

今更だけど、朝日新聞が鳩山法相を死に神呼ばわりしたという件。
mixiの日記やネットの書き込みを見ていると、朝日に批判的な意見が多いようです。まぁ、なにやっても叩かれる朝日ですから、驚きはしませんが。

でも、まぁ朝日を批判する人たちって二言目には反日、左翼だって、バカの一つ覚えみたいに喚き散らすけど、他に言うことないのかねぇ。そういうあなたは、そんなにお国のために尽くしているの?って問いたいです。

僕は死刑制度には賛成でも反対でもないですが、鳩山氏の人命軽視な発言、態度には強い違和感を覚えています。ベルトコンベヤー発言を聞いたときには、こんな人に法相を任せておいていいのかと思いました。

で、素粒子ですが、あれのどこが問題なのか、全く理解できません。だって、あれは記事ではないんですから。言わば欄外の毒舌風刺コーナーみたいなもので、それを正面きってとやかくいうのはそもそもピントがずれてる。

これが問題になるようなら、風刺もできなくなっちゃうよ。鳩山氏のこれまでの言動からすれば、あれくらい言われて当然じゃない?

自分の意見を代弁してくれるような意見を見つけました。イラストレーターの松村宏氏のコラムです:

「死に神」呼ばわりされ激怒・・・するほどの?
http://www.news.janjan.jp/nigaoe/0806/0806210181/1.php

あ、念のために言っておきますが、僕は朝日を購読してはいますが、擁護するつもりは全くないです。悪いことは悪いと言えばいい。現に僕は一昨年、AERAの記事の内容について、編集部まで行って抗議してきました。
でも、この件は抗議するに値しないと思うだけです。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ