2008/7/20

ザリガニを食らってきました!  ニューオーリンズ

クリックすると元のサイズで表示します
なかなか立派に赤く茹だったザリガニたち

いやぁ、うまかったなぁ。バイユーゲイトで出てきたザリガニは、結構甲羅がしっかりしていて大きめでした。オリジナルで用意したというスパイスもニューオーリンズで食べたものと変わらず、香ってくるそのにおいに「そうそう、これこれ!」と嬉しくなりました。

梅雨明けが発表された19日、東京はルイジアナに負けず劣らずの猛暑と湿気。ザリガニ日和でした。辛いスパイスが暑さを吹っ飛ばしてくれます。
クリックすると元のサイズで表示します
山盛りになった姿が食欲をそそる

特にはさみが大きいものが多くて、はさみの中の身もしっかり食べました。まるでカニのようだった。頭の中のみそがうまかったので、吸い尽くした。(笑)一緒にゆでられたじゃがいもやトウモロコシもなかなかの美味。

ビールも進みすっかり腹いっぱいになって帰ってきたのでした。バイユーでは今後もまたやるつもりだそうですよ。皆さんもいかが?日本でニューオーリンズ風ザリが食べれるのは貴重ですよ。

クリックすると元のサイズで表示します
食べ散らかしたその後
0

2008/7/18

ニューオーリンズと言えばザリガニ!  ニューオーリンズ

クリックすると元のサイズで表示します
バイユーゲイトで振る舞われるザリガニ

ニューオーリンズといえば、ゆでたザリガニが名物。日本では滅多に食べれないこのルイジアナ名物が明日、三鷹のバイユーゲイトで食べれます。明日(7月19日)、バイユーゲイトはザリガニナイトです。

ザリガニ好きは明日はバイユーゲイトに集合だ!(ってそんなに沢山来たら大変だけど)18:00ごろから営業だそうです。

僕は早めに行く予定です。楽しみだ!ここ最近の蒸し暑さもまさに気分はルイジアナ。

バイユーゲイト
★JR三鷹駅北口徒歩1分★
TEL&FAX 0422-55-5782
〒180-0006 東京都武蔵野市中町1-17-2アビエス1F
http://bayougate.voxx.jp/

以下の写真はニューオーリンズで撮った「イメージ画像」です。(笑)


ルイジアナ風のゆでザリガニ



大鍋でゆでる
0

2008/7/17

Chuck Carbo 1926-2008  ニューオーリンズ

クリックすると元のサイズで表示します
「The Barber's Blues」(1996)

ニューオリンズのベテラン歌手、チャック・カーボが7月11日、亡くなったそうです。82歳でした。

Spiders singer Chuck Carbo, 1926-2008
http://blog.nola.com/keithspera/2008/07/spiders_singer_chuck_carbo_192.html

R&Bシーンが盛り上がる1950年代のニューオーリンズでスパイダーズのメンバーとして活躍し、インペリアル・レコードから"I Didn't Want to Do It"などのヒットを生みました。

1990年代に入ってからも、ラウンダー・レコードからアルバムを発表していました。1996年の「The Barber's Blues」は、出た当時個人的によく聴きました。是非一度ライブを観てみたいと思っていましたが、近年は闘病中だったようで、ニューオーリンズへ行っても、ライブ情報の中に彼の名前を観たことはなかったです。

出た当時に書いた「The Barber's Blues」のレビューがここに出ています。ちょうど、ブルース銀座を立ち上げたばかりの頃で、最初に作ったページの一つだったように記憶しています。
http://bluesginza.web.fc2.com/ndisk/newdisk1.html

クリックすると元のサイズで表示します
「Drawers Trouble」(1993)

久々に彼の作品を引っ張り出してきて聴いています。滑らかな声の味のある歌い手でした。もう82歳だったとは、時の経つのは早いものですね。ご冥福をお祈りします。


「The Cosimo Matassa Story」
The Spidersのヒットを収録した編集盤

0

2008/7/15

ジョン・クレアリーの来日が決まった!  ニューオーリンズ

クリックすると元のサイズで表示します
Jon Cleary at Louisiana Music Factory

ニューオーリンズで今一番熱いピアニストのひとり、ジョン・クレアリーの来日が決定しました。バッファロー・レコード主催、彼のバンドアブソルート・モンスター・ジェントルメンを引き連れての堂々たる来日ツアーです。

10/14 (Tue.) 横浜 Thumbs Up
10/15 (Wed.) 渋谷 Quattro
10/16 (Thu.) 名古屋 Bottom Line
10/17 (Fri.) 大阪 Big Cat

僕は正直言って、以前は彼のアルバムにはあまりピンと来なかったのですが、最新のライブアルバム「Mo Hippa」はかなり濃いです。プロフェッサー・ロングヘアのような昔からのR&Bファンはもちろん、ロック、ラテン、ポップ・ファンまで幅広く楽しめる内容だと思います。

そして、先日ニューオーリンズでみた彼のライブは、このアルバムそのまま。充実した演奏でした。そのメンバーで来てくれるのだから、日本でも熱いステージが期待できるでしょう。

10月にはネヴィル・ブラザーズの来日も決まっています。バッファローさんは、10月をニューオーリンズ月間で盛り上げる!と気合いを入れています。ニューオーリンズ・ファンのひとりとして、僕もその意気込みを応援したいと思っています。

チケット:前売 ¥5000、当日 ¥6000 
一般発売(会場、プレイガイドなど):8月9日より

特別優待チケット販売!!
バッファローレコードのウェブサイト限定で、一般売りから更に値引きしたチケットが先行発売されます。枚数限定ですので、早めに購入することをお勧めします。
発売期間:8月1日〜8日
特別チケット価格:¥4000(一般売りの1000円引き!)

更に同時に4枚以上買うと。。。。 1枚あたり¥3500になるそうです。  (一人に10枚まで。)
このスペシャルチケットは各公演、限定100枚(Thumbs Up:40枚)のみ販売です。

ジョン・クレアリーのライブ映像集
http://www.joncleary.com/av/index.htm

新作「Mo Hippa」の試聴は
http://www.buffalo-records.com/itemview.asp?gid=525&category=1&siteid=3

バッファロー・レコードでは、このツアーが成功すれば、今後もっとアーティストの招聘を行いたいとやる気満々です。是非、応援しようではありませんか!
0

2008/7/14

Pヴァイン・ブルース・フェス開催  ブルース

既にブルース&ソウル・レコーズに発表されていますが、ブルース・フェス開催のお知らせです。

ブルース・インターアクションズ主催の「Pヴァイン・ブルース・フェスティバル」が10月に開催されます。恒例のブルース・カーニバルも開催が見送られたお寒い状況の中で、これは嬉しいニュースですね。

出演予定は。ミネアポリスのディープ・ソウル・シンガー、ウィリー・ウォーカーとブルース・ロッカーのピストル・ピート。特にウォーカーがアルバムでも共演しているビューテインズを引き連れて来日するというのは奇跡と言っていいのではないかと思います。期待大です!

詳しくは、ここをみてね。
http://members.jcom.home.ne.jp/bluesy/news/pvbf.html
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ