2007/11/27

Squeeze Box Night@テラプレイン  音楽全般

クリックすると元のサイズで表示します


心底楽しませてもらいました!Squeeze Box Night。
(@渋谷テラプレイン, 11/24)

ケイジャンにしてもザディコにしてもコンフントにしても、日本では珍しい音楽なので、これだけ一気にライブで聴くと、よく知っているテラプレインに居ながら、「ここって一体どこ?」と思ってしまいましたよ、ほんとに。

テラプレインがあんなに盛り上がっているのを初めて見た気がしました。
あんなにあそこに人が入っているのも初めて見ました。

このイベント、昨年に続き2回目ですが、昨年は南林間で1回のみの公演。興味はあったけど、「え?みなみりんかん?どこそれ?遠そうだなぁ」と行かずじまいだったのです。

そしたら、なんとザディコ・キックスのなかばよしさんがそんな僕の心を見透かしたように
「今年は二日間やりますよ!」
「『南林間って何処?』なんて言えませんよね?」
とmixiのコミュで発言。これは行かねばと駆けつけた次第です。

でも、本当に行ってよかった。
冒頭のLAMBCHOPSは一応「オープニング・アクト」ってなっていたけど、飛ばしまくっていて、彼らが始まった時点でもう会場は熱気でムンムン。

クリックすると元のサイズで表示します
LAMBCHOPS


続いては関西からおこしのコンフントJご一行。昨年大阪に行ったとき、メンバーのスポックさんとオノリオさんの演奏はジャムセッションで聴きましたが、バンドは初めて。テックスメックス全開の世界に目からウロコでした。アンコールでやってくれた"Volver, Volver"!あーもう最高!

クリックすると元のサイズで表示します
CONJUNTO J


彼らの演奏中は客席も更にヒートアップし、ところ構わずみんなダンスしまくっていましたよ。

クリックすると元のサイズで表示します


関係ないけど、今年の3月にカリフォルニアの片田舎に行ったとき、宿泊先のホテルで地元のメキシコ人たちが生バンド入れたどんちゃん大パーティーやってて、周囲の目をかいま見ず大騒ぎしていたのですが、コンフントJのライブはそのときの記憶が蘇りました。

バンドが似てたとわけではないんだけど、ラテンの血の盛り上がり方でしたよ。

僕も盛り上がっていて細かいことは覚えてませんが、スポックさんも、オノリオさんもおもろいし、うまいわぁ。コーラスワークが特に印象的だったです。

で、トリはザディコ・キックス。客席にラブボードは回ってくるわ、客もメンバーも一体となって吠えまくるわ、ミュージシャンとお客さんの垣根が全くない盛り上がり方がいい感じです。

クリックすると元のサイズで表示します
ザディコ・キックスで盛り上がる!


クリックすると元のサイズで表示します
まだまだ!


クリックすると元のサイズで表示します
どんどんやったれ、やったれ!


クリックすると元のサイズで表示します
Oh Yeah!



そしてテラプレインならではのマスターの料理も見逃せません。この日はアメリカ南部にあわせてガンボとキャットフィッシュのフライと、そしてザリガニが用意されていました。ガンボは以前食べたので、この日は他の2つを食しました。美味しかった。本場の味とも違うマスターオリジナルの味がよかったです。なんと、ザリガニは国産だそうです。ルイジアナで食べるものより殻が固くて身がしっかりしていました。

クリックすると元のサイズで表示します


しかし、このイベントの熱気。傍から見たらかなりいっちゃってるんではないでしょうか、ねぇ。
今から来年が楽しみ。

オノリオさん、スポックさんをはじめ、関西から来ている仲間と会えたのがまた嬉しかったなぁ。
hiroさんご一家としょうちゃん、遠路はるばるご苦労さまでした。
0

2007/11/18

来年のジャズフェス  ニューオーリンズ

来年のニューオーリンズのジャズフェスが従来通り7日間に戻るそうです。おまけにトリにネヴィル・ブラザーズが戻ってくる。

2008年の日程:4月25日〜27日、5月1日〜4日
http://www.nojazzfest.com/

こういう話を聞くとなんだか嬉しくなってくるなあ。ネヴィルが見たいかとかそういう問題じゃなくてね。少しずつニューオーリンズも元気を取り戻しつつあるんだなぁって。

でも、行きたい。来年こそは。行けるかなぁ〜。
0

2007/11/15

戻りつつあるニューオーリンズの人口  ニューオーリンズ

ニューオーリンズのタイムズ・ピカユーン紙の記事によると、ここ最近ニューオーリンズは月あたり5,000人近い人口増があり、人口はカトリーナ前と比べ63%まで回復しているそうです。

Times Picayune: People still moving into New Orleans (Nov. 13, 2007)
http://blog.nola.com/updates/2007/11/people_still_moving_into_new_o.html

この数字が高いのか低いのかは何ともいえないですが、人口のレベルが回復してきているのはいいことですね。ほっとします。何よりも人が戻らなければ、市の再建も文化の継承もありえないわけですから。ニューオーリンズの近隣市、郡も含めた大都市圏では、カトリーナ前の86%まで人口は回復していると推計されるとのことです。

一方で、被害の酷かった地域とそうでない地域の間で人口回復の格差が相当出ているとか。それは仕方がないのでしょうけど、問題の根深さを感じますね。

先日、カトリーナ後のニューオーリンズのミュージシャンたちを追ったドキュメント映画「New Orleans Music In Exile」(監督はディープ・ブルースなどで知られるロバート・マッジ)を見ました。アーマ・トーマスやエディ・ボーのクラブが浸水してダメになったのは知っていましたが、その現場に本人と一緒に入るシーンでは、どちらも訪れたことのある場所だけに心がいたみました。特に、エディ・ボーのクラブはカトリーナの僅か1年前の2004年に訪れ、そのアットホームな雰囲気が気に入っていました。あのときエディーが弾いたピアノは鍵盤が下りなくなり、テーブルも椅子もひっくり返ってカビだらけになり、壁にかけてあった絵も落ちでどこかへ行ってしまったようでした。

こじんまりした店でしたが、入り口のドアを叩くと、エディー本人が出てきて、自宅へ迎え入れるように歓迎してくれたのがいい思い出です。

New Orleans Music In Exile
http://www.starz.com/appmanager/seg/s?_nfpb=true&_pageLabel=template&template_dir=/features/nomie/&template_file=content.html
http://www.amazon.co.jp/New-Orleans-Music-Exile-Ws/dp/B000RIWATO/ref=sr_1_1?ie=UTF8&s=dvd&qid=1195098194&sr=8-1

この映画、DVD化されていますが、アメリカ盤なので字幕なし、しかもリージョン1です。音楽映画ではなくドキュメンタリーなので、日本語字幕つきで出ると嬉しいのですが。
0

2007/11/13

今年も行きました、畑のコンサート  音楽全般

クリックすると元のサイズで表示します


恒例のフェスタ・イン・ビニールに今年も行ってきました。
(http://www.k3.dion.ne.jp/~u-shi/koma/festa.html)
このユニークなフェスもなんと今年で10回目。僕は4回目から毎年行っているので、7回行ったことなります。

駅からも遠い東京23区の外れにある小さな農園のビニールハウスで行われる梅津和時氏主宰のフェス。去年は9年目にして初めての雨に見舞われましたが、今年も雨になってしまいました。昨年はバスで行きましたが、今年はレインコートでばっちり身を固め、自転車で行きました。会場に着くまでは何とか小降りのままでよかったです。

今年の出演者は出演順に:
 ・こまっちゃクレズマ
 ・平井正也とガイコツ樂團
 ・めおと楽団ジキジキ
 ・おおたか静流
 ・吾妻光良トリオ

例年通り正午にこまっちゃクレズマでスタート。しかし、いつもなら1時間くらいやるところを、今回は2曲10分で、終わり。あとでおおたかさんとの「こまったか」で再登場するためでした。

クリックすると元のサイズで表示します
ハウスの中の様子


続いて平井正也とガイコツ樂團。gt., vo.の平井は、ハイトーンの歌声が見ためのイメージとギャップがありました。フォークっぽい感じでしたが、なかなかの熱唱。パートナーの渡辺勝は長いあごひげをたくわえたリンカーンのような仙人のような不思議な感じの人でした。複数の楽器を弾きこなし、一人で「ガイコツ樂團」をになっているとあって、1曲の間にピアニカに、ギターにバイオリンにと、忙しく楽器を持ち替えていました。でも、正直言って弾きこなしているのかよくわからない楽器ありましたが。(^_^;)

この日最大の収穫は次のめおと楽団ジキジキかも。全然知らなかったですが、お笑い系でネタの引き出しが多いこと!客席は終始笑いっ放しでした。ホテル・カリフォルニアと津軽海峡冬景色を合体させたホテル北津軽なんて、もう腹が痛かったです。でも、彼らがもっとすごいのは2人ともうまいこと。演奏よし、ネタよしで文句なしです。絶対おすすめです。

ここで休憩が入り、恒例のニンジン堀り(今年は大根は出来が悪いとのことでなかった)と出演者の不用品を処分するオークションコーナー。ニンジン3本で100円なり。6本持ち帰りました。

続いてはこの日の目玉の一人、おおたか静流。やはりこの人目当ての人がおおかったと見えて、ステージ前がにわかに混みあってきた。僕はほとんど知らなかったんですが、存在感はありました。衣装が派手だったからってのもあるけど。(彼女が出演しているNHK教育の日本語であそぼの衣装です)その番組の曲も歌ってました。

おおかたさんのステージが始まった途端、殆ど止んでいた雨がザーザー降ってきました。午後は晴れるって行ってたじゃんよぉ、気象庁さんよー。何とかしてくれい!

で、トリは吾妻さんのトリオ。思えば、初めてフェスに参加した2001年も吾妻さんが出たのでした。今回は、バッパーズでも一緒にやっているベースの牧さんとドラムスの岡地さんとのトリオ。出てきた牧さんを見てビックリ。なんと、いつものウッドベースでなく、ギルドのエレキベースです。吾妻さんいわく、畑で下が土だから汚れるということでエレキにしたのだとか。「いざ持ってみるとあまりにカッコ悪い」とライブ中に牧さんをからかっていました。(^.^)

クリックすると元のサイズで表示します
珍しくエレキベースを弾く牧さん


バッパーズとは違って何が飛び出すか判らない選曲も面白かったです。長見順さんとのデュオでリリースした「3人寄れば」もやり、その歌詞に会場は爆笑でした。

最後、アンコールで再びこまっちゃクレズマのメンバーとおおたかさん登場。すると、また雨が強くなってきました。今度は土砂降り状態。おおたかさんって雨女なのでしょうか。他の出演者も全部登場し、フィナーレを飾りました。

クリックすると元のサイズで表示します
ラストでのおおたか、吾妻両氏の2ショット


4時半過ぎ終演。すごい濃い内容でした。今年もおいしいものを沢山食べました。保谷からこの夏白石農園の敷地内に引っ越してきたレストランLa毛利の料理がうまかったなぁ。特に野菜カレーは絶品でした。ちなみに新しいお店もこぎれいで居心地いいですよ。( http://www.la-mouri.com/ )

ちなみに昨年のフェスのレポートは:
http://black.ap.teacup.com/sumori/51.html
0

2007/11/7

ニューオーリンズDJ会@武蔵小山Again  ニューオーリンズ

クリックすると元のサイズで表示します
Again店内の様子


この前の土曜日11/3は、「ニューオーリンズ・ミュージック・ガイド・ブック」発売記念のイベントに行ってきました。
この本の執筆に参加したライターが8人も揃って、次々DJをするというもので、僕も20分くらい時間をもらってCDをかけましたよ。

会場となった武蔵小山のAgainというお店。こじんまりとしたお店ですが、僕が着いた頃にはほぼ満員でした。その後も人は増え続け、入りきれない人が外にもいる状況。ビックリです。来てくれた皆さん、ほんとありがとう!主宰の文屋章氏によると、
入場者数は44名だったそうです。ライター8人を加えると50人を超えます。

クリックすると元のサイズで表示します
首謀者の文屋さん


音楽も会場の雰囲気も気持ちよく、ビールが進み、自分が回す頃にはすっかり酔っ払いになっていました。4曲ほどかけましたが、しゃべりすぎなければもう1曲くらいかけられたかも。すいません!

選曲はその場で考えたので、リストはないのですが、かけたものは以下の通りです:
( )内は収録アルバム名
Earl King / My Love Is Strong ("Those Lonely, Lonely Nights - Ace Recordings")
Deacon John / Happy Home ("Live at the 1994 New Orleans Jazz & Heritage Festival")
Rockie Charles / I Want First Class ("I Want First Class")
J. Monque'D / Le Belle Louisianne ("Chitlin' Eatin' Music")

8人もいたのでいろいろかかりましたねー。
でも、誰もネヴィル・ブラザーズをかけなかったなぁ。

今回の大入りで文屋さんもお店も第二段をやる気になっているみたいです。ぜひやってほしいです。そしてぜひまた呼んで下さい!今回かけきれなかったものをかけたいです。

そうそう、来場頂いた人の中に東京ローカルホンクのドラマーの田中さんがいました。僕はハイドパーク・フェスで彼らをみてとても気に入っていたので、お会いできて嬉しかったです。新作のサンプルCDを頂いてしまいました。

DJ会もいいけど、本も買って下さいね!
詳しくはここ
http://black.ap.teacup.com/sumori/79.html

クリックすると元のサイズで表示します
みんなで記念写真

0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ