2006/8/29

カトリーナから1年  ニューオーリンズ

早いもので、アメリカ南部を襲ったカトリーナから今日で1年です。この週末、NHKのニュースの中でニューオリンズの復興状況のレポートをやってました。もうメディアも忘れてると思ってたけど、1周年ということで、また結構取り上げられる機会が増えてきたみたい。

復興が進まないのは残念だけど、その状況が取り上げられるのは、いいことですよね。

意外だったのは、日経新聞が結構力の入ったカトリーナ関連の記事を掲載していたこと。8月号の日経マガジン(日経新聞の付録として月間でついてくるもの)には、4ページに渡る「憂愁のニューオーリンズ」と題した記事が出ています。(教えてくれたあっこさんに感謝!)
クリックすると元のサイズで表示します

時期は書いてないけど、丁寧に現地取材した跡がうかがえます。カーミット・ラフィンズのコメントも紹介されていて、彼のニューオリンズと音楽に対する強い想いが感じられる内容でした。

カラー写真も満載で相当気合い入ってます。ライターは朝田武蔵と言う人で、調べてみたらニューヨーク駐在の日経の記者らしい。ヤンキーズの松井の取材で知られていてニューオリンズに留学していた経験もあるとか。日経にもこんな記者がいたんだ、と見る目が変わりましたよ。何といっても、この記事にはニューオリンズの街と人々に対する敬意が感じられます。そういう意味で感動しました。日経マガジンはネットでは見れないようです。残念。みんなに是非みてもらいたいです。

あと、昨日8月28日の日経朝刊には、「カトリーナ上陸1年 復興計画大幅遅れ」という記事が国際面に載ってました。これは冒頭の部分だけだけど、Webにも出ています。
http://www.nikkei.co.jp/news/kaigai/20060828AT2M2700627082006.html

この記事のデータによると:

ニューオーリンズ市の復興状況
(カトリーナ襲来前との比較)
人口           約50%
レストラン開店数     46%
ホテル開業数       79%
ホテル客室稼働率     約50%
ニューオーリンズ空港利用便数 64%
主要病院開業数      50%
学校開校数        29%


まだ復興の道のりは厳しそうですが、これからも遠く日本の地から応援し続けたいと思います。

義援金や人手も大切だけど、何よりもまず「忘れない」これが重要なのではないかな。

頑張れ、ニューオリンズ!
0

2006/8/27

シリル・ネヴィル@中之島カーニバル  ニューオーリンズ

10月の3連休にシリル・ネヴィルが来日することになっている大阪の中之島Music Carnival '06の情報をニュースコーナーに掲載しました。

シリルも久々の来日だと思うし、それに加えてモンク・ブードローも同行するのがなんとも嬉しいじゃありませんか。僕は、このために大阪に行く予定です。大阪は久々なので、楽しみです。

大阪のみなさん、よかったら一緒に盛り上がりましょう!

http://members.jcom.home.ne.jp/bluesy/news/nakanoshima.html
0

2006/8/24

Maria Muldaurみてきました!  ブルース

クリックすると元のサイズで表示します
昨日8月23日、マリア・マルダーの来日公演に行ってきました。会場はJZ Bratというジャズクラブで、初めて聞く名前でしたが、渋谷駅そばのセルリアン・タワーに入っている絶好のロケーション。ブルーノートのようにおしゃれなスペースなのかと思いきや、そういう雰囲気もありながら、案外こじんまりしてカジュアル。飲み物食事のメニューもブルーノートよりは気持ち安めでした。ステージは客席と同じ高さで角っこにあり、そんなところから、僕は「すかしたジロキチ」と呼ばせてもらうことにしました。(笑)

看板には、バンド名義はMaria Muldaur & Her Trioとなっていましたが、本人は「今回のバンドはブルース・バンドで、Red Hot BluesianaBandと呼んでいる」と紹介しました。その言葉通り、特にギターのCraig Cafallは、ブルースっぽいギターが光っていました。ギター、キーボード、ドラムスの3人にマリアのボーカルという4人の演奏でした。

ライブはおなじみ"I'm A Woman"からスタート。ベースはいないはずなのに気のせいかベース音が聞こえると思って、よくよく見たら、キーボートの人がベースパートも弾いてました。ローランドのキーボードを右手は生ピアノの音、左手はウッドベース系の音に設定していたのです。本当のベースがあるにこしたことはないけど、さほど違和感はなかったです。ピアノが片手状態なので、ピアノが目立つところはちょっとさびしい感じもしましたが。

「主催者の人がペギー・リーが大好きで、是非彼女の曲をやってくれといわれた」とマリア。前半、ペギーのソングブック「A Woman Alone With the Blues」から2曲を披露しました。"Fever"では、まったりとした歌声がブルージーな雰囲気を作り上げ、また"Everything's Moving Too Fast"では対照的に、抜群のスウィング感でヒートアップしました。「Everything's Moving Too Fast(何でも動きが速すぎる)っていうのは東京のことを言ってるのよ」と冗談も交え、ステージは進行していきました。

そして、リリースされたばかりの新譜から2曲。新譜はボブ・ディランのソングブックですが、まずはこのアルバムを作るきっかけになったというボブの「Love & Theft」収録の"Moonlight"を。マリアがこれを聴いてロマンチックな気分になったと説明したとおり、彼女のバージョンもとてもムード溢れるものでした。これは、この日が世界で初のお披露目だそう。「初めてにしては上出来だったかしら」という彼女に、客席からは歓声があがっていました。

個人的には、この日のハイライトはパーシー・メイフィールドの"Please Send Me Someone To Love"。ゆったりめなテンポで、歌詞にアドリブも加えながら歌われましたが、低音から高音域までの広い声域を使ってのまさに熱唱!高音域こそ若い頃のようには出ませんが、彼女がいまだに歌い手としてすごい実力をもっていることを見せつけた歌いっぷりでした。じーんと来てしまいました。「『世界の人々は仲良くすべき』というこの曲のメッセージがいまだにそうなっていないのは悲しいこと」とマリアはコメントしていましたが、本当にその通りですね。

そして、ステージは終盤へ。熱唱のあとで、語る声が枯れ気味になり、水を飲みながら次の曲の説明をしていました。「1974年にデビュー作を出してから32年の間に33枚のアルバムを作ったけど、結局どんなにいっぱい作品を作っても、お客さんの聞きたいのはいつも同じ3曲なのよね。その3曲でしめたいと思います」とコメントし、まず"It Ain't The Meat"から。客席から大きな歓声がおこると「ほらやっぱりフェイバリットでしょ?」とマリアは笑う。

そして、"Midnight At The Oasis"、"Don't You Feel My Leg"と歌い、マリアはステージをあとにしました。

アンコールでは、1人で出てきて、完全なアカペラで"It's A Blessing"を。渋い余韻を残してライブは終了しました。

とてもいいライブでしたが、マリアのライブにしては、客の入りがびっくりするほど少なかったです。多分30人くらい?トムズキャビンなどの呼び屋さんに比べて、あまりにも今回の来日は宣伝が不充分なのでは?僕だって、人伝えに聞いた情報がなかったら、知らずに済んでいたと思います。雑誌やレコード屋店頭などで、来日情報を見た記憶がないし、呼び屋はホームページすらないようです。

更にビックリしたのは、実はマリアは昨年の12月にも来日していて、このJZ Bratでもそのときやったそう。そんなの初めて知ったよぉ。知ってたら行ったのにね。呼び屋さん、しっかりしてくれぃ!

ライブのあとには、サイン会もあり、せっかくなので、出たばかりの新譜を買ってサインをしてもらいました。前回の来日については、そのときマリア本人から聞きました。"Please Send Me Someone To Love"がすごくよかったので、パーシー・メイフィールドのソングブックをやってほしいと言っておきました。「ペギー・リーにボブ・ディランときたから、そのうちやるかもね」って言ってましたよ。

いままでみた彼女の公演もよかったけど、今回は特に感動しました。まだ、公演は続いているので、行ける人はぜひどうぞ。
予定は http://www.mariamuldaur.com/shows.shtml でね。

以上、レポートでした。セットリストをどうぞ。
Maria Muldaur
JZ Brat, Shibuya, Tokyo
Aug. 23, 2006,1st stage (19:30)

I'm A Woman
Get Up, Get Ready
Fever
Everything's Moving Too Fast
Moonlight
Buckets Of Rain
Bessie's Advice
Please Send Me Someone To Love
It Ain't The Meat (It's The Motion)
Midnight At The Oasis
Don't You Feel My Leg
-
It's A Blessing

Members:
Maria Muldaur(vo)
Chris Burns(p)
Craig Cafall(g)
Paul Ravelli(ds)

クリックすると元のサイズで表示します
0

2006/8/20

Zydeco in Living Blues  ブルース

今日届いたLiving Blues誌をみて、思わずにんまりしてしまった。なんと、巻頭特集が「The World Of Zydeco」と銘打ったザディコ特集!僕も結構長い間この雑誌を購読しているけど、巻頭にザディコが登場したのは初めて見る。

クリックすると元のサイズで表示します

表紙は、バックウィート・ザディコ。巻頭記事はオフビートのザディコのコラムでもお馴染みのラフィエ在住のHerman Fuselier氏によるルイジアナのクラブシーンのリポート。

続いてインタビュー特集。バックウィートにC.J.シェニエ、ネーザン・ウィリアムズ、ロージー・レデットの4人。

そして締めに、「Zydeco's Next Generation」として、ザディコ界期待の若手5人を紹介。これもFuselier氏による記事。

これで終わりかと思いきや、巻末にまだあった。ザディコを支えたギタリストを紹介する「The Legends Of Zydeco Guitar」だ。Harry Hypolite、Raymond Randall、Lil Buck Sinegal、Carlton "Guitar" Thomasの4人の過去のインタビューで彼らの姿を浮き彫りにしている。

写真も満載で見ているだけでも楽しい。Living Blues、なかなかやるな。

ザディコ最高だぜぃ。
1

2006/8/1

ニューオリンズ・ジャズフェス・レポート2006  ニューオーリンズ

今年のジャズフェスのレポートが完成したので、アップロードしました。
よかったら見てやって下さい。

http://bluesginza.web.fc2.com/nojhf06/
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ