2022/1/7

2021年に見たライヴ  音楽全般

2021年こそはライヴ・イベントが普通にできますようにと願っておりましたが、年明け早々から首都圏は2回目の緊急事態宣言に突入。1年の多くの時間が緊急事態下で過ぎてしまいました。特に3回目以降は終日お酒の提供が禁止されてしまったのは大きかったですね。イベント規模の制限もあり、ライヴはほぼ止まってしまいました。

前年の2020年、僕が見に行ったライヴは16本と少なかったのですが、2021年はそれよりも更に少ない15本でした。10月1日に緊急事態が解除されたので、それ以降ライヴが復活。15本のうち9本は10月以降のものでした。夏はほぼ何も行ってないです。

そんな厳しい状況の中、横浜ジャグバンドフェスティバルが無事開催されたのは嬉しかったですね。ちょうど宣言と宣言の間の時期で運がよかった。でも、毎年来ている地方のバンドの殆どは来れず、規模は縮小した形でした。

少ない本数の中で2度見に行ったDelta Beat。2度目に行った際はドラムスのわたなべさとしさんの退院直後。お元気そうで何よりでした。まだ禁酒が続いているそうですがお大事に。年末の相川理沙&西海孝は、中野坂上LODIのコロナ発生後初のライヴ営業でした。客数限定でしたが、ほどほどの賑わいで暖かくいいショーでした。

そして、2021年の締めはご結婚されて急遽大阪からハネムーンでやってきたThe Bigood!のおふたり。お店の常連さんで結成されたSoka YY Jug Bandも入ってハッピーなライヴでした。いい形で一年のライヴ鑑賞を締めることができました。おめでとうございます。

これらライヴの写真は僕のInstagramにあげていますので、よかったら見て下さい。
https://www.instagram.com/bluesginza/

昨年も同じことを言っていますが、2022年こそコロナが終息し、ライヴがフルに戻りますように。

——

2021年にsumoriが見たライヴ
1. 3月25日(木) 高橋大輔 四谷BLUE HEAT
2. 3月28日(日) Wild Chillun 高円寺JIROKICHI
3. 4月10日(土) 横浜ジャグバンドフェスティバル 横浜Thumbs Up他
4. 4月25日(日) 日倉士歳朗追悼ライブ(Mooney他) 横浜Thumbs Up
5. 6月30日(水) Delta Beat 新橋Aratetsu Underground
6. 7月11日(日) 保利太一 神保町しゃれこうべ
7. 10月2日(土) 吾妻光良&E-Chang Friends 荻窪ROOSTER
8. 11月3日(水) Festa In Vinyl(こまっちゃクレズマ) 練馬白石農園
9. 11月6日(土) Nacomi & The Blues Temple/Nacometers 代官山晴れたら空に豆まいて
10. 11月14日(日) うまいもの市(守屋雄策&フレンズ) 東長崎十字会商店街
11. 11月24日(水) Delta Beat 新橋Aratetsu Underground
12. 11月27日(土) 菅原広巳(Fのゴスペルレコ発ライブ) 新橋Aratetsu Underground
13. 11月28日(日) 吾妻光良&牧裕 神楽坂K.WEST
14. 12月28日(土) 相川理沙&西海孝 中野坂上LODI
15. 12月30日(月) The Bigood! with Soka YY Jug Band 草加 和伊話云

----

過去の「sumoriが見たライヴ」
2020年 https://black.ap.teacup.com/sumori/1921.html
2019年 https://black.ap.teacup.com/sumori/1875.html
2018年 https://black.ap.teacup.com/sumori/1817.html
2017年 https://black.ap.teacup.com/sumori/1768.html
2016年 https://black.ap.teacup.com/sumori/1718.html
2015年 https://black.ap.teacup.com/sumori/1663.html
2014年 https://black.ap.teacup.com/sumori/1592.html
2013年 https://black.ap.teacup.com/sumori/1488.html
1



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ