2022/1/5

虎ジャケット  音楽全般

今年2022年の干支は寅(トラ)。
ということで干支ジャケットを集めてみました。あまり多くない。猛獣だしそりゃそうか...。ブルースやニューオーリンズ方面ではとうとう見つけることができませんでした。ブルースではネリー“タイガー”トラヴィスというシンガーがいたり、ニューオーリンズ・ジャズでは"Tiger Rag"なんていう曲もあったりするんですが、アルバム・ジャケットで言うと...ないなぁという感じ。


かろうじてブルース系で言うとこれですかね。ブルース&ソウル・シンガーのジョニー・ロウルズの2016年の作です。

クリックすると元のサイズで表示します
Johnny Rawls / Tiger In A Cage


グレイトフル・デッドのリリシスト、ロバート・ハンターの1975年の作です。華やかなトラですね。

クリックすると元のサイズで表示します
Robert Hunter / Tiger Rose


ダイアナ・ロスの1985年の作。物騒な名前に虎ジャケ。うーむ。

クリックすると元のサイズで表示します
Diana Ross / Eaten Alive


とりあえず、有名どころではこれですかね。"Eye of the Tiger"は1980年代に超大ヒットした曲ですね。

クリックすると元のサイズで表示します
Survivor / Eye of the Tiger


サンタナにも地味に虎ジャケありました。

クリックすると元のサイズで表示します
Santana / IV


ジョニ・ミッチェルの1998年の作。「虎を飼い慣らす」というタイトルからすればこの絵は虎なんでしょうけど、僕には猫にしか見えません!

クリックすると元のサイズで表示します
Joni Mitchell / Taming the Tiger


懐かしの80ズメタル、タイガーズ・オヴ・パンタン。こちらは明らかに虎ですが、逆に野生の猫というタイトルです。

クリックすると元のサイズで表示します
Tigers of Pan Tang / Wild Cat


テッド・ニュージェントにも見事な虎ジャケありました!1973年の作。

クリックすると元のサイズで表示します
Ted Nugent & The Amboy Dukes / Call of the Wild


ジャズ系でひとつ。テナーサックス奏者のジーン・アモンズ、1968年の作です。いい感じの虎ジャケですね。

クリックすると元のサイズで表示します
Gene Ammons / Jungle Soul


これはネットで見つけました。なんだか無意味にスウィートな雰囲気がナイスです。1956年の作。

クリックすると元のサイズで表示します
Babe Russin's Tenor Sax & Strings / To Soothe the Savage


と言うわけで10枚あげてみました。
他にも面白い虎ジャケがあったら教えてくださいね。
2



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ