2008/10/21

塩次さんの倒れた当日  ブルース

前述のDining Bar KENのブログに塩次さんが現地入りしてから亡くなるまでの状況が詳細に記されています。当日前座を務めたバンドの方が書かれたものとのことです。

http://barken.hustle.ne.jp/blog.html

読むと当日の様子が生々しく伝わってきます。
あー、本当に亡くなっちゃったんだなとこれを見ていて、ため息が出ました。

今朝、通勤の電車の中で久々にAriyo's ShuffleのShuffleというライブ盤を聴きました。ピアニストのアリヨのバンドの1990年のジロキチでのライブで、ボーカルにヴァレリー・ウェリントン、ギターに塩次さんが全面的に入っています。

ヴァレリーはこのあと、あまりにも早い生涯を閉じてしまいましたが、塩次さんまでこんなことになるなんて、本当に残念としか言いようがないです。

ところで、このCDって個人的には大名盤だと思うんですが、再発されないのかなぁ。
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ