2013/4/21

ホワイトハウスのMemphis Soul  R&B/ソウル

クリックすると元のサイズで表示します

アメリカのホワイトハウスで行われたコンサート「メンフィス・ソウル」がウェブで公開されています。これは、1978年のカーター政権時からホワイトハウスの東の間で行われているコンサート・シリーズ"In Performance at the White House"のひとつで、オバマ政権になってから10回目となるものです。

【視聴はここで】
Memphis Soul (PBS website)
http://video.pbs.org/video/2364996259

過去の政権でも、色々なコンサートが行われていますが、オバマ政権になってからは、過去の政権では殆どなかったブラックミュージック系に力を入れているのが特徴と言えると思います。2011年にはモータウン、2012年にはブルース、そして今年(2013年)はこのメンフィス・ソウルと、続いています。もちろん、ブラックミュージック以外のものもやっていますが。

過去にどのような企画があったのかについては、PBSのこの資料を見て下さい。(2011年以降がありませんが)

“IN PERFORMANCE AT THE WHITE HOUSE” Complete Series Overview
http://www.pbs.org/inperformanceatthewhitehouse/pdf/IPWH_past.pdf

オバマ大統領のスピーチから始まる約1時間。ブッカーT.らの"Green Onions"をBGMに登場したオバマさんは、冒頭「僕も二期目に入ったから、趣向を変えていつもの『大統領万歳(Hail to the Chief)』はやめてこの曲で登場する事にしたよ」と軽くジョークを飛ばし笑いを誘います。スピーチはもちろん用意周到に準備されたものだとは思いますが、大統領の口からハイ、デュークと言ったレーベルやドン・ニックスらの話が出てくるのは、ここら辺の音楽が好きな身としては嬉しいですね、やっぱり。

コンサート自体もよく練られた感があり、本当の意味でのライブ感は薄いですが、なんとも豪華なラインアップ。サム・ムーアは十八番"Soul Man"をテレビ番組「アメリカン・アイドル」で注目を浴びた若手シンガー、ジョシュア・レデットと熱唱。歳とっても声には相変わらずツヤがありますね。アラバマ・シェイクスがアルバート・キングのカバーをやっているのも新鮮でした。しかも、スティーヴ・クロッパー付きです。うーむ、おいしい。

クリックすると元のサイズで表示します
サム・ムーアとジョシュア・レデット(Memphis Soulより)

クリックすると元のサイズで表示します
アラバマ・シェイクス with スティーヴ・クロッパー(Memphis Soulより)


あまり、動向が伝わって来ないウィリアム・ベルが元気そうなのも印象に残ります。この人は一度見てみたい。"I Can't Stand the Rain"はクイーン・ラティーファが、"When A Man Loves A Woman"はジョシュア・レデットが歌っていますが、アン・ピーブルズとパーシー・スレッジは都合が悪かったんでしょうか。

フィナーレの"In the Midnight Hour"では、出演者が総出でステージに登って締めに相応しい華やかさ。いやぁ、なかなか見応えありますよ。おすすめです。

[Memphis Soul曲目]
Intro: Green Onions - Booker T. Jones and the band
1. Soul Man - Sam Moore with Joshua Ledet
2. I'll Take You There - Mavis Staples
3. (Sittin' on) The Dock of the Bay - Justin Timberlake with Steve Cropper
4. Knock on Wood - Eddie Floyd
5. Born Under A Bad Sign - Alabama Shakes with Steve Cropper
6. I Can't Stand the Rain - Queen Latifah
7. You Don't Miss Your Water - William Bell
8. When A Man Loves A Woman - Joshua Ledet
9. I'm In, I'm Out And I'm Gone - Ben Harper and Charlie Musselwhite
10. When Something Is Wrong With My Baby - Sam Moore
11. Try A Little Tenderness - Cyndi Lauper with Charlie Musselwhite
12. In the Midnight Hour - All

[The Band]
Booker T. Jones - musical director, B3
Steve Potts - drums
James Alexander - bass
Leon Silva - saxophone
Wil Smith - saxophone
Bobby Manuel - guitar
Kevin Williams - trombone
Sean Erick - trumpet
Zenya Bashford - bg vocals
Nicole Hurst - bg vocals
Jack King III - bg vocals

コンサート:2013年4月9日
全米放映日:2013年4月16日 (PBS)
1



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ