2012/12/30

The Persuasions at Cotton Club Tokyo  R&B/ソウル

1962年結成、50周年の年に初来日を果たしたパースエイジョンズ。最高でした。本当に完全なアカペラ。ステージにはマイクスタンドと椅子と返しのスピーカーがあるだけという極めてシンプルなセッティング。しかし、そのサウンドは深く、ノリノリでした。



オリジナル・メンバーはジミー・ヘイズとジェイオーティス・ワシントンの2人。でも、50年も経ってまだ2人いるのはすごいと思います。今年5月にもうひとりのオリジナル・メンバージョー・ラッセルが亡くなっているので、それまでは5人中3人オリジナルだったんですね。

冒頭のWe Still Ain’t Got No Bandは、「もう何年も歌っているけど、いまだにバンドはないんだ。僕らには魂の中にリズムセクションがある」と歌う彼らの名刺代わりと言ってもいい曲。最初からすごくいい雰囲気。

途中デイヴが「パースエイジョンズを長く知っているファンはどれくらいいるんだ?」と客席に問いかけると、はい!と手を挙げたのはピーター・バラカンさん。

デ「何年くらい知ってるの?」
ピ「20年くらい」
デ「(客席に向かって)21年はいないか?22年は?(とオークション風 - 笑)」
デ「(ピーターさんに)じゃあ、君が一番長い。ではこの最新アルバムをあげよう」
ピ「それもう持ってます」
デ「そうか。じゃいらないんだ(笑)。でも折角だから友達にでもあげてよ。で、好きなアルバムはあるの?」
ピ「グレイトフル・デッドのカヴァーをやったやつが好きです」
デ「OK。じゃグレートフル・デッドの曲をやろう」

と言ってやったのが"It Must Have Been the Roses"。それに続いてディランのLike A Rolling Stoneもやりました。ジャンルに拘らず何でも取り上げて自分達流にしてしまう柔軟性。素晴らしい。

アンコールでは、「皆アカペラでも踊れるのを知っているか?」とお客さんを次々ステージにあげて、踊りまくってました。いやぁ楽しい。ライブを終えて去って行くときも"Amen"をハモリながら(もちろんマイクなし)というサービス精神。そのまま楽屋に行くのかと思いきや、後方の席まで行って、そのままサイン会へ。サインをしながらも歌ってました。しっかりサインもらってきました。

また来て欲しいなぁ。オリジナルメンバーの2人は他の3人と比べると見た目はおじいちゃんだけど、全然声も動きも年寄りじゃない。現役感バリバリでした。特にベースのジミー・ヘイズの声には聞き惚れました。見た目は、角刈りが似合いそうな棟梁風なんですが(笑)。

---

The Persuasions
Cotton Club Tokyo
Dec. 28, 2012
第二部
21:00 - 22:15

We Still Ain’t Got No Band
Drip Drop [The Drifters]
Good Old A Cappella
Don't Look Back (Temptations Medley)
Looking For An Echo
Sixty Minute Man - Can't Do Sixty No More
Yesterday [Beatles]
It Must Have Been the Roses [Grateful Dead]
Like A Rolling Stone [Bob Dylan]
Five Hundred Miles Away from Home
Besame Mucho
Old Man River
Moonlight And Music
People Get Ready [The Impressions]
Stand By Me [Ben E. King]
-encore-
I Could Never Love Another (After Loving You) [The Temptations]
--
Amen

[Personnel]
Jimmy Hayes (bass vo)
Jayotis Washington (baritone vo)
Dave Revels (second tenor / lead vo)
Cliff Dawson (first tenor vo)
Richard Hidlebird (second tenor / baritone vo)

パースエイジョンズ -キング・オブ・アカペラ-日本公演
2012. 12.26.wed - 12.29.sat
Cotton Club Tokyo
http://www.cottonclubjapan.co.jp/jp/sp/2012/1226_persuasions/

12月27日(木)のライヴ評(吉岡正晴さんのSoul Searchin')
◎ パースエージョンズ〜結成半世紀を経てまだ現役感たっぷりのアカペラ最長老グループ
http://ameblo.jp/soulsearchin/entry-11436453965.html

クリックすると元のサイズで表示します
サインしながらもノリノリです。


0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



AutoPage最新お知らせ