2006/11/9  9:01

タッキー、Edy残高不足  

どうも、魚肉ソーセージ3本組です。横須賀市議会委員の吉田雄人氏が駅でいわゆる朝立ちをしていて、市議会のやりとりなど書いたユーティングマガジンというまあネーミングはいいとして、そういった紙を配付してる訳です。日本人は閉鎖的だしこんな僻地に住んでいる人間達はそんなものには無関心で、配付しているそれをもらう人は少ない気がする。今日は(というより今日も)走って駅に着いたので周りを見てる余裕はなくて、他の人間がもらってるかわよくわからなかったけど、階段やホーム、車内で読んでる人がいないようだったので、やはりあまり多くの人には受け入れられてないようだ。自分が住んでいる街の政治くらいは関心を持たなければいけないと思う。高校生はともかく大人が見向きもしないのは良くないな。読まず嫌いがほとんどだろうか。俺からしてみれば顔の知らない他人はオリコンのトップ10を形成しているような下らない人間と見切っているので、やはりみんな馬鹿なんだろう。見た目による俺の判断は正しい。
前々から言っている通り、俺は横須賀が嫌いだ。そして件のユーティングマガジンを読む様になってから、本格的に憎悪の念を抱き始めた。街がダメなのは市長がどうしようもない人間だからだ。市民が政治に無関心なのを良い事に、美術館を建設して色んな金を手にした。長女をアドバイザーという名目で規定以上の給料を与えているという密約をしていたことが発覚。しかも開き直っているではないか。美術館は私利私欲の為に作られたとしか言い様がない。反対する市民はいても賛成する市民がいるとは聞いたことがないし、建設は独断で決定したらしい。こんな僻地にも正に社会の縮図があった訳だ。これで国の政治が良くなる訳がない。
横須賀市は経常収支率が神奈川県で下から2番目らしい。それなのにこれでは先が思いやられると市議会委員が釘を刺してるけれど、もはや市長を辞めさせるしかないんじゃないのか。今すぐクビにした方がいい。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ