2005/8/9  14:10

地下がいい  アド街ック天竺

クリックすると元のサイズで表示します前から気になっていたトリスバーに行った。この店がダイヤモンド地下街という立地でなければ行かなかったかも知れない。もちろん酒を飲みに入ったんでなく、食事だ。ハンバーグやトンカツ、ハヤシライスなど洋食屋の定食のようなメニュー。入ってみると、店の中はやっぱり狭くて素晴らしい。左に4人席が二つあるが、立地上部屋の形がおかしいので、そのうちの一つは3人しか座れなさそうだ。カウンターがメインのようだが、10席あるかどうかといったところ。会社帰りのサラリーマンがトリスを飲んでいると思いきや、カウンターではみな並べられたボトルを目前にカタカタと飯を食っている。実は隣にサントリーのバーがもうひとつあって、飲みメインはそっちのようだ。でもこっちのトリスバーの作りもカウンターバーそのものだ。
注文した和風ハンバーグが来た。フォークだけしかない。おや?隣りのおっさんをCheck It Out!彼も一本のフォークだけで食べているYo!華麗な手さばきでフライを食っていたんだ。ナイフはいらないが、和風だし割り箸来るかと思ってたけど、フォーク1本。不可思議な気分で食べ初めてすぐ気付いた。フォーク1本でいいじゃん。
横浜ど真ん中だけどやけに安いし、冷凍ハンバーグでも仕方ないかなと思っていたら、肉を手のひらでこねながら厨房のますらおがカウンターの中に現れた。心の内を読まれたのかと、おもわずフォークの隙間から大根おろしをこぼしそうになる。価格と料理とフォーク、まるで御茶ノ水の学生街にある食堂みたいだなあと思った。
ちゃんと酒もつまみもあるれっきとしたバーだけど、外観こんなんじゃ飯くいに来いと言ってる訳でしょ。大人たちがカウンターに並んで皿を並べて黙々と食事をしている風変わりなバーである。

0



AutoPage最新お知らせ