2005/2/6

梅干の怪(2)  めちゃおこれて

 
それでも、梅干の一過性知識を得たおいらは得意げであった。
そうなるとさらなる進化を遂げようとするおいらの知識欲は新たな梅干を求め、その夜、梅干サイトに飛ぶ。
果たしてそこで見つけたものは?

購入した梅干は前記したようにそれなりのブランド品。
パッケージには商品名がしっかり記され裏にはメーカー名もあった。

さて、梅干サイトで最初に引っ掛かったのがなんとそのメーカー。
なるほど、ちゃんとしたものだ。
良い買い物をしたのかも?とさらに進む。
そのメーカーでは味や塩加減で幾つかの商品ブランド化した梅干を製造、販売している。
つまりそれぞれのシリーズには名前があって、例えばはちみつ梅だったら「はちめ」みたいに。(この名前は架空のものです。こおいう商品はありません。)
おいらが買ったシリーズもまんま、あった。
パッケージおもてに記してある名前のものだ。しかして

ん?こりわ!!
そこに記されたお値段はおいらが買った値段と全然違うではないか!

おいらは400グラム¥2,600円で、「お買い得」として買った。
そこで見る限り400グラムパックと同じ量のものはない。
ただし、800グラム¥2,700円ってのが、あった。
これはどおいうことか?でしょ?

確かにパッケージが透明プラスティックの簡易包装パックなのでお安いとゆうておった。
しかし、ここに在るものも同じパッケージだ。

もう少し詳しく説明すれば、ここの会社のシリーズはこれ以外にも5〜6シリーズある。
それは味であったり製法であったり塩加減であったりで違い、それぞれ名前が付いている。
だが材料の梅は全て同じで、グラムあたりの売価はどの名前のシリーズでも全て同じ。
唯一違うのは贈答用の木箱入りが若干高い。
高いがしかし、おいらが買った値段よりは断然安いのだ。

まあ、売価の多少の違いは許す。
腹立たしいけど、許そう。
ナントカ電気がナントカ無線より同じデジカメを1割安く売っていたことにくってかかるあほうも今はおるまい。
でも、今回の場合、ほぼ倍の値段である。
これは許容範囲ではない。
流通の値段格差の許容範疇では考えられない事だ。

おいらのような並行輸入卸業者はこの流通値段を何よりも優先して商いをする。
もともと日本での設定上代(売値ね)が無い商品を自社の買値によって決めていくわけだから、ひとつ間違えれば大失敗になる。
かといって、全ての商品に関して、現地での仕入れ前にリサーチすることは不可能。
どうしても自社で設定した上代より安いものが市場に出ていた、というケースが仕入れたあとに発覚する場合もあるのだ。
その場合どうするか?
これはもうその商品にあわせるしかないのである。
たとえ仕入れ値を割っても、だ。

なのにだ。

一流のスーパーマーケットでテナントとして出店していて、メーカーの名前をそのままパッケージに使って「メーカー品」だの「ブランド品」だのと売るのならばそこまでの値段格差があって良いわけが無い。

おいらはすぐメーカーにメールしたね。
こうこうこうでこおいうものを買ったんですけど、これって貴社で扱ってるものとどこか違うんですか?って。
さらにスーパーにもどおいうこっちゃメールをした。

メーカーもスーパーもすぐ返事が来た。
メーカーの言い分は分かりやすかった。
とりあえず商品は間違いなく同じものでそのメーカーから漬物チェーンに卸している。
自社が安いのは工場直販で漬物チェーンの場合、流通のコストなどが含まれる為、独自に上代設定をしていると思われますのでご理解下さい、みたいな事。

あほかと。
思う。

流通コスト?
は?
は?
は?
だ。

製造メーカーが商品を直売してそれが店頭の半値で買えるなら送料払ったとしても誰が店頭でなんか買うか!!
どこの会社がそんなことやっとるの?
そんなメーカー、ど・こ・に・あ・る???(ここにあったけど)

じゃ、ウチがお客さんに3、000円で卸した商品をお店が5,000円で売ってるとする。
それをウチが直販です、って通販で3,000円でインターネット販売してたらどうよ?
お店で買ったお客さんがどおいうことかといってくれば、それはお店は流通コストや人件費がかかるから、うちは元で直販だから、って理屈、とおる?
(たまにお店屋さんからあの店では同じものをあなたのところから仕入れて4,000円で売ってるのよ、どうなってんの?って間抜けなクレームもあるけど、それはあんたんとこよりそのお店が努力しているってことですよ。わからんの?)

うちの猫でもあと3年生きたら分かりそうなはなしだね。

スーパーの回答は後日、スーパーの担当者とテナントの漬物屋に事情説明をさせに行く。とのことだった。

さすがおいらは忙しかったので奥さんのところに行かせたんだけど、これまた、あほか。だ。

漬物屋もメーカーと同じ説明をしたという。
ちったあ企業努力せえよ。
ちったあ。

そのメーカーのブランド名で売りたいのならその値段で売れるように交渉するなりリスク負うなり、努力せえや!
メーカーも販売網拡げたいならこおいう理不尽極まりない流通値段の怪をあったりまえみたいに説明する稚拙な態度を今すぐ改め、卸しコスト下げるなり、世の中の仕組み勉強するなり、なんとかせえや!

未だにこおいうわけの分からん会社が一流でございとのさばっていることを、一過性梅干知識は教えてくれた。
なんでも勉強、である。
クリックすると元のサイズで表示します
0

2005/2/4

梅干の怪  めちゃおこれて

 
 梅干である。
たかだか梅干でこんなことになろうとは。

先日、スーパーで梅干を買う。
スーパーで、というのは正しくない。正確にはスーパーのテナントの漬物やさんで梅干を買う、だ。

元来、おいらは梅干をまともに買ったことはない。
親戚のおばあちゃんとかが漬る梅干が梅干というもので、だいたい家にとんでもない量で常備されている。
今回だって決して最初から買おうなどと思ったわけでは断じてない。

たまたまレジの横に漬物やさんがあって、レジが混んでて、そこにうずたかく梅干が積んであって、ぼ〜とみてただけだ。

しかしてその値札に眼が釘付けになる。
高いのだ。
お値段が。
そおいえばお高い梅干ってえのは一個で売ってたりして随分なものだと聞いたことがある。
そこまでの値段ではないにしろ1パック何千円の値札はそれなりに興味をそそる。

何が違うのだ?
どんな基準で?
お味はどんな?

ああ。
こうなるともうだめなのである。
どきどきどき、しだす。
知りたい。
おいらの知らない梅干の世界を覗きたい!

レジを終え、一目散に漬物やさんのオヤジを確保。
矢のような質問攻めだ。

オヤジは最初あからさまに迷惑そうな様子であったのだが我々の(奥さんも一緒におったでね)あまりにも熱意のこもった質問に買う気満々とみたか、次第に態度を軟化、やがてちょっとした梅干初級講座となる。
実際おいらは知らんこととなると真剣に聞くでね。
特に、食いもんだでね。
んで、産地のこと、梅の品質、塩加減、時期、工程などなど、それなりに分かりやすく教えてくれた。
となるとあとは『お味』。あじだよお。

残念なことに梅干たちはみな、見事にパックされており「どれ、こいつを味見させてもらえん?」などとはさすが試食の免許皆伝、卍解をこなすおいらでも言えんかったね。

そこでオヤジのいち押し商品『簡易パックお得セット』400グラム¥2,600!!を買う。
プラスティックパックにさらっと22〜3個。一個当たり100円はする。
う〜ん、高いんではないか?
周りにはそれより安いのもあれば割高のものもある。
オヤジ曰く、産地直送で梅の品質は最上、さらにはブランド品である、とりあえずパックが簡易なのでお得ですぞ、と、のたまう。
一過性の興味本位での知ったか知識ではそれが何と比較してそうなのかはさっぱりだ。
唯一の比較対照は親戚のおばあの梅干との比較。
が、ただでもらってるので比較もくそもない。
こうしておとなになってゆくのだなあ、と梅干をかかえつつ家路へ。

さて、お味だ。
何の変哲もない、と言ってしまえばそれまでだが、実際、梅干ってこおいうものだよな、ってお味。
まじいわけではないのだが別段、格別というわけでもない。
考えてみれば梅干の味を追求した事もなければそれこそ味にうるさいおいらでは毛頭、ない。
まあこんなもんだわなあ、と、とりあえずお茶づけだの、梅干ごはんだのにして食す。

とまあ、こんな感じで、いつものおいらの食い意地物語でおしまい、のはずだった。
があ、しかしい!!

事態は急変してゆくのでアル。

続きはねぶいのであしたなのだ。

 (写真はいうまでもなく梅干事件にはなんの関係もありません、ココちゃんのお姿です。)

0

2004/8/4

んとに〜もお〜  めちゃおこれて

           (写真は本文と何の関連もございませんの)

腹が立つったらありゃしねえ〜
会社内のミスによる営業トラブル。
この忙しいのにい〜〜
誰がタイまで行くんかてえ〜〜

トラブルの原因を探れば大体が起こるべくして起こる事を関係者は予想できる範囲で遂行していて、結果、そうなる。
逆に言えば、事前に回避できるケースが殆どなのに。

それが、一番怒れるのだ。

小学生じゃあるまいし、って思えてくる。


コンビニでレジを間違えいろいろいじっててどうにもならなくなったアルバイト。
たまりかねて上のものがやってきて聞く。
『どうしたの?』
バイトは憮然として、答えた。
『知らん』

何かトラブルがあるといつもこの光景が想い出される。
今回のケースも大まかに括れば、こんなものだ。

余裕のあるうちに対処せず、どうしようもなくなってほっぽり出す。
このアルバイトにして、さらに、大企業においても三菱のリコール隠しみたいな例だってある。

そりゃあ、間違いは在る。
おいらだって、自慢じゃないけど、在る。
でも、アンガールスのコントじゃないけど

『そこは、解かれよ〜』

と、言いたいぜっ!!


          (コメント、いつも有難う!お返事はRead Moreです。)
続きを読む
0

2004/7/16

高速道路での覚醒  めちゃおこれて

 



♪ あの世へのハードルはそれほど高くない。

犬神サーカス団 『命みぢかし恋せよ人類!』の歌詞である。

なるほど、思い当たるふしはまま、ある。

高速道路でなんであんなに後ろにぴったりくっつくのだ?
どけ!と言いたいのであろう。
はっきり『どけどけ〜どきゃあ〜がれえ〜』とパッシングする輩だっている。
名古屋〜東京間、たった3時間半から4時間でこんな思いはしょっちゅうだ。
最近の高速道路は結構なスピードで全体が流れている。
110キロ、120キロあたり。
そんなんで走っていても『どけどけ』はいっぱいいる。
いったいなんなのだ?
なんで、『どけどけ』なのだ?

      
例えば、地下街を歩いていて後ろにぴったりくっつかれた経験は、まあ、ないわな。
どんなに混んでいても流れに従って歩いているのならば急いでるやつが後ろから来たとして、そいつは前を歩いているおいらの後ろにぴったりくっついてうなじに息を吹きかけたりは、絶対しないだろう。
ましてや、『どけどけ〜どきゃあ〜がれえ〜』と声を荒立てるだろうか?

まあ、時には急いでいる人だっている。
普通の流れが常に遅く感じる人も、時としてそう感じる事も、そりゃあ、あるわなあ。
まあ、そおいう場合、勝手に追い抜いていくと思うのだが、どうだろう?
それが日本の普通だと思うのだが、どうだろう?

いやいや、日本人は気性が荒くてせっかちな国民性で、ちんたら歩いてるやつぁ、突き飛ばして行くんやあ〜!!
なのだろうか?
まあ、それならばそれでいいのだ。
それならば、理解もしよう。
が、しかし、だ。
おいらはこの国、日本で、道を歩いている際、この何十年、前記したような事は一度も無かったではないか。
なのに、なのに、なんで、高速道路だと、『どけどけ』なのだ?

例えば、普通の道路で車を流れに従って走らせている。
いや、ゆっくりでもいいや。
地図の場所がわからない。
おいらの車にはナビもついていないし、ちょろちょろしながら、ゆっくり走ってたとする。
たまらずクラクションを鳴らすやつがいるかもしれない。
そりゃあそうだ。
それはおいらが危ない運転をしているからだ。
にしても、そんな程度だと思わん?
大体の車は勝手に追い越していくぞ。

なのに、なのに、なのに、高速で普通に流れに従って走っていて、なんで、『どけどけ』なのだああ〜〜?????

高速道路は危ないのだ。
ぶつかれば、ほぼ、死ぬ。
ぶつけられても同じだ。
あの世はすぐそこではないか?
おいらはそんなことで死にたくはないのだ。


ただ歩いているにしたってしないようなことを、一般道の走行に於いてもしないようなことを、なんで、する?

ヤツラは、簡単に死んでしまうかもしれない、殺してしまうかもしれない、リスキーな行為を、いつだって鼻唄まじりに平然とやってのける太っ腹(か?)で特殊な種族では決してないはずなのである。

重ねて言うが高速道路で出会うヤツラ『どけどけ』の確率が日常の同じような行為の確率と、大差ないのであれば、仕方が無い。
一応の筋道は通っているのだから。

おいらが腹立たしくて仕方が無いのは筋道が通っていないからだ。
地下街で毎日必ず2〜3回はおいらの後ろにぴったりくっついて来る輩がいて、首筋に息を吐きかけて、『どけどけ〜〜』と、突き飛ばして行く日常なら、高速道路のそれも仕方が無い、ということである。

ともすればよき理解者たらん、であろう、人類。
これ以上筋道の通らぬことは、止むべし!

あの世へのハードルが完全になくなっちまうぞっ!



0

2004/6/5

あめかよおお〜〜〜!  めちゃおこれて

って、おおお〜〜いぃぃぃぃ〜〜〜
明日、あめ?
あめ?
おいらのせい?
あめぱわあ?

昨日までのお天気予報、月曜まではぜんぜんOK、のはず、だったのに〜
なああんでええ????

久々のやまくだり。
総勢15人からのぱーちーなのにい。
また、おいらのせいって、ぜってええ〜〜いわれるんだにい!
あああああああああああああああ〜〜〜〜〜

ば〜〜か!
雨のぶあああああ〜〜〜〜かああああ〜〜〜〜!!!!!!

0

2004/3/24

『困った星から困ったことを教えに来た男』  めちゃおこれて






昨日のレイラさんのコメントにもあるように、
おいらの困った度は誰もが認めるところのようで、あえて、そう思っていただきたい、
などと嘆願するまでもなかったらしい。
ただし、
『ひとんちのタッパーのおかずに指、突っ込んでつまんで、
さらに、指なめて、その指で再度、おかずをつまむ。いかがなものかと・・』
本件に関して、レイラさんとおいらには、若干の認識誤差があるようだ。
おいらの認識では以下のようになる。


@『ひとんち』 とは思っていない。
A『指なめて』 自分の指をなめたのだ。レイラさんの指をなめたわけではない。
B『その指で再度』 あたりまえだ。ゆびはなめられてきれいになったではないか。

いかがなものかと問われれば、この程度のことで困ったやつ、などと、範疇を定められるほど、
困ったやつとは甘いものではないのである。

以下に、さすがおいらも困り果てた困った星の困った伯爵を紹介しよう。

彼の名前は仮にスッパキッドさん(本名)という。
あくまでもスッパキッドさん(本名)は仮名とする。

名前からもご推測できると思うが彼はタイの人だ。
スッパさんは観光会社のガイドさんで日本語も話せる。
容姿はといえば、『ミスターおくれ』似のどちらかといえば好みのタイプである。

数年前よりバンコクで仕入れをするようになったおいらが、工場で琺瑯製品を
作らせるようになって、どうしてもおいらのピジンイングリッシュのような困った英語では
限界となり、タイ語の通訳としてスッパさんを雇うこととなった。

スッパさんはなかなか優秀で、例えばおいらが、
『難しいと思うけど、ここにラインを入れて、こんな感じで、できますかね?』
と、琺瑯会社に質問をする。
スッパさん、通訳せず。
が、間髪いれず、おいらに答える。
『できないと思う』
はや!
おい、おおお〜〜い!おめ〜がつくるのかて???
おめ〜の考えなんかきいと〜せんわあ。
『いや、スッパさん、一応、聞いてみてくれる?』
しぶしぶなんか通訳する。
『やっぱり、できないです』
ほんまかいな?
むちゃむちゃ難易度の高い質問にかえとらん?

そんなある日のこと。

あいも変わらぬ、いたこの如く怪しげな瞬間通訳をも交え、
その日の交渉は大詰めにさしかかっていた。
『で、次回発注分は今回のサンプルをみて、早急にご連絡をいたしますので、云々、かんぬん、それと・・』
ほら、スッパさん、ここまでちゃんと伝えてよお、と、右横のスッパを見れば。
スッパ、仮眠中。
まるで蜂蜜たいらげて、巣穴の前で眠りこける、ういにーざぷー、の如く。
く〜く〜、って。
寝息かい!

スリッパで頭、張り倒してもおつりが来そうな。
まるで、コントの一場面。


現在、おいらはお給金倍払って、映画、TVクルー専門の日本人通訳さんをお願いしている。

その後のスッパキッドの消息は知らない。
無事、巣穴に帰れたのだろうか?



クリックすると元のサイズで表示します
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ