2005/4/2

変温動物ドライバー  てきと〜

 おいらはバンコクでの車の運転、たぶんできんと思うよ。
ていうか、したくないぞ。
きたことのある人はわかるけど、まあ、荒いのなんのって。
野生の車、ってなもんだね。
切捨て御免、ってなもんだよ。

タクシーに至ってはもう、半端じゃない。
リュックベンソンはあれだ、きっとバンコク育ちだ。

今日のおじいさんタクシードライバーもいかしてた。
見るからにおじいさん。
見かけはへにょれたヨーダ。
車から降りれば杖でもついていそうな、そんな感じ。
ラジオの音もやたらでかい。耳、とおいんかいな、てな感じ。
が、しかし。
一旦走り出せばそんじょそこらのヤン車がマフラーはずして土下座するような運転?いやいや、転がしっぷりなのだ。
前を阻む若者のバイクがおろうものなら、クラクションの嵐。
追い抜きざまに寄せる寄せる。
後ろを振り返ってなにやらタイ語でひとこと、だ。(ファ○ュー!か?)

いったい何者なのだろう?
見かけはこんなでもやっぱ、昔、ムエタイの王者だったんだろうか?
バイクの若者が逆上して追いかけてきても、ガラス越しにじいさんの横顔を見るや否や、「やや、伝説のスッパ・キットさんだ!引退後、えびの養殖を経て、タクシーの運転手になったとは聞いていたけれど本当だったんだ。くわばらくわばら。」と引き返すのだろうか?
それともいざとなったら
@玉を出す!のか?
A死んだふり、かも。
Bお客のせい、かよ。
Cただうたれづよい、だけ?
D人間ポンプ。(?)
E何も考えてない、だな。

その後もこのじいさん、信号待ちでねてしまうわ、いきなりバナナ食うわ、身を乗り出してラジヲに聞き入るわの傍若無人ぶりを遺憾なく発揮しつつも、見事、目的地に到着したよ。

こんなガビアル科のワニみたいなじいさんがいる限り、あらためて、おいらは絶対、バンコクでハンドルは握らないと、硬く硬くガルーダに向かって誓いをたてたのだった。


0

2005/4/1

ラウンジ勝負  てきと〜

         (写真は内容と一切関係ありません。)

今週の月曜から中国は広州で仕事。
といっても昨日はもう香港を経由してバンコクに移動。
土曜の夜には帰国する。

ん?なんだかバリバリのビジネスマンみたいだ。
言葉足らずは世間を簡単に欺けるということでもある。

正確にはこうなる。

月曜から安いチケットの香港経由で広州に入って、問屋街の近くの安宿に泊まって、マックで朝飯。
ロットの小さな雑貨をへにょへにょ買って、タクシー代をけちるが故、三輪自転車にひかれそうになりながらも、できるだけ歩いて移動。
広州からバンコクも直行便は出てるのだけれど、そおいうルートはお高いのでこれまたあえての香港経由で。
バンコクの飛行場からホテルまでタクシーに乗るも、運転手とチップが高いだの安いだのでひと悶着。
晩飯はセブンイレブンのチキンカレー。もちろん、湯沸しポットは常備携帯品。

こんなもんだ。

容姿に至っては年老いたバックパッカーだし。
おいらが仕事で出かける場所ではまず、スーツ、ネクタイ、アタッシュケース、なあんて御仁は終ぞ見かけないし、いつも行くバンコクでの仕事相手の雑貨問屋の親父がズボン以外、着衣を身に着けているのをここ数年、見たことはない。ま、確かに暑いでね。
にしてもだ、裸の大将と取引なんて、象牙の密輸じゃあるまいし。

そんなおいらにも一つだけ優雅な時がある。
飛行場でのラウンジでくつろぐ、だ。

とりあえずはしょっちゅう出かけるので安いチケットでもマイルは貯まる。
すれば必然、航空会社の客としてのステージは上がるのでラウンジが使えるようになるのだ。

飛行場によっては単独で全ての航空会社のラウンジがあるとは限らないので、そおいう場合、提携の航空会社チームのラウンジや飛行場が管理するラウンジを利用できたりする。
まあ、施設的にはどこも似たり寄ったりのサービスで、飲み物、スナックが置いてあり、インターネットも繋げたりのゆったりした空間だ。ママとかちーママは、いない。

ところが、今回始めて利用した香港のドラゴンなんちゃらっていう飛行場管理のラウンジは凄かった。
ママやちーママがいたわけではない。
まあ、おいらが凄いといえば、食い物に決まっている。
よく会社に会員制のへにょへにょバケーションクラブとかきゅるきゅるリゾート開発とかから営業電話があるのだがそおいう場合、ほれ、ロケーションが最高だとか、家具調度品が王室クラスだとか、ママ、ちーママがいるだとか、(うそ)言われても、おいらには傾ける耳も心も、まああああああったく、持ち合わせていない。
よって、今回の場合も凄いと思うのはおいら族の少数民族だけかもしれぬが。

まずは、シュウマイ2種と餃子。蒸し器で。
普通、こんなもの、ずえったい、置いてない。
おいら、発見するや否や、蒸し器のガラス蓋でしこたま手を強打したね。蓋が見えんくらい仰天していたのだねえ。普段培った試食のすばやい動きを活かすも、ここではむしろ、あれだ、あわれだ。

はたして、そいつらをしこたま頬張り、むしゃむしゃ、ふとコーナーの角を見れば、ラーメン屋!
あれだ。ホテルのりっしょくぱーてぃーなんかでちんまり出ているあれ。
夢かと。
空港ラウンジにラーメン屋台!!仰天の連続!むせこんで死ぬかとも。
ちゃんとラーメン作るおばさんがいて番号札を持って待つのだぞ。わくわくするぞ。
まってる間にさらに物色すれば。
ん?シーフードチャウダー?サンドイッチ?
いただいとこう。

てな感じで、優雅なラウンジタイムはおーるゆうきゃんいぃと状態に化す。

さすが香港。
だが、まてよ。香港でこれだ。考えてみればおいらは成田空港のラウンジを使ったことが無いし、日本の表玄関、成田空港ともなれば、リチャード・ギアも来るし、きっと、負けちゃいない。
そこは至福の空間に違いない。

まず、てんぷらの盛り合わせ。汁付。
コーナーの角にはすし屋の屋台。
らっしゃいっ!おつぎは?
きっと、掛け声も勇ましいんだ。
さらに物色すれば、すき焼き。いや、じゃぶしゃぶ?
本マグロの解体ショーにあわせてラウンジ内には祭り太鼓が鳴り響き、舞妓姿のラウンジガールがころころ下駄を鳴らしてる。

なんてすばらしいのだろお。よおおしっ!
こうなったら、なんてったって次は成田経由だいっ。

0

2005/3/27

アスパラ亭つるべ  てきと〜

ここ最近のおいらは軟筋体質である。
1年ほどかけて7キロの軟筋が増加したようで、ふふふ、あちこち、ぷにょぷにょしているのだ。

い〜や。断じて脂肪ではないのだ。
こりは「軟筋」「やわらかい筋肉」と信じて止まぬ。

だいたいおいらの歴史は軟筋との戦いの歴史でもある。
高校の時、クラスで腹が出ていたのはおいらと柔道部の千葉君ぐらいで、しかし、千葉君はそのことを屁とも思っていなかったようで昼食時、天井の照明器具に延長コードを接続し、デンキコンロでちゃんこを喰うつわものだったし、むしろ、でっぱらの青春を謳歌していた。
おいらとしては千葉君のようにでっぱらな青春にかける情熱を持ち合わせていなかったので、他のクラスの色ボケ軟筋グループの持ち込む怪しげなダイエット情報を鵜呑みにし、でっぱらは女にもてぬ、を合言葉に、夜毎風呂場にて、でっぱら塩もみ合戦などをした記憶がある。嗚呼、なんとも哀しい青春の記憶ではないか。

その後、東京の大学に進学した時点で、ただの食糧難により体重58キログラムという記録的な軟筋壊滅状態になる。(おいらの身長は173センチメートル)まさに、明日からでもえいがはいゆうにだってなれそうな勢いであったのだ。
ただし、肋間神経痛はやるわ帯状疱疹は出るわのやわやわ生活となり、女より飯、が新たな信条として生まれた。

その後はそこそこ、らしき体型でいたのだがまあ、世の常として結婚を期に軟筋復活だ。
70キロぐらいになった頃、初めてダイエットなるものをした。
美容師であったおいらは毎日毎日カガミごしに「ふとりゃあたねえ」といわれる生活に辟易したのだ。

カロリー計算などをして3ヶ月で10キロほど痩せた。
やれば出来るっ!塩もみではだめだっ!とダイエット美容師として辻説法をするほどに見事、生まれ変わったのだ!!

のも、つかぬま、すぐさま軟筋の再生力のパワーはおいらを蝕んでいく。で、またしてもダイエット。
でぶ。だいえっと。でぶ。だいえっと。でぶ。(めんどくさいので「でぶ」で。)

結果的には、でぶ。だいえっと。でぶ。でぶ。だいえっと。でぶ。でぶ。でぶ・・といった具合にでぶ期間が長くなってしまうようになるのだが。



そんなおいらも、若かりし頃、えいがはいゆうな頃、ジュリー(沢田研二)に似ているといわれたことがあった。
あとにも先にも2枚目はそれだけ。

最近はつるべに似ているといわれる。
おお〜〜??おいらは頭の毛だってしっかりあるし、どう転んでもそれは無いっ!
じゃあ、ジュリーがじゃ、今はつるべに似てるのか?え〜?そうでしょお?おかしいでしょお。その進化は。そりは断じておかしいっ!って思っておったのじゃがあ・・
夜明けにトイレに起きたある日、ふと洗面所のカガミにつるべ、発見!
なんのことはない。メガネを外したねぶそうなおいらは、う〜〜ん、つるべに似てた。

さらにここんとこ、たるたるした首筋のあごを引いて横から見れば、なんと、立派なアスパラガスにも見えるではないか!
くびれの無いにょひょおお〜とした、あれだ。

う〜〜ん。野菜かあ。野菜ねえ。野菜に似てるのはちょっとやだなと思う、今日この頃である。



0

2005/3/27

そおいえば  てきと〜

一年である。
刑期ではない。

ブログを始めて一年ぐらい(ぐらい?)なのだ。
AOLのブログ自体がそんくらいなので、その頃始まったほかのひとんちを廻ってるとやっぱ、そんな話題が載っている。
一言で一年といっても、的な、今年も終わりですねえ、ねえおとうさん、的な、過ぎてしまえばあっという間でえぃ、的な、振り返れば奴がいる、的な、そおいう感情を昔から持ち合わせていないおいらはまた、何とか記念日も忘れがちだ。
そおいうのが嫌い、ってワケじゃあないんだけれど。
ひとの誕生日を覚えるのも切り株で年輪を調べるくらい苦手だし。
いや、誕生日を祝うのが嫌いってワケでもないんだけれど。

だから誰かに「今日は何の日でしょ?」なんて言われた日にゃあ、さらに、「ふふふ」なんて付いた日にゃあ、昔っからロデムでも呼んでおさらばしてしまいたくなる。
自慢じゃないが子供の頃に覚えてた記念日は夏休みの始まりと冬休みの始まりと春休みの始まりだけだ。
そんなおいらに、「今日は何の日?」って言わんでくでえ。
さらに世の中、記念日ぶーむで(ぶーむか?)毎日なんかの記念すべき日だそうで。
耳の日、猫の日、コブラの日・・
まあ、耳や猫やコブラはいちいち「今日は何の日?しゃぎゃあああ〜〜〜」などと聞いてはこないので一安心なのだが関係筋ですね、問題は。
「えっ?私のお誕生日、忘れちゃったの?もう、愛してないのね。ばかばか、ばかちんっ!」なんて詰られる心配こそ無くなった今日この頃だが、それなりに、お仕事をしていますとその関係で忘れちゃならぬアニバーサリーがどうしても、存在している。

え?あれから、もう一年経った?
え?あそこ、三周年記念?もう?
そんな時、おいらの一年が経過する。
おいらの一年の単位はまさしく、心理パラドクスに他ならないのだ。

論理としての一年と心理としての一年は、ズレまくり。「ろでええ〜〜〜〜むぅ〜〜」
はてさて、これを何と検証すればよいのやら・・

(答えのヒント:適応進化の仮定の誤りを証明しながら考えよう)  ぷぷ、なんのこっちゃ



0

2005/1/12

インプラントその後  てきと〜

 
はてさて、いんぷらんなイブからはや半月過ぎ、餅も喰い、かずのこも喰い、ひとんちでタラバ蟹も喰い、やっぱひとんちで飛騨の高級和牛も喰い、あのすぱいだーな黒糸はどうなってしまったのだらう?

歯医者さんの新年は5日から。
あのイブの日、何かあったらすぐこの携帯に電話下さいね、とまでおっしゃられた先生はやはりただならぬ不安を持ってしておられたのであろう。
診療室に入るや否や先生は新年の挨拶もまどろっこしいとばかりにほかの患者さんの歯を削っていたにもかかわらず「どうでした?顔がぱんぱんに腫れたりしませんでした?」って、ぱんぱん、て。
まあ、一度きり痛め止めを飲む事はあったけど、後は指定の抗生物質を服用しただけでそれほど痛みも無く、まあこおいうものなんだろうとしゃこしゃこひたすら口を酷使し、ハイエナの如く喰いまくっていたおいらにとって、そのお言葉は寝耳に水といった響きであったのだ。

「そおれはよかった。なんたって骨がむき出しって感じでしょ?黴菌が入りやすいっていやあまあ、こおいう状態のことですからね。結構腫れちゃってびっくりされるって方も多いですから。」

(って、その言葉にびっくりだし。
こっちはへたすりゃインプラントの支柱でかずのこ潰してた勢いだったんですけどお。)

黒糸は半分くらい消滅していたようで残った一部を抜糸。
ついでに、なんだか金属の棒でこちこちって支柱をたたき、「おお、しっかりしてます、うんうん、○○さん、骨も硬かったですね、あ、わたし、言いましたよね?この前。骨、かたいって、言いました?うんうん、言ったいった。絶対。」

(五島 勉かて。
ノストラダムスの予言かて。)

「まあこの時点でぐらぐらしてる人もいますから。さりとてぐらついていても問題ないのですが。」

(ほんまか?
ぐらついとったらいかんことないか?)

幸いにしておいらはインプラント向きな構造物なのだろう。
先生も一安心といったようであったのだが。

とにかくこの状態はやっぱ、バイキンが骨から入りやすいらしく、何度も、骨、むき出し、怖い、バイキン、を連呼される。
そこまで言われるとやっぱ不安がよぎり対策を求めるのだが「まあ、やわらかい歯ブラシで食後に患部をそろそろっと磨いとけば大丈夫だけどね」などと押せば引く引けば押す、へろへろ会話に終わる。

ともあれ、きっとおいらは大丈夫なんだろう。
でも、人によっては大丈夫でない人もいるのだろう。
この先生はインプラント治療の経験がたくさんあるので、きっといろいろな状況を知っておられるのであろう。
その状況判断においてその人ごとに適切な処置を下しているのであろう。

やはり骨に穴を開けるっちゅう荒療治に関しては抜歯や虫歯治療と違ってこおいう余裕の発言をおもいっきりかませる経験豊かな歯医者さんを選ぶべきだなあと感心したりもした。


帰りがけにあと一週間分の抗生剤と患部用の柔らか歯ブラシとカレンダーをくれた。


次は一ヵ月後、だ。


0

2004/12/16

そろそろ・・  てきと〜

こんな季節。
(どんな季節だ?)

配信クリスマスカードは最近お気に入りの南国河童で勝負!(か?)

24日のイブは夜7時から歯医者だ。(笑)
0

2004/11/27

ボブでうっちゃり!  てきと〜

バーガーキングである。
スポンジボブである。

この二つが交わる接点とは?

って、たいしたことじゃないんだけど。
今、こっちでは『スポンジボブ・ムービー』をやってる。
日本で言えば夏休み、年末の映画版『ドラえもん』、『犬夜叉』みたいなもの。
んで、お定まりの動きでバーガーキングが『ボブ』一色なのだ。

キッズミールにオモチャをつけて、袋、紙コップ、店内装飾に至るまで『ボブ』。店中、黄色いぞお〜。

 こっちにきた時、バーガーキングのお店の屋根に巨大『ボブ』くんが座っているのを見かけ、あ〜やってるなあ〜って思ってたんだけど。
したら、先日、ハワイ在住の友人がメールで、内容の充実度を連絡してきてくれた。
デジタルの時計が良いぞ!とのこと。

キッズミールにおまけのオモチャが付くのは毎度のことだが、まれにビッグなイベントだとバリューセットを買って、さらに2ドルくらい足すとかなり良いグッズが買える事がある。
スターウォーズ、トイストーリーなど過去にそおいうことがあった。
今回の『ボブ』もアメリカでは子供のみならず大人にも大人気のキャラで、その人気は長年衰えず今まさに頂点か?といった感じ。
デジタル時計はそのバリューセット特典なのだ。

物は5種類。
でも、買う時期によってどれが買えるかは判らない。
各お店の在庫状況によっても違う。
さらに限定なのでなくなったら終わり。ここが、みそ。

友人はその後、電話までくれて、行ってきた、買ってきた、ティンケースに入った立派なものだ、やっつけのオモチャ時計とは違う!と、熱弁。

こりゃいかんとばかりに、今日はお弁当を作らずお昼はバーガーキングに決めたのだった。

さて、お昼。
店内には5種のサンプルが並べられていた。
う〜〜ん。凄いっ!
こりゃ、売れる!(笑)

で、とりあえずワッパーミール(チーズなし)を注文。
『今日買える時計はどれ?』と尋ねる。
『ちょっと待っとれ』
店員、奥に。
しばらくして戻ってきたならば『SOLD OUT』だと。

にゃにお〜〜!!
こっちゃ、それのために来とるんだて〜〜
つくれっ!すぐ中国でかってこ〜〜いっ!

弁当なし。おまけに腹ペコ。

何のことは無い。ただ、バーガーキングに昼飯食いにきたおやじに成り下がったのだ。
哀れな、おいら。

久々に食ったワッパーはこんな状況においてなお、腹ペコも手伝ってめちゃんこうまっかったのが、さらに涙を誘うのであった。


(その後、別のバーガーキングを見つけ、学習した技能を生かし、まず、在庫の確認。OK!!ある!
さらに、さっきの店でセット食ったんで時計だけで売ってよ〜、と粘り、一個1ドル余分に出して15個かっさらって来たのだった。キ○さん、哀れなおやじだけど、最後はやったよお〜〜〜。相撲にまけて勝負に勝ったとはこのことだ。(このことか?)さんきゅ〜〜〜)

あ〜ねぶ。
クリックすると元のサイズで表示します
0

2004/11/26

チゲ鍋を囲む会  てきと〜

 
   
 え〜
今日の『サンクスギビングでチゲ鍋を囲む会』に
アコーディオンのゲスト演奏で参加される『○ライ先生』です。




 『○ライ先生』は常々、地球温暖化を懸念されていますので
くれぐれもチゲ鍋の温度は適温で。 よろしく!

(まあ、楽屋おち?ってことで、再びややうけ?)
0

2004/11/20

もういっちょ!  てきと〜

持ちネタの2本目です。

おそまつ!クリックすると元のサイズで表示します
0

2004/11/19

復刻!キキ劇場  てきと〜

旅先、ということで。

お粗末でした。クリックすると元のサイズで表示します
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ