2005/6/17

一日って長いのだ。  

(写真はイメージ(?)です。)

「お客様の中に医療関係の方はいらっしゃいますか?」だ。

一応、おいら、衣料関係ではあるのだが、どうだろう?
いや、どうやらそおいうベタなボケ、かましている場合ではないらしい。

14日からいつもの買い付け。
名古屋からデトロイトに向かう機内でのこと。
前日徹夜したので機内食を食べたら即、寝てしまう目論見であった。
んが、トラボルタの映画が面白かったのでついつい観てしまい、さあ寝ようと思ったらこの機内アナウンスである。

う〜ん、こおいったのって、実は、コントでしか見たことがなかった。
実際に、機内でお医者が必要なお病気になれば、かなりのストレスで実に大変であろう。
仮にお医者がいてもなんらかの処置ができるわけではないだろうし、とりあえず、適切な判断を求めるくらいしかないんだろうなあ。
などと考えながらちょっと間、うとうとしていると、お医者がいたかどうかは知らないけれど、アンカレッジに緊急着陸するというアナウンス。

こりゃあおいらたちも、大変だ。

おいらたちはデトロイトから乗り継ぎでデイトンに行く。
乗り継ぎ時間はデトロイトに定刻どうり到着して1時間半。ぎりぎりである。
ここでアンカレッジに一旦着陸となれば間違いなく乗り継ぎ便には間に合わない。
デイトンではレンタカーの予約も入れてあるし、食材を積んだりするために倉庫に寄って、今回はたまたま、すぐインディアナへ移動の予定だったので、どうしても倉庫の開いている夕方5時までには着きたい。
うううう。定刻どおりで乗り継いだとしてデイトン到着が14時40分だから、かなり厳しい状況となった。

レンタカーの予約はデトロイトで連絡すれば何とかなるだろうけど、最悪は予定が一日パ〜になってしまう!
いつもぎりぎりの日程で来ているのでこおいうトラブルはつらいのだ。
かといって緊急着陸せざるを得ないお病人がいるわけで、自分や家族がそうであれば、と考えるしかない。

で、結局ばたばたしたまま、ほとんど寝ることもなく、デトロイト到着が14時30分!!
3時間半の遅れとなってしまった。
乗り継ぎ便の変更は一旦入国審査および税関検査を済ませ、それからでないと分からない。
いつもよりスムースに入管審査が済み、ほっとしたのもつかの間、さあ、今度は荷物のターンテーブルが待てど暮らせど、動かない。つまり、荷物がこないのだ!
こおいう場合、3時間半も遅れてんだから荷物ぐらい優先的にさっさとやらん?
さあすが天下のノースウエスト。
なんだか荷物室の扉にトラブルがあったとかのわけの分からん言い訳で、ここでさらに2時間待ち。
こんなこと、ある?

でえ、これまたなんだかんだの末、乗り継ぎ便は17時45分発に決定。
デイトン到着は18時50分だぞ!うううううう
が、しかし!普段から善行を積んでいるおいらたち、(意味不明)倉庫に連絡をすればなんと、到着まで待っていてくれるとの事。地獄に仏、マキタスポーツにじろじろ見る、コンランチョップにからすネタ、とはこのことだ。(ふふふ、わかる?)

ところおおおおおがあああ!!!!!である。

さああすが天下のノオスウエストオオ。
今度はデイトンで、こともあろうに、スタッフの荷物が出てこないっ!
そおいう場合の対応はまあ、ノースに限らず、アメリカの航空会社全般、なっちゃいないんだけど、とりあえず時間が無い。
クレーム処理だけしてレンタカーを大急ぎで借り、倉庫へ。
寝不足とイライラで頭ん中はぐるぐる、ぽくぽく。
大体、今からインディアナへ移動、デイトンに戻るのは金曜日、出てこない荷物の情報は何も無い。ぐるぐるぐるぐるぐる〜〜〜

一つだけの望みは、もう一便、デトロイトからの到着便が夜20時30分にある。
どっかに紛れ込んであらぬ方面に飛んで行っていない限り、おそらく奴らはこれに乗っけて来るであろう荷物。
超特急で食材を積み込み、一途の望みを託して、飛行場へUターン。
なんか新たな情報は無いものかと、ノースのカウンターへ行くものの、げええ〜〜、真っ暗だよおおお。
今日のノースの出発便が終了してしまったのでだあれもいないのだ。ぶあかの〜〜〜すぅ!!!
到着便はまだあるのに、だ。

ぐるぐるぐるぐるぐる〜〜〜〜〜ぽくぽくぽく〜〜〜〜〜
この場で布団しいて、寝ちゃいたい思いのおいらである。

と、ターンテーブル方面で悲鳴がっ!
「にににににに、荷物、ででででで、でたああ〜〜〜〜」



しかして、長い長い一日はまだ続くのであった。(ぽくぽくぽく)



0

2005/6/10

ベトナム製(^^ゞZIPPO  

一個、500円である。

いわゆる「ベトナムZIPPO」だ。
10年位前がピークで随分流行ったものだ。

ベトナム戦争時代、アメリカ兵が現地で使用したZIPPOにはスヌーピーやミッキーなどのキャラクターとか所属部隊とかメッセージを掘り込んだものがある。
自分で彫ったり現地の業者が彫ったりしたもので、まあ、その当時のアメリカ兵がZIPPOを自分なりにお洒落にする、過酷な戦地でのちょっとした遊び心、だった、らしい。

戦地での使用ということで、当然、ZIPPO自体はよれよれの使用感があり、壊れたパーツは自分で修理したものも多く、まあ、そこが味、ってわけでピーク時には何万円も値段がついていてもそこそこ売れたものだ。

先日、万博のベトナム館でその類のライターが並んでいた。
一個500円。
ばらばらっと机の上にほかのお土産、民芸品と混じって、20個ぐらい。
勿論、本物ではない。
本物ではないけれど、よく出来たフェイクだ。
ケースは真鍮でメッキはなく汚してある。
図柄も人気のキャラクターものが多く、機械の手彫りで手間隙かけてあるし。
ZIPPOの刻印もある。
インサイドユニットにも刻印あり。
年代は66年とか69年とかそのあたりの4年くらいがちゃあんと刻印されている。
まあ、よおく見ればフェイクと分かる。
ただ最近のベトナムZIPPOのフェイクは昔のフェイクに比べ断然出来がよく、酔っ払っていたら見分けがつかない、と言われている(笑)。

まあ、おいらは、ベトナム(製)ZIPPOはベトナムのお土産、民芸品と考えればよいのでは、って思う。
なんとなくZIPPO社も、こと、ベトナムに関してはそこそこ大目に見ているようでならないし(ただの主観ね)そこはそれ、おいらはそんで好いと思う。
ZIPPOの愛好家には「いや、絶対にいかん!フェイクはいかん!」と声高々に訴える御仁も多いので、好いと思う、というのは個人的な見解ということで勘弁してほしいのだが。
ベトナムで買うとなると「本物」として観光客にふっかけた値段で売る露天商も多いらしく、そのあたりはどうかと思うのだが、今時、いかにベトナムとはいえ本物がゴロゴロしているわけがない。ブランド物しかりで、疑ってかかるしかなかろ。
さらに、よおおく見れば絶対にフェイクとわかるので現地でご購入の際は事前調査を忘れずにしておこう。

その点、さすが万博!(笑)
本物ともニセモノとも表示はないけれど、けれども一個500円!
こりわ極めて良心的な販売価格といえましょおお。
断じてフェイクのあり方を推奨するわけではないのだけれども、ベトナムZIPPOがベトナム製ZIPPOとして民芸品に混じって万博で500円で売られている、この事は、2005年の今、あの忌まわしい戦争から並々ならぬパワーで復興したベトナムを目の当たりに感じるわけで、おいらなりに、ちょっとほっとしたのであった。

(ん?仕入れ?3倍で売る?だ、だ、だれが・・・)




0

2005/6/7

大阪vs愛知  

FC対決じゃないぞ。
35年ぶりに行ってみた。

万博。
夜の部。
夜の部は半額だ。

昨日のこと。
万博会場のすぐ近くのともだちんちにいたので夕方から行かん?って誘われて、つい、ふらふらと。
ともだちは地の利を生かして年間パスを購入したうえで散歩のついでにちょくちょく出かけているようで、すっかり万博博士だ。
どこの出店の飯は高いうえまずい、だの、お?この店、今日はいつもの人と違うなあ、だの、この館のみやげ物は安い、だの、タバコはどことどこで吸える、だの、冷凍マンモスは牙がかっこいい、だの。
特定の人気館に入場するにはいろいろ制約があったりで、おいらのような行き当たりばったりな輩にこおいうイベント、どうやら向いていないようだ。

お土産がお安いと勧められたベトナム館でなんか買って、ニューギニアのお面見て、トンガのTIKI見て、面白かったのはこのあたりまで。その後、なんとなくみんなの後をちょろちょろ付いて行ったけど、案の定、すぐに飽きちゃった。

 (ちょっとだけお気に入り万博のふぉとぐらふ) 

冷凍マンモスはちょっと見たいなあ、って思ってたけど、博士に聞いたら頭部がそこそこあるだけ、おまけにならばないと見れないよ、ってことで、全身毛むくじゃら、ギャートルズにでてきたあんなんが「にょおきぃ〜〜」って凛々しく水滴滴らせ、氷漬けになってるのを想像してたおいらとしてはどうでもよくなってしまったし。
いまどき、そんな頭がちょっとだけのマンモスを仰々しく飾って列を成して見せるのはどうかと。
お御輿形式にして会場内をどこかしこ、わっしょいわっしょい練り歩くようなサービスにすれば皆、目にすることも出来るのに。(マンモス、腐る?)

まあ、いまどきの万博、そんなんで全然いいのに、って思ったよ。

思い起こせば35年前。
アメリカ館の月の石。
あんときはもう、万博ってこんなもんじゃなかったでね。
最高入場者数一日で84万人、半年の会期中で6千4百万人!!入ったんですぞ。
いちにちはちじゅうよんまんにんって。
ゆえに、月の石見たさに4時間5時間ならぶのは当たり前。
しょせんは軽石みたいなしょっぼいやつだったけど。
69年にアポロが始めて月に降りて拾ってきたアレ。
その翌年だでね。大阪万博。そりゃあ冥土の土産に見とかにゃあ〜ってなもんだでね。
そおいう時代だったもの。
そおいう、なんちゅうか、まえにすすめえ〜、なんかわからんけど、前に進めばなんかしら絶対、良くなるぞ。的な空気があったもの。
今思うと、あの万博は単純にイベントってものじゃなくて、時代の道標みたいなものだったような気がする。
んで、道標に従って、人も、何もかもがどんどんどんどん進んで、それは紆余曲折を経て、それなりに人もなにもかもが見事に洗練され、こうして夢の未来にたどりついたのだけれども、はてさて、居心地があまりよろしくないのはおいらのぶきっちょゆえ、なのか?それともここはプレ「猿の惑星」か?





0

2005/5/29

く〜さん、屋上でびゅ〜  ねこ

く〜さんは最初、何も考えていない。と、思う。
ベランダへ出れれば、出る。
そこに階段があれば、登る。



屋上に上がれば、転がってみる。
暫くすると、ここはどこだろう?と、思うらしい。

んで、怖くなって、固まる。

 

く〜さんはしょせん、ネコなので、こんなものだ。と、思う。

0

2005/5/24

こぉぉぉぉ〜〜〜〜しゅぅぅぅ〜〜〜  すきなもの

ベーダー卿が復活したのだ!

ううう〜観ちゃったあ〜エピソード3。
今回の出張は短期間でとてもハードなんだけど、これがあったから。
気持ちは封切り一番乗り、だけど、そおいうわけにもいかないから。
日曜は絶対に!って決めてたから。
ううう〜〜〜みちゃったよおおお〜〜〜〜

書きたい書きたい!!
どんなんかかきたいいいい〜〜〜

いやいや。『スターウオーズの鉄人!』サイトのネタバレも自らずっと封印してきたし、やっぱ、観てからのお楽しみってことで。
あのサイトのネタバレは実際ほぼ完璧なのだ。ふふふ見てみる?

予告編でサルの軍団ごとくチューバッカ一族が出てくるけど、これがでてくるんだなあ〜ふふふ。
すごいねえ。サルの惑星だよ。ったくう。ふふふ

ダースベーダー!!ふふふふふふふふふふふふふふふふふ。好いねえ。ふふふふふふふふふ
バーガーキングのCMでバーガーキング(王様のキャラね)とダースベーダーが向かい合ってじっと見つめあう、ってのを今、やってるけど、間のとり方といい、絵図らといい、こりがほんとに面白い。
ベーダー卿ならではのパワーだ。
やっぱ、ダークサイドは凄いねえ。

で、2に続いて今回もアナこうのキャラはどうしても馴染めなかった。
なんでああなのかなあ〜?
ジェダイのくせにねえ。
アナこう。しゃきっとせいっ!
まあ、ダークサイドは魅力だけどね。最初からダースベーダーになれると思えばおいらもやっぱ、ダークサイドに転向するなあ。ちぇ。こんなことなら、こんな仕事せずに、ジェダイやっときゃよかったって。

ああ、思えば25年の永きフォースの世界が終わってしまったのだなあ。
そんな想いもあいまって、さすがにラストシーンは感無量。

ともかく、 「May the Force be with you」 である。

こぉぉぉぉ〜〜〜〜しゅぅぅぅ〜〜〜





0

2005/5/15

もらっちぃったあ〜〜♪  やった!

 (ナンバープレートには昔の愛知県ナンバーの「愛」が!!う〜ん。「愛」かて。)

貰ってしまった。うふふ
いつもよい子にしていたご褒美か?もも鉄じゃあるまいし。

スバル360の「コマーシャル」って車種。
1961年の前期型。ぬわんとも、45年前の国民車さまである。

友人の紹介で、とても大切にしていたワンオーナー車を処分されるという方が貰ってくれる人を探している、とのご縁だったのだが、なんと、車が保管されていたのはおいらの家から1キロと離れていないご近所さん。
車は野外での保管、10年は触っていないとの事だったのだが、シートで2重にくるまれ、屋根付き簡易ガレージという好条件が幸いし、思ったほどひどいものではなかった。
勿論、パッキンのゴムは全部腐って、足回りなんかは死んでいるけど、「コマーシャル」の命、幌は破れもなくオリジナルのままだった。

このスバル360「コマーシャル」は本当に珍しい。
1958年に富士重工より国民車として登場したスバル360の物語は『プロジェクトX』でも紹介されているように、まさに国民車の名前を欲しいままにした車であった。
そして、スバル360にはバリエーションがいくつかあるのだがこの「コマーシャル」も初期のバリエーションのひとつだ。

さて、この「コマーシャル」という車種、実は乗用車ではなく商用車だ。


        (こんな感じで荷物を乗っけるのだ。ちょっといやでしょ?)

スバル360のバリエーション車種は、1959年に幌付きのコンバーチブルがまず発売された。
勿論、それは乗用車で4人乗り。
その後、59年の12月、幌を使ったバリエーションで外見は乗用車、でも後部座席は荷台になったこの変形コンバーチブルが「コマーシャル」として発売されたのだ。
当時、メーカーは車両価格を乗用車より安く設定し、税金も安いので、と、かなりの売れ行きを期待したそうだ。
でも、定員2名、なんとなく、どっちつかずの商用車であったため、実際の売れ行きは芳しくなく、2年ほどで生産を打ち切る事となる。
1963年には後部の荷台をそのままに、いわゆるバンタイプのスバル360「カスタム」が本格商用車としてデビューし、まさに「コマーシャル」は希少車となった。


           (なんとも不思議な形態!後ろ窓に注目。)

そんな「コマーシャル」をもらっちった、のであるぞ!

おいらが免許を取って間もなく、知り合いから初めて譲ってもらった車もスバル。
360ではなくて「サンバー」ってゆう軽自動車の箱型バン。
嬉しくて嬉しくて、大学に通う友達に送ってやるから乗っていけ、と誘ったのはよいけれど、そいつの学校ときたら随分な坂道の上にあって、坂の途中で停まったおいらは当然の如くサイドブレーキを引いて、したら、ぶちっ!とかいって、なんだかサイドブレーキがへにょへにょになって、全然きかんくなって、後ろには車が来てて、アクセル踏もうにもブレーキから足は離せんわ、前には進まんわ、何がなんだかわからんまま、未だ、記憶がそこで途切れたままになってるんだけど。
隣に乗ってぎゃあぎゃあ暴れまくっておった友達は、レイ○さんだったんだけどね、ぷぷ。

そりわともかく、頂いた「コマーシャル」の前オーナー様は実にこまめに整備記録を残されていて、いつ、なんどき、どこを、どうした。というメモが初年度から20年近くも続けて記載されていた。
所詮、てきと〜がもっとおのおいらにとっては信じがたい事実で、ううむ、こりは何としてでも前オーナー様の意思を受け継ぎ、この2005年にぴかぴかの姿で蘇らせたいものだなあと、心より思うのであるが、いかんせんおいらはまあああったく、車はいじれないおばかなのでさあて、どうしたものかとへにょへにょになりつつ、ああ、いつもの如く、この記憶が途切れるのを防ぐのにまず、精を出しているのだった。



0

2005/5/8

園芸な日々  すきなもの

『クラッスラ・ゴーラム』って多肉植物。
最近のお気に入りである。

宇宙の木などとも呼ばれているのだがどっちかっていえば海草みたいだ。

金のなる木ってやつの園芸品種らしく、もう少し成長するとやっぱ、木になるらしい。

お魚グッズと並べると、いかにものミッドセンチュリー感と海海したとこが好いではないか。


0

2005/5/7

風と共にくん  

おいらんちは屋上みたいなのがある。
みたい、というのは屋上というよりほとんど屋根、って感じで一応、外階段で上がれるんだけれど、まあ滅多に上がることは無い。
なんとか有効利用できないものかと毎年、春先の気候の良い時などいろいろ考えてはみるのだが、すぐ暑くなって、んで寒くなって、結局そおいう話は無かったものとなる。

そんなこんなで久々に上がった屋上はすごい事になっていた。
なんだかコンクリートが真っ黒なのだ。
歩いてみるとへにょっと滑りやすいし、いかにも妖しい感じだ。
こりは遺憾!と一大決心。
デッキブラシとクレンザーを買いに走る。
さっと擦ればなんとかなるだろうと考えていたが甘かった。
いや、すごいのなんの。
ごしごしごし擦ればなんだ?川の匂い?そして、黒い表面は緑色に変わる。
こりは、藻なのか?
藻?
藻ってなに?
すぐ近くに川があるのでそこから藻の種が飛んできた?
なわきゃあない。
そおいうものではないだろお、藻。

小学校のプール開き前にごしごしやった記憶が藻の匂いの中で、蘇る。

コンクリートの隙間から5センチほどのもやもやしたものが、にょきっと、いる。
藻の親分?
いやいや。
どう見てもなんか、木?芽?

すごいなあ。
まさに風と共に来たのだなあ。
こんなとこで発芽してしまって、どうするよ。

その日は、ごしごし計画も半分のところで挫折だし(一応クレンザーが終わってしまったって理由ね)、風と共にくんの今後もとても気になるし、ああ、屋上建国以来、ついに、その荒れ果てた大地に、歴史が刻まれ始めようとしている。(屋上建国て。ぷぷ)
0

2005/5/4

SHAGなTIKI  

またTIKI な話題。

前回もちょっとだけ触れたSHAG。
にしてもSHAGはいいねえ。

Hint Mintのア〜ティストパッケージとか、ホットホイールの限定TIKI 柄とか、話題は尽きないけれど、やっぱ、サイン入りのシルクスクリーンが、好いねえ。
TIKI モチーフだけでも結構な柄数が出ていて、おいらとしてみればどれをとっても、すりすりしたくなるほど、だ。
でも、だいたい多くて1柄で250枚くらいだからすぐSOLD OUTだし、なかなかオリジナルは手に入れることが出来ない。
高いお値段のものもあるしね。




ちょっと前のフラガールとTIKI は2枚セットでお値段もそんなにしなくてすっげえ欲しかったけど、あっという間に売り切れちゃってた。





そんなSHAG なTIKI の画集はカクテルレシピとかの表紙やイラストで出版されているので比較的容易に手に入る。
ポスターやステッカー、ステーショナリーなんかはお安いけど、それでもあんまり数が無くて絶版だったりで、とにかく気に入ったSHAG物が欲しかったら見つけた時が勝負ですぞ。

Hint Mint のSHAG柄は3種あってなんでもちょっと前にソニプラで扱っていたとか。(TIKI 柄はなし。)NYに行かんでも買えたんだねえ。

おいらといえば、ラスベガスのハードロックカフェのSHAGなTIKI Tシャツと、オフィシャルTIKI 柄ハワイアンシャツで、この夏は固めてみます。(だけかよ。)



0

2005/5/2

またかよお〜  

 おいら、お盆は仕事だ。
お坊さんではない。
お坊さんでもないのに、仕事だ。
ここ何年かはずっとそうなのだ。

なあんでだか年2回のアメリカでのでっかい雑貨見本市の夏版が、8月のまんなかに開催されるから。
今年は8月の14日から。だから13日には入っていないといけない。

13日に海外へ行く人って、どうよ?
まあ、100%とは言わないけれど、仕事に行く人はほとんどおらんなあ。
おまけに飛行機のチケットが高い!予約が取れん!
ろくなことはないのだ。

最悪なのはこの時期はイベントが目白押し。
今年は13日14日のサマーソニックちゅうでっかいライブにおいらの好きな Me First & The Gimme Gimmes の出演が決定したのになあ。
行きたいのになあ。
楽しそうだなあ。

ううう〜あんまり考えると西川君みたいに立ったまま気絶しそうだ。

♪〜 リストラ されても 絶好調! はい はい はいはいはい♪

Me First & The Gimme Gimmes ってのは80〜90年代からのメロディアスパンク系人気バンド、例えばNOFX、例えばLAGWAGON、例えばNo Use For A Name、なんかのごちゃ混ぜメンバー5人でやってるコピーバンドなんだけど、知っている人は知っている、めちゃめちゃ元気が出るバンドなのだ。
まあ、普段はヒットソングなど見向きもしないような連中が酔っ払ってカラオケで、懐かしヒットパレードをがんがん熱唱する、あの感じ。

サイモンとガーファンクルからエルトン・ジョン、ボブディラン、ビートルズ、ベイ・シティ・ローラーズは演るわ、プリンス、ステーヴィー・ワンダー、キャット・スティーブンス、果てはカーペンターズだって。まあ、あるわあるわの時代を超えての大ヒットパレード。

ひとくちにパンクバンドってゆうてもNOFXなんざあ、もう結成20年過ぎてるし、おっさんだでねえ。若者だけに聴かせておくのは絶対にもったいないぞ。

なんとか早めに来てメンバーの万博がみてえ〜的なわがままで単独名古屋城夏祭りライブ、やらんかなあ。
ねえ、マクさん。
♪にゃあ〜

ここで視聴できますぞ!

おいらは5曲目がMe First & The Gimme Gimmes っぽくて好き。



0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ