2005/7/21

勝手に島唄/そにょに  

へへ。
なんとなく続いているのです。
でわ、あと4枚を。


1/「LET'S BEGIN!」  オムニバス  2003年2月発売

B/「明日への道。」ゴモクでちょいと触れました「ビギンの島唄」カバー・コンピレーションアルバム。
現役高校生バンドを含んで9組の八重山を中心としたアマチュアバンドの名作。
アマチュアっていってもレベルはかなりお高いのです。
すでにデビューを果たした数バンド以外でも「げげげっのげ!」ってうなってしまいます。
とにかく素晴らしいです。こちらで詳しい紹介が見れますよ。↓

       LET'S BEGIN 


2/「琉歌-BEGIN SONGS-」 彩風(AYAKAJI)  2003年2月発売

石垣島出身のユニット。「ビギンの島唄」カバー・アルバム。
ほれほれ、カバーです。ふふふ
そもそもこのアルバムを出すために結成されたんだとか。
でも、大当たりの「彩風」です。
半分がインストでして、そよそよ、さらさら、って感じの仕上がり。
そよさら渇望状態であればぜひとも外せない一枚です。
で、このあと順調にセカンド(これもカバー)、サード・アルバム(2004年6月)、なぜか今年の5月にはベスト・アルバムまで出ちゃってます。
ん?21日?あ、今日はなんだかニューアルバム発売の予定日で、どうなんでしょお?  


3/「島めぐり〜Island Journey〜」  大島保克  2005年5月発売

今更ながらの大島保克です。
おいらは大島保克の声にクラクラっとなるのです。
これは一番新しいアルバムで沖縄、八重山、宮古民謡を中心に「イラヨイ月夜浜」のアイルランド・バージョン・セルフ・カバーが聴けます。アイルランドの人が参加しての「イラヨイ」です。
さらに、あの「伊良部トーガニ」が三線だけの大島節で聴けます。泣けます。
宮古の民謡はみんなとても綺麗な曲で、もともといろんなアイランド・ミュージック好きなおいらは沖縄の音楽の中でもなぜか特に宮古の民謡に共通なそれを感じるので、大島保克がこのあたりを演ってくれるのは嬉しい限りです。
夏の、とにかく夏のメチャメチャあつううう〜〜〜い日に、「あっつう〜〜」とか言いながら聴くのが楽しいアルバムです。


4/「ティンジャーラ」 神谷千尋  2004年9月発売

内里美香と比較しちゃった神谷千尋です。
内里美香より2歳若い23歳です。23歳ですって。
これは2枚目のアルバムで、ファーストアルバムでびっくりしたのですが、確実に2枚目のほうがびっくり度はアップでした。
大島保克と共に彼女も「ひばり」の家系で、(「ひばり」っていうのは沖縄方面で代々唄の上手い家系に与えられる称号らしいのですが)まあ、上手いのなんの。
へろへろへろ〜ってなります。
まあ、ごろごろとはいかないまでも、南の島にはこおいう歌い手が潜在的にいるのですねえ。
アルバム全体に流れる雰囲気はまさに「神谷千尋ワールド」を構築しています。
お若いのにねえ。
23歳なのにねえ。
すごいねえ。

0

2005/7/19

勝手に島唄/そのいち  

 
ちょっとどうですか?こんな島唄関係3枚。

A/「風のションカネー」 内里美香 2004年11月発売

南大東島出身で唄の上手さは抜群。
琉球アンダーグラウンド(ハウス系の外人2人組みユニット)のボーカルでごごごお〜〜〜って浮上。
神谷千尋と比較していいのかわかんないけど、どちらも本格的な民謡系出身だし、年齢的にも活動的にもついつい比べたくなってしまう、です。
なぜか美香はん、神谷千尋の「美童しまうた」にコーラスで参加していたり、曲の提供者もダブったり、何より声も似てるかも?
曲のインパクトでは神谷千尋かな?って思うけど、このアルバムには大島保克の曲も入っていてこれが一緒に唄っちゃってるからね。
知名定男も2曲あって、ん?ねーねーず?ちゅうのも悪くないしなあ。
夏川りみ一本!といわず、内里美香や神谷千尋を聴いて、絶対に損はないですぞ。

なんでも今月の26日に名古屋で単独ライブとか。
とりあえず、ふふふ、行って来ます。

B/「明日への道。」 ゴモク ちょっと前発売(すみません。)

石垣島出身の男の子(?)3人組。
2年前に出た「LET'S BEGIN!」っていうアマチュアバンドの「ビギンの島唄」カバー・コンピレーションアルバムがあって、(聴いたことのない人は絶対聴くべし!若き石垣の音楽シーンの深さと厚さが堪能できちゃう名盤!)その中で「昔美しゃ今美しゃ」をとても綺麗に演ってます。
優しい感じの島唄ポップス?綺麗なコーラスとボーカルはなかなかのものですぞ。
このアルバム(ミニアルバムで6曲)の「灯台の下で」は以前からネットで拾えてて、でも、今回はかなりバージョンアップ!コーラスもアレンジも何もかもが好いです。

う〜ん。
石垣ってほんとにすげえ、です。

C/「たからもの」 SISTER KAYA 2005年4月発売

おいらは日本のレゲシンガーは弱くて、じつわ、この方も知りませんでしたの。
なんでもその筋ではビッグマザーとかで。

ちょくちょくカバーもされているようで、アルバムは5枚目って事です。
で、今回は誰でも知っている沖縄関係の曲をレゲで、っちゅうわけです。
モンパチの「あなたに」のカバーは結構、憎いです。
「さとうきび畑」のざわわ、ざわわ、ざわわ・・ふふふ、です。
おいらはカバーを聴くのがとても好きなのでこおいうアルバムはついつい買ってしまうのですが、(あ、ミヤギマモルのやいまカバー、千まさおバージョンはないなあ〜)スカタンみたいなカバーが多いこの世界、貫禄勝ちといった1枚かも?

ジャケットも可愛いしね。


つづく(のか?)






0

2005/7/17

昭和30年代のセミさんへ  

 
ずうう〜と昔の話。
まだ、記憶というものが「楽しい」事しかなかった頃。

夏はその中でもとびきりの「楽しい」だった。

おいらは昆虫とかむやみに殺すほうではない。
子供の頃だってどっちかといえば男の子系・蟻の巣攻撃グループではなく女の子系・密かに見守る観察グループのほうだったし。
が、しかし。
事、セミに関してはちょっとした小国を根こそぎ殲滅すべく破壊の限りを尽くしたものだ。
それはただ単に「セミ採り」という当時の夏の最大行事を一心不乱、遂行したに過ぎなかったのだが。

なあんであんなにワクワクしたんだろお?
子供の頃から朝起きのにがてなおいらだったけど、セミの季節は別だった。
セミの最初のひと鳴きで完全起床だ。

夏休みが始まる前の主流はニイニイゼミ。
ちっこいセミね。
休みが始まる頃には本格的なアブラゼミ時代が来る。

そいつらをまるで生きる糧であるかのように、採リまくるわけだ。

昭和30年代のセミ採りスタイルは現在のそれとは異なる。
それ以前はどんなんだったかは知らないがとにかくその時代、セミを採る道具は竹竿であった。
なので、セミの季節直前は近所の竹屋が「マイ竹竿」を求めるガキどもに占領される。
釣竿よろしく、握り、しなり、長さなどをああでもない、こうでもないと吟味する真顔のガキどもに。
竹は長ければ良い、というものではなく、使い勝手の良い適度な長さがある。
高いところにいるセミに対してはもう一本竹を繋いで長竿にするという手段もあったが、なぜかこの技をこなしているガキは少なかったように記憶する。
多分重くなったり揺ら揺らしたりで扱いにくくなったのだと思う。

若い御仁のなかには、はて、竹竿でどのようにしてセミを採るのであろう?という疑問もおありであろう。
まあ、原人如く、先っちょで突くわけではないし、叩き落すわけでもない。
竹竿の先端部から20〜30cm、べっちょりと「とりもち」を付着させ、それをこっそりこっそりセミに近づけ、ひょい、と、くっつけるのである。
「とりもち」?
これは最近見ないなあ。
セミ採り用には、週刊誌サイズの見開紙の間に粘着度の高いべとべとがサンドイッチされているタイプの「とりもち」が便利で、見開紙をぐいいい〜〜って開いてそこに竹竿の先端をはさみ、閉じる。
閉じたまま竹竿を引っこ抜くとまんまと先っちょに「とりもち」がくっつく塩梅だ。

基本的には臨戦態勢に入った時点でその作業をする。
「とりもち」をべっとり付けた竹竿を終始持ち歩くのは非常に危険、かつ、リスクの多い行為であって、とにかくなんでもくっついちゃうわけで、あちこち移動している間に葉っぱやら砂やらところてんの食いカスやらで粘着性が薄れてしまう。
さらに髪の毛にくっついてしまった場合は悲惨この上ない。
大概の場合、2〜3人のグループが竹竿係、とりもち係、虫かご係ってな具合に役割分担をして行動を共にしていることが多く、当然、とりもち係、虫かご係がその犠牲者となる。
して、とりもち係、虫かご係は子分的な存在、という関係が多く、とりもちでべとべとになった髪の毛は無残にも刈り取られ、泣き寝入りパターンが図式であった。
親分の竹竿係としても、後日、子分の親にどやされる事になるわ、とりもち係はいなくなるわのリスクを背負い込むわけで、必然、「とりもち」の扱いはシビアであったわけだ。

また、とりもち係がいなかったり急遽単独での行動となれば、竹竿の先端を前にして足にはさみながら、自ら「とりもち」をくっつけるわけなのだが、この行為にして危険度は高く、ランニングシャツはもとより、自らの髪の毛に被害が及ぶことも多く、低学年者には敷居の高い狩りのスタイルであった。そおいった理由もあって、低学年においては、いつか竹竿係!と、夢みつつ、とりもち係での修行の日々を送ったものだ。

さて、「とりもち」でセミを採れば当然、セミはべとべとである。
上級者のなかにはセミの頭部を狙い、へろっとくっつける技を披露するものもいるにはいたが、羽が自由なだけに採り逃がす事も多く、その収穫数を良しとする場合(ほとんどがこれであったわけで)羽にべちょっ!ってな具合に捕獲する。
この捕獲の瞬間がなんとも言えず手ごたえがあって嬉しい。
魚釣りの感覚と似ている、といえばそうだ。
虫かご係がいれば、そいつがセミを竹竿から引っぺがし、虫かごに収める。
何匹か虫かごに入ればそれらはごてごてにくっつき、やがて、せみ団子となる。
終盤ともなればセミ団子の塊は謎の物体Xの如くに成長し、もはや虫かごには収まりきらなくなった時点でその日は解散となる。

セミ団子は一晩中ぎゃあぎゃあ鳴き続け、朝にはほとんど死んでしまっている。
そいつをポイって捨てて、その日も再び出かけるのだった。


なあんであんなにへっちゃらでセミを殺し続けたんだろお?

セミを採る行為が楽しくて楽しくて、それによって、セミが死んでしまう事に何の感傷も抱かなかったのは今の自分からしてみれば不思議だが、かといって、ここでその幼き自分を責める気にもなれない。
あのときのセミ達には本当に申し訳ないのだが、なにもかもがきらめいていた幼き夏の記憶を自虐と後悔で消し去ることがセミ達への供養になるとも思えないし、精一杯、感謝の気持ちを捧げることで、いかんだろおか?

「いっぱい殺してしまった昭和30年代のセミさん、本当にありがとお!」

・・やっぱ、いかんわなあ〜〜




0

2005/7/15

あおな日々  

  13/July/05 Hateruma


いろいろあって、あおな日々。
ちょっと、八重山

 



0

2005/7/15

ちょっとだけだうんひる?  

9/July/05 Fujimi

どっちかっていえば泥んこ遊び。


 
0

2005/7/7

パニくる夜  


パニくりだしたら限が無い。

なんとなく不安な気持ちから始まり、頭がふらついてくる。
目が廻ったかな?とか思ってると、あっという間に動悸が激早になり、意識が遠のき、身震い、寒気、手足のしびれ、冷や汗、視界の収縮、息がつまり、吐き気、胸の圧迫・・

考えられ得るおぞましい感覚がこれでもかと一瞬に襲いかかってくる。

パニックアタックだ。 パニック障害

非現実感というか、自分が自分でなくなる恐怖感。
ああ、これは心臓の発作なんだ。いや、脳の発作?

確実に「死んでしまう!」と。

最初になったのは12年前。
まだ世の中にパニック障害なんて言葉がほとんどなかった頃。
死んでしまう、という恐怖、不安。
救急車こそ呼ばなかったものの、すぐ大学病院の救急へ。
絶対に死ぬぞ、って思った。
でも、病院へ着く頃には不安も若干治まり、いろいろ検査をしても異常は無い。
2時間ほどベッドで寝て、そのまま帰宅。
帰ってからは少々の不安感は残ったものの、とりたててどおって事はない。
もちろん、パニック障害などという診断もなく、病院ではまるでいんちき病扱いだった。
自分でも何がなんだか分からない不安だけが残った。

おいらの場合、仕事から帰ってご飯を食べてちょっと休んでいる時、発作がおきた。
その後あまり間をあけず、一ヵ月後とか2ヵ月後とかその後も数回、やはり同じ条件で起きた。
2度目以降はすごい恐怖と不安はあったものの、死んでしまうことは無いのでは?という意思が働き、できるだけ意識を取り戻すよう、氷水を頭にかけたりして凌いだ。
そおこうしているうちにその後はほとんどパニックが起きなくなった。

後に知るのだが、家の中でしかならなかったことは不幸中の幸いのようだった。
世の中のパニック障害の実態は外出先で起こることが多いようで、そうなると二次障害として外出が出来なくなる。実はこれが一番性質が悪い障害となるのだ。

知り合いで海外留学中、電車の中で襲われ1年近く、どこにも出れなかった話も後に聞いた。

今では原因とか確固たる治療法とかは解からないものの、世の中でかなり認知され、その類の本やクリニックも多い。

しかし。
一度体験してみないとこの恐怖は絶対に理解できないだろうなあ、と思う。

そんなパニくりが、さっき、ほんの2時間前に、久々に。
条件は同じ。
あ、足元がふらつく。
って感じて、頭の中がぐるぐるぐるぐるしだして、ぞぞぞぞぞぞ〜〜〜〜〜って。
あ、くる!
体の震えと動悸がごおおお〜〜〜って。
すぐさま横になって大きく深呼吸しながら氷水のタオルを体中に巻きつけ、意識を保つこと10分。
最悪なパニックの水際でなんとか阻止。

ふふふふ。ノルアドレナリンとセロトニンを自ら支配した喜びは、とりあえず、ちょっぴり誇らしい。
えっへん、である。



0

2005/7/2

うだうだな時間  


うだうだしている。
久々に今日から2連休。
初日はうだうだすることに決めていたからだ。

朝起きてTVをつける。オセロが司会をやっている番組をぼ〜と20分くらいみる。
今はもうどんな内容だったのかも忘れた。
いい感じのうだうだ具合だ。

朝からざるそばを作って、ついでにたらこご飯も食べる。
まだなんか食べたような気がするが、今はもう忘れた。
うだうだ加減は絶好調のようだ。

出張中に届いていたアマゾン商品をベットに戻って、うだうだ開ける。


吾妻ひでお「失踪日記」
雑誌ニュートン8月号
リトルファルコンの「ぼくたちのスター・ウォーズ」
友部正人のCD「にんじん」
スターウォーズトリロジーの4枚組みDVDセット


「失踪日記」は漫画だ。
ちょっと前から話題になっていた本で3ヶ月遅れで読む。
吾妻ひでおは大好きな漫画家。
アズマニアってコアなファンも多い。
シュールなSFギャグは天下一品でそのジャンルはこのお方が創始者と言っても好いのではないかと思うし、メガネっ娘なんかの萌キャラもこのお方がはしりだ。
1981年だったかのSF大会(DAICON3だっけなあ)オープニングアニメは吾妻キャラが
ごっちゃり出てきて、当時、そのビデオを入手するのにかなりエネルギーを使った記憶もある。
最近は同人誌まで手を出していなかったのでまさか吾妻ひでおが失踪したり、ホームレスやったり、アル中になっていたとは知らなかった。
そおいう件がほぼ描き下ろしで出版されたもの。

いやはや、壮絶な内容だ。

ホームレスの真っ最中、警察に保護され、漫画家ならなんか描いてみろ、っていわれ可愛い女の子を描いて、それを見た担当の警察官が「H田、呼んでこい。あいつロリコンだから知ってるかも」
入ってきたH田くん。「あずま先生!?」「先生ほどの人がなぜこんな・・」と、絶句。吾妻ひでお「な、なんつ〜か、描けなくてね〜」
その後H田くんは色紙を描いてもらう。

そおいった件も吾妻ひでおタッチでさらっと描いている。
あの吾妻ひでおがかあ〜って思うのと、ぐるぐるぐるぐるいろんなことがぐるぐるして、うだうだ度がちょっと下がったところでスターウォーズDVDを観る。

帝国の逆襲観て、ジェダイの帰還が始まったところで眠たくなって寝る。
うだうだ度の逆襲、最高潮だ。

2時過ぎに起きてれーぞーこへ。
猫にご飯をやる。
タイご飯の冷凍をチンしてレトルトカレーを暖めてお昼飯。
他にもなんか喰ったけどもう忘れた。

お昼食べながらニュートンをパラパラっと見る。
うだうだなので見るだけ。

再びべットへ。
ジェダイの帰還、観終える。
デジタル修復&リマスター版DVDでの最悪修正と言われる、ヨーダ、オビワン、ダースベーダー揃い踏み霊体シーン。
こりゃあどう考えても変だ。
いや、ダースベーダーの霊体の顔がエピソード2、3、のアナキンに挿げ替えられてるんだけど、死に際にマスクを外してルークがみた素顔は修正無しだから、霊体になってすっくりお立ちになっている若き長髪のアナキンをルークは誰だか判るのか?っちゅう話だて。
まあ、フォースでそれが感じられたとしても、ここでルークは若き父の姿を初めて見るわけなのでぼ〜と、したり顔で見ている、っちゅうのもおかしい。
この次の修正版は一体このあたりをどう変えてくるのだろお???(出るのか?)
にしても、修正版でつじつまが合わなくなるっっちゅうのも変な話だねえ。

おいらのおなかはぱんぱんのまま。
そりゃあ一日ベットでうだうだしてればそうだわなあ、と、そのうだうだ完成度に満足なおいらであったりもするのだった。





クリックすると元のサイズで表示します
0

2005/6/28

イタオヤチャート  

今や、イタオヤらしい。
イタオヤかあ〜
イタオヤ?
イタオヤって?

そいでもってコンサバオヤジ?
魚か?漁業関係?

艶(つや)コンオヤジに至っては謎が謎を呼ぶ。

雑誌『LEON』でのこと。

数年前に創刊された『LEON』は大ヒットらしい。

ずっと前にも書いたけど新品本屋は嫌いじゃないけど、古本屋のようにいろいろ眺めているとですね、だんだん居心地が悪くなってくる。
 「新品本屋できいいいい〜〜〜」参照

必要なのは「お金じゃなくてセンス」です! だ。
か?
この本の指南はどうしたってお金が必要だぞ。
ていうか、むしろセンスよりお金か?と思ったりもする。
どっちにせよ、センスが良くなければいけないらしいのだが。
でたっ!
センス良くいなければならない。だ。きいいいい〜〜〜〜〜〜

だからセンスのないやつぁ〜○○○オヤジとは呼ばれず、ただの「おっさん」らしい。
○○○にはイタリア、コンサバ、とか、それ以外にも波乗り、ゼンマイとか入ったりする。ゼンマイは時計のことだ。
さらに、○○○オヤジはかっこいいバーでかっこいい酒飲んで、かっこいいレストランで舌を噛みそうな名前のメニューをさらっと注文したりと、結構大変だ。

まあ、カッコイイオヤジはもてる、ってのが基本だから言い換えればもてるにはカッコイイオヤジでなくちゃあ、だ。
そりゃあまあ、おっさんといえど、嫌われっぱなし、は、困る。
かといって世の中のおっさんが全員、中田 ヒデ っちゅうわけにはいくまい。
(若いにいちゃんが全員、 キムタク ってゆうあれか?)

おいらとて世捨て人や仙人ではないので、きいいいいい〜〜〜〜〜っとなりつつもここは冷静にチャート式でなぞってみることに。ひょっとしたらひょっとするか?(ちなみに出題はおいらだけど)

@あなたはイタリアブランドの服を持っていますか?(いきなりかい!)    NO
Aおいしいレストランを知っていますか?(デニーズ?)           NO
Bお魚料理に合うワインを5品選べますか?(え?しろとあかとぽーとと・・) NO
C時計は服装によって使い分けていますか?(いや、文字がでかくないと・・) NO
D大型バイクの免許は?(原付は付帯されてたような・・・)         NO
EBARには週一回は行きますか?(10年位前、確か行ったような・・)     NO 

F美容院へは月に2回行きますか?(え〜前髪が目に入ると自分で切るけど・・)NO  


・・きりが無い。
以下はYESだけど・・

靴下のかかとがかかとより上にあるのを発見したことがある。   
ヒゲは生えない。                       
かばんより紙袋。
落としたポテトチップスは喰う。
スーパーのチラシは見る。
ネコには目がない。
イタリアよりモアイ。
肛門の括約筋は弱い。


んなところか?
ひょっとした?
(いや、むしろ、人として、どうなのか?)



0

2005/6/27

太平洋上空で擬似南極探検隊  


まるで南極だ。
いや、昨日の帰国便でのこと。
寒いのなんの。くーるびずを知らんのか、のおすうえすとお〜

さんざんへろへろになった体に南極気候はさすが無理があったか、でるでる、はなみず。
おまけに発熱。
今日は会社を休んでみた。ふふふ

14日に家を出て10日間ちょっと。
雨こそ少ないとはいえこの時期、「むしむし」日本の梅雨である。
びっくりだ!
ベランダの鉢植えくんたちが見事、巨大化している。
巨大植物の惑星?
一晩で背丈よりもおっきくなるあれ?
んなこたあない。
ないけれど、間違いなく10日前とは景観が違ってる。
特に、子宝草。キミだよ、キミ。
3ヶ月前はへろへろの虚弱ナンバーワンの座をガンとして保っていた、キミ。
でかくなりすぎ、子供、増やしすぎだぞ。
さらに、肉肉しく変化したそのモリモリの体型。長渕つよし様か、あんたわ。
いったいおいらのいない隙にどんなトレーナーのもとで改造したのかね。

でも、こう、なんていうか、植物の育つ様は見ていて嬉しいね。
ありきたりの言い方だけど、はちきれんばかりの命の躍動を感じちゃう。ぷぷ

とりあえず、そんなことしか浮かばない熱っぽいからだのおいらは、はなみずをすすりつつ、脳からちょっとずつクールダウンしていくのだった。

(あれ?つづきは?)




0

2005/6/22

おもろいよお  

(え?つづきは?)

前回のながあああい一日はまだ終わってないのだけれど、途中で出てきたトラボルタの映画のお話をひとつ。

「Be Cool」
にゃかにゃかイカスのだ。

トラボルタ、サーマンのご存知、パルプコンビ復活、だし。
実はおいら、10年前の前作「ゲット・ショーティ 」は観ていない。
「Be Cool」はそれの続編ってことだ。
でも、観ていなくても全然問題ない。
こっちを先に観れば、「おお!ゲット・ショーティも観なくてわなるまい」って思うけどね。もちろん、前作もイカスらしい。

まあ、今回、個人的な好みが強いけど、とにかく役者が好い、良い!!
その中で特に、おいらはザ・ロックが好い!
「スコーピオン・キング」「ランダウン」のおっさん。
でも、上の写真の怪しげなカントリーシンガーみたいなのが今回のロック。
これは今回の役柄と本質的には違うのだけれど、まあ、いろいろあってこんな姿になっているわけ。
どう?
こりがあのロック?ってなもんですぞ!
とりわけ大好きな俳優(プロレスラーだもんね、もともと)ってわけじゃなかったけど、まあいかにもの、ロック、って感じの「ランダウン」は、昨年、なぜかバンコクで観た。あ、そうそう、タイの映画館では面白い秘密(?)があるのだけど、うう、そりわまた今度。
さらにタイといえば、「ソードフィッシュ」のタイ語バージョンでトラボルタが『カップンカ』とか言ってるDVDを持ってるけど・・どう?(どう?って・・)
そんなロックだったはずなのに、今回は格段上の役者ぶり!!大好きになったよ。
あ〜笑ろた笑ろた。

エアロスミスのライブシーンや(勿論、スティーブン・タイラーもタイラー役で出演)、話題のトラボルタとサーマンの復活ダンス等、見所満載!!

日本公開は秋ごろとか。
漫画みたいな映画が好きな人は絶対観るべし!


クリックすると元のサイズで表示します
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ