2005/7/31

店員、冷気の秘密を語る  


おいらの会社の事務所は暑い。
まあ、倉庫を借りた時におまけについてきた『お菓子の家みたいなプレハブ秘密基地』が事務所なのだから仕方あるまい。
屋根がよく焼けたカルビ肉で出来ているのではないかと、日々、疑う。

くーるびず?
てきおん?

まるで、未来の話だ。

まかり間違って魔人を召還出来ようものならば、設定温度「摂氏18度」というこれ以上もう下がりようのないエアコンの目盛りを、なんとか華氏18度にならんもんかと懇願する体制だけは確立している。

さらに事務所内温暖化現象に拍車をかけているのは6台のパソコンに相違ない。
その6台が6台共に晴れて年期奉公も無事終わり、もう、故郷に帰ったら?ってなビンテージ軍団。
ああ、その放熱エネルギーといったらちょいとした芋が蒸さるであろう、だ。

対策を考えるにも電力量問題。
なんせおまけのプレハブ、大して電気は使えない。
これまでにも何回か電力量アップの電気工事をしてもらってはいるがそこそこ限度がある。
現状、そこそこ限界なのである。
ではあるが、それ以上に体力にも皆、限界が来る。
9月の展示会準備も本格始動だし、老体パソコンの動きも悪いと嘆く。
芋を蒸している場合ではなくなった。

本日、あちこち配電を工夫してなんとか窓枠取り付けクーラーくらいならばいけるぞ、ってその消費電力分を確保するに至る。

窓枠取り付型ならば工事や魔人を召還する手間も要らない。


ヤ○ダ電気には6種ほどの窓枠式クーラーが並べてあった。
消費電力からして中間あたりのお値段の2種に的を絞る。
若干お値段が違い、形状も違う2種の相違点を店員に尋ねることに。

店員いわく、若干お値段の高い中央噴出し式のタイプが冷却効率が良いのでわないかと、それを勧める。
おいらもまあ、そんな感じがしていたのだが、実わ、展示品のデモ機から流れ出ている冷気、お勧めのタイプがぬるかったのだ。あきらかにぬるいので、「でも、こっちはなんだか冷えてないよ。」と、とりあえずの疑問を言ってみる。

店員 「お客様、こちらの展示品はモニター展示機種で冷房能力がありません。よって、送風のみです。」

おいら 「でも、こっちは冷たい風が来るぜ」

店員 「あ、そちらは実機の展示品ですから冷風がちゃんと出ていますので。」

おいら 「ほんと〜?大丈夫かなあ〜そっちも冷たくなるう〜?」

いかにも間抜けな質問であったのであろう。
店員は携帯電話の展示用モックに「あれ〜?通じないけど、大丈夫〜?」とゆうたぐらいな勢いを感じたに違いない。
そこで店員、その間抜けな質問にこれ以上ぴったしな間抜けな答えはない、というコンビネーションで対応するのである。

店員 「お客様、大丈夫でございます。(ひと呼吸おいて)クーラーですから。」




窓枠中央噴出しタイプの実機くん、この素敵なお話を携えた分、自らの能力以上の一石をかの灼熱地獄に投じたのは言うまでも無い。

めでたしな夏の日。


クリックすると元のサイズで表示します
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ