2005/7/24

浴衣萌え  


すっかり浴衣体型保持者である。
まあ、いいけど。
いいけど、名古屋場所。

千秋楽まで、浴衣姿で街をうろうろするのはご法度と、心に回覧板が廻っていたはずだ。
ファミレスはやばい。
中途半端に髷がない分、下っ端だ。

そこのおかあさん、ちがうんだよ、おいらわ。
これ、こどもにみみうちするのわ、やめてね。
こんなにふけてて、まげもゆえないおいらはね、とっくにこきょうにかえってちいさなちゃんこやさんをやっているのだから。
だから、そこのおとうさん、ちがいます。
これこれ、こどものせなかをおさないで。
しゃしんわだめだめ。
いや、いわないから、ごっつあんです、って。いわないからね。


お気に入りの浴衣は紺無地のやつだ。
ジャスコで帯付7,800円。
おととい買った写真の縦じまも好きだ。

浴衣の無地ってあまり見かけない。
柄ものは、なかなか、なかなかなのが多い。

おいらは似合わないけど、白地に竜虎。うう、『YOKOSUKA』だ。
できれば学生服の裏に留めたい。

ひょっとこ。
ひょっとこねえ。
ひょっとこはねえ、ちょっと。

キティちゃん。
キティちゃん?
ならば、ひょっとこでいけるような気分に。

いんやん。
サーフ・浴衣?
「そうそう、あそこでのまれちってさあ〜、もう、上も下もあったもんじゃなかったぜっ!」
浜辺で語り合う浴衣サーファー。
波乗りオヤジ、必携か?


浴衣はまた、帯の結び方でいろいろ表現ができるらしい。
江戸っ子結び。
浪人結び。
ぼんさん結び。
などなど。
おいらは江戸っ子でも浪人でもぼんさんでもないので、できれば「名古屋場所に関係ない結び」で表現したいものだ。

どすこい。







0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ