2005/7/19

勝手に島唄/そのいち  

 
ちょっとどうですか?こんな島唄関係3枚。

A/「風のションカネー」 内里美香 2004年11月発売

南大東島出身で唄の上手さは抜群。
琉球アンダーグラウンド(ハウス系の外人2人組みユニット)のボーカルでごごごお〜〜〜って浮上。
神谷千尋と比較していいのかわかんないけど、どちらも本格的な民謡系出身だし、年齢的にも活動的にもついつい比べたくなってしまう、です。
なぜか美香はん、神谷千尋の「美童しまうた」にコーラスで参加していたり、曲の提供者もダブったり、何より声も似てるかも?
曲のインパクトでは神谷千尋かな?って思うけど、このアルバムには大島保克の曲も入っていてこれが一緒に唄っちゃってるからね。
知名定男も2曲あって、ん?ねーねーず?ちゅうのも悪くないしなあ。
夏川りみ一本!といわず、内里美香や神谷千尋を聴いて、絶対に損はないですぞ。

なんでも今月の26日に名古屋で単独ライブとか。
とりあえず、ふふふ、行って来ます。

B/「明日への道。」 ゴモク ちょっと前発売(すみません。)

石垣島出身の男の子(?)3人組。
2年前に出た「LET'S BEGIN!」っていうアマチュアバンドの「ビギンの島唄」カバー・コンピレーションアルバムがあって、(聴いたことのない人は絶対聴くべし!若き石垣の音楽シーンの深さと厚さが堪能できちゃう名盤!)その中で「昔美しゃ今美しゃ」をとても綺麗に演ってます。
優しい感じの島唄ポップス?綺麗なコーラスとボーカルはなかなかのものですぞ。
このアルバム(ミニアルバムで6曲)の「灯台の下で」は以前からネットで拾えてて、でも、今回はかなりバージョンアップ!コーラスもアレンジも何もかもが好いです。

う〜ん。
石垣ってほんとにすげえ、です。

C/「たからもの」 SISTER KAYA 2005年4月発売

おいらは日本のレゲシンガーは弱くて、じつわ、この方も知りませんでしたの。
なんでもその筋ではビッグマザーとかで。

ちょくちょくカバーもされているようで、アルバムは5枚目って事です。
で、今回は誰でも知っている沖縄関係の曲をレゲで、っちゅうわけです。
モンパチの「あなたに」のカバーは結構、憎いです。
「さとうきび畑」のざわわ、ざわわ、ざわわ・・ふふふ、です。
おいらはカバーを聴くのがとても好きなのでこおいうアルバムはついつい買ってしまうのですが、(あ、ミヤギマモルのやいまカバー、千まさおバージョンはないなあ〜)スカタンみたいなカバーが多いこの世界、貫禄勝ちといった1枚かも?

ジャケットも可愛いしね。


つづく(のか?)






0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ