2005/7/15

ちょっとだけだうんひる?  

9/July/05 Fujimi

どっちかっていえば泥んこ遊び。


 
0

2005/7/7

パニくる夜  


パニくりだしたら限が無い。

なんとなく不安な気持ちから始まり、頭がふらついてくる。
目が廻ったかな?とか思ってると、あっという間に動悸が激早になり、意識が遠のき、身震い、寒気、手足のしびれ、冷や汗、視界の収縮、息がつまり、吐き気、胸の圧迫・・

考えられ得るおぞましい感覚がこれでもかと一瞬に襲いかかってくる。

パニックアタックだ。 パニック障害

非現実感というか、自分が自分でなくなる恐怖感。
ああ、これは心臓の発作なんだ。いや、脳の発作?

確実に「死んでしまう!」と。

最初になったのは12年前。
まだ世の中にパニック障害なんて言葉がほとんどなかった頃。
死んでしまう、という恐怖、不安。
救急車こそ呼ばなかったものの、すぐ大学病院の救急へ。
絶対に死ぬぞ、って思った。
でも、病院へ着く頃には不安も若干治まり、いろいろ検査をしても異常は無い。
2時間ほどベッドで寝て、そのまま帰宅。
帰ってからは少々の不安感は残ったものの、とりたててどおって事はない。
もちろん、パニック障害などという診断もなく、病院ではまるでいんちき病扱いだった。
自分でも何がなんだか分からない不安だけが残った。

おいらの場合、仕事から帰ってご飯を食べてちょっと休んでいる時、発作がおきた。
その後あまり間をあけず、一ヵ月後とか2ヵ月後とかその後も数回、やはり同じ条件で起きた。
2度目以降はすごい恐怖と不安はあったものの、死んでしまうことは無いのでは?という意思が働き、できるだけ意識を取り戻すよう、氷水を頭にかけたりして凌いだ。
そおこうしているうちにその後はほとんどパニックが起きなくなった。

後に知るのだが、家の中でしかならなかったことは不幸中の幸いのようだった。
世の中のパニック障害の実態は外出先で起こることが多いようで、そうなると二次障害として外出が出来なくなる。実はこれが一番性質が悪い障害となるのだ。

知り合いで海外留学中、電車の中で襲われ1年近く、どこにも出れなかった話も後に聞いた。

今では原因とか確固たる治療法とかは解からないものの、世の中でかなり認知され、その類の本やクリニックも多い。

しかし。
一度体験してみないとこの恐怖は絶対に理解できないだろうなあ、と思う。

そんなパニくりが、さっき、ほんの2時間前に、久々に。
条件は同じ。
あ、足元がふらつく。
って感じて、頭の中がぐるぐるぐるぐるしだして、ぞぞぞぞぞぞ〜〜〜〜〜って。
あ、くる!
体の震えと動悸がごおおお〜〜〜って。
すぐさま横になって大きく深呼吸しながら氷水のタオルを体中に巻きつけ、意識を保つこと10分。
最悪なパニックの水際でなんとか阻止。

ふふふふ。ノルアドレナリンとセロトニンを自ら支配した喜びは、とりあえず、ちょっぴり誇らしい。
えっへん、である。



0

2005/7/2

うだうだな時間  


うだうだしている。
久々に今日から2連休。
初日はうだうだすることに決めていたからだ。

朝起きてTVをつける。オセロが司会をやっている番組をぼ〜と20分くらいみる。
今はもうどんな内容だったのかも忘れた。
いい感じのうだうだ具合だ。

朝からざるそばを作って、ついでにたらこご飯も食べる。
まだなんか食べたような気がするが、今はもう忘れた。
うだうだ加減は絶好調のようだ。

出張中に届いていたアマゾン商品をベットに戻って、うだうだ開ける。


吾妻ひでお「失踪日記」
雑誌ニュートン8月号
リトルファルコンの「ぼくたちのスター・ウォーズ」
友部正人のCD「にんじん」
スターウォーズトリロジーの4枚組みDVDセット


「失踪日記」は漫画だ。
ちょっと前から話題になっていた本で3ヶ月遅れで読む。
吾妻ひでおは大好きな漫画家。
アズマニアってコアなファンも多い。
シュールなSFギャグは天下一品でそのジャンルはこのお方が創始者と言っても好いのではないかと思うし、メガネっ娘なんかの萌キャラもこのお方がはしりだ。
1981年だったかのSF大会(DAICON3だっけなあ)オープニングアニメは吾妻キャラが
ごっちゃり出てきて、当時、そのビデオを入手するのにかなりエネルギーを使った記憶もある。
最近は同人誌まで手を出していなかったのでまさか吾妻ひでおが失踪したり、ホームレスやったり、アル中になっていたとは知らなかった。
そおいう件がほぼ描き下ろしで出版されたもの。

いやはや、壮絶な内容だ。

ホームレスの真っ最中、警察に保護され、漫画家ならなんか描いてみろ、っていわれ可愛い女の子を描いて、それを見た担当の警察官が「H田、呼んでこい。あいつロリコンだから知ってるかも」
入ってきたH田くん。「あずま先生!?」「先生ほどの人がなぜこんな・・」と、絶句。吾妻ひでお「な、なんつ〜か、描けなくてね〜」
その後H田くんは色紙を描いてもらう。

そおいった件も吾妻ひでおタッチでさらっと描いている。
あの吾妻ひでおがかあ〜って思うのと、ぐるぐるぐるぐるいろんなことがぐるぐるして、うだうだ度がちょっと下がったところでスターウォーズDVDを観る。

帝国の逆襲観て、ジェダイの帰還が始まったところで眠たくなって寝る。
うだうだ度の逆襲、最高潮だ。

2時過ぎに起きてれーぞーこへ。
猫にご飯をやる。
タイご飯の冷凍をチンしてレトルトカレーを暖めてお昼飯。
他にもなんか喰ったけどもう忘れた。

お昼食べながらニュートンをパラパラっと見る。
うだうだなので見るだけ。

再びべットへ。
ジェダイの帰還、観終える。
デジタル修復&リマスター版DVDでの最悪修正と言われる、ヨーダ、オビワン、ダースベーダー揃い踏み霊体シーン。
こりゃあどう考えても変だ。
いや、ダースベーダーの霊体の顔がエピソード2、3、のアナキンに挿げ替えられてるんだけど、死に際にマスクを外してルークがみた素顔は修正無しだから、霊体になってすっくりお立ちになっている若き長髪のアナキンをルークは誰だか判るのか?っちゅう話だて。
まあ、フォースでそれが感じられたとしても、ここでルークは若き父の姿を初めて見るわけなのでぼ〜と、したり顔で見ている、っちゅうのもおかしい。
この次の修正版は一体このあたりをどう変えてくるのだろお???(出るのか?)
にしても、修正版でつじつまが合わなくなるっっちゅうのも変な話だねえ。

おいらのおなかはぱんぱんのまま。
そりゃあ一日ベットでうだうだしてればそうだわなあ、と、そのうだうだ完成度に満足なおいらであったりもするのだった。





クリックすると元のサイズで表示します
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ