2004/11/7

むふふふふふふふ  すきなもの


 スターウォーズだ!

いよいよ6部作最後のエピソードV『シスの復讐』予告編が公開されることになった。
日本の映画館では20日からとか。
本編は来年5月19日だ!(日本は7月)

スターウオーズは大好きだ。
正確には前回のエピソードUを除いて。

おいらは23歳の時、始めて渡米した。
そんとき、たまたまロスのチャイニーズシアターで上映していたのが第一作『NEW HOPE』エピソードWだ。
勿論、当時はまだそんな名前ではなくただの「スターウォーズ」。
初めての渡米の感動もあってその時、なにげに観たそれは記憶に強烈に焼きついた。

その後、スターウォーズは世界中で大ヒットし、映画のキャラクターをごっそりフィギュア化する、という新しい玩具のジャンルも作り上げ、ここに、現在に至るルーカスの伝説が始まった事は今更言うまでもない。

日本では、社会現象にもなり、78年に創刊された『スターログ★日本版』の特集が『だれも知らないSTAR WARS』、表紙はどっか〜んとベーダー卿のアップだったりして、いわゆるSFというジャンルがかなり固執した一部のマニアのものだけではなく、一般に認知されていくようになる。

おいらはというと、当時、どちらかといえばSFマガジン愛読者の「固執した一部のマニア」だった(笑)。
にもかかわらず、この新しい手法にとっぷりとはまってしまう。

スターターキット欲しさにオフィシャルファンクラブにも入会。
フィギュアも買いまくった。
未だに押入れには当時日本でしか発売しなかった貴重なタカラのへんてこサイズブリスターパック入りフィギュア(ストームトルーパー、ベーダー卿、チューバッカ、C3PO)が同じ物を含め、当時のままの姿でごっそりある。

そんなんで自分では正統派(?)のファンだと、今でも声高らかに宣言できるのではあるが、いかんせん既にええおっさんなおいらは、何が「声高らかに!」ってなもんであろうか?

その証拠に(証拠か?)前回のラブロマンス・エピソードUなど、まったく体に受け付けるべき物がなく、何とか好きになれんものかと回を重ね観るのだが、苛立ちは増すばかり。
あそこもだめ。
そこもだめ。
さらにあれに至っては、もう、ほんとにだめ。
だめづくし、なのだ。

世間では評判の悪かったエピソードT。
実はおいら的には大好き。
いかにも、って感じがするもの。
ダースモール、ええじゃない!
ジャージャービンクス、ええじゃん!
アナキン、かわえかった。
ポッドレース、何がいかんの?
おいら、あんとき、仕入れは6時まで。
毎日、5日連続で映画館通ったぞ。

こおいうものはね、嗜好だから。
個人差はきっとある。
だからUが駄作とは言わない。
世間では評判良かったしね。
おいらはつまらんかった、ってことで。
ただ、正統派(まだ言うか?)スターウォーズファンとしてはちょっと寂しいのだ。

そんなんで次回作。
シスの復讐なのだ。
おいらはシスの化身となり復讐を待つしかない。

んで、大好きなチューイ(チューバッカ)も出る!
5年前、オーランドのトイショーでサイン会があっておいらはチューイと同じホテルだった。
いや、あの格好で泊まってたわけじゃないぞ。
でも、どっちかっていうとあのおっさん、素顔でも目立つでね。
朝はよからロビーで出てくるのを待って握手した。
あぁ〜〜〜
目の前にボバフェットやベーダー卿やR2D2、チューバッカ!だぞ!!
人形買いまくって一日中サイン待ちの列に行くって。
あ〜〜〜夢のような至福の時間だったなあぁ〜〜

ど〜かそんなおいらの為に最後のスターウォーズ、裏切らんでおくれ。
アナキン、はよ面被れ!ベーダーになれええ〜〜〜!!!

(このサイトでファンクラブに入会すると19ドルかかるけどいち早く予告編が観れるらしい。でも予告編に19ドルはつらい、ぞ。)↓


          エピソードV シスの復讐

0

2004/11/5

Harrison Cady  すきなもの

 
HARRISON CADYは半世紀以上も前のイラストレーターで子供向けの絵本や新聞にこんな絵を描いていた。
なんともかわいい。

おいらは1年ほど前、絵物語風にピーターラビットが描かれた古いキャンディーの缶からこの人を知った。

 

キャンディー缶はいろんなサイズがあってそれぞれ描かれているものが違うし、大好きな昭和初期の田川水泡作『凸凹黒兵衛』なんかの擬人化動物漫画の絵と通じる物があるし、ついついコレクションしたくなるのだが、めったに見つからない。
いや、見つけたとしてもなんとも高価で悲しいかな容易に手が出ないのだ。
(ちょっとだけ持ってるのはラッキーにもごみの山で見つけたお安かったもの。)

このピーターラビットの絵は『やまねずみロッキーチャック』の原作で知られるTHORTON BURGESSの動物物語の挿絵から生まれている。

へへ、先回の仕入れの時、たくさんのストーリーがまとめられて一冊になった1940年代の原本を見つけたのだ!



ピーターラビットのほかにもアライグマやらラッコやらいろんなストーリーが載っており、それぞれかわいい挿絵がいっぱいある。
作者と挿絵家の二人はどうやら友人同士だったようで、まさにこの物語にこの絵あり!ってもんだ。

実は最初、挿絵の部分を切り取って額装して商品にするつもりだったけど、やめた。
その代わりこのページに飛べば物語が全部見れますぞ。↓

HARRISON CADYのイラスト

どう?
かわいいべ?

           (コメントのお返事はコメント欄に、です。)クリックすると元のサイズで表示します
0

2004/11/4

時の流れで減るもの、増えるもの2。  すきなもの

           (サラちゃん、おいらのまたでZZZ〜の図)

結婚披露宴としたからにはある程度、形式的なものがあるのは否めない。乾杯とかね。
に、してもだ。
親の挨拶なんかいらんな〜。
いちいち、至らん息子、娘をどうぞご指導、ご鞭撻のほど、などとゴチャゴチャ言わんでもいい。
なんか歯がゆい。
ましてや来賓や友人の挨拶など絶対いらん。
どうせならば余興で歌のひとつも唄えばいい。

挨拶は結婚した当事者がてきと〜にするだけでいい。
できれば使い慣れないややこしい言葉じゃなくて、普通に感情が入った言葉が嬉しい。
誰に気を使うわけじゃなくてね。

列席者は親族、友人、会社の社長さんとか。場合によっては議員さんとか。
目上の方に失礼があってはと皆、必要以上に気を使う。
まあええじゃん。
無礼講で。
社長におまえ、って言うわけじゃないし。
宴全体の流れの中でおれは社長だ、目上だ、議員だ、って意識じゃ、むしろ格が下がる。
あくまで、宴の主賓は当事者でいかん?
こんときくらい列席者の一人、その他大勢で、いかん?

結婚披露宴は式典ではなくあくまで結婚を披露する宴であって欲しい。
列席者の皆がその他大勢になって単純に当人を祝う、ある意味、非日常の図が望ましい。
多少進行に不備があっても、新郎新婦がギクシャク緊張しなくてもいいような、それをよしとすることがええんではなかろうか?


まあ、おいらの個人的な思いなので。
だいたい披露宴に当人たちを殆ど知らない議員さんとかよぶのもね、ど〜かと思うの。
あ、昔、アントニオ猪木のとなりの席で披露宴に出たことある。
それはそれで嬉しかったけど・・

                     (コメントのお返事はコメント欄にあります。)
0

2004/11/3

時の流れで減るもの、増えるもの。  すきなもの

 
 ここ暫く、夜な夜な、へなへな、友人に頼まれた結婚披露宴のビデオ編集をしておった。

アマチュア機材でのビデオ編集、って、一昔前のアナログ時代は、えれえややこしい〜かった。
デッキ2台繋いで、モニター睨んで、えいっ!えいっ!ってなもんで、そのうちテープが出前の蕎麦みたく、のびのびになってしまったりした。
なんたって15年以上前に頼まれた奥さんの弟の披露宴ビデオさえ、予告編しかできてない。
さすが15年も経つと映像の中にはお亡くなりになられた関係者も多く、これ以上の犠牲者が出る前に何とか完成させたいと願うのであるが、なんせ、やりたい事、やらなきゃいけない事は山ほど在る。
こおいう仕事が後回しにされるのは世の常と、まともに弟君の眼を見れず、それでも餅を頬張るここ何年かの里帰り亭主でもある。


しかし、最近の素人ビデオ編集(なんかやばい響き?)は機材のデジタル化のおかげもあって、夢のような躍進を遂げている。
勿論、いろんなことが出来る分、時間がかかるのは同じなのだが、それでも、当時に比べると出来上がりの満足度が格段に違う。
んで、最終的にはDVDになっちまうってんだから、なんとも凄い!

(あくまで『アマチュア』の『趣味』の話だからね。 ね? ○みくん。ほっといて!)

アナログの素材テープだってやる気になればデジタル化して、あとは同じように編集できるんだけど、今、現状じゃ、時間的に無理。
ということで手近な素材をついつい、構う。
やりだすと、はまる。
おもしろいでね。

ずっと、寝不足だ。

でも、さっき完成したのだ。
ぷぷ

DVDも4枚焼いた。
ラベルも貼った。

結婚披露宴って、2時間とかあるから、だらだら撮りの素材テープが2種あって4時間分。
これは取り込んでみて分かったけど、結構いろいろと、きつかった。
そんで、式場で編集するような披露宴の進行記録ビデオはいらないなって、思った。
さらに、結婚披露宴自体に、おいらなりに、ちょっと思ったりもした。

以下は明日。
ねぶいので。


              (遅くなりましたが前回のお返事です→Read More)
続きを読む
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ