2004/11/10

君は英雄なんかじゃない  すきなもの

 斉藤哲夫のファーストアルバム(1972年)だ。

この中の「悩み多き者よ」って曲が大好きだった。

ちょっと前、久々にカラオケに行ったらこれがあった。
びっくりした。
同じ年代のおっちゃんはやっぱ、未だに「悩み多き者」なのか?

3年前のライブで斉藤哲夫氏は「この頃の歌を唄うのは重い」とか。
まあ、聴くほうは勝手に懐かしむだけだからね。
作った本人はいろいろあるのだろうねえ。



♪悩み多き者よ時代は変わっている全てのことがあらゆるものが悲しみの朝に苦しみの夜に絶えず時はめぐり繰返されている あゝ人生は一片の木の葉のようにあゝ風が吹けば何もかもが終わりなのさ流れゆく時に遅れてはいけない移りゆく社会に遅れてはいけない



でも、2回目のライブの時、思い切ってリクエストをしたら快く唄ってくれた。
すすってるおやじはおいらだけではなかったのがおもしろかった。
今週末、久しぶりに名古屋で独りライブがあるんだよなあ。
いこうかなあ〜
と、なんちゃら症候群のおいらである。




♪悩み多き者よ時代は変わっている全てのことがあらゆるものがすさんだ日々にゆがんだ日々に休みなく時は通り過ぎてゆく あゝ人生は吹きすさぶ荒野のようにあゝ生きる道を誰れもが忘れているのさ暗い歴史のかげに埋もれてはいけない飾り気の世の中に埋もれてはいけない     斉藤哲夫


30年経ってもおいらの中身はな〜〜んも変わっていないのである。
あ〜〜あ

                                
                    (コメントのお返事はコメントです〜)

0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ